平成日本のよふけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本のよふけシリーズ
ジャンル 教養/トーク/バラエティ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
製作総指揮 吉田正樹(CP)
演出 小松純也
プロデューサー 小松純也
出演者 笑福亭鶴瓶
音声 モノラル放送
鶴瓶と三宅、ふたりはうさぎ年
放送期間 1999年1月3日(1回)
出演者 三宅裕司
鶴瓶と南原、日本のよふけ
放送時間 火曜(月曜深夜)0:50 - 1:20(30分)
放送期間 1999年4月19日 - 9月27日
出演者 南原清隆
鶴瓶と慎吾、平成日本のよふけ
放送時間 火曜(月曜深夜)0:50 - 1:20
→0:55 - 1:25(30分)
放送期間 1999年10月10日 - 2001年3月19日
出演者 香取慎吾
鶴瓶と慎吾、新・平成日本のよふけ
放送時間 日曜 13:30 - 14:00(30分)
放送期間 放送期間:2001年4月1日 - 9月23日
出演者 香取慎吾
鶴瓶と南原、新・平成日本のよふけ
放送時間 日曜 13:30 - 14:00(30分)
放送期間 2001年10月7日-2003年3月30日
出演者 南原清隆
ミライ
放送時間 火曜(月曜深夜)0:58 - 1:28(30分)
放送期間 2003年4月7日-9月15日
まだまだ日本はよふけ2008謹賀新年SP
放送時間 2:30 - 4:30(120分)
放送期間 2008年1月1日(1回)
出演者 南原清隆
香取慎吾
野中広務
海野和男
テンプレートを表示

平成日本のよふけ』(へいせいにほんのよふけ)は、フジテレビ系列局で放送されたフジテレビ製作のトーク番組シリーズ。

概要[編集]

司会の2人には内緒の「とんでもない人」をゲストに迎え、話を聞く番組シリーズである。ゲストが登場するまでは、赤ちゃんの格好をした人形「赤さん」(声の主は番組プロデューサー小松純也)が進行。テーマに沿ったゲスト候補3人を畳1枚に引き伸ばした写真とともに紹介、その中の1人が実際にスタジオに登場した(残り2人はダミーだが、出演依頼するも調整付かず資料だけ)。

この番組シリーズの起源は、1999年1月3日に放送された正月特番『鶴瓶と三宅ふたりはうさぎ年』で、同年4月19日深夜0時50分に『鶴瓶と南原、日本のよふけ』と題してレギュラー化。その半年後に『鶴瓶と慎吾、平成日本のよふけ』と題して1年半続いたのち、さらに『新・平成日本のよふけ』と題して2年間続いた。2003年には『ミライ』と題して半年間放送された。

2000年10月からはゲスト候補を紹介せず、ゲスト1人だけを紹介するようになった。

(以下、登場したゲストの肩書は、放送当時のものであることを付記する)

鶴瓶と三宅、ふたりはうさぎ年[編集]

ゲスト[編集]

鶴瓶と南原、日本のよふけ[編集]

ゲスト[編集]

鶴瓶と慎吾、平成日本のよふけ[編集]

ゲスト(リニューアル前)[編集]

ゲスト(リニューアル後)[編集]

鶴瓶と慎吾、新・平成日本のよふけ[編集]

  • 放送期間:2001年4月1日 - 9月23日
  • 出演者:笑福亭鶴瓶、香取慎吾

ゲスト[編集]

鶴瓶と南原、新・平成日本のよふけ[編集]

ゲスト[編集]

ミライ[編集]

  • 放送期間:2003年4月7日9月15日
  • 出演者:笑福亭鶴瓶、ゲスト(聞き手として。南原も出演した。)。赤さんは出演しない。

ゲスト[編集]

最後の質問[編集]

インタビューの最後に鶴瓶が「では、最後に日本の皆さんへ……」と言って、ゲストが自らの思いを述べて締め括る。
『ミライ』では「ミライを担う若者へ」というテーマとなった。

特別版[編集]

年末年始などに特別番組を放送。鶴瓶・南原・香取の3人とゲスト4人によるトークが行われたが、佐々淳行は毎回出演した。

また、2001年7月22日27時間テレビで鶴瓶・香取・佐々淳行が聞き手としたスペシャル「鶴瓶・香取の日本のよあけスペシャル」(特番の1コーナー)を日曜朝に放送した。

瀬島龍三2002年新春スペシャルに始まり、断続的に9回分を放送した。
瀬島龍三自身がこの番組出演を契機として自らの人生を纏め、書籍として刊行したのが『幾山河』という自伝である。

後藤田正晴2000年年末の3週スペシャルで初登場、佐々に加えて“援護戦闘機”として的場順三岡本行夫も出演。2001年3月19日の「平成日本のよふけ」としての最終回では後藤田・佐々・的場が登場、3人が香取の質問に回答する形で進行した。この放送と前後して、的場と岡本もそれぞれ単独で番組に出演している。

「よふけ」シリーズとしての最終3回(2003年3月16日3月23日3月30日)は総決算として「今こそこの男の話を聞け!スペシャル」と題し、後藤田・佐々・的場・岡本が再び出演した。イラク戦争などの当時の国際情勢をめぐる議論や、4者の閣僚官僚時代の経験談を交えながら近未来の日本を展望し、このシリーズを締めくくった。

2008年復活版[編集]

フジテレビにて2008年1月1日に復活スペシャル版『まだまだ日本はよふけ2008謹賀新年SP』を放送。放送時間は、午前2時30分〜午前4時30分。

鶴瓶、南原、香取が司会として、『ご健在の今だからこそ聴いておきたい話』人物としてゲストの野中広務海野和男と対談した。また、過去の出演者の中で鬼籍に入った早坂茂三黒木靖夫岡本敏子小田実後藤田正晴瀬島龍三の映像を『遺言』として放送した。

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 月曜24:50枠 → 月曜24:55枠
前番組 番組名 次番組
これがキャイ〜ンだろ!?
(24:40 - 25:10)
→火曜『バラパラ』枠へ移動
鶴瓶と南原、日本のよふけ
(1999年4月 - 1999年9月)

鶴瓶と慎吾、平成日本のよふけ
(1999年10月 - 2001年3月)
フジテレビ 日曜13:30枠
新・平成日本のよふけ
(2001年4月 - 2003年3月)
フジテレビ 月曜24:58枠
ミライ
(2003年4月 - 2003年9月)