阪本奨悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さかもと しょうご
阪本奨悟
本名 阪本奨悟
別名義 奨悟
生年月日 1993年6月13日(22歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
血液型 O
職業 元俳優、シンガーソングライター
活動期間 2006年 - 2010年
2012年 -

阪本 奨悟(さかもと しょうご、1993年6月13日 - )は、日本シンガーソングライター。過去には俳優ファッションモデルとして活躍していた。アミューズ所属。身長170cm。

人物[編集]

  • 家族構成は父、母、兄、姉の5人。
  • 常にマイペースな性格をしており、少し天然なところがある。
  • 芸能界に入ったきっかけは、もともとドラマや映画が好きで、演じる側になってみたいと思い、応募したのがきっかけである。
  • 事務所に入って初めての仕事はHONDAのCMである。
  • 尊敬する俳優は大沢たかお
  • 特技はサッカー。趣味は映画鑑賞ギターで、得意な曲は福山雅治の「桜坂」。
  • 好きな食べものはラーメンとオムライス。
  • 好きな歌手はポルノグラフィティMr.Children
  • 好きな色は緑色。
  • 好きな漫画はテニスの王子様ONE PIECE黒執事
  • ぱんくん(メス)という名前のビーグルを飼っており、度々ブログに登場している。
  • 中学校時代はサッカーに熱中していた。
  • カラオケに行くと歌う曲はポルノグラフィティの『ハネウマライダー』。
  • 奨悟という名前の由来は、「悟」には母親が孫悟空が好きで、悟空のようにたくましく育ってほしいという意味を込めており、「奨」の字は、兄の名前にもこの字が入っていて、兄弟仲良くという意味でこの字を使ったという。
  • 舞台、『ミュージカル テニスの王子様』で4代目・越前リョーマ役を演じ人気を集めた。
  • 学業専念及びゆっくり将来の方向性を見極めていきたいという理由から、2011年12月31日にアミューズとの契約を終了した。
  • 2012年12月25日、阪本奨悟名義でシンガーソングライターとして再始動。アコースティックギター、エレキギター、ブルースハープ、ピアノと様々な楽器にもチャレンジしており音楽の幅を広げている。
  • 2014年12月27日、シンガーソングライターとして2015年よりアミューズに復帰する事を発表した[1]

出演[編集]

バラエティー番組[編集]

テレビドラマ[編集]

携帯ドラマ[編集]

  • 虹の向こうへ(2010年11月1日、BeeTV)- 江崎藤馬 役

映画[編集]

舞台[編集]

  • ミュージカル テニスの王子様 - 青学4代目 越前リョーマ
    • The Progressive Match 比嘉 feat.立海(2007年12月 - 2008年2月)
    • Dream Live 5th(2008年5月)
    • The Imperial Presence 氷帝 feat.比嘉(2008年7月 - 11月)
    • The Treasure Match 四天宝寺 feat. 氷帝(2008年12月 - 2009年3月)
    • Dream Live 6th(2009年5月)

イベント[編集]

  • 「阪本奨悟 バースデーイベント」(2009年6月13日、アミューズ)
  • Amuse presents「THE GAME 〜Boy's Film Show〜」(2009年8月14日 - 2009年8月16日、アミューズ)
  • 半生執事〜舞台「黒執事」鑑賞会〜(2009年10月10日、10月31日、11月1日)
  • 「Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2009 ♂男 da 男!!♂」(2009年12月29日、12月30日、アミューズ)
  • 「阪本奨悟 sing!³ 2010」2010年2月13日、アミューズ
  • 「阪本奨悟 バースデーイベント 〜17seventeen〜」(大阪公演:2010年6月12日、東京公演:6月13日、アミューズ)
  • Amuse presents「THE GAME 〜Boy's Film Show〜」(東京公演:2010年8月2日 - 8月4日、大阪公演:8月13日 - 8月15日、アミューズ)
  • Amuse presents SUPER ハンサム LIVE 2014(2014年12月27日 / パシフィコ横浜 国立大ホール、アミューズ)[1]
  • Amuse Fes 2015 BBQ in つま恋〜僕らのビートを喰らえコラ!〜(2015年7月19日 / つま恋多目的広場、アミューズ)[2]

CM[編集]

雑誌[編集]

カタログ[編集]

対バンライブ[編集]

  • 『Polynesian Maniac! Vol.3』(2012年12月25日、堀江Goldee)
  • 『Polynesian Maniac! Vol.4』(2013年2月10日、深江橋アンコールスター)
  • 『LATE HAPPY Valentine♪』(2013年2月17日、深江橋アンコールスター)
  • 『日曜日から月曜日にかけての憂鬱を吹き飛ばす会』(2013年3月24日、堀江Goldee)
  • 『Polynesian Maniac! Festival』(2013年4月3日、心斎橋JANUS)
  • 『Stellar Night』(2013年4月28日、ESAKA MUSE)
  • 『男の中の男祭り!2発目』(2013年5月12日、深江橋アンコールスター)
  • 『ASIA DRAMATIC VOICE』(2013年5月25日、梅田アムホール)
  • 『MUSE SMOOTHIE #1』(2013年7月26日、OSAKA MUSE)
  • 『Sensation』(2013年8月16日、KYOTO MUSE)
  • 『United Melody -VARIT.9th Anniversary-』(2013年8月28日、神戸VARIT.)
  • 『Sscret☆orquesta』(2013年9月1日、ESAKA MUSE)
  • 深江橋アンコールスター3周年記念祭 100人限定☆『今年もスーパースター集めました♪』(2013年11月9日、深江橋アンコールスター)
  • 『MUSE SMOOTHIE #3 〜Acoustic edition〜』(2013年11月22日、OSAKA MUSE)
  • 『Free Aqua Butterfly 1st ALBUM『FAB』発売記念3MAN LIVE』(2013年11月28日、Ash OSAKA)
  • 『MUSE SMOOTHIE #5 〜E-Yo!〜』(2013年12月12日、OSAKA MUSE)
  • 『Polynesian Maniac!! 2014**』(2014年1月16日、心斎橋JANUS)
  • 『MUSE SMOOTHIE #6 〜USOjanaiyoHONTOdayo〜』(2014年4月1日、OSAKA MUSE)
  • 『Write the Future』(2014年4月8日、TSUTAYA O-WEST)
  • 『男の中の男祭り Vol.3』(2014年5月11日、深江橋アンコールスター)
  • O-WEST「Take Off!!」(2015年6月3日、TSUTAYA O-WEST)
  • shibuya 7th FLOOR「Sing and Play」(2015年6月8日、TSUTAYA O-WEST)
  • O-WEST「〜EMOTIONAL PARADE〜」(2015年6月30日、TSUTAYA O-WEST)
  • OSAKA MUSE「MUSE Smoothie#8」(2015年7月24日、OSAKA MUSE)
  • O-WEST「〜turn of mind〜」(2015年8月4日開催予定、TSUTAYA O-WEST)

ワンマンライブ・イベント[編集]

  • 『THIS IS ME』(2013年6月15日、club MERCURY)
  • 『THIS IS ME -vol.2-』(2013年9月13日、BIG CAT)
  • 阪本奨悟 Fanmeeting in SEOUL(2013年11月17日)
  • 阪本奨悟 活動1周年記念&Xmasミニイベント(2013年12月26日、スポニチプラザ大阪)
  • 『〜待たせた! TOKYOooooooo!!〜』(2014年2月15日、初台DOORS)
  • 『東名阪&レコ発ワンマン「Simple」TOUR 2014』(2014年6月)
    • 2014年6月8日、OSAKA MUSE
    • 2014年6月14日、新横浜NEW SIDE BEACH!!
    • 2014年6月15日、名古屋ハートランドスタジオ
  • 阪本奨悟 ワンマンLIVE 2015『STARTING OVER』(東京会場:2015年4月3日、TSUTAYA O-Crest / 大阪会場:2015年4月13日、アメリカ村DROP、アミューズ)[3]
  • 阪本奨悟 LIVE 2015『STARTING OVER vol.2』(大阪会場:2015年5月25日、アメリカ村DROP / 東京会場:2015年5月27日、TSUTAYA O-Crest、アミューズ)
  • 阪本奨悟 LIVE 2015『STARTING OVER vol.3』(大阪会場:2015年6月21日、梅田Zeela / 東京会場:2015年6月24日、TSUTAYA O-Crest、アミューズ)
  • 阪本奨悟 Instore Special Live(2015年8月1日開催予定、モラージュ菖蒲、アミューズ)[4]

インターネット配信[編集]

  • トリプル・ゾーン(2014年4月30日ゲスト出演、ニコニコ生放送
  • 阪本奨悟レギュラー番組『STARTING OVER(仮)』(2015年3月20日 -、STOLABO TOKYO USTREAMチャンネル)[5]

ラジオ[編集]

  • MBSうたぐみ U.K.BEAT FLYER(2014年5月19日放送、MBSラジオ

作品[編集]

書籍[編集]

  • ファースト写真集「しょーご。」(2009年6月11日、学研
  • イノセント -天使のような-透明感あふれる、天使系男子の写真館 学研ムック (2011年3月11日、学研)

DVD[編集]

  • Memo・Real<メモ・リアル>DVDシリーズ第一弾阪本奨悟「ボクのプレゼント」《前編》(2009年6月26日、マーベラスエンターテイメント
  • Memo・Real<メモ・リアル>DVDシリーズ第一弾阪本奨悟「キミにプレゼント」《後編》(2009年7月24日、マーベラスエンターテイメント)
  • THE GAME〜Boy's Film Show〜(2009年、アミューズ)
  • BLACK PEARL (2010年8月、アミューズ)
  • THE GAME 〜Boy’s Film Show〜2010 (2010年12月、アミューズ)

自主制作CD[編集]

  • 「THIS IS ME」(2013年4月3日)
  1. NEVER
  2. 19Y0024
  3. Treasure
  4. 心中叫
  5. Something Brilliant Now 〜弾き語り〜
  • 「大事なこと」(2013年9月13日)
  1. You Can Shine
  2. 足跡
  3. Silence~Interlude~
  4. 時を駆けて
  5. Messenger
  6. 大事なこと
  7. Dear
  • 「Simple」(2014年6月8日)
  1. 花のように
  2. TWILIGHT
  3. 雛の唄
  4. My Heart, My Soul
  5. ネガイヲコメテ
  6. THE same
  7. NEVER

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]