角川グループホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社角川グループホールディングス
KADOKAWA GROUP HOLDINGS, INC.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9477
略称 角川GHD
本社所在地 102-8177
東京都千代田区富士見二丁目13番3号
設立 1954年4月2日
業種 情報・通信業
事業内容 出版・映画配給及びソフトウェアの製造・販売
代表者 代表取締役社長 佐藤辰男
代表取締役専務 井上伸一郎
売上高 1,473億9,200万円(2012年3月期)
営業利益 56億5,500万円(2012年3月期)
経常利益 59億0500万円(2012年3月期)
純利益 36億0400万円(2012年3月期)
純資産 770億5,000万円(2012年3月期)
総資産 1,287億5,100万円(2012年3月期)
従業員数 48名、連結:4,008名(非正社員含)
決算期 3月末日
主要株主 角川歴彦 7.52%
日本生命保険相互会社 5.98%
日本トラスティ・サービス信託銀行 5.09%
株式会社バンダイナムコホールディングス 4.81%
財団法人角川文化振興財団 4.6%
株式会社みずほ銀行 4.13%
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ 3.78%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 2.7%
ドワンゴ 2.68%
マスダアンドパートナーズ 2.58%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 角川グループ#持株会社傘下のグループ企業の項参照
関係する人物 角川歴彦本間明生
外部リンク http://www.kadokawa.co.jp/
特記事項:法人格は現在の株式会社KADOKAWA(2013年社名変更)と同一
テンプレートを表示

株式会社角川グループホールディングス(かどかわグループホールディングス)は、日本出版社KADOKAWAの旧社名。法人格としては1954年昭和29年)に創業した角川書店(初代)と同一である。

本項では、2013年平成25年)に角川グループホールディングスへ吸収合併された角川グループパブリッシングについても記述する。

概要[編集]

角川書店を母体とする角川グループの統括持株会社として2003年平成15年)に株式会社角川ホールディングスへ社名を変更し、事業会社の角川書店(2代目)を分割した。

その後、2006年(平成18年)に株式会社角川グループホールディングスへ社名を変更したが、2013年(平成25年)4月1日に角川グループパブリッシングを吸収合併して事業会社化し、同年6月23日株式会社KADOKAWAへ社名を変更[1]。同年10月1日付で角川書店(3代目)他のグループ会社を吸収合併した[2]

角川グループホールディングス時代の沿革[編集]

関連会社の統廃合図

会社設立から持株会社化(2003年4月1日)までは、角川書店の項目を参照。

  • 2003年4月1日 - 株式会社角川書店が商号変更し、株式会社角川ホールディングス発足、持株会社化。同時に会社分割し出版業務を新たに設立した株式会社角川書店に事業譲渡。
  • 2004年
  • 2005年10月1日、株式会社角川書店(当時)から富士見事業部を分割、新たに株式会社富士見書房を設立。
  • 2006年
    • 4月1日 - 株式会社角川書店(当時)からウォーカー事業部と雑誌事業部のザテレビジョン部門を分割、ウォーカー事業部と角川書店北海道、ウォーカープラスを統合した「角川クロスメディア」、ザテレビジョン部門と角川インタラクティブ・メディアを統合した「角川ザテレビジョン」を新設。
    • 7月1日 - 商号を株式会社角川グループホールディングスに変更。
  • 2007年1月 - 角川書店の再編に伴い、角川書店内にあった経営管理・統括部門を承継。また、雑誌事業部門統括会社として株式会社角川マガジングループを分割設立。
  • 2008年
    • 4月 - 角川マガジングループの商号を株式会社角川マーケティングに変更すると共に、角川グループホールディングス・角川書店傘下のクロスメディア事業子会社を委譲。
  • 2009年
  • 2010年10月28日 - 株式会社ドワンゴと電子書籍やコンテンツ配信に関して業務提携すると発表。
  • 2011年
    • 2月24日 - グリー株式会社とインターネットコンテンツ分野で業務提携したと発表。
    • 5月26日 - 株式会社ドワンゴと資本提携し、ドワンゴが角川GHDの自己株式73万株を、角川GHDがドワンゴの自己株式及び新株計16,800株をいずれも第三者割り当てで取得すると発表。
    • 10月12日 - 株式会社リクルートから同年11月15日に子会社の株式会社メディアファクトリーの全株式の譲渡を受け、同社を子会社化すると発表。
  • 2013年

角川グループパブリッシング[編集]

KADOKAWA > 角川グループパブリッシング
株式会社角川グループパブリッシング
KADOKAWA GROUP PUBLISHING CO.,LTD.
種類 株式会社
略称 角川GP
本社所在地 102-8177
東京都千代田区富士見二丁目13番3号
角川本社ビル
設立 2003年4月1日
事業内容 書籍・雑誌の営業・物流・販売・宣伝
代表者 関谷幸一(代表取締役社長)
資本金 3億円
主要株主 角川グループホールディングス 100%
関係する人物 角川歴彦
特記事項:2007年1月1日に角川書店(2代目)より社名変更。2013年4月1日付で角川GHDへ吸収合併
テンプレートを表示

株式会社角川グループパブリッシングは、角川グループの再編に伴い2003年(平成15年)に設立された事業会社・角川書店(2代目)を前身とする。

2007年(平成19年)1月1日、それまで角川書店が行っていたグループ各社の書籍・雑誌の営業・物流・販売・宣伝業務に特化する目的で編集・出版部門を角川書店(3代目)として分割し、角川グループパブリッシングへ社名を変更。2012年(平成24年)7月1日付で子会社の角川出版販売を吸収合併した。

基本的に角川グループ各社の出版物の発売元となっていたが、2010年(平成22年)にはバンダイビジュアルが運営していたウェブコミック配信サイトWebコミックゲッキン』連載作品の単行本レーベル・エモーションコミックスの発売を引き受けるなどグループ外の出版物にも取り扱いを拡げていた[5]。その一方で、中経出版(旧新人物往来社を含む)とメディアファクトリーは角川グループ傘下となった後もISBNコードの統合を行わず、発行・発売とも自社で行っていた。

2013年(平成25年)4月1日付で角川GHDに吸収合併され、角川GHDは事業会社となった[6]。角川GHDがKADOKAWAへ社名変更した後の2013年10月1日以降に中経出版とメディアファクトリー(いずれも吸収合併によりブランドカンパニー化)が刊行する出版物のISBNコードはKADOKAWAと同じものに統合される。なお角川プロダクション以外の合併した8つの会社の名義は広義の社内カンパニーに当たるブランドカンパニーの扱いとして継続される。

角川グループパブリッシングが発売元となっていたグループ外出版社

主要子会社[編集]

角川グループ#社内ブランドおよび傘下のグループ企業を参照のこと。

脚注[編集]

外部リンク[編集]