ホリエアツシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホリエアツシ(ent)
別名 ent
生誕 (1978-07-08) 1978年7月8日(40歳)
出身地 日本の旗 日本長崎県長崎市
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
ポストロック
エレクトロニカ
職業 シンガーソングライター
ボーカリスト
ギタリスト
作詞家作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
シンセサイザー
活動期間 1998年 -

ホリエアツシ1978年7月8日 - )は日本ミュージシャンボーカリストギタリスト作詞家作曲家であり、ストレイテナーボーカルギターピアノシンセサイザー担当。「ent」という名義でソロでも活動している。

来歴・人物[編集]

  • 愛称「ホリエテナー」(主にこう呼ぶのはASIAN KUNG-FU GENERATIONELLEGARDENのメンバー)、「ent」(ソロ活動時の名義より)。
  • 1998年に、中学生時代からの幼馴染であったナカヤマシンペイ(ドラムス)とストレイテナーを結成。
  • ストレイテナーではほぼ全ての楽曲で作詞作曲を手がけている。
  • 2009年よりバンド活動と並行しながら、entとしてソロ活動を開始。
  • FULLARMORのメンバーとしても活動中。
  • 長崎県長崎市出身。
  • 中央大学卒業。
  • 幼少期は転勤族だった親の影響で東京福岡にある公務員住宅に住んでいた経験がある[1]。幼稚園から小学校1年まで福岡県、小学校2年から3年を東京都、小学校6年までを熊本県で過ごした[2]
  • 5歳年上の兄がいる[3]
  • 幼少期から音楽を聴いて歌うのが好きで、小学校5年生ではすでにオリジナル曲を実家のオルガンで作っていた。
  • 最初はオルガンやシンセサイザーを弾き、ハンドマイクでボーカルを務めていたが、GREENDAYやUKギターロックバンドの影響を受け高校3年生から独学でギターを弾き始めた。
  • 中学3年生の頃には既にミュージシャンになろうと思っていたといい、高校時代ナカヤマらと最初にバンドを組んだ時もコピーではなく、オリジナル曲ありきで始めたものだったという[3]
  • 一番リスペクトするのはレディオヘッドトム・ヨークであるとインタビューで発言している。
  • アニメ「カウボーイビバップ」のファンであり、以前ROCKIN'ON JAPANで連載されていたDVDコーナーにホリエが出た際にも、本人より同作品が紹介されている[4]。同作品に着想を得て製作された楽曲(「走る岩」、「泳ぐ鳥」)も存在する[5]
  • 2人時代ではギターを一度もチューニングせずライブを終えていたらしい(ホリエ曰く「ベースが入るまでギター以外の音色がほかになかったから」)。
  • 主に使用するギターはカスタムショップ製ギブソンSGの61'リイシュー(白)、ちなみに、かつてストレイテナーのメンバーが2人の頃はギブソンレスポールスタジオの黒を使っていた。その後ギブソンSGスタンダードの黒を使用していた。
  • アルバム『Nexus』あたりからカスタムショップ製 フェンダー・ストラトキャスター(白、黒、スカイブルー)も使用している。
  • アンプはMARSHALL JCM900(バイアス値低めに設定、真空管を改造)と÷13 (Divided by 13) CJ-11(最初は黒だったが、現在は赤)の2台を使用。
  • エフェクターはProvidence PD-6 (Booster)、BOSS DD-6 (Digital Delay)、BOSS PH-3 (Phase Shifter)、IBANEZ CS9 (Stereo Chorus)、IBANEZ FL9 (Flanger)を使用し、全てProvidence PEC-2 (Programmable Effects Controller)で制御している。(チューナーはBOSS TU-2を使用)
  • シンセピアノはnord electro2、シンセサイザーはmicroKORG、nord wave(アルバム『CREATURES』から導入)を使用、レコーディング時にはラディアル製D.I.Box:JDIをラインで通して使用している。
  • まじ娘(majiko、ニコニコ動画で活動している歌い手)の楽曲「アマデウス」の作詞・作曲を担当し、後にまじ娘のアルバム『Contrast』に収録された。
  • 2016年9月 シーチキン食堂のCM「シーチキンマヨおにぎり篇」に出演[6][7]
  • 2018年8月 ナカヤマシンペイとともに長崎市観光大使に就任する。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム

発売日 タイトル 収録曲 備考
1st 2009年2月18日 Welcome Stranger 1.No Tone
2.Sleeping Ghosts
3.Will
4.Do Not Adjust Your Set
5.Girl
6.Silver Moment
7.Farewell Dear Stranger
2nd 2012年1月25日 Entish 1.9646
2.Zoe
3.Water Screen
4.Dragon Fruit
5.Airwalker
6.Frozen Flowers
7.Strange Weather
8.Last Stop
9.Lens
10.At The End Of The Blue Sky
3rd 2017年1月11日 ELEMENT 1.How To Fly
2.悲しみが生まれた場所
3.Autumn Nightmare
4.Healer
5.Perfect Light
6.The Awakening
7.Forever and Ever
8.Imagine
9.素子-Soshi-
10.Sunset Moonrise
11.Silver Moment 12MIX


出典・参考文献[編集]

  1. ^ 2012年2月2日放送「スペチャ! SPACE SHOWER MUSIC CHART SHOW」内コーナー「トチューチャ」で本人が発言。
  2. ^ DVD「LONG WAY TO NOWHERE TOUR」 DISC 2より
  3. ^ a b -異種格闘技対談-Ring【round2】第22回/ホリエアツシ(ent、ストレイテナー)
  4. ^ ROCKIN'ON JAPAN」 2007年5月号
  5. ^ ストレイテナー INTERVIEW 2005年1月26日付 VIBE
  6. ^ シーチキン食堂:シーチキンマヨおにぎり篇 15秒
  7. ^ 風とロック2016年9月22日

関連項目[編集]