BRAHMAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BRAHMAN
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ロック[1]
メロディック・ハードコア[1]
民族音楽[1]
エモ[要出典]
ミクスチャー・ロック[要出典]
活動期間 1995年 -
レーベル トイズファクトリー
1999年 -
事務所 タクティクスレコード
公式サイト www.tc-tc.com
メンバー TOSHI-LOW (Vo.)
KOHKI (G.)
MAKOTO (B.)
RONZI (Dr.)

BRAHMAN(ブラフマン)は、日本ロックバンド1995年に結成。メロディック・ハードコア民族音楽をベースにしたミクスチャー・サウンドが特徴[1]トイズファクトリー所属。

メンバー[編集]

茨城県出身。女優りょうは妻。
長野県松本市出身。RONZIとは高校の同級生。
長野県松本市出身。

旧メンバー[編集]

  • NABE:ベース
BRAHMANのバンド名やコンセプトを決定づけた人物。東京大学卒。2012年逝去。
  • DAISUKE:ギター

来歴[編集]

1995年、TOSHI-LOWとDAISUKEが当時所属していたバンド「killed by myself」と、RONZIとMAKOTOが属していたバンドがそれぞれ同時期に解散した後、音楽の方向性について意気投合したメンバーにより東京都で結成された。東洋的なコンセプトのもと挙がったバンド名候補の一つに「ARTMAN」もあった。 ベース脱退後、RONZIと同郷であるMAKOTOが加入した。

1996年、ミニアルバム「Grope Our Way」でCDデビュー。その後ギター担当のDAISUKEが脱退。

1997年、ミニアルバム「Wait And Wait」発売。レコ発が完売となった。 この後、ギターのKOHKIが加入し、現メンバーの4人となった。

1998年、アルバム「A MAN OF THE WORLD」発売。

1999年TOY'S FACTORYと契約を交わし、シングル「deep/arrival time」にてメジャーデビュー。オリコン初登場6位、累積売上20万枚以上。レコード発売に伴う大規模なツアーに加えTIBETAN FREEDOM CONCERT、フジロックフェスティバル '99に出演。

2000年AIR JAM 2000に出演。ライブVIDEO「CRAVING」をリリース(のちにDVDでもリリース)。

2001年、2ndアルバム「A FORLORN HOPE」発売。オリコン初登場2位。累積売上50万枚以上。 FUJI ROCK FESTIVAL '01に出演。アルバム発売に伴い、50公演以上に及ぶ大規模なツアーを行った。

2002年、海外においてもイタリアおよび台湾においてツアーを行った。

2003年4月、TOSHI-LOWが女優りょうと結婚。

2004年、3rdアルバム「THE MIDDLE WAY」発売。 唯一、シングルカット等の楽曲が無いフルアルバムである。

2005年、2ndシングル「CAUSATION」発売。オリコン初登場10位。

2006年、ライブDVD「THEORIA」発売。オリコン初登場4位。

2007年、シングル「Handan's pillow/逆光」を発売。

2008年、2月6日4thアルバム「ANTINOMY」を発売。オリコン初登場4位。アルバムリリースに伴い国内40公演以上のツアー「AUTONOMY」を行った。このアルバムの一部店舗購入者特典で「by-end」となる特典CDを配布。収録曲は1stミニアルバム「Group Our Way」からARTMANとRESULT OF NEXTを収録。なお、この再録RESULT OF NEXTは「The」が抜けた表記になる。

11月12日3rd DVD「THE THIRD ANTINOMY」を発売。オリコン初登場1位。

2009年6月10日、1st アルバム「A MAN OF THE WORLD」1st ミニアルバム「Group Our Way」(廃盤) 2nd アルバム「Wait And Wait」の楽曲を新たに再録音した『ETERNAL RECURRENCE』を発売。オリコン初登場7位。全て再録収録されている訳ではなく「Group Our Way」に収録されている「晴眼アルウチニ」はこのETERNAL RECURRENCEには収録されておらず「Wait And Wait」に収録されいる「FLYING SAUCER」はボーナストラックとして聞くことができる。

2013年2月20日、5thアルバム『超克』を発売。オリコン初登場4位。

2015年7月4日、BRAHMANを追ったドキュメンタリー映画『ブラフマン』が公開。監督は箭内道彦、語りとしてTOSHI-LOWの妻でもあるりょうKen Yokoyama井浦新も参加している[3]

ライブ[編集]

かつてはライブではMCを一切せずに起伏のあるパフォーマンスに終始していたが、2011年3月11日東日本大震災以降MCを行うようになり、様々な主張をファンに発信するようになっている[1]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 1999年9月29日 deep/arrival time CD TFCC-87036 オリコン初登場6位登場回数17回
2nd 2005年7月27日 CAUSATION CD TFCC-89138 オリコン初登場10位登場回数9回
3rd 2007年4月4日 Handan's pillow/逆光 CD TFCC-89198 オリコン初登場8位登場回数8回
4th 2011年9月7日 霹靂 CD+DVD TFCC-89343/4 CD+DVDの2枚組
オリコン初登場9位登場回数8回
5th 2012年9月5日 露命 CD+DVD TFCC-89394/5 CD+DVDの2枚組
オリコン初登場11位登場回数6回


ミニアルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 1996年11月
1998年7月7日再発
Grope Our Way CD LEN-001 廃盤
2nd 1997年10月7日 WAIT AND WAIT CD WHIP-0001 初回盤のみオレンジのカラープラケース

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲 備考
1st 1998年9月1日 A MAN OF THE WORLD CD 1138-0002 オリコン初登場99位登場回数1回
2nd 2001年6月27日 A FORLORN HOPE CD TFCC-88179 オリコン初登場6位登場回数17回
3rd 2004年9月29日 THE MIDDLE WAY CD TFCC-86167 オリコン初登場3位登場回数13回
4th 2008年2月6日 ANTINOMY CD TFCC-86243 オリコン初登場4位登場回数9回
5th 2009年6月10日 ETERNAL RECURRENCE CD TFCC-86298/9 「Grop Our Way」「WAIT AND WAIT」「A MAN OF THE WORLD」を再レコーディング
オリコン初登場7位登場回数9回
6th 2013年2月20日 超克 CD+DVD/LP TFCC-86425/6
PPTF-3859
tailerオリコン初登場4位登場回数11回

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 収録曲
2015年8月12日 尽未来際 2CD+DVD TFCC-86528

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2000年8月23日(VHS)
2001年1月24日(DVD)
Craving TFBQ-18005 エンディングにはアライツ・エタ・マイデルの曲が使われている。
2nd 2006年6月28日 THEORIA TFBQ-18065 オリコン最高9位、登場回数8回
3rd 2008年11月12日 THE THIRD ANTINOMY TFBQ-18090 オリコン最高4位、登場回数5回
4th 2012年3月11日 Live & Document Films 霹靂 TFBQ-18129
5th 2013年10月9日 超克 the OCTAGON TFBQ-18141:DVD
TFXQ-78111:BD
trailerオリコン最高9位、登場回数5回

その他[編集]

  • LIVE OPENING SE「Molih Ta,Majcho I Molih」ブルガリア民謡(
  • デモテープ「BRAHMAN」(1995年)黄色と白の2種類のジャケット
TONGFARR/JELLY FISH-MAN/ARTMAN/SWAY

  TONGFARRのみIndies Magazine vol.2のコンピレーションCDに収録されている。

  • オムニバス「SUPER CROSS TOKE」(1996年)
1. WHAT'S YOUR EXCUSE?
  • オムニバス「Farm」(1997年)
11. SEE OFF
  • オムニバス「LONDON NITE」(1999年5月27日)
13. ANSWER FOR...
2. KOKORO WARP(BRAHMAN REMIX)
  • オムニバス「Team R Official Album ROUND,aROUND,gROUND」(2000年8月23日)
1. ROUND,AROUND,GROUND(COCOBAT,BRAHMAN,BACK DROP BOMB,R SOUND,RUMINA)
2. SEE OFF(BRAHMAN)
  • オムニバス「LONDON NITE EXTRAX」(2000年11月22日)
11. THERE'S NO SHORTER WAY IN THIS LIFE
  • トリビュートアルバム「365-TRIBUTE TO THE STALIN」(2001年1月24日)
14. 水銀(BRAWLS名義)
  • トリビュートアルバム「CHIBA NOTORIOUS-NUKEY PIKES TRIBUTE-」(PIKES DISC)(2001年9月8日)
1. LET'S GET ANOTHER PLACE
  • オムニバス「GRIDALO FORTE RECORDS 2002」(2002年1月31日)
10. FOR ONE'S LIFE
5. Walk On session with TOSHI-LOW(BRAHMAN)
  • オムニバス「POP PUNK LOVES YOU TOO」(2003年1月10日)
20. BOX
  • オムニバス「ROCK is LOFT」-YELLOW DISC-(2006年6月14日)
DISC2 1. ANSWER FOR...
  • トリビュートアルバム「HUSKING BEE」(2007年3月21日)
6. SUN MYSELF
  • オムニバス「LE TOUR DE DANCE SOUND TRAXXX」(2007年10月10日)
7. MACKDADDY
  • ANTINOMY 初回特典「By-End」(2008年2月6日)
ARTMAN/RESULT OF NEXT
  • トリビュートアルバム「GIFT-TRIBUTE TO SCAFULL KING」(2008年12月5日)
1. BRIGHTEN UP
  • 配信限定「TONGFARR」(2009年7月1日・iTunes、着うたフル、着うた限定)
TONGFARR(DL Exclusive Version)
  • カバーアルバム「HELLO!LOW IQ 01」(2009年10月7日)
13. WHAT'S BORDERLESS?
  • サウンドトラック「ANOTHER BANDAGE」(2010年1月13日)
8. ANSWER FOR...
新レーベル「NOFRAMES」の第1弾CD
  • 「極東最前線 3」(2013年09月18日)
13. 汀に咲く
2. 月の夜
  • 「Yes, We Love butchers ~Tribute to bloodthirsty butchers~ Abandoned Puppy」(2014年01月29日)
3. 散文とブルース
  • 「The Broccasion -music inspired by BACK DROP BOMB-」(2014年06月11日)
4. FLOW (IT'S LIKE THAT)

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
島田大介 A WHITE DEEP MORNING
タナカノリユキ BASIS」「CAUSATION」「PLASTIC SMILE」「ROOTS OF TREE」「Silent day」「THE VOID」「arrival time」「初期衝動」「賽の河原
吉川英明 「BASIS (LIVE Ver.) 」「FOR ONE'S LIFE」「LOSE ALL」「SPECULATION」「逆光
本郷伸明 Handan's pillow
箭内道彦 露命」「霹靂
芦沢ムネト 警醒

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

出演イベント[編集]

  • 1999年07月31日 - FUJI ROCK FESTIVAL '99
  • 2000年08月19日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2000 in EZO
  • 2001年07月29日 - FUJI ROCK FESTIVAL '01
  • 2002年07月28日 - FUJI ROCK FESTIVAL '02
  • 2002年12月06日 - くるり presents 百鬼夜行2002
  • 2003年04月25日 - エレファントカシマシ "BATTLE ON FRIDAY"
  • 2005年07月30日 - FUJI ROCK FESTIVAL '05
  • 2005年08月19日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO
  • 2005年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 05/06
  • 2007年08月08日 - TOTAL FURY presents 『SPACE 003』
  • 2007年12月27日 - Dear Sweet Night 2007
  • 2008年01月10日 - Abura Derabu 7
  • 2008年03月07日 - COKEHEAD HIPSTERS PRESENTS PLAY BACK IN THE CIRCLE
  • 2008年07月26日 - SETSTOCK'08
  • 2008年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008
  • 2008年08月24日 - MONSTER baSH 2008
  • 2008年08月30日 - RUSH BALL 2008
  • 2008年08月31日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2008
  • 2008年09月21日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '08 ~夏の魔物~,
  • 2009年01月30日 - PLAYBACK IN THE 90'S CIRCLE VOL.5
  • 2009年04月29日 - Maximum Sound Style
  • 2009年04月30日 - Pulling Technology
  • 2009年07月04日 - NAGOYA CLUB QUATTRO 20th ANNIVERSARY SPECIAL
  • 2009年07月19日 - KESEN ROCK FESTIVAL'09
  • 2009年07月26日 - FUJI ROCK FESTIVAL '09
  • 2009年08月22日 - ROCKだぜ! 2009 -AFTER PARTY-
  • 2009年09月14日 - "riddim saunter presents COLLAGEALL"
  • 2009年10月10日 - LOW IQ 01 presents MASTER OF MUSIC
  • 2009年10月29日,30日 - NO USE FOR A NAME JAPAN TOUR 2009
  • 2009年12月30日 - 制服NIGHT
  • 2010年04月20日 - THE BACK HORN KYO-MEI大会
  • 2010年06月08日,10日 - TOY'S FACTORY presents BRAHMAN/EGO-WRAPPIN' Special Live SURE SHOT
  • 2010年09月20日 - 207万人の天才。風とロックCAMP 改メ風とロック芋煮会 IN 箭ROCK沼
  • 2011年04月08日 - 9mm Parabellum Bullet 東名阪2マンTour
  • 2011年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2011
  • 2011年08月21日 - BLACK LIST 015 ~ROCK FOR JAPAN~
  • 2011年08月27日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2011
  • 2011年09月04日 - RUSH BALL 2011
  • 2011年09月16日 - LIVE福島 風とロックSUPER野馬追
  • 2011年09月18日 - AIR JAM 2011
  • 2011年09月23日 - GG11 -GG 10th Anniversary-
  • 2011年12月24日 - 10-FEET "その向こうへ" TOUR 2011
  • 2012年01月07日 - "KESEN ROCK TOKYO" round 6.
  • 2012年02月24日 - 極東最前線 ~人の子こぞりて足踏み鳴らせ!~
  • 2012年02月25日 - DEVILOCK NIGHT THE FINAL
  • 2012年03月24日 - 闇鍋音楽祭 2012
  • 2012年04月13日~05月05日(4公演) - BAD FOOD STUFF
  • 2012年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.12
  • 2012年07月08日 - NO NUKES 2012
  • 2012年07月22日 - KESEN ROCK FESTIVAL'12
  • 2012年08月04日 - BONE TO RUN! YUMEBANCHI 2012
  • 2012年08月08日 - Talking Rock! FES.2012
  • 2012年08月11日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO
  • 2012年08月16日 - Hello!! 816
  • 2012年08月26日 - アシタエ Sky Jamboree 2012 ~one pray in nagasaki~
  • 2012年09月15日 - 風とロック芋煮会2012@猪苗代湖
  • 2012年09月16日 - AIR JAM 2012
  • 2012年09月27日 - ASPARAGUS 10th ANNIVERSARY "PARACHUTE TOUR"
  • 2012年10月06日 - SLANG「Glory Outshines Doom Tour」
  • 2012年10月21日 - the 原爆オナニーズ 結成30周年記念興業
  • 2012年12月02日 - POWER STOCK 2012 in ZEPP SAPPORO
  • 2012年12月15日 - SAVE THE NOON PUBLIC CAFE SPECIAL
  • 2012年12月29日 - RADIO CRAZY 2012
  • 2013年01月20日 - THE COLLECTORS "NEW YEAR CHAMPIONSHIP"
  • 2013年04月28日 - GARNI 15th Anniversary
  • 2013年06月09日 - POWER STOCK 2013 in MIYAKO
  • 2013年06月29日 - OTOSATA Rock Festival 2013
  • 2013年07月13日 - KESEN ROCK FESTIVAL'13
  • 2013年07月14日 - NO MORE FUCKIN' NUKES 2013
  • 2013年07月26日 - FUJI ROCK FESTIVAL '13
  • 2013年08月18日 - WILD BUNCH FEST. 2013
  • 2013年08月31日 - RUSH BALL 2013
  • 2013年09月22日 - LIVE福島 CARAVAN日本 風とロック芋煮会2013
  • 2013年09月28日 - SKATERS NIGHT 番外編 東北ライブハウス大作戦
  • 2013年10月27日 - TOWER RECORDS presents Bowline 2013
  • 2013年11月03日 - 西部でぶっ飛ばせ!Vol.1
  • 2013年11月16日 - 怒髪天 DOHATSUTEN三十路(ミソジ)まえ "七色の虹をかける野郎ども"
  • 2013年11月24日 - 東北ジャム2013 in 石巻
  • 2013年11月30日 - CLUB251 20th ANNIVERSARY~ ジェイソンズ復活祭2013
  • 2013年12月04日 - F.A.D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol.5
  • 2013年12月15日 - POWER STOCK 2013 in ZEPP SAPPORO
  • 2013年12月21日 - VIRGO 10th ANNIVERSARY SPECIAL Light up the darkness vol.1
  • 2013年12月27日 - 「sHOWs」 meets 「BLAFMA」
  • 2013年12月30日 - "VIOLENT POPS Vol.54" 「黒木屋」
  • 2014年02月08日 - STEP in FUKUSHIMA 2014
  • 2014年03月09日 - NO NUKES × earth garden × 選挙フェス × THE SOLAR BUDOKAN × NO MORE FUCKIN' NUKES
  • 2014年03月26日 - マキシマム ザ ホルモン"予襲復讐"ツアー
  • 2014年04月06日 - Ken Yokoyama Keep Marching Tour
  • 2014年04月26日 - ARABAKI ROCK FEST.14
  • 2014年06月01日 - POWER STOCK 2014 in MIYAKO
  • 2014年07月13日 - SUN BURST 2014
  • 2014年07月20日 - KESEN ROCK FESTIVAL'14
  • 2014年07月21日 - AOMORI ROCK FESTIVAL '14 ~夏の魔物~
  • 2014年08月29日 - PIRATE SHIP 2014 "SKOAL"
  • 2014年09月06日 - BAYCAMP 2014
  • 2014年10月01日 - NO NUKES 2014
  • 2014年10月-日 - MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!! 13+14

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e BRAHMANの記事まとめ”. ナタリ. 2015年5月28日閲覧。
  2. ^ INSPIRIT fighters official website
  3. ^ りょう、4年ぶりの映画出演!夫のバンドBRAHMANのドキュメンタリーで”. シネマトゥデイ (2015年5月22日). 2015年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]