8otto

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
8otto
出身地 日本の旗 日本,大阪府
ジャンル ロック
活動期間 1999年 -
レーベル BMG JAPAN(2006年 - )
公式サイト 8otto公式サイト
メンバー マエノソノ マサキ(ドラムボーカル
リョウ(ギターコーラス
TORA(ベース
セイエイ ヨシムラ(ギター

8otto(オットー)は、日本の4人組バンド大阪府出身。マエノソノ マサキがボーカルとドラムスを務める、ドラムボーカルの編成となっている。

メンバー[編集]

  • マエノソノ マサキ(ドラム・ボーカル)
  • リョウ(ギター・コーラス)
  • TORA(ベース)
  • セイエイ ヨシムラ(ギター)

来歴[編集]

1999年に前身となるバンド Sugar for a dime を結成。その後メンバーチェンジを繰り返し、2004年8月に現在のメンバー・バンド名となる。自主制作CDの発表や精力的なライブ活動を行い、同年11月には渡米しライブやレコーディングを行う。ザ・ストロークスの2ndアルバム『ルーム・オン・ファイア』のエンジニア、ヨシオカトシカズの全面プロデュースの下、2006年7月に1stアルバム『we do vibration』を発売。

CDに収録されている楽曲はほとんどが一発録りである。

ザ・ラプチャーJAPAN TOURのオープニングアクトに抜擢される[1]。2006年10月にアルバム『Real』でBMG JAPANよりメジャーデビューした。

2008年7月にASIAN KUNG-FU GENERATION企画フェスASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.に2日目のトップバッターとして出演し、知名度が上昇する、そして同年9月に初シングル「BOMB」を発売。

2009年3月、日本ガイシホールにてオアシスのオープニングアクトとして出演[2]

サマーソニックライジング・サン・ロック・フェスティバルROCK IN JAPAN FESTIVALARABAKI ROCK FEST.COUNTDOWN JAPANなどのFESや 浅井健一Johnny Hell Tourなど、多数のイベント、ツアーに出演。

初の全国ワンマンツアー、日本全国47都道府県ツアーなどを行い2010年1月、オフィシャルサイトにてLIVE活動休止を発表する。

2010年10月31日より約10ヶ月の休止から復活、活動再開。

2011年3月9日、4thアルバム『Ashes To Ashes 』発売。 フジロック・フェスティバル2011への出演。 同年12月全くのノンプロモーションで突如無料ゲリラ配信された新曲『Uprising/In My Mind EP』は1万超のアクセス。

2012年4月、初のUK&Paris TOUR、Great Ecape等に出演。 8月8日には8otto結成8周年を記念し自主企画『One or Eight』を開催した。

マエノソノ マサキがボーカルとしてイギリス在住のフィーダー(Feeder)のベーシストタカ・ヒロセ、元フィーダーのサポートギタリストDEAN、LUNA SEAINORANとともにMuddy Apesを開始。

2013年、8otto新曲制作スタート。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2006年7月26日 we do viberation BHCR-17001
  1. RIWO
  2. 0zero
  3. NEW2
  4. KATANA
  5. ボンゾ
  6. Nu-Sieezze
  7. レモンティー
  8. C
  9. EASY POP
  10. AF
  11. RIGHT IN DARKNESS
  12. VOO DOO バウァー
BonQun
1st mini 2007年5月23日 Running Pop BHCR-18007
  1. China
  2. Running POP
  3. Say
  4. D.D.D
  5. 愛を憂う
オリコン最高154位
2nd 2007年10月10日 Real BVCR-14037
  1. Counter Creation
  2. 1977
  3. ROUND&ROLL
  4. 徒夢
  5. 17
  6. GH
  7. Fair Child
  8. HEY JAH
  9. Chal
  10. Fake
  11. MASSIVE
オリコン最高54位、登場回数4回
3rd 2008年9月3日 HYPER, HYP8R, HYPER BVCR-14042
  1. Bomb -Devil's here version-
  2. DESTINATION
  3. REAL COKE'S FRIEND
  4. JADE
  5. MIDNIGHT FLOW Vol.1
  6. Classic
  7. It's kind of fool
  8. MACHINEGUN BEAT
  9. 最愛の目
  10. BLOW
  11. STONE FUNK
  12. HYPER, HYPER, HYPER
オリコン最高83位
リミックス 2008年10月22日 Catch an another fire BVCR-17071
  1. 1977 - Tacteel "Naoshima" remix
  2. BLOW - Chin Chin "Chin Chin Blow back" remix
  3. 0zero - Herve "Hypno Therapy" remix'
  4. AF - 80Kidz "B.Y." remix
  5. 1977 - Tacteel "Opera square" remix
  6. Counter Creation - Morgan Geist "Counter Translation" remix
  7. FAKE - Chicken Lips "Multifunction" remix
  8. GH - 80Kidz "Z.K." remix
  9. 最愛の目 EERECTIONN "CAUTION Electronics Orchestra" remix
オリコン圏外
ライブ 2009年3月18日 Hellow! We are 8otto! LIVE TOUR 2008 BVCR-18170
  1. It's kind of Introduction
  2. MACHINEGUN BEAT
  3. Bomb
  4. Counter Creation
  5. N.Y.P.
  6. レモンティー
  7. Classic
  8. Say
  9. KATANA
  10. STONE FUNK
  11. RIWO
  12. Ozero
  13. HYPER, HYPER, HYPER
  14. Nu-Siezzee
  15. 1977
  16. China
  17. VOO DOO バウアー
オリコン最高286位
4th 2011年3月9日 Ashes To Ashes DDCB-14014
  1. You Just Not Only One
  2. Generation 888
  3. Hand Clap MF
  4. Brush Up
  5. A.O.
  6. Ready or Not
  7. NY Flow
  8. Respect
  9. 手のなる方へ
オリコン最高133位

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2008年7月23日 Bomb BVCR-19127
  1. Bomb
  2. Staxx
  3. N.Y.P
オリコン最高114位

アナログ限定シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番
1st 2007年08月08日 1977 EP OTTO-1
2nd 2008年02月08日 Counter Creation EP OTTO-2
3rd 2008年03月08日 AF/GH EP OTTO-3
4th 2008年04月08日 Ozero EP OTTO-4
5th 2010年12月15日 GENERATION888 / UFO FLAKES-032

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
Art Yard 「REAL COKE'S FRIEND」
Akio Takimoto×Tora(8otto) 「Generation 888」
マサオ 「Bomb」「Counter Creation」「KATANA」「Nu-Siezzee」
ヨシオカトシカズ 「China」「Ozero」
ヨシオカトシカズ / 高坂邦弘 「1977」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2008年 - 8otto presents 080808
  • 2012年 - "One or Eight" 2012
  • 2013年 - "One or Eight" 2013

出演イベント[編集]

  • 2006年08月12日 - SUMMER SONIC 2006
  • 2007年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.07
  • 2007年08月11日・12日 - SUMMER SONIC 2007
  • 2007年08月17日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO
  • 2007年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年05月11日 - BEA presents F-X 2008
  • 2008年07月21日 - ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN FES.2008
  • 2008年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008
  • 2009年01月22日 - DOES 東名阪福 ツーマン巡業「2×4」
  • 2009年03月11日 - unkie vs 8otto
  • 2009年04月25日 - ARABAKI ROCK FEST.09
  • 2009年06月16日・17日・21日・07月17日 - the HIATUS Trash We'd Love Tour 2009
  • 2009年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2009 in EZO
  • 2009年10月25日 - FRONTIER BACKYARD 2009 「NEO CLASSICAL」
  • 2009年12月21日 - New Audiogram ver.3
  • 2011年01月26日 - マッカーサーアコンチ NEWアルバム"感受性ドン!" リリースパーティ 「ドタマカチワルゾNIGHT 大阪編」
  • 2011年07月29日 - FUJI ROCK FESTIVAL '11
  • 2011年08月27日 - ARABAKI ROCK FEST.11
  • 2011年10月04日 - NIGHT ON THE PLANET! ~ KURAWOOD 7th ANNIVERSARY! ~
  • 2011年12月24日 - DOES Presents「Good Fellows!」
  • 2012年06月22日 - RAW POWER 2012
  • 2012年08月17日 - YHFC & UnTigre Presents"Too Fast For Love
  • 2012年08月25日 - ONE Music Camp 2012
  • 2012年08月25日 - Re:mix 2012
  • 2012年09月26日 - HighApps x New Audiogram #01
  • 2012年11月03日 - ASPARAGUS 10th ANNIVERSARY "PARACHUTE TOUR" supported by FLAKE RECORDS
  • 2012年12月07日 - GOOD4NOTHING "ALL THE AWESOME DUDES TOUR" 2012-2013
  • 2012年12月14日 - FANDANGO 25th ANNIVERSARY
  • 2012年12月18日 - BRAHMAN presents tantrism vol.8
  • 2013年03月19日 - Destroy Before Reading vol.19 "FRONTIER BACKYARD vs 8otto"
  • 2013年03月20日 - SAKAI MEETING
  • 2013年05月22日〜29日 - デズモンド・アンド・ザ・チュチュス JAPAN TOUR 2013 TONE FLAKES Vol.45
  • 2013年06月28日 - 猛烈ロックンロール教室
  • 2013年10月04日 - TONE FLAKES Vol.51
  • 2013年10月05日 - KIMKUMA NIGHT~金熊夜~
  • 2013年11月17日 - THE END HAS NO END
  • 2013年11月24日 - 大阪 高架下音楽祭
  • 2013年12月14日 - POPLIFE 8th Anniversary RADIO WAVE Vol.57
  • 2013年12月22日 - SEITON☆NIGHT vol.2
  • 2014年03月23日 - SAKAI MEETING 2014
  • 2014年04月02日 - となりのバンドマンツアー2014
  • 2014年05月21日 - Gotch Tour 2014 「Can't Be Forever Young」
  • 2014年05月31日 - InterFM presents Shimokitazawa SOUND CRUISING 2014
  • 2014年10月03日 - Rimeout Goodies Vol.1
  • 2014年11月25日 - スペースシャワー列伝 100巻記念公演 第122巻 洒落の宴
  • 2014年12月14日 - FRONTIER BACKYARD 10th anniversary presents "10 surroundings"

脚注[編集]

外部リンク[編集]