比呂公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
比呂 公一
出生名 植木 廣司
別名 植木 浩史
生誕 1948年
出身地 日本の旗 日本 東京都
職業 歌手作曲家
活動期間 1972年 -
事務所 株式会社モッシュ
公式サイト 株式会社モッシュ

比呂 公一(ひろ こういち、1948年 - )は日本歌手作曲家。本名、植木 廣司(うえき ひろし)。株式会社モッシュ代表取締役。

人物[編集]

歌手俳優植木等の長男として東京都で誕生。

1970年代植木 浩史名義でCMソング等を数多く歌っていた。近年は児童向け番組の音楽を手掛けている。

火野正平の歌手デビュー時からのプロデューサー、ライブバンドリーダー、伴奏者としても長年活躍している。

メディアに顔を出す機会は少ないが、2005年、NHK-BSハイビジョン特集で放送された『スーダラ伝説 植木等 夢を食べ続けた男』で、レコーディング風景、編曲した作品や父・植木等に対する思いを語る様子が放送された。父が終戦直後に活動していたジャズバンド仲間との再会に同行し、エンディングでは『スーダラ節』のジャズ版アレンジ曲を編曲している。また、2008年3月3日開催の「第45回ゴールデン・アロー賞」授賞式に、阿久悠の長男で作曲家の深田太郎と共に出席。父に代わって「芸能功労賞」のトロフィーを受け取った。欠席・早退した受賞者が多かったためか、最後の記念撮影にも深田と共に加わった。さらに、NHKで放送中の人形劇『ざわざわ森のがんこちゃん』では、音楽提供している傍ら、自らまじかるぱぱ名義でヒゲ校長の声をレギュラーで担当している。

歌唱[編集]

  • へんしんたいそう(『おはよう!こどもショー』使用曲)
  • 不思議な幸福せ(1972年)※比呂公一+シモンズ
  • 九月の朝/バラ色娘(1972年10月)(日本コロムビア、P-193)※B面:比呂公一とグループその1
  • 果樹園

植木浩史 名義[編集]

  • 真夜中の恋/リトル・ベイビー(1968年3月)(日本コロムビア(L盤)、LL-10050-J) - 歌手としてのデビュー曲。
  • 悲しみの朝/すみれ色の少女(1968年6月)(日本コロムビア(L盤)、LL-10059-J)
  • 白い夏の終り/紅いジュータン(1968年9月)(日本コロムビア(L盤)、LL-10071-J)
  • 嘘に泣いた女/ごめんなさいネ(1969年3月)(日本コロムビア(L盤)、LL-10087-J)
  • すばらしい青春/離ればなれのふたり(1970年4月10日)(日本コロムビア(L盤)、LL-10129-J)
  • ミラーマンの唄(1972年)※植木浩史・ハニー・ナイツ

楽曲提供[編集]

特撮[編集]

編曲[編集]

音楽担当作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

ドラマCD[編集]

コマーシャル[編集]

ほか

外部リンク[編集]