シネ・アミューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シネ・アミューズ
CINE AMUSE
Fontis Building Shibuya IMG 1624 R 20150313.JPG
かつてシネ・アミューズがあったフォンティスビル
情報
正式名称 シネ・アミューズ
開館 1995年12月9日
閉館 2009年10月31日
収容人員 (2館合計)261人
設備 ドルビーデジタル
用途 映画上映
運営 株式会社アミューズ
株式会社シネカノン
所在地 150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-23-12
フォンティスビル4階
(現況はグランサイバーカフェ バグース渋谷文化村通り店)
アクセス JR渋谷駅ハチ公口より徒歩10分
京王電鉄バス東急百貨店本店前」停留所下車

シネ・アミューズ(CINE AMUSE)は、東京都渋谷区道玄坂2丁目の「フォンティスビル」4階にあった映画館ミニシアター)。

歴史[編集]

1995年12月9日、日本の芸能事務所「アミューズ」と日本の映画制作会社「シネカノン」の共同運営により開業。オープニング作品となった『南京の基督』と『幻の光』はいずれもスマッシュ・ヒットを記録した。主にアジア映画を中心に上映する一方、『ウォレスとグルミット』シリーズや『サウスパーク』などのアニメ作品や、『ゲロッパ!』『誰も知らない』などの日本映画に至るまで幅広いジャンルの作品を上映してきた。

2008年、日本の人材派遣会社「ヒューマントラスト」が映画館のネーミング・ライツを取得。同年12月20日より館名をヒューマントラストシネマ文化村通りと改称。リニューアルオープンして営業を継続したが、わずか10ヵ月後の2009年10月31日をもって閉館。最後の2週間となった10月17日から31日までは“さよなら興行”として『サウスパーク(無修正映画版)』『四月物語』『アカルイミライ』などを上映。通常興行の最終作品は『女の子ものがたり』であった。

この劇場の閉館後、千代田区有楽町にあるシネカノン経営の映画館「シネカノン有楽町2丁目」が同年12月4日より「ヒューマントラストシネマ有楽町」に改称。東京テアトルと業務提携しリニューアルオープンした。「ヒューマントラストシネマ渋谷」(旧:アミューズCQN)は営業を続けている。

当劇場が閉館した3ヵ月後の2010年1月28日に、シネカノンは民事再生法を申請した。シネ・アミューズのあったフォンティスビル4階はその後、「TOKYO DARTS STADIUM 渋谷」[1]を経て「グランサイバーカフェ バグース渋谷文化村通り店」[2]が入居している。

座席数[編集]

  • イースト(シアター1):132席。椅子の色は青。
  • ウエスト(シアター2):129席。椅子の色は赤。

脚注・出典[編集]

  1. ^ TOKYO DARTS STADIUM 渋谷 (@tds_shibuya) - Twitter
  2. ^ グランサイバーカフェ バグース渋谷文化村通り店”. 株式会社バグース. 2016年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]