みきちゅ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みきちゅ
みきちゅ
プロフィール
別名義 瑞稀ミキ(旧名称)
mikichu*
生年月日 1993年1月26日
現年齢 24歳
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
公称サイズ(2014年[1]時点)
身長 / 体重 159 cm / kg
スリーサイズ 83 - 63 - 88 cm
所属グループ エムトピ(2015年 - )
GOMESS BAND(2016年 - 2017年)
活動期間 2011年 -
事務所 DEARSTAGE Inc (2016年 -)
主な楽曲 アイドルの秘密
アイドル: テンプレート - カテゴリ

みきちゅ1993年1月26日- )は日本アイドルシンガーソングライター[2]。GOMESS BANDのメンバー(keybord)。また、ガールズパフォーマーユニット「エムトピ」のメンバー(ミュージック担当)。2015年10月25日から2016年10月30日の間、「瑞稀 ミキ」(みずき ミキ)名義で活動していた。

来歴[編集]

宮城県仙台市出身。16歳からライブ活動を開始。アイドル好きが高じて自ら“アイドルシンガーソングライター“を名乗り、全曲の作詞作曲からブッキングなどを含めセルフプロデュースしている。 2011年夏、バンドや弾き語りが主流のオーディション「閃光ライオット2011」に初のアイドルとしてZepp Sendaiに出演。2012年4月、EMI Music Japan×雑誌 zipper主催のオーディション「Girls on the run」でグランプリを獲得し、zipperに掲載。

2013年からはメディアでも取り上げられ始め、テレビ朝日musicる TV」の「もし売れ」コーナーでは氣志團綾小路翔に「この時代に自分でやってる感は心を打つ」と評価された。「夏の魔物」「申し訳ないと」「TOKYO BOOTLEG」など多数のアイドルイベントやロックフェスに出演し、中川翔子東京女子流でんぱ組.incとの共演を果たした。アイドルの他にも、ピアノで弾き語りをしており、ダークな世界観を別名儀「mikichu*」として展開。

2014年12月21日、芸能事務所As around(エースアラウンド)に所属と同時に上京したことを発表。それまでは事務所やレーベルに所属することなくフリーで活動しており、2014年12月20日に行われたいずこねこラストライブが、フリーで活動するみきちゅにとってのラストライブとなった。

2014年には、ミスiD2015のファイナリストとなり、同年8月2日の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2014」ではセミファイナリストとして「ミスiD2013 - 2015」ステージに立った[3]。翌年の「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」にも8月2日の「ミスiD SPECIAL STAGE」に出演したが、この場で2015年10月24日のワンマンライブをもって、みきちゅとしての活動を停止することを発表した[4]

みきちゅとしてのラストライブを行った翌日の2015年10月25日、「瑞稀ミキ」への改名を発表[5]

2015年11月5日、ミズタマリ(現泉茉里)、篠原ゆり(現平野友里)と3人で「エムトピ」を結成することを発表[6]、12月5日にお披露目ライブを行った。当初はエムトピとしての活動に専念するつもりだったが、ミズタマリの提案によって、ソロ(「mikichu*」)としての活動も並行して続ける[7]

2016年10月30日、ディアステージに所属すると同時に「みきちゅ」名義で活動再開することを発表[8]

作品[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 順位 備考
DEMO 2012年8月2日 mikichu magic!! MIKICHU RECORDS - - 絶版
1st 2012年9月22日 恋愛パズル MIKICHU RECORDS MKC-0001 - -
2nd 2013年9月25日 I☆SSW MIKICHU RECORDS MKC-0002 - -
3rd 2014年7月15日 アイドルの秘密 MIKICHU RECORDS MKC-0003 59位 -
4th 2015年1月27日 可愛い屋さん As-sound AsCD-0001
AsCD-0002
43位 type-A
type-B

アルバム[編集]

リリース日 タイトル レーベル 規格品番 順位 備考
ライブ盤 2013年7月14日 夢の舞台ズ MIKICHU RECORDS - - 絶版
ライブ盤 2014年1月26日 夢の舞台ズⅡ MIKICHU RECORDS - - 絶版

出演[編集]

WEB[編集]

  • 「エブリスタ」エッセイ(現在休止中)「みきちゅと音楽(o^^o)」
  • 「Zigg」コラム連載中「みきちゅの『kawaiiの自由研究』」
  • 「Zigg」アイドルシンガーソングライター”みきちゅ”に町田リス園で色々きいてみた
  • HMV ONLINE」「I☆SSW」発売記念ロングインタビュー
  • 「エンタメNEXT」ロコドルの"みきちゅ"がネットで新曲の制作資金を集めるワケ
  • 「朝日新聞デジタル」『ツギくる☆アイドル』

TV[編集]

  • 「アイドルのプレミアムライブ&トーク番組『MUSiC×iD』」『MUSIC RECOMMEND iD』(2013年11月、スカパー!)
  • Nスタみやぎ」『今年にかける』(2014年1月17日、TBC)
  • Musicる TV」『もしかしたら売れるかもしれないメジャーデビューしてないアーティストが見れる店』(2014年2月3日、テレビ朝日)
  • 「ご当地アイドルお取り寄せ図鑑スペシャル」(2014年3月12日、スカパー!)
  • 「ウタ娘」(2014年3月14日、テレビ埼玉)
  • アイドルお宝くじ」(2015年4月17日、5月1日、5月8日、テレビ朝日)(2015年4月18日、5月2日、5月9日、BS朝日)

雑誌[編集]

  • MEN'S NON-NO 2013.04号」(2013年3月9日、集英社)
  • 「MEN'S NON-NO 2013.06号」(2013年5月10日、集英社)
  • 「全国あいどるmap 2012-2013」(2013年7月19日)
  • TRASH-UP!!16」『みきちゅきいて!』(2013年9月2日)
  • 「FRIDAY 2013.11.29-2013.12.06号」『オレ週末(妄撮P小林司)』(2013年11月15日、講談社)
  • 「LIVEアイドル図鑑」(2013年11月19日)
  • 「Numero TOKYO」『米原康正の東京ガールズ ウタ娘 編』(2014年1月28日、扶桑社)
  • 「LIVEアイドル図鑑vol.2」 (2014年2月4日)
  • 「TRASH-UP!!17」『みきちゅきいて!』(2014年2月25日)
  • 「仙台Walker最新版」(2014年3月29日)
  • 「Tokyo graffiti 7月号」(2014年6月23日)
  • 「アサ芸Secret vol.32」『2015ブレイクアイドル四季報』(2015年2月5日、徳間書店)
  • 「ヤングガンガン No.04」『Young Generation Girls』(2015年2月6日、スクウェア・エニックス)
  • 「girls vol.44」『Fresh Interview』(2015年3月28日、双葉社)
  • 「チャンピオンRED 6月号」『アイドルのルツボ』(2015年4月18日、秋田書店)
  • 「BOMB! 7月号」『ルーキーだGO!GO!』(2015年6月9日、学研パブリッシング)

ラジオ、インターネットラジオ[編集]

  • 「Dream Step」レギュラーパーソナリティ(2012年6月-9月、FMいずみ)
  • 「みきちゅのマジック☆ナイトINトーキョー」不定期 (2013年8月1日、9月5日、2014年2月6日、6月12日)
  • 「あが LINE」(2014年2月20日、TBC)
  • 「クロちゃんのIDOL ST@TION」(2014年2月27日、2015年2月5日、目黒FM)
  • 「HAPPY-GO-LUCKY」(2015年1月17日、レインボータウンFM)
  • 「WEッス!」(2015年2月2日、アメーバスタジオ)
  • 「LoGiRL」『ミスiDゴールド』
  • GIRLS♥GIRLS♥GIRLS =flying high= エムトピのゆとラジ!」(2016年4月7日 - 6月30日、FM-FUJI)

映画[編集]

  • 世界の終わりのいずこねこ」ミツメ役 先行上映(東京2014年10月24日、兵庫10月25日、宮城11月1日、広島11月9日、神奈川11月23日、東京11月30日、愛知12月18日、東京12月20日)
  • 「復讐のドミノマスク」みきちゅ役(2015年 夏公開)

脚注[編集]

  1. ^ 48 みきちゅ 21才”. ミスiD. トランジットジェネラルオフィス. 2015年11月5日閲覧。
  2. ^ Profile”. 瑞稀ミキ Official Site. 2015年11月5日閲覧。
  3. ^ ロコドルみきちゅのTIF参戦記、20秒間の歌に込めた想いとは”. エンタメNEXT. 徳間書店 (2014年8月15日). 2015年11月5日閲覧。
  4. ^ みきちゅ衝撃の活動休止、とあるソロアイドルの終焉とは”. エンタメNEXT. 徳間書店 (2015年8月2日). 2015年11月5日閲覧。
  5. ^ みきちゅ終焉、瑞稀ミキに改名「ラフな気持ちでみんなの前に戻れたら」”. OTOTOY (2015年10月25日). 2015年11月5日閲覧。
  6. ^ あの“ねこちゅ”がパワーアップして復活! 瑞稀ミキ×ミズタマリ×篠原ゆりが新ユニット「エムトピ」を結成”. エンタメNEXT. 徳間書店 (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。
  7. ^ 「知らない世界を開いていきたい」——瑞稀ミキ、ミズタマリ、篠原ゆりの新ユニット、エムトピ活動開始!”. OTOTOY (2016年11月5日). 2016年4月4日閲覧。
  8. ^ 「みきちゅ」活動再開と、事務所移籍のお知らせ”. みきちゅのちゅぶろ (2016年10月30日). 2017年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]