日髙麻鈴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932)が含まれています詳細
ひだか まりん
麻鈴
プロフィール
愛称 まりん
生年月日 2003年12月1日
現年齢 18歳
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
血液型 O型[1]
公称サイズ(2019年[2]時点)
身長 152 cm
活動
デビュー 2014年
所属グループ さくら学院(2015年5月 - 2019年3月)
事務所 アミューズ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

麻鈴(ひだか まりん、2003年12月1日 - )は、日本女優。所属事務所はアミューズ。女性アイドルグループさくら学院の元メンバー。神奈川県出身。日高麻鈴の「高」ははしご高が正式表記である。

略歴[編集]

2014年頃にアミューズに所属。

2015年5月6日、恵比寿ザ・ガーデンホールで開催された「さくら学院 2015年度 〜転入式〜」にて、さくら学院へ転入(加入)[3]。クラブ活動(派生ユニット)では、クッキング部(ミニパティ)として活動。

2018年5月6日になかのZERO大ホールで開催された「さくら学院 2018年度 〜転入式〜」にて、初代はみだせ!委員長に就任した[4]

2019年3月30日に開催された「The Road to Graduation 2018 Final 〜さくら学院 2018年度 卒業〜」をもってさくら学院を卒業した[5]

2019年5月に公開された「さよならくちびる」で映画に初出演し、さくら学院で同じく2018年度卒業生であった新谷ゆづみと共演した[6]

2022年1月に公開された「麻希のいる世界」で新谷ゆづみと共に映画初主演を果たした。脚本は「さよならくちびる」の監督の塩田明彦が日髙と新谷への当て書き[注 1]で書いたもので、両名の役名のファーストネームは「さよならくちびる」と同じだが、両作は物語上は繋がりがない個別の作品である[7]

2022年4月、現役高校教師ラッパーのアキラメン(Rap&Vo)と2人組音楽ユニット「SCREAM!!」を始動。6日に第一弾「僕らのために」リリース[8]、13日に第二弾「ユリイカ」をリリースした[9]

人物[編集]

血液型はO型[1]。おっとりした性格である[10]

特技は英語ダンス水泳。趣味はエレキギター[11]。生配信番組「さくら学院の顔笑れ!!FRESH!マンデー」中で、さくら学院の楽曲「アイデンティティ」の弾き語りを披露した際は、自身で詞の英訳を行った[12][13]

以前所属していたさくら学院のライブイベント『さくら学院祭』内の企画「サクラデミー女優賞は誰だ?!」で、2016年度[14]と2018年度[15]の“サクラデミー女優賞”に選ばれた。2017年度は優勝を逃しているが、この時に優勝者のみがもう一度演技を行う“ウイニング小芝居”にアドリブで乱入した[16]。なお、映画監督の塩田明彦はさくら学院が母体であるBABYMETAL中元すず香のファンであり、さくら学院のライブDVDを見るなどした結果「さよならくちびる」に日髙と新谷ゆづみをキャスティングした[17]。さらに塩田が同作での日髙と新谷のアドリブ対応と日髙の歌声に感銘を受けた事で「麻希のいる世界」が制作された[7]

人のオーラが見える[18]など、不思議な能力を持つというキャラクターを持っており、さくら学院のイベント中の芝居においては、テレパシー[19]、時を止める[4]、タイムリープ[15]などの様々な超能力ネタが生まれた。

シャルルという名の猫(メインクーン)を飼っており[20]、イベントや番組、ブログなどで頻繁に言及されている。

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

Web配信[編集]

  • アンダー・アワー・マスクス(2020年、YouTube)

ボイスドラマ[編集]

  • 恋は腐女子の仰せのままに(2022年6月25日) - 九条あかり 役

雑誌[編集]

書籍[編集]

  • へんで、いいよ(2010年7月10日)

スチール・広告[編集]

  • Justin Davis(2012年6月12日、12月3日)
  • ヨドバシカメラ
  • たまひよ

イベント[編集]

  • めざましテレビ presents T-SPOOK 〜TOKYO HALLOWEEN PARTY〜 (2014年10月25日)
  • 新谷ゆづみのひとりゴト。公開収録2022(2022年1月30日、TOKYO FM HALL)- トーク・歌唱と演奏・朗読劇を披露

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 役を演じる人物に合わせて脚本を書く事

出典[編集]

  1. ^ a b 麻鈴 (2015年5月12日). “小等部6年 日麻鈴です”. さくら学院「学院日誌」. 2019年4月10日閲覧。
  2. ^ さくら学院 - 生徒紹介 - 日麻鈴”. さくら学院. アミューズ. 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ さくら学院:“転入生”6人をお披露目 「天てれ」出身メンバーも”. MANTANWEB (2015年5月6日). 2019年4月10日閲覧。
  4. ^ a b “さくら学院、波乱の転入式で和歌山の田舎娘が生徒会長に”. ナタリー. (2018年5月7日). https://natalie.mu/music/news/281024 2019年4月10日閲覧。 
  5. ^ さくら学院から麻生、日髙、新谷が卒業!それぞれの夢に向かって出発”. オリコン株式会社 (2019年3月30日). 2019年4月10日閲覧。
  6. ^ 元さくら学院・新谷ゆづみ&日高麻鈴の芝居を塩田監督が絶賛!「セットで素晴らしい」 ザテレビジョン 2019年6月6日
  7. ^ a b 激しい音楽と痛ましい青春…『麻希のいる世界』主演に、元アイドルの新谷ゆづみと日高麻鈴が起用された訳”. シネマカフェ.net (2021年11月10日). 2022年1月29日閲覧。
  8. ^ 元さくら学院・日高麻鈴と現役英語教師ラッパー・アキラメンがSCREAM!!を結成、第1弾楽曲を発表 音楽ナタリー 2022年4月6日
  9. ^ 元さくら学院・日高麻鈴×現役教師ラッパー・アキラメンのSCREAM!!、第2弾楽曲は優しい「ユリイカ」 音楽ナタリー 2022年4月13日
  10. ^ 『BIG ONE GIRLS』No.28、近代映画社、2015年8月11日、 71-79頁、 ISBN 978-4764883741
  11. ^ 麻鈴 - アミューズ オフィシャル ウェブサイト”. アミューズ. 2019年4月10日閲覧。
  12. ^ 麻鈴 さくら学院オフィシャルブログ「学院日誌」Powered by Ameba”. さくら学院「学院日誌」. アミューズ (2019年4月10日). 2019年4月10日閲覧。
  13. ^ 弾き語りの発表のこと! さくら学院オフィシャルブログ「学院日誌」Powered by Ameba”. さくら学院「学院日誌」. アミューズ (2018年5月4日). 2019年4月10日閲覧。
  14. ^ 部活動お披露目に「秋桜学園」再演も!?4000人熱狂の「さくら学院祭」が終了 - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年11月14日). 2019年4月10日閲覧。
  15. ^ a b 【ライブレポート】さくら学院、中3の絆深まり森萌々穂の夢叶った「さくら学院祭」(写真12枚) - 音楽ナタリー”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年11月26日). 2019年4月10日閲覧。
  16. ^ さくら学院祭で新谷がサクラデミー賞2連覇!購買部新曲初披露も”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年11月20日). 2019年4月10日閲覧。
  17. ^ 新谷ゆづみ&日髙麻鈴、銀幕デビューに「こいつら大物だな」『さよならくちびる』大ヒットイベントレポート ムビッチ 2019年6月5日
  18. ^ オーラの色! さくら学院オフィシャルブログ「学院日誌」Powered by Ameba”. さくら学院「学院日誌」. アミューズ (2016年10月21日). 2019年4月10日閲覧。
  19. ^ テレパシーを送る日高麻鈴。 [画像ギャラリー 25/32 - 音楽ナタリー]”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年5月7日). 2019年4月10日閲覧。
  20. ^ 新しい家族を紹介! さくら学院オフィシャルブログ「学院日誌」Powered by Ameba”. さくら学院「学院日誌」. アミューズ (2018年8月14日). 2019年4月10日閲覧。
  21. ^ 塩田明彦の新作「麻希のいる世界」2022年1月公開、新谷ゆづみと日高麻鈴がW主演”. 株式会社ナターシャ (2021年9月11日). 2021年9月12日閲覧。
  22. ^ HidakamarinOのツイート(1482578880867504129)

外部リンク[編集]