醤油ラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラーメン > 醤油ラーメン
醤油ラーメン

醤油ラーメンしょうゆラーメン)は、スープに醤油タレを使用した日本のラーメン。「中華そば」・「正油ラーメン」と表現される場合もある。

1910年(明治43年)に浅草の『來々軒』で出された東京ラーメンが初出であり、日本のラーメンの原型である[1][2][3]。日本におけるラーメンの中で、塩ラーメンと同じく醤油ラーメンが長い歴史を持つ。単に「ラーメン」と言った場合、この醤油ラーメンを指す事がある。

調理方法[編集]

ラーメン店での調理方法[編集]

出汁は、鶏がらおよびその他の材料を数時間煮込んで作るが、その他に豚骨牛骨をも出汁の材料とするラーメン店もあるなど多様ではあるが、濃口醤油タレを使用して醤油味のスープに調製する。ネギタマネギニンニクニンジンの他にも、独自の材料を加えるラーメン店も多く、背脂やラードなどの油を入れる店もある。

よく使われる具[編集]

メンマ、刻みネギの他に、多くの店ではチャーシューの薄切りが載せられるが、このチャーシューを数枚増量したラーメンは「チャーシュー麺」と呼ぶ。数枚の板海苔などを添える店もある。

調味料[編集]

好みの分量で胡椒を入れられるよう、客席に用意している店が多い。

様々な醤油ラーメン[編集]

宇宙食ともなっている。また醤油ラーメンが日本のラーメン原型であるため、ラーメン店のメニューとなっている事も多い。

ご当地ラーメン(醤油ラーメン)[編集]

日本全国の「ご当地ラーメン」の多数が、醤油ラーメンを基本としている。

北海道
東北
関東
甲信越
中部
近畿
中国・四国
九州

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新横浜ラーメン博物館 「ラーメン黎明期」 日本初の店舗を構えたラーメン専門店
  2. ^ BIGLOBEラーメン帝国 用語集 「来々軒」 現在のラーメンの礎
  3. ^ ただし、浅草『来々軒』創業前の、1909年明治42年)3月25日に発行された『日本の家庭に応用したる支那料理法』〔著者:柴田波三郎(女子美術学校講師日本女子商業学校講師)、津川千代子(成女高等女学校講師) 序文:石黒忠悳山根正次嘉悦孝 出版者:日本家庭研究會〕には既に、材料に「醤油コショウ卵子饂飩鶏肉スープシイタケタケノコホウレンソウ」を使った「鶏糸麺(鶏うどん)」のように、醤油を用いたラーメンの調理法が掲載されている。(「国立国会図書館デジタルコレクション」 2018年9月12日閲覧。)

関連項目[編集]