MEGA☆ROCKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

MEGA☆ROCKS(メガ・ロックス)

  1. Date fmで毎週水曜に放送されている番組。GIP制作。
  2. Date fm主催で、2004年平成16年)から毎年開催されているライブサーキット。当記事で詳述。

MEGA☆ROCKS
イベントの種類 音楽系イベント
開催時期 10月初旬
初回開催 2004年平成16年)
会場 仙台市都心部に複数
主催 Date fm
後援 G-SHOCK
協賛 Honda Cars 宮城中央
協力 HMVApple Store
Zepp仙台および一番町の各会場への交通アクセス
最寄駅 JR/SS仙台駅
JRあおば通駅
SS広瀬通駅
SS勾当台公園駅
公式サイト

MEGA☆ROCKS(メガ・ロックス)は、Date fm主催で、仙台市都心部にあるライブハウスクラブが共同して開催しているロックを中心としたライブサーキット(共通チケットにより、各会場を渡り歩くことが可能になっている共同イベント[1])。

概要[編集]

  • Date fmで毎週放送されている音楽番組「MEGA☆ROCKS[2]」から派生して、2004年平成16年)から開催されている。同番組のDJである角田哲哉も、バンド「世界」で毎年参加している。
  • 2019年までの券種は全日全会場で使用可能な 「ONEDAY PASS」 と、15:00以降から使用可能な 「EVENING PASS」があったが、2022年は「ONEDAY PASS」のみとなり、高校生以下は当日1000円のキャッシュバックが設定された。
  • アーティスト出演時間は30分(各会場最終出演者だけ例外あり)。観客の移動と出演者の事前リハーサルに30分というタイムスケジュールで各会場が進む形式になっている。
  • 2011年以前はZepp Sendaiで昼からオープニングライブがあり、終了後、各会場でのライブが夕方からスタートする形式だった。2012年当地閉館によって「ONEDAY PASS」所持者はRensadarwinからのスタートに変更(一部例外の年あり)。2013年に無料会場TOWER RECORDS仙台パルコ店が設定されてからは、有料会場の時間帯と並行でライブ(一部Date fm公開収録)が進むため、「EVENING PASS」所持者も同時間帯から無料会場のライブを観ることが可能だった。2022年は「ONEDAY PASS」のみとなり、13:00、13:30、14:00の各11会場からスタートするかたちに変更。それに伴いEVENING PASSと無料会場は設定されない見込みになっている。 
  • 会場の特色として、主に弾き語りをゆったりと聴ける椅子席メインの会場(retro Back Page,HIGHBURY,誰も知らない劇場)もあり、比較的年齢層の高い音楽ファンも楽しめるような工夫がされている。
  • 制作のGIPは毎年4~5月に東北最大級の春フェスとしてARABAKI ROCK FEST.を開催している関係から、当イベントでの活躍を参考にして翌年フェスのブッキングにつなげており、出演アーティストにとっては重要なアピールの舞台になっている。また、開催地の宮城県出身アーティストも多く出演することから、宮城の音楽シーンの一端が垣間見えるイベントにもなっている。
  • 2020年(令和2年)新型コロナウイルス拡散防止のため中止が決定[3]。2021年(令和3年)も同様の理由で2年連続の中止[4]
  • 2022年(令和4年)Datefm開局40周年を記念して 「Date fm Fantastic Forty “MEGA★ROCKS 2022”」 と題し3年ぶりの開催が決定した[5]

ブレイク前夜…初参加の歴史[編集]

現在、大箱のホールやアリーナクラスでライブを行っているアーティストがブレイク前に出演している例も多く、オーディエンス側の「発見」もこのイベントの魅力である。

注目アーティストピックアップ(初参加年、会場)

会場[編集]

全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

現在の有料会場(2022年時点)[編集]

過去の有料会場(2019年以前)[編集]

  • LIVE HOUSE enn(2011年閉店、店舗機能をenn2nd&3rdに移管)
  • Zepp Sendai(2012年閉館)
  • HEAVEN(2015年閉館)
  • PARK SQUARE(2016年閉館)
  • HooK SENDAI(2019年閉館)

過去の無料会場(2019年以前)[編集]

沿革[編集]

年月日 会場 出演
バンド
同日開催
有料 無料 延べ
1 2004年(平成16年)7月10日 6 6 40組
2 2005年(平成17年)7月16日 6 6 34組
3 2006年(平成18年)10月8日 6 1 7 43組 せんくらYOSAKOI
4 2007年(平成19年)10月20日21日 6 2 16 81組 まるごとフェス[6]、フランスフェス[7]
5 2008年(平成20年)10月11日 7 2 9 51組 せんくら、YOSAKOI、仙台短篇映画祭
6 2009年(平成21年)10月10日 8 2 10 58組 YOSAKOI
7 2010年(平成22年)10月9日 10 2 12 67組 YOSAKOI
8 2011年(平成23年)10月8日 10 2 12 66組
9 2012年(平成24年)10月6日 12 2 14 88組
10 2013年(平成25年)10月5日 11 1 12 84組
11 2014年(平成26年)10月4日 11 1 12 78組
12 2015年(平成27年)10月3日 10 1 11 76組
13 2016年(平成28年)10月1日 11 1 12 80組
14 2017年(平成29年)9月30日10月1日 10 1 11 76組
15 2018年(平成30年)10月6日 10 1 11 71組
16 2019年(令和元年)10月5日 10 1 11 70組
17 2022年 (令和4年) 10月1日 11 11 64組

年表[編集]

  • 2004年(平成16年)、Date fmの同名の番組から派生して、有料のみ6会場で初開催。
  • 2006年(平成18年)無料会場としてHMV仙台一番町が加わり、7会場となる。なお、仙台クラシックフェスティバルおよびみちのくYOSAKOIまつりと開催日程が重なり、街角各所で様々な演奏・イベントが行われていた。
  • 2007年(平成19年)無料会場としてApple Store仙台一番町も加わって8会場となり、Date fm開局25周年を記念して2日間に渡って延べ16会場で開催された[1]。また、宮城県内のサンクスでオフィシャルフードが発売された。それに伴い、県内のサンクスの店舗前でプレイベントの形でイケメン'ズの無料ストリートライブが行われた(6店舗)。なお、都心部では、同じ日程で「みやぎまるごとフェスティバル[6]」、および、「フランスレンヌ・フェスティバル[7]」が開催されており、街角各所で様々な演奏・イベントが行われていた。
  • 2008年(平成20年)日程を1日に戻す一方で、有料会場としてNeo BrotherZ(クラブ)を加え、計9会場で開催。また、「Date fm presents PARCO MUSIC AUDITION[8]」(仙台パルコ主催)において、仙台七夕STARLIGHT EXPLOSIONでの野外ライブ審査などを経て、優勝者がMEGA☆ROCKSへの出場権が得られるシステムが構築された。因みにこのオーディションの特別審査員は、宮城県塩竈市出身の写真家である平間至と、仙台市出身/在住のDJ/プロデューサーであるFreeTEMPO(半沢武志)であった。なおMEGA☆ROCKS 2008は、仙台クラシックフェスティバルみちのくYOSAKOIまつり仙台短篇映画祭劇団四季ミュージカル美女と野獣」のロングラン公演開幕と開催日程が重なり、昨年とは異なる組み合わせながらも市内の街角各所で様々な演奏・イベントが行われた。
  • 2009年(平成21年)darwinが有料会場に加わった。
  • 2010年(平成22年)LIVE HOUSE enn2nd、enn3rdが有料会場に加わった。
  • 2011年(平成23年)Rensaが有料会場に加わった。LIVE HOUSE enn閉店に伴い会場から外れる。
  • 2012年 (平成24年) Zepp Sendai閉館に伴い、Rensadarwinの両会場がONEDAY PASS(一日通し券)利用箇所として変更。retro Back Pageが有料会場に追加。
  • 2013年(平成25年)この年から無料会場がTOWER RECORDS仙台パルコ店に固定(2019年まで)。
  • 2015年(平成27年)HEAVEN閉館に伴いが会場から外れた。
  • 2016年(平成28年)HIGHBURYが有料会場に加わった。イベント特別企画として、21:00~23:00の時間帯に仙台中央通り(クリスロード)にある「MOVE LOUNGE_」(指定喫煙所)にて大川“Z”純司カラーボトル神田雄一朗)によるDJイベントが行われた。
  • 2017年 (平成29年)Date fm 35th Anniversary のスペシャル企画としてストレイテナーACIDMANTHE BACK HORNのスリーマンが通常のサーキットイベントの前日に組まれ (場所:仙台PIT)2日間開催で行われた。2日目はONEDAY PASSの使用可能箇所が例年の2会場から4会場に拡大(仙台CLUB JUNK BOX仙台MACANA が追加)。岸谷香ワンマンライブの為、retro Back Pageが会場から外れた(この年のみ)。 PARK SQUARE閉館に伴い会場から外れた。
  • 2018年(平成30年)6月30日にキョードー東北主催の「SUMMER TIME LOVER CIRCUIT サマラバ!」が開催され、同形式のサーキットイベントが年2回ある状態になった(この年のみ)。
  • 2019年(令和元年) 2月に閉館を発表したHooK SENDAIでこのイベント最後のライブが行われた。
  • 2020年(令和2年) 新型コロナウイルス拡散防止のため中止[3]
  • 2021年(令和3年) 昨年に引き続き同様の理由で2年連続の中止[4]
  • 2022年(令和4年)3年ぶりの開催が決定[5]HooK SENDAIが2019年の閉店に伴い会場から外れる。新規会場としてROCKATERIA誰も知らない劇場が加わる。券種はONEDAY PASSのみの発売となり、EVENING PASSと無料会場は現時点で予定はされていない。

出演者[編集]

※横線より上はONEDAY PASSで観ることが出来たライブ(2012年以降)、それ以前はZepp SendaiがONEDAY PASS使用可能箇所。

2004年[編集]

Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA HooK SENDAI PARK SQUARE LIVE HOUSE enn

2005年[編集]

Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA HooK SENDAI PARK SQUARE LIVE HOUSE enn

2006年[編集]

Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA HooK SENDAI PARK SQUARE LIVE HOUSE enn HMV 仙台一番町

2007年[編集]

1日目
(10月20日)
Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA HooK SENDAI
PARK SQUARE LIVE HOUSE enn HMV 仙台一番町 Apple Store Sendai Ichibancho
2日目
(10月21日)
Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA HooK SENDAI
PARK SQUARE LIVE HOUSE enn HMV 仙台一番町 Apple Store Sendai Ichibancho

2008年[編集]

Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA LIVE HOUSE enn HooK SENDAI
PARK SQUARE NEO BrotherZ HMV 仙台一番町 Apple Store Sendai Ichibancho

2009年[編集]

Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA LIVE HOUSE enn HooK SENDAI
PARK SQUARE NEO BrotherZ darwin HMV 仙台一番町 Apple Store Sendai Ichibancho

2010年[編集]

Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA LIVE HOUSE enn LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd
HooK SENDAI PARK SQUARE NEO BrotherZ darwin HMV 仙台一番町 Apple Store Sendai Ichibancho

2011年[編集]

Zepp Sendai SENDAI CLUB JUNK BOX darwin MACANA Rensa LIVE HOUSE enn 2nd
LIVE HOUSE enn 3rd HooK SENDAI PARK SQUARE NEO BrotherZ cocode Apple Store Sendai Ichibancho
  • MEGA★ROCKS公開録音

2012年[編集]

Rensa darwin SENDAI CLUB JUNK BOX MACANA HooK SENDAI NEO BrotherZ LIVE HOUSE enn 2nd


LIVE HOUSE enn 3rd PARK SQUARE Sendai Milkyway HEAVEN retro Back Page Apple Store Sendai Ichibancho cocode

2013年[編集]

Rensa MACANA NEO BrotherZ darwin SENDAI CLUB JUNK BOX HooK SENDAI


LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd PARK SQUARE retro Back Page HEAVEN TOWER RECORDS仙台パルコ店

2014年[編集]

仙台CLUB JUNK BOX 仙台Rensa 仙台darwin TOWER RECORDS仙台PARCO LIVE HOUSE enn PARK SQUARE


仙台MACANA 仙台Space Zero HooK SENDAI LIVE HOUSE enn retro Back Page 仙台HEAVEN

2015年[編集]

仙台Rensa 仙台darwin 仙台CLUB JUNK BOX 仙台MACANA HooK SENDAI PARK SQUARE


LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd 仙台Space Zero retro Back Page TOWER RECORDS仙台パルコ

2016年[編集]

仙台Rensa 仙台darwin 仙台CLUB JUNK BOX 仙台MACANA HooK SENDAI PARK SQUARE


LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd 仙台Space Zero retro Back Page HIGHBURY TOWER RECORDS仙台パルコ

2017年[編集]

1日目(9月30日)@仙台PIT

2日目(10月1日)

仙台Rensa 仙台darwin 仙台CLUB JUNK BOX 仙台MACANA HooK SENDAI




LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd 仙台Space Zero HIGHBURY TOWER RECORDS仙台パルコ

2018年[編集]

仙台Rensa 仙台darwin 仙台CLUB JUNK BOX 仙台MACANA HooK SENDAI


LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd 仙台Space Zero retro Back Page HIGHBURY TOWER RECORDS仙台パルコ

2019年[編集]

仙台Rensa 仙台darwin 仙台CLUB JUNK BOX 仙台MACANA HooK SENDAI


LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd 仙台Space Zero retro Back Page HIGHBURY TOWER RECORDS仙台パルコ

2022年[編集]

仙台Rensa 仙台darwin 仙台CLUB JUNK BOX 仙台MACANA ROCKATERIA

カメレオン・ライム・ウーピーパイ

LIVE HOUSE enn 2nd LIVE HOUSE enn 3rd 仙台Space Zero retro Back Page 誰も知らない劇場 HIGHBURY

中村マサトシ&中田裕二

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「仙台市内のライブハウスなど8会場でライブサーキット-35組出演」(仙台経済新聞)
  2. ^ 2009年9月まで毎週土曜21:00 - 21:55放送。同10月より2010年3月まで毎週木曜20:30 - 20:55放送。同4月より毎週水曜25:00 - 25:55放送。
  3. ^ a b Date fm MEGA★ROCKS 開催に関するお知らせ/Date fm エフエム仙台” (日本語). www.datefm.jp. 2020年9月25日閲覧。
  4. ^ a b 「Date fm MEGA★ROCKS 2021」開催見送りのお知らせ/Date fm エフエム仙台” (日本語). www.datefm.jp. 2021年9月24日閲覧。
  5. ^ a b ABOUT 開催概要 │ Date fm Fantastic Forty MEGA★ROCKS 2022 │ MEGAROCKS メガロックス” (日本語). www.datefm.jp. 2022年7月17日閲覧。
  6. ^ a b みやぎまるごとフェスティバル2007宮城県主催。勾当台公園宮城県庁周辺・一番町アーケード
  7. ^ a b フランス・レンヌ・フェスティバル仙台市主催。一番町アーケード)
  8. ^ Date fm presents PARCO MUSIC AUDITION(Date fm)
  9. ^ https://twitter.com/mega_star_rocks/status/1574663200741548032” (日本語). Twitter. 2022年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]