カップスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッポロ一番 カップスター[1]
販売会社 サンヨー食品[1]
種類 縦型即席カップ麺[1]
販売開始年 1975年1月18日[1]しょうゆ
完成国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

カップスター英語: CupStar)とは、サンヨー食品株式会社から「サッポロ一番」ブランドにて発売されているカップラーメンである[1][注 1]

2000年代など、パッケージのほか、味・具材の面でも何度かリニューアルを経てきた[2][3]

概要[編集]

熱湯3分。縦型のカップ麺では一般的な、麺・スープ一体型。

1973年に同社で初めて発売されたカップ麺「サッポロ一番スナック」が前身ともいわれる[4]

1975年1月18日に「しょうゆ」のみ発売され、同年8月に「みそ」、翌1976年には「カレーうどん」(1月)と「焼そば」(3月)が発売された[5]

関東、長野、九州などカップスターの主力市場がまだ広くなかった1992年当時、「札幌みそ」新発売を機に、従来からあった「しょうゆ」と前年に発売開始した「カレー南ばん」との3種類で、全国戦略に乗り出した[6]

なお、サンヨー食品では、発売開始日の1月18日を「カップスターの日」と制定している(日本記念日協会認定)[7]

紙容器とパッケージデザイン[編集]

発売当時からずっと紙製を続けている。初期のギザギザ容器は、持ったときに熱くないようにという工夫であった。その後はフラットな容器に移行し、2000年7月には「NEWカップスター」と謳いロゴデザインを一新した[8]2002年4月には材質構成からアルミを除き、フタも紙仕様とした[9][10]。発売から32年目の2007年には初期に近いデザインへと回帰し、フラットなままギザギザに見えるようにした[4]が、これは2006年10月に限定発売した「復刻版しょうゆ味」が好評だったのが一因だという[11]

テレビCM[編集]

発売年もしくは翌年の1976年から登場したともいわれる[4]CMソングは、比呂公一[12][注 2]が作曲し(作詞は博報堂[13])、のこいのこ[注 3]が初期の歌唱を担当していた。その後、別の歌手やCM出演者によって歌い継がれてきた。

CM出演者[編集]


主な種類[編集]

現行[編集]

発売月(リニューアル月)

過去[編集]

  • きつねうどん(1975年12月)[4][5][21]
  • カレーうどん(1976年1月)[5]
  • 焼そば(1976年3月)[5]
  • カレー
  • ピザ味ヌードル(1987年)
  • 東京の味(1987年)
  • 九州ラーメン(1987年)
  • SeaFoodカレー(1988年)[22]
  • お弁当にあうスープヌードル チャーシューしょうゆ味
  • おにぎりにあうスープヌードル みそけんちん味
  • サンドイッチにあうスープヌードル チキンコンソメ味
  • 札幌みそ(1992年)(1997年リニューアル)[23][24]
  • スープヌードル コンソメ味 三食入り(1993年)[25]
  • とんこつ高菜(1994年5月)[26]
  • 五目チャンポン(1996年1月)[27]→五目ちゃんぽん(1997年リニューアル)[4][28]
  • ごま味ラーメン(1997年9月)[注 12]
  • コンソメしょうゆ味[29]→コンソメ味(1998年1月)[30][31]
  • カレー南ばん中辛(1998年5月)[32]
  • 海鮮五目とんこつ(1998年7月)[33]
  • 海鮮塩ラーメン(1999年)[34]
  • チャンポン長崎風(2000年6月)[35]
  • きつねうどん三角お揚げ(2000年10月)[36]
  • 天ぷらそば丸ごと天ぷら(2000年10月)[36]
  • 塩とんこつ(2002年1月)[37]
  • ちゃんぽん(2004年10月)[38]
  • ビッグ しょうゆ(2008年4月)[N 9]
  • 黒しょうゆ(2008年10月)[N 10]
  • ブラック ビッグ<スパイシーしょうゆ>(2008年10月)[N 11]
  • レッド ビッグ<チリペッパー>(2009年3月)[N 12]
  • イエロー ビッグ<スパイシーカレー>(2009年7月)[N 13]
  • ピリ辛キムチ(2009年7月)[N 14]
  • キムチ(2010年10月)[N 15]
  • 夏限定 浅尾美和プロデュース レッドカレー(2010年6月)[* 13][N 16][11]
  • スパイシーしょうゆ タテビッグ 焼ポーク コンビニ限定(2010年8月)[* 14]
  • 焼ポークMAX しょうゆ(2011年1月)[* 15]
  • エビチリ(2011年8月)[* 16][N 17][39]
  • カレーうどん甘口 ハウスバーモントカレー使用(2012年1月)[* 17][N 18]
  • カレーラーメン中辛 ハウスジャワカレー使用(2012年1月)[* 18][N 19]
  • かに玉風しょうゆ味(2012年4月)[* 19][N 20]
  • 担々麺(2012年8月)[* 20][N 21]
  • ハヤシ味(2013年1月)[* 21][N 22]
  • ホワイトシチュー味(2013年1月)[* 22][N 23]
  • じゃがバター味(2013年4月)[* 23][N 24]
  • とろポタ 鶏白湯ラーメン(2013年8月)[* 24][N 25]
  • かねふく明太子” 明太とんこつ味(2014年1月)[* 25][N 26]
  • “ご飯がススム”キムチ味(2014年1月)[* 26][N 27][40][注 13]
  • イタリアン(2014年4月)[* 27][N 28]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e “サンヨー食品、「カップスター」生誕40周年で店頭デモ実施”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社). (2015年2月2日)
  2. ^ ロングセラー商品「サッポロ一番カップスター」新発売 - ビジネス+IT、2006年6月16日
  3. ^ かいはつ秘話 「サッポロ一番 カップスター」 - サンヨー食品、2010年5月1日
  4. ^ a b c d e 【サッポロ一番 カップスター】味の虜に~♪愛される秘密(男の浪漫伝説 Vol.25) - ドリームメール
  5. ^ a b c d カップスタークイズ A.2 - サンヨー食品 cupstar.net(2007/07/26時点のアーカイブ)
  6. ^ 食品新聞、1992年4月24日
  7. ^ カップスターの日(カップスターノヒ)とは - コトバンク(デジタル大辞泉プラス)
  8. ^ 「NEWカップスター」発売へ(サンヨー食品販売名古屋) - 日本食糧新聞社、日食 2000/06/23 日付 08706 号 06面
  9. ^ サンヨー食品、サッポロ一番エコプロジェクト始動、「カップスター」フタを紙仕様 - 日本食糧新聞社、日食 2002/04/05 日付 08986 号 02面 C
  10. ^ 食品容器の表現力を支える 紙素材の進化 - 「日経デザイン」、2002年8月号
  11. ^ a b c 浅尾美和のカップめんが登場、夏限定の「カップスター」プロデュース。 - Narinari.com、2010年6月4日
  12. ^ 「比呂公一」の楽曲検索結果一覧 - 全音オンラインショップ
  13. ^ 作品コード 065-8862-0 カップスタ- - JASRAC
  14. ^ インスタントラーメン大研究 半世紀に渡る進化の歴史と次の商品 - カレー商品化は早かったエースコック - 日経トレンディネット、2008年9月24日
  15. ^ 湯原昌幸プロフィール
  16. ^ 食品新聞、1997年8月15日
  17. ^ CM - ラッキィ池田 オフィシャルサイト
  18. ^ 「サッポロ一番 カップスター」が発売当時のパッケージに、CMには浅尾美和を起用 - モノメトロ、2007年3月28日
  19. ^ 浅尾美和、松方の着替え目撃でリラックス - サンケイスポーツ、2010年7月22日
  20. ^ サッポロ一番 Cup Star - サンヨー食品(2012/08/17時点のアーカイブ)
  21. ^ カップめん登場と国際化 - 一般社団法人 日本即席食品工業協会
  22. ^ 食品新聞、1988年6月22日
  23. ^ サンヨー食品、「カップスター札幌みそラーメン」リニューアル発売 - 日本食糧新聞社、日食 1997/09/15 日付 08262 号 09面 D
  24. ^ サンヨー食品、カップ麺「札幌みそラーメン」6日リニューアル発売 - 日本食糧新聞社、日食 1997/10/01 日付 08271 号 11面 G
  25. ^ サンヨー食品、スープ感覚のミニ3食「カップスタースープヌードルコンソメ味」発売 - 日本食糧新聞社、日食 1993/07/02 日付 07560 号 09面 B
  26. ^ 「カップスター とんこつ高菜」発売(サンヨー食品) - 日本食糧新聞社、日食 1994/06/01 日付 07709 号 14面 B
  27. ^ サンヨー食品販売名古屋支店、中部へ「五目チャンポン」「人情屋台」発売へ - 日本食糧新聞社、1995/12/22 日付 07975 号 09面 E
  28. ^ サンヨー食品がカップスター五目ちゃんぽんを一新 - 日本食糧新聞社、日食 1996/12/09 日付 08137 号 14面 A
  29. ^ サンヨー食品、魚介エキスでコク味「カップスターコンソメしょうゆ味」22日から発売 - 日食 1996/07/08 日付 08063 号 10面 G
  30. ^ サンヨー食品、チキンそぼろ入り「カップスターコンソメ味」1月12日発売 - 日食 1997/12/22 日付 08307 号 09面 F
  31. ^ サンヨー食品、道内に「カップスターコンソメ味」発売 - 日本食糧新聞社、日食 1998/01/12 日付 08314 号 19面
  32. ^ サンヨー食品、3種のカレーパウダーで「カップスター南ばん中辛」18日から発売 - 日本食糧新聞社、日食 1998/05/01 日付 08364 号 09面 J
  33. ^ サンヨー食品「カップスター海鮮五目とんこつ」7月6日から発売 - 日本食糧新聞社、日食 1998/06/19 日付 08385 号 15面
  34. ^ 日本食糧新聞、1999年3月5日
  35. ^ 5種類のかやく入り「カップスターチャンポン長崎風」発売へ(サンヨー食品) - 日本食糧新聞社、日食 2000/04/26 日付 08681 号 16面 C
  36. ^ a b 「カップスターきつねうどん三角お揚げ」新発売(サンヨー食品) - 日本食糧新聞社、日食 2000/10/16 日付 08755 号 15面 F
  37. ^ 【カップスター】 - サンヨー食品(2002/08/13時点のアーカイブ)
  38. ^ サッポロ一番 カップスター - サンヨー食品(2005/02/04時点のアーカイブ)
  39. ^ サンヨー食品、タテ型カップめん「サッポロ一番 カップスター エビチリ」を発売 - マイライフ手帳、2011年7月12日
  40. ^ サッポロ一番 カップスター “ご飯がススム”キムチ - 株式会社ピックルスコーポレーション、平成25年12月24日
* サンヨー食品 製品情報
N 日本食糧新聞社 食@新製品

注釈[編集]

  1. ^ 1999年のリニューアルを機に、一旦「サッポロ一番」ブランドから独立していた時期もあった。(サンヨー食品が「カップスター」をリニューアル - 日本食糧新聞社、日食 1999/03/12 日付 08501 号 11面 H)
  2. ^ 植木等の長男。植木浩史の別名義もある1948年生の作曲家。
  3. ^ CDアルバム『のこいのこ大全』(2006年、ビクターエンタテインメント VICL-61933)に収録されている。
  4. ^ カップスター九州ラーメン、カップスター東京の味。
  5. ^ とんこつ高菜。
  6. ^ ごま味ラーメン。
  7. ^ 五目ちゃんぽん。
  8. ^ ビッグ しょうゆ。
  9. ^ 焼ポーク。
  10. ^ かつては中国・九州地区限定だった。[1]
  11. ^ 減塩サミット 2015 in 福岡」推奨。
  12. ^ 発売時は中国・四国・九州限定。
  13. ^ 株式会社ピックルスコーポレーションとのコラボ。39thカップスター誕生記念限定。

外部リンク[編集]