キャプテンストライダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャプテンストライダム
別名 Captain Straydum
出身地 日本の旗 日本 栃木県宇都宮市[1]
ジャンル ポップ・ロック[1]
ロック
J-POP[1]
活動期間 1999年2010年4月
レーベル 風待レコード2003年2006年
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ(2004年〜2010年)
事務所 Hit&Run
共同作業者 CHOKKAKU(編曲)
公式サイト http://www.captain-a-gogo.com/
メンバー 永友聖也(ボーカル、ギター)
梅田啓介(ベース)
菊住守代司(ドラム)

キャプテンストライダムは、日本スリーピースロックバンド。メンバー全員が宇都宮大学の出身。

2010年2月3日、ベストアルバムの発売をもって活動休止することを発表。

メンバー[編集]

名前 パート 生年月日 備考
永友聖也
(ながとも せいや)
ボーカル
ギター
1976年2月22日
  • 宮崎県都城市出身。
  • カバー曲以外の楽曲の作詞・作曲を担当[注釈 1]
  • 宇都宮大学工学部応用化学科卒業。
梅田啓介
(うめだ けいすけ)
ベース
コーラス
1978年9月20日
菊住守代司
(きくずみ もりよし)
ドラムス
コーラス
1978年6月13日

略歴[編集]

1999年

  • 宇都宮大学の音楽サークルの部員であった永友、梅田を中心に結成(2人は先輩・後輩の間柄)。バンド名を決めるのに難航し、最終的に愛読書であった『グラップラー刃牙』のキャラクター名から「キャプテンストライダム」に決定。そのキャラに特に思い入れはなく、単に語呂がよい、なんとなく格好いいという理由でその名前を選んだと語っている。また、作者の板垣恵介に手紙を送り、名前を使う許可を得ている。

2000年

  • 菊住が加入し、現在の編成となる。その後、ライブ活動やデモ音源の作成など精力的に活動。

2001年

  • 夏頃に自身初のデモ音源「はたらくくるま/フェイドアウト」を制作し、カセットテープとMDの約50本で販売。

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

  • 1月21日 シュノーケルとのスプリットツアー第2弾となる「水中人間'09」スタート[5]2月5日まで全国5都市で開催された。
  • 5月20日ディスコ・イヤーと銘打ち、第1弾シングルとなる11thシングル『ブギーナイト・フィーバー』発売[6]。ちなみにこの年のリリースは本作のみ。

2010年

活動休止後[編集]

  • 2009年12月 - 永友が3人組ユニット『ARUYO』を結成。メンバーは永友、池田貴史辻香織。名義はそれぞれ永友アルヨ、池アルヨ、辻アルヨ
  • 2010年06月27日 - ミドリカワ書房「MIDOFES 2010」に永友がゲスト出演
  • 2010年07月15日 - 「風呂ロック」に永友がゲスト出演
  • 2010年10月23日 - アナログフィッシュワンマンライブ「The Analogfish Orchestra」に永友がゲスト出演
  • 2010年11月03日 - 「shimokita round up3」に永友が出演
  • 2010年12月15日 - DECO*27のアルバム「愛迷エレジー」に永友がギターで参加
  • 2011年04月20日 - Daisy×Daisyのシングル「防衛本脳 / Evidence」に永友が演奏で参加
  • 2011年05月28日 - 「LOVERS FESTIVAL 2011」に永友が出演
  • 2011年07月27日 - DECO*27のシングル「ライトラグ」に永友がギターで参加
  • 2012年09月 - ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」に永友がギターで参加
  • 2015年 - 菊住がウツワ、ホルモン山野、のりおらと4人組バンド『ウツワーズ』を結成。
  • 2016年 - 永友とカトウタロウ(ex. BEAT CRUSADERS)によるユニット「永友タロウ」を結成。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム
風待レコード レーベル
1st 2003年9月25日 マウンテン・ア・ゴーゴー 12cmCD KRUK-1000 圏外 ブッコロリー
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ レーベル
2nd 2004年11月3日 マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー 12cmCD AICL-1592 73位 108DREAMS
3rd 2005年3月24日 流星オールナイト 12cmCD AICL-1604 137位
4th 2005年10月19日 キミトベ CD+DVD AICL-1660〜1661 97位
5th 2006年1月25日 悲しみのシミかな 12cmCD AICL-1701 106位
6th 2006年6月7日 風船ガム 12cmCD AICL-1748 23位 BAN BAN BAN
7th 2006年10月18日 恋するフレミング CD+DVD AICL-1778〜1779 54位
12cmCD AICL-1780
8th 2007年2月7日 LONE STAR 12cmCD AICL-1787 46位
9th 2008年1月23日 わがままチャック 12cmCD AICL-1815 100位 音楽には希望がある
10th 2008年4月23日 人間ナニモノ!? 12cmCD AICL-1914 170位
11th 2009年5月20日 ブギーナイト・フィーバー CD+DVD AICL-2022〜2023(初回生産限定盤) 113位 ベストロリー
12cmCD AICL-2024(通常盤)

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2003年11月26日 ブッコロリー CD KRUK-1002 圏外
2005年8月24日(再発) KRUK-1004
2nd 2006年2月15日 108DREAMS CD AICL-1703 41位
2006年3月8日 LP AIJL-5287
3rd 2007年3月7日 BAN BAN BAN CD+DVD AICL-1807〜AICL-1808(初回生産限定盤) 52位
CD AICL-1809(通常盤)
4th 2008年6月25日 音楽には希望がある CD AICL-1918 132位

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2010年4月14日 ベストロリー CD(2枚組) AICL-2112〜2113(初回生産限定盤) 112位
CD AICL-2114(通常盤)

映像作品[編集]

  1. 108 FILMS(2006年3月24日)
    ビデオクリップ集。
  2. LIVE IN SHIBUKO "BIG BAN BUZZ"(2008年1月23日)
    2007年3月18日に渋谷公会堂(現・C.C.Lemonホール)にて行われたライブを収録したDVD。

自主制作盤[編集]

発売日 タイトル 規格 収録曲
2001年 はたらくくるま/フェイドアウト カセットテープ
MD
  1. はたらくくるま
  2. フェイドアウト
2002年2月3日 ノーテン・フラワー CD
  1. マウンテン ア ゴーゴー!
  2. ブッコロリー

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2003年05月21日 SONG-CRUX & CDJ-tokyo コンピレーション 〜'03春の陣〜 RTSC-004 1. 犬の生活 Song-CRUX
2003年07月23日 新宿ミーティング03 (@新宿LOFT2003/04/25&05/05・@新宿JAM2003/05/10) TIBE-0003 2. マウンテン・ア・ゴーゴー Tin berry
2004年06月30日 E.V.Junkie 2-GUITAROCKING- SRCL-5717
SRCL-5719
3. マウンテン・ア・ゴーゴー Sony Music Records
2006年08月02日 NARUTO BEST HIT COLLECTION 2 SVWC-7367 4. マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー アニプレックス
2006年09月27日 銀魂 オリジナル・サウンドトラック SVWC-7391 20.風船ガム (TV version) アニプレックス
2007年03月21日 「天保異聞 妖奇士」オリジナルサウンドトラック SVWC-7461 27. LONE STAR(ayakashiayashi Ver.) アニプレックス
2007年10月24日 ユニコーン・トリビュート SECL-561 DISC 2-4. ペケペケ ユニコーンのトリビュート・アルバム。
2008年03月26日 Anime×Music Collaboration 39 '02-'07 SMCL-141 DISC 3-6. LONE STAR ミュージックレイン
2008年03月26日 THUNDER TRACKS -TRIBUTE TO AC/DC- DFCL-1453
DFCL-1455
2. SHOOT TO THRILL AC/DCのトリビュート・アルバム。
2009年03月25日 銀魂BEST SVWC-7613 2. 風船ガム -銀魂 mix- アニプレックス
2009年09月16日 深夜高速 -生きててよかったの集い- AICL-2039 10. 深夜高速 フラワーカンパニーズのトリビュート・アルバム。
2009年12月09日 新・風街図鑑 MHCL-1647 11. 風船ガム GT music
2012年02月01日 俺のスターアルバム inspired by 荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE AICL-2338 11. 流星オールナイト (album edit) Sony Music Associated Records
2016年6月29日 アニソンLOVE! 翠組 MHCL-2603 15. 風船ガム ソニー・ミュージックダイレクト

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
板屋宏幸 「マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー」「流星オールナイト」
児玉裕一 「風船ガム」
島田大介 「サイボーグ」「悲しみのシミかな」
信藤三雄 「ブギーナイト・フィーバー」
スミス 「LONE STAR」「わがままチャック」「愛の言葉」「人間ナニモノ!?」
武川哲也 「肉屋の娘」
長添雅嗣 「恋するフレミング」
古川ヒロシ 「キミトベ」
不明 「マウンテン・ア・ゴーゴー」

出演[編集]

  • 2003年11月05日・12日・19日・26日 - 日本テレビ系「AX MUSIC-TV 00」
  • 2004年02月25日 - フジテレビ系「FACTORY」
  • 2004年04月27日・05月25日 - フジテレビ系「E★L★V★I★S」
  • 2005年02月05日 - フジテレビ系「DO深夜・メディアの苗床」
  • 2005年10月25日・2006年10月17日・24日・31日 - テレビ東京系「音時間」
  • 2005年11月04日・2007年02月09日 - NHK「ポップジャム
  • 2006年06月09日 - テレビ朝日系「ミュージックステーション
  • 2006年10月19日・2007年02月15日 - テレビ東京系「PVTV
  • 2007年07月06日 - フジテレビ系「僕らの音楽 Our Music 4」
  • 2008年02月01日 - テレビ東京系「音流〜On Ryu〜
  • 2008年02月07日・08月14日 - 日本テレビ系「音燃え!

CM出演[編集]

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 1999年秋 - おばけナイター
  • 2003年11月30日 - おばけナイター
  • 2004年1月17日 - 花の都のおばけナイター
  • 2004年夏 - 飛び出せ!梅雨祭り
  • 2004年秋 - CAPTAIN A GO GO!
    • 2004年12月4日 - サンドバッグな夜
  • 2005年春 - ポカリンピックツアー
    • 2005年4月23日 - キャプテンアンドミー東京
  • 2005年4月16日 - キャプテンアンドミー大阪
  • 2005年7月18日 - サマージャンボおばけナイター
  • 2005年10月17日〜12月9日 - キミトベ2005
  • 2006年2月3日 - 帰ってきたおばけナイター
  • 2006年4月17日〜5月19日 - DREAM HUNTING TOUR
  • 2006年10月14日〜29日 - SHOCK TREATMENT TOUR
  • 2007年1月9日〜24日 - 全開チャック●●ツアー
  • 2007年2月3日 - 仁義なきおばけナイター
  • 2007年3月18日 - BIG BAN
  • 2007年4月6日〜28日 - TOUCH THE MUSIC TOUR
  • 2008年9月19日〜10月12日 - キャプテンストライダム LIVE TOUR 2008 明日に向かって踊れ!
  • 2009年5月8日・14日・20日 - キャプテンストライダム presents 大安おばけナイター

出演イベント[編集]

  • 2003年4月17日 - 風待フラッグvol.2
  • 2003年9月11日 - 風待フラッグvol.6
  • 2003年09月14日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2003
  • 2003年10月4日 - 風待フラッグvol.7
  • 2003年10月19日 - MINAMI WHEEL 2003
  • 2004年06月11日 - スペースシャワー列伝 第39巻 ~暁(あかつき)の宴~
  • 2004年09月15日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2004
  • 2005年07月24日 - SETSTOCK'05
  • 2005年08月16日 - ロックロックこんにちは! in 仙台
  • 2005年08月26日 - RUSH BALL★P
  • 2005年09月18日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2005
  • 2006年07月22日 - SETSTOCK'06
  • 2006年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006
  • 2006年08月13日 - OTODAMA'06 ~音泉魂~
  • 2006年08月27日 - Sky Jamboree 2006 ~夢模様~
  • 2006年09月17日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2006 Special
  • 2006年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 06/07
  • 2006年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 06/07 -WEST-
  • 2007年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007
  • 2007年08月23日 - ロックロックこんにちは! Ver.11PM(Positive Men)
  • 2007年08月26日 - MONSTER baSH 2007
  • 2007年09月15日 - Hit & Runちゃん祭り2007~ワカすバンド天国!~
  • 2007年09月16日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2007 Special
  • 2007年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年05月10日 - BEA presents F-X 2008
  • 2008年06月04日 - 水中人間
  • 2008年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008
  • 2008年08月30日 - FM AICHI presents Re:mix 2008
  • 2008年09月07日 - OTODAMA'08 ~音泉魂~
  • 2008年12月28日 - COUNTDOWN JAPAN 08/09
  • 2009年01月21日〜2月5日 - 水中人間'09
  • 2009年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年09月11日 - RADIO BERRY ベリテンライブ2009

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 作詞が久保田光太郎との共作であったり、久保田が作詞した楽曲、永友以外の作曲者が作曲した楽曲などの例外が存在する。

出典[編集]

  1. ^ a b c キャプテンストライダム 邦楽バンド音楽情報 - キューブミュージック・2018年7月26日閲覧。
  2. ^ キャプテンストライダム、新曲は“ダイオキシン研究員”時代の悲喜こもごも!?”. BARKS (2008年1月25日). 2018年9月9日閲覧。
  3. ^ キャプスト&シュノーケルがスプリットツアーで対決”. 音楽ナタリー (2008年3月27日). 2018年9月9日閲覧。
  4. ^ キャプテンストライダム、秋の全国ツアーが決定”. 音楽ナタリー (2008年6月13日). 2018年9月9日閲覧。
  5. ^ キャプスト&シュノーケル対バンツアー第2弾決定”. 音楽ナタリー (2008年11月4日). 2018年9月9日閲覧。
  6. ^ キャプテンストライダムの電グル・カヴァー着うた(R)配信開始”. BARKS (2009年3月19日). 2018年9月9日閲覧。
  7. ^ a b キャプテンストライダム、活動休止を宣言”. BARKS (2010年2月3日). 2018年9月9日閲覧。

外部リンク[編集]