ジョン・マッギオーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・マッギオーク
John McGeoch
出生名 John Alexander McGeoch
生誕 1955年8月25日
出身地 スコットランドの旗 スコットランド インヴァークライド グリーノック
死没 (2004-03-04) 2004年3月4日(48歳没)
イングランドの旗 イングランド コーンウォール
ジャンル ポストパンク
ニュー・ウェーヴ
ゴシック・ロック
オルタナティヴ・ロック
職業 ミュージシャン画家
担当楽器 ギターサックスオルガンピアノボーカル
活動期間 1970年 - 1995年
レーベル ポリドールゲフィン
共同作業者 マガジンヴィサージスージー・アンド・ザ・バンシーズジ・アーモリー・ショウパブリック・イメージ・リミテッド
著名使用楽器
YAMAHA SG-1000

ジョン・アレクサンダー・マッギオーク (John Alexander McGeoch、1955年8月25日 - 2004年3月4日)はイギリスミュージシャン。元マガジンギタリストとして最もよく知られ、他にもヴィサージスージー・アンド・ザ・バンシーズパブリック・イメージ・リミテッドのメンバーとしてプレイした。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

スコットランドの地方都市グリーノックにて生まれ育つ。12歳でギターに触れ、ジミ・ヘンドリックスエリック・クラプトンといったブルース・ロックをコピーしてギターの腕を上げていった[1]1971年に家族とともにロンドンに引越し、1975年マンチェスター・メトロポリタン大学に入学し美術を学ぶ。

マガジン、ヴィサージでの活動[編集]

1977年4月、当時のアパートの同居人にバズコックス脱退後にバンドメンバーを探していたハワード・ディヴォートを紹介され、マガジンの結成に至る。1978年1月にシングル「Shot by Both Sides」でデビューを果たした。同年にマンチェスター・メトロポリタン大学を卒業。

マガジンのメンバーとして活動する一方で、1979年にバンドメイトのバリー・アダムソンデイヴ・フォーミュラと共にシンセポップグループ、ヴィサージに参加した。1980年リリースのデビューアルバム『ヴィサージ』でギターサックスを演奏した。他にもジェネレーションXの作品に参加しギターを演奏した。マガジンで3枚のアルバムに参加した後、スージー・アンド・ザ・バンシーズに加入するためバンドを脱退。

スージー・アンド・ザ・バンシーズでの活動[編集]

1980年のスージー・アンド・ザ・バンシーズ加入後、1982年までの間に3枚のアルバムに参加した。バンシーズが自身にとって初めて創作的・商業的に成功した時期だったと後に述べており、メンバーからもその音楽的才能を一目置かれていたが、1982年11月、ツアーでのストレスやプレッシャーによる神経衰弱によりマドリードのステージ上で倒れ、バンドを脱退する。

ジ・アーモリー・ショウ、PiLでの活動[編集]

1985年、元スキッズのリチャード・ジョブソン(ボーカル)、ラッセル・ウェッブ(ベース)、元マガジンのジョン・ドイル(ドラムス)らとジ・アーモリー・ショウを結成するが、1stアルバムを『Waiting for the Floods』リリース後に脱退し、1986年パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)に加入、1992年のバンド解散まで在籍し3枚のアルバムに参加した。

引退後、死[編集]

PiL解散後は音楽業界から退き、1995年から看護師として働くが、死の前までテレビ向け音楽を作曲し提供していた。2004年3月4日コーンウォールにて睡眠中に亡くなったことが報じられた。享年48歳[2][3]

後進への影響[編集]

同世代で最も影響力のあるギタリストの一人に数えられ[4]、「ニュー・ウェーヴジミー・ペイジ」とも称された。

U2ジ・エッジ、元スミスジョニー・マーレディオヘッドジョニー・グリーンウッド、元ジェーンズ・アディクションデイヴ・ナヴァロ、元レッド・ホット・チリ・ペッパーズジョン・フルシアンテら錚々たる名手達が演奏面で影響を受けたことを公言しており、特にフルシアンテは「マガジンとスージー・アンド・ザ・バンシーズでのマッギオークの演奏を覚えてギターの弾き方を学んだ」とまで語っている。

日本での名前の発音について[編集]

McGeochの日本語(カタカナ)表記には従来から諸説があった。マジョーチ、マクガフ、マッゴフ、マッゴー等である。一般的には「マクガフ」を用いることが多いが、近年「マッゴー」が原音に近いという説が有力となっていた。しかしながら、2009年の再結成ギグのYoutube動画やDVD「Real Life + Thereafter」で、ディヴォートがMcGeochについて触れる際「マッギオーク」と発音しているのを聞くことができる。

出典[編集]

  1. ^ Interview”. Armourshow.com. 2015年2月2日閲覧。
  2. ^ United Kingdom, 2004, John McGeoch | findmypast.co.uk”. Search.findmypast.co.uk. 2015年2月2日閲覧。
  3. ^ Simpson, Dave (2004年3月12日). “John McGeoch Innovative and influential guitarist of the post-punk era”. ガーディアン. http://www.guardian.co.uk/news/2004/mar/12/guardianobituaries.artsobituaries 2015年2月2日閲覧。 
  4. ^ Perrone, Pierre. "Obituary – John McGeoch: Influential post-punk guitarist". The Independent. 11 March 2004