神はサイコロを振らない (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神はサイコロを振らない
出身地 日本の旗 日本福岡県
ジャンル
活動期間 2015年 -
レーベル ART LOVE MUSIC
(2016年 - 2017年)
DKN
(2019年 - 2020年)
Virgin Music/UNIVERSAL MUSIC
(2020年 - )
事務所 アミューズ
(2020年 - )
公式サイト 神はサイコロを振らない オフィシャル ウェブサイト
メンバー
神はサイコロを振らない
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約12.1万人
総再生回数 約4500万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年12月13日時点。
テンプレートを表示

神はサイコロを振らない(かみはさいころをふらない)は、日本の4人組ロックバンド。所属事務所アミューズ

メンバー[編集]

概要[編集]

  • 2015年に結成。バンド名の由来は現代物理学の父、アルベルト・アインシュタインの言葉による。アインシュタインは、「そこには必ず物理の法則があり、決定されるべき数式がある」との立場から、〝神″をその比喩として用いた。「型にはまらない、誰にも出せない音を生み出し続ける」という、自らが定めた絶対的な〝法則″。それをもって自分自身が司る道を自分自身で切り開いていく、との意を込めて命名された。
  • 2019年5月、Mini Album「ラムダに対する見解」を、2020年2月にNew Mini Album「理 -kotowari-」をリリース。
  • 2020年7月デジタルシングル「泡沫花火」でメジャーデビュー

楽曲について[編集]

夜永唄(よながうた)

発売から長らくチャート圏外だったが、2020年に入ってTikTokを中心に話題となり、2020年4月27日付のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で74.5万回再生64位に初登場[1]。YouTubeのリリックビデオは1000万再生を突破し4000件以上のコメントが寄せられている[2]

YouTubeではEXIT[3]井上裕介NON STYLE[4]がカバー。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2016年12月7日 ナスタチウムの花 ALML-1127
  1. ナスタチウムの花
  2. アーティスト
  3. 薄墨
オリコン最高157位
2nd 2021年3月17日 エーテルの正体 TYCT-39152:初回限定LIVE盤
TYCT-39153:初回限定アニメ盤
TYCT-30121:通常盤
  1. 未来永劫
  2. クロノグラフ彗星
  3. プラトニック・ラブ
  4. 1on1
オリコン最高9位

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル 収録作品
2020年7月3日 夜永唄 -From THE FIRST TAKE- 文化的特異点
2020年7月17日 泡沫花火
202年9月16日 泡沫花火 – From THE FIRST TAKE
2020年10月9日 目蓋
2021年1月4日 クロノグラフ彗星
2021年1月22日 未来永劫
2021年4月13日 巡る巡る
2021年6月4日 徒夢の中で
2021年7月16日 初恋 / 神はサイコロを振らない×アユニ・D(BiSH/PEDROn-buna from ヨルシカ
2021年9月17日 愛のけだもの / 神はサイコロを振らない×キタニタツヤ
2021年10月17日 タイムファクター

配信限定EP[編集]

  発売日 タイトル 収録曲
1st 2020年11月27日 文化的特異点
  1. パーフェクト・ルーキーズ
  2. 導火線
  3. 遺言状
  4. 泡沫花火
  5. 目蓋
  6. 夜永唄 - From THE FIRST TAKE
  7. 泡沫花火 - From THE FIRST TAKE

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st mini 2016年7月6日 anfang ALML-3156
  1. 静寂の空を裂いて
  2. nihil
  3. 秋明菊
  4. 甘い水
  5. 煌々と輝く
オリコン最高196位
2nd mini 2017年6月28日 subim ALML-0171
  1. 極彩
  2. フラクタル
  3. 映幻日
  4. Damn it!
  5. 225
  6. 白に融ける
オリコン最高134位
3rd mini 2019年5月22日 ラムダに対する見解 DKNN-1001
  1. アノニマス
  2. CLUB 27
  3. REM
  4. 夜永唄
  5. No Matter What
オリコン最高93位
4th mini 2020年2月19日 理-kotowari- DKNN-1002
  1. ジュブナイルに捧ぐ
  2. 揺らめいて候
  3. 胡蝶蘭
  4. 解放宣言
  5. illumination
オリコン最高74位
major 1st 2022年3月2日 事象の地平線 TYCT-69234:初回限定盤
TYCT-60192/3:通常盤

楽曲提供[編集]

アーティスト名 曲名 担当 収録作品 リリース
Sexy Zone 桃色の絶対領域 作詞・作曲(柳田) 夏のハイドレンジア 初回限定盤B 2021年

ミュージックビデオ[編集]

公開日 監督 曲名 再生数 備考
2016/03/19 フカツマサカズ 煌々と輝く 30万
2016/06/27 YUTARO 秋明菊 150万
2016/10/27 ナスタチウムの花 20万 shooting by: TAKAYUKI YANAI
2017/06/12 フラクタル 30万
2017/12/01 tk_nonseptic 極彩 10万 Official “LIVE” Music Video
2019/05/22 番場秀一 アノニマス 20万 Producer:谷中史幸
2019/06/26 中山ユウタ 夜永唄 1440万 リリックビデオ
2020/01/17 坂本あゆみ ジュブナイルに捧ぐ 10万 Producer:谷中史幸
2020/03/18 中山ユウタ 胡蝶蘭 70万
2020/07/17 Raita Kuramoto 泡沫花火 110万 Producer:Masataka Kanamitsu
2020/08/14 高木聡 夜永唄 60万 出演:渡邊圭祐

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
ジュブナイルに捧ぐ TBS系「CDTV」2月度エンディングテーマ
目蓋 映画『リトル・サブカル・ウォーズ 〜ヴィレヴァン!の逆襲〜』主題歌
巡る巡る TikTok」CMソング
徒夢の中で #コールドゲーム」挿入歌[5]
タイムファクター テレビ朝日系「ワールドトリガー」3rd Season 主題歌
イリーガル・ゲーム テレビ朝日系「愛しい嘘〜優しい闇〜」主題歌

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

開催日 タイトル 備考
2016年8月〜9月 神はサイコロを振らない anfang TOUR 2016
2017年8月21日〜11月3日 神はサイコロを振らない subim TOUR 2017
2018年7月10日〜10月21日 神はサイコロを振らない presents.「鹹水と淡水」
2019年6月28日〜7月19日 神はサイコロを振らない Live Tour 2019
2020年7月10日 神はサイコロを振らない Streaming Live「理-kotowari-」at WWW X オンラインライブ
2021年5月14日〜6月6日 神はサイコロを振らない Live Tour 2021「エーテルの正体」

出演イベント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]