スイッチを押すとき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

スイッチを押すとき』(スイッチをおすとき)は、2005年8月15日文芸社より刊行された山田悠介小説

5日後に第2刷が発行されるという刊行当初から驚異的な売れ行きとなり、舞台化・ドラマ化・映画化された。

ストーリー[編集]

青少年自殺抑制プロジェクトセンターで、監視員として勤務する南洋平。ここでは、4人の少年少女に自らの命を絶つ【赤いスイッチ】を持たせ、実験をしていた。極限状態で軟禁され、孤独に耐えられず次々と命を絶つはずが、この4人は“7年間もスイッチを押さない”という異例の子供だったのだ。彼らが「生きたい」と願うその理由を聞き、南たちは脱出を図るが、そこには非情な運命が待ち受けていた。

小説[編集]

舞台[編集]

2006年7月11日 - 19日に『スイッチを押すとき〜君達はなぜ生きているんだ?〜』のタイトルで青山円形劇場にて公演された。また、同年12月1日にはDVDが発売された。2007年10月26日 - 11月4日には新国立劇場にて再演公演が行われ、翌年4月にDVDが発売。

出演[編集]

役名 初演(2006年) 再演(2007年)
南洋平 永山たかし
高宮真沙美 肘井美佳
池田了 菅原卓磨 -
池田尋 - 吉田友一
小暮君明 相葉弘樹 柳下大
田原大輔 - 桐山漣
新庄亮太 MITSUAKI
田上ひろし劇団SET 黒田アーサー

脚本・演出[編集]

テレビドラマ[編集]

2006年7月20日から、毎週木曜日深夜(実質、金曜日未明)に毎日放送で全10回放送された。また放送翌日にはGyaOにて配信された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映画[編集]

スイッチを押すとき
監督 中島良
脚本 岡本貴也
原作 山田悠介
出演者 小出恵介
水沢エレナ
佐野和真
與真司郎AAA
音楽 近藤由紀夫
小西香葉(MOKA☆)
主題歌 NICO Touches the Walls「Endless roll」
撮影 猪本雅三
編集 中島良
長瀬拓
製作会社 「スイッチを押すとき」製作委員会
DHE
配給 フェイス・トゥ・フェイス
リベロ
公開 2011年9月17日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

山田悠介の同名小説を映画化したサスペンスミステリー映画。監督は『RISE UP』に次ぐ商業映画2作目となる中島良。主演は小出恵介と水沢エレナ。映画宣伝隊長として元国会議員の杉村太蔵が起用された[1]。極限状態を出すためにクランクイン前から被験者役の役者と綿密なリハーサルを行い、ロケセットは鎌倉にある廃墟施設を使用した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 中島良
  • 脚本 - 岡本貴也
  • 音楽 - 近藤由紀夫小西香葉(MOKA☆)
  • 企画・プロデュース - 木村元子、米田理恵
  • エグゼクティブプロデューサー - 柳原秀哉、雨宮俊武、伊藤伸
  • プロデューサー - 中西研二 
  • 撮影 - 猪本雅三
  • 照明 - 松隈信一
  • 美術 - 木村文洋
  • 録音 - 郡弘道
  • 編集 - 中島良、長瀬拓
  • 装飾 - 野宮昌志
  • 衣装 - 冨樫理英
  • ヘアメイク - 須田理恵
  • 記録 - 増田千尋
  • 音響 - 田中俊
  • VFXスーパーバイザー - 戸田泰雄
  • 助監督 - 小野寺昭洋
  • 制作担当 - 井上淳
  • 制作協力 - イメージフィールド
  • 制作プロダクション - DHE
  • 宣伝 - リベロ
  • 配給 - フェイス・トゥ・フェイス、リベロ 
  • 製作 - 「スイッチを押すとき」製作委員会(DHE、KDDI文芸社Velvet Groove

主題歌[編集]

ソフト化[編集]

発売・販売元はアミューズソフトエンタテインメント

  • スイッチを押すとき(DVD1枚組、2012年5月25日発売)
    • 映像特典
      • メイキング
      • メイキング特別編
      • 舞台挨拶
      • 未公開シーン
      • アナザーラスト
      • 劇場予告編

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]