KEYTALK

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
KEYTALK
KEYTALK 2016.jpg
左から、八木優樹、寺中友将、古閑裕(有限会社マーガレットミュージック社長)、小野武正、首藤義勝(2016年撮影)
基本情報
別名 real(旧称)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック[1]
活動期間 2007年 -
レーベル
事務所 有限会社マーガレットミュージック
公式サイト KEYTALK official web
メンバー

KEYTALK(キートーク)は、日本の4人組ロックバンド[1]である。東京都世田谷区下北沢を活動拠点とする。2007年、前身バンドrealが現メンバー編成となり、2009年にバンド名をKEYTALKに改名。2013年、メジャーデビュー。

バンド名はジャズピアニスト、上原ひろみの楽曲「Keytalk」より。「音階で会話する」といった意味である。

KEYTALK
YouTube
チャンネル
ジャンル 音楽
登録者数 約4.37万人
総再生回数 約1045万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月10日時点。
テンプレートを表示

メンバー[編集]

寺中 友将[編集]

寺中友将
生誕 (1988-05-12) 1988年5月12日(34歳)
出身地 日本の旗 日本熊本県
担当楽器 メインボーカルギター
活動期間 2007年 -
共同作業者 KEYTALK

寺中 友将(てらなか ともまさ、1988年5月12日 - 、熊本県A型[2]メインボーカルギター

人物[編集]

  • メンバーの中で唯一名前で呼ばれることがなく通称「巨匠」がほとんどであり、「大学時代に一番偉そうにしていたから同じサークルの先輩から巨匠と呼ばれるようになった」と語っている[3]
  • 宮迫博之に似ていたことから、学生時代のあだ名は「サコ」(本人曰く、人前で呼ばれることを快く思っていない)。
  • 一人っ子
  • 小学5年生からゆずの影響を受け母親が昔使っていたギターを弾き始め、中学時代は吹奏楽部コントラバスを担当し、また部長も務めていた。
  • 高校時代はボクシングインターハイに出場していた経験がある。
  • ものまねを得意とし、代表的なネタに福山雅治Mr.Children桜井和寿などがある。不定期で弾き語りライブも行っている[4]
  • メンバーの中で唯一Twitterの公式マークが付いていない。
  • 2015年7月から10月まで武道館公演に向けてライザップに通っていた[5]
  • メンバーカラーは
  • 2020年6月YouTubeチャンネル「巨匠部屋」を開設。
  • 身長は168cm(6月26日のインスタライブにて本人が発言)[出典無効]

小野 武正[編集]

小野 武正(おの たけまさ、1988年9月19日 - 、埼玉県さいたま市見沼区A型[要出典])、ギターMC、リーダー。

首藤 義勝[編集]

首藤 義勝(しゅとう よしかつ、1989年2月19日 - 、埼玉県狭山市A型[要出典]ベースリードボーカル

八木 優樹[編集]

八木 優樹
生誕 (1988-10-19) 1988年10月19日(33歳)
出身地 日本の旗 日本東京都清瀬市
担当楽器 ドラムス
活動期間 2007年 -
共同作業者 KEYTALK

八木 優樹(やぎ ゆうき、1988年10月19日 - 、東京都清瀬市O型[2]ドラム

人物[編集]

  • 2012年までundersignのドラマーとしても活動していた。
  • 西武台高等学校の軽音楽部で小野と出会い、先輩から2人とも同じバンドに誘われたのをきっかけに親交を深め、前身バンドreal結成に至る。
  • 同メンバーの首藤とともにアニメ好きであることを公言しており、アニメソングのコピーバンドを組んでいたこともある。
  • 中日ドラゴンズの大ファンで、夢はナゴヤドームでライブをすることと、インタビューなどでしばしば口にしている。
  • メンバーカラーは
  • 2020年5月YouTubeチャンネル「はげまるちゃんねる」を開設。
  • 妹がいる
  • 身長は168cm

経歴[編集]

2007年9月にrealとしてバンドを結成[6]。デモ音源を作り、20社ほどのレーベルに送ったところ、現在の所属事務所である有限会社マーガレットミュージックの代表から、音源を気に入った旨の連絡を受ける。2月7日には、渋谷サイクロンでのイベントライブを見に来た古閑に、同社内のレーベル、KOGA RECORDSへの誘いを受け、幾度かの話し合いを経て、所属することとなる。

2009年10月4日にKEYTALKに改名。バンド名については、八木がファンであることを公言しているジャズピアニスト上原ひろみのアルバム『Brain』に収録されている楽曲「Keytalk」からきている[7]

2010年3月にプロデューサーにFRONTIER BACKYARDのTGMX氏を迎え、17日にタワーレコード1,000枚限定シングル『KTEP』を発売。7月7日に1stミニアルバム『TIMES SQUARE』を発売し、7月10日から8月21日の間、全国11か所の発売記念ツアーを開催した。

2011年3月18日、ライブハウスのみ限定発売の『PASSION / 東京Star』を発売し、800枚を売り切った。11月9日に2ndミニアルバム『SUGAR TITLE』を発売し、11月19日の下北沢SHELTERワンマンライブ(SOLD OUT)を皮切りに、全国26か所の発売記念ツアー「SUGAR TITLE TOUR 2011-2012」を開催。

2012年3月30日に初の自主イベント「フォゲットモンスター〜オムスターの逆襲〜」を成功させる。4月7日に台湾の人気フェス「Spring Scream 2012」に出演。5月9日には 2,000枚限定マキシシングル『KTEP2』をリリースし、オリコン週間インディーズチャート(5/21付)で1位を獲得。7月8日から7月21日の間、「KTEP2」発売記念の東名阪福ワンマンツアーを行い、4カ所全てSOLD OUTする。8月11日にRISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO【def garage】ステージに、10月8日にはスペースシャワー列伝 〜第九十一巻 秋茄子(あきなす)の宴〜』@新宿LOFTに出演した。12月5日に2,000枚限定マキシシングル『KTEP3』をリリースし、2週間で完売した。

2013年2月17日から2月24日の間、「オムスターの逆襲TOUR 2013」を開催。代官山UNITワンマンを含む東名阪奈良の全4公演がSOLD OUT。3月6日に1stフルアルバム『ONE SHOT WONDER』をリリース。オリコン週間インディーズアルバム(3/18付)3位にランクイン。オリコン週間CDアルバム総合では最高27位にランクイン。3月7日から5月19日の間、全国40か所の発売記念ツアー「ONE SHOT WONDER TOUR 2013」を敢行。渋谷CLUB QUATTROを含むワンマン7公演が全てSOLD OUT。8月20日に下北沢SHELTERchでのUstreamにて、ビクターエンタテインメント内のレーベルGetting Betterからのメジャーデビューを発表し、11月20日にビクターエンタテインメント内のレーベルGetting Betterから1stシングル『コースター』でメジャーデビュー。インディーズではラストライブかつワンマン公演である、LIQUIDROOMにて「オムスター覚醒!“コースター”リリース前夜祭」11月17日に開催した。また、10月からJ-WAVEで放送されているラジオ番組『THE KINGS PLACE』の木曜日レギュラーを務める。12月29日にFM802 ROCK FESTIVAL 2013 RADIO CRAZYに、12月30日にCOUNTDOWN JAPAN 13/14に出演した。

2014年5月21日にメジャー1stフルアルバム『OVERTONE』をリリース。オリコン13位を獲得。アルバムが第7回ショップ大賞の1次ノミネートに選ばれた。 5月29日から7月13日の間、全国20か所の発売記念ツアー「OVERTONE TOUR 2014」を敢行。8月2日にROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014に出演。10月29日から11月15日の間、秋の全国ツアー「SUPER EXPRESS TOUR 2014」を開催。

2015年3月4日にメジャー4thシングル『FLAVOR FLAVOR』を発売し、3月11日から4月28日の間、全国20か所を回る「“遥々、春バラーバはちもくがあなたの街まで春をお届けに参ります、候。~桜~” 対バンツアー」を敢行。5月20日には通算3枚目、メジャー2ndフルアルバム「HOT!」を発売し、5月23日から7月4日の間、追加公演を含め全国10か所を回るワンマンツアー「KEYTALKのHOTをMOTTOワンマンツアー」を敢行[8]。7月11日には「KEYTALK台湾ライブ『みんなでダージャーハオ』」を台湾にて敢行した。10月14日に6thシングル「スターリングスター」を発売し、10月28日に自身初となる日本武道館でのワンマンライブ「KEYTALKの武道館で舞踏会 〜shall we dance?〜」を敢行。

2016年3月2日に昨年10月に行われたバンド初の日本武道館公演「武道館で舞踏会 〜shall we dance?〜」の模様が収録されたライブ映像、ライブCDを発売。3月16日と17日の2日間で行われるストレイテナーとの対バン九州ツアー「湯めぐりツアー 〜カステラを片手に〜」が開催[9]。4月13日に7thシングルで2か月連続シングルリリース第一弾『HELLO WONDERLAND』を発売。今作に収録される楽曲はメンバーそれぞれが作詞作曲を担当している[10]。4月15日、25日、26日に行われる東名阪QUATTROツアー「クアトロ灼熱の小旅行〜燻らせ肉の雫〜」を開催[9]。5月18日に8thシングルで2か月連続シングルリリース第二弾『MATSURI BAYASHI』を発売し、5月24日から13か所15公演で行われる全国ツアー「KEYTALKワンマンツアー 3年K組お祭り先生 〜「先生!義勝君の給食費がありません!」〜」を開催[11]。7月6日にはインディーズ時代に発表されたシングル『KTEP』シリーズ4作品をまとめた編集盤『KTEP COMPLETE』を発売。9月17日~30日、東名阪ツアー「KEYTALK 秋の大収穫祭〜そなたが落としたのは金の松茸か? 銀の椎茸か? それとも白いしめじか?〜」を開催した[12]

2017年1月1日、TBS系「ニューイヤー駅伝2017」テーマソング、また「熊本城マラソン2017」大会公式テーマソングとなった『Oh!En!Ka!』が配信限定で発売。2月8日から2018年2月7日の間で三代目「ニッパー大使」として就任。3月15日にメジャー3rdアルバム『PARADISE』を発売。4月22日から7月30日まで行われた全国ツアー「KEYTALK爆裂疾風ツアー2017 〜みんなの街でパラリラパパパラダイス〜」を敢行。6月7日に11thシングル「黄昏シンフォニー」を発売。タイトル曲はTBS系ドラマ「3人のパパ」の主題歌に起用された。7月20日から9月10日までの期間限定で、KEYTALKの楽曲が東武東上本線柳瀬川駅上福岡駅川越駅鶴ヶ島駅森林公園駅発車メロディーに採用された。また、同期間、左記の5駅に池袋駅朝霞台駅を加えたKEYTALK縁の7駅でスタンプラリーが行われた[13]。8月30日に12thシングル『セツナユメミシ』を発売。9月10日に初の横浜アリーナワンマンライブ「横浜アリーナ ワンマンライブ 俺ら出会って10年目〜shall we dance?〜」を敢行、12000人を動員した。またこのライブ映像を収録された映像作品やライブCDが12月20日に発売した。

2018年1月24日に13thシングル『ロトカ・ヴォルテラ』を発売。3月7日にメジャー4thアルバム『Rainbow』を発売。4月17日から7月14日まで行われる全国ツアーKEYTALK「Rainbow road Tour 2018~おれ、熊本で2番目に速いから~」を敢行。7月14日に自身初となるホールでのワンマンライブを「Rainbow road Tour 2018~おれ、熊本で2番目に速いから~」の最終公演として、熊本市民会館にて敢行、1500人を動員した。7月18日に14thシングル『Cheers!』を発売。9月8日に幕張メッセにてワンマンライブ「ド真ん中で頑張マッセ〜shall we dance?〜」を開催し14000人を動員。またこのライブ映像を収録された映像作品が12月19日に発売。10月6日 - 29日に初であるKEYTALK「ホールツアー2018 〜目指せホールインワン あなたの心へ100ヤード〜」を敢行し、11月19日と20日に恵比寿LIQUIDROOMにて「Major Debut 5th Anniversary Special Live ~そこらのギターかき鳴らして歌い出して5年目の真実~」を開催。

2019年3月21日から28日まで「KEYTALK 北海道はデッカイドウツアー 〜道内堂々巡り〜」を、4月4日から18日まで「KEYTALK 熱い熱い思いぶっ放しツアー 〜目指せ全国制覇への道〜」開催。5月15日に15thシングル「BUBBLE-GUM MAGIC」を発売し、5/14付オリコンデイリーシングルランキングで自己最高の4位を獲得した[14]。また、15thシングル発売と共にレーベルをビクターエンタテインメントGetting BetterからユニバーサルミュージックVirgin Musicへ移籍した[15]。 6月25日に配信シングル『ララ・ラプソディー』をリリース。7月4日から18日まで東名阪ワンマンツアーを開催。8月9日から4週連続で配信シングル『真夏の衝動』『旋律の迷宮』『ブルーハワイ』『Catch The Wave』を発売した[16]。11月6日にメジャー5thアルバム『DON'T STOP THE MUSIC』を発売し、11月8日から12月13日までKEYTALK全国ワンマンツアー『DON'T STOP THE MUSIC TOUR 熱狂パワフルKEYTALK 2019 ~本当にダイジョーブ?? 爆発寸前!! 武正の足爆弾~』を開催。

2020年3月11日にビクターエンタテインメント在籍時の曲で構成された、キャリア初となるベストアルバム3作品『Best Selection Album of Victor Years』『Coupling Selection Album of Victor Years』『Best Selection Album of Victor Years Complete Box』を同時発売としていたが、後日発売日が3月11日から3月18日へとなった[17]。3月25日に配信シングル『サンライズ』を発売し、5月9日と10日に幕張メッセイベントホールにて2日間被り曲なしのワンマンライブを開催をが予定されていたものの、新型コロナウイルスの影響で幕張メッセイベントホールでのワンマンライブの日程が8月22日と23日へ延期の上、7月19日のKEYTALKTV生放送で開催中止を発表された。8月26日に配信限定シングル『流線ノスタルジック』を発売。9月26日に無観客配信ライブ、KEYTALKオンラインライブ「4密サウンドでSUTEKI HOME ~甘い甘い蜜のよう~」2010-2014[18]、10月31日に無観客配信ライブ、KEYTALKオンラインライブ「4密サウンドでSUTEKI HOME~甘い甘い蜜のよう~」2015-2020、11月29日に無観客配信ライブ、KEYTALKオンラインライブ「4密サウンドでSUTEKI HOME 〜甘い甘い蜜のよう〜」2010-2020 REQUESTを開催した。12月23日、配信限定シングル『Orion』を発売。

2021年1月9日と10日に国立代々木競技場第一体育館でワンマンライブを開催予定だったが中止を発表[19]。4月16日にZepp TokyoにてKEYTALKワンマンライブ 「いざ爛々乱舞ぼくらのワンマン始業式〜皆さんが静かになるまでに3分24秒かかりました〜」を昼の部・夜の部2公演開催。8月25日にメジャー7thアルバム『ACTION!』を発売。10月7日から11月9日までKEYTALK 全国ツアー2021「最高の笑顔でいきますよ!よーい!ACTION!〜お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれませんね。〜」を開催した[20]。8月25日に恵比寿LIQUIDROOMでリリースパーティー「『初披露』take1〜最高のライブにしますよ!よーいACTION!〜」を2部制で開催した[21]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 1] 収録アルバム
インディーズ(KOGA RECORDS)
- 2011年3月18日 PASSION / 東京Star CD - -[注 2] SUGAR TITLE(#1)
KTEP FREE(#2)
メジャー(Getting Better
1st 2013年11月20日 コースター CD+DVD
CD
VIZL-605(初回限定盤)
VICL-36853(通常盤)
21位 OVERTONE
2nd 2014年3月12日 パラレル CD+DVD
CD
VIZL-644(初回限定盤)
VICL-36876(通常盤)
10位
3rd 2014年10月22日 MONSTER DANCE CD VICL-36972 18位 HOT!
4th 2015年3月4日 FLAVOR FLAVOR CD+DVD
CD
VIZL-793(初回限定盤)
VICL-37022(通常盤)
15位
5th 2015年4月29日 桜花爛漫 CD VICL-37049 23位
6th 2015年10月14日 スターリングスター CD+GOODS
CD
VIZL-887(10,000枚完全限定生産盤)
VICL-37103(通常盤)
7位 PARADISE
7th 2016年4月13日 HELLO WONDERLAND CD VICL-37157 13位
8th 2016年5月18日 MATSURI BAYASHI CD VICL-37158
9th 2016年11月23日 Love me CD+DVD

CD

VIZL-1073(完全限定生産盤)
VICL-37232(通常盤)
17位
10th 2017年1月25日 ASTRO CD VICL-37246(完全限定生産盤) 10位
11th 2017年6月7日 黄昏シンフォニー 12cmCD VICL-37277 13位 Rainbow
12th 2017年8月30日 セツナユメミシ CD+DVD
CD
VIZL-1221(初回限定盤)
VICL-37309(通常盤)
12位
13th 2018年1月24日 ロトカ・ヴォルテラ CD VICL-37346 8位
14th 2018年7月18日 Cheers! CD+DVD
CD
VIZL-1388(完全生産限定盤)
VICL-37401(通常盤)
12位 Best Selection Album of Victor Years
メジャー(Virgin Music
15th 2019年5月15日 BUBBLE-GUM MAGIC CD+DVD
CD
TYCT-39109(完全生産限定盤)
TYCT-30089(通常盤)
7位 DON'T STOP THE MUSIC

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル 収録アルバム
インディーズ(KOGA RECORDS)
1st 2011年12月14日 Last ChristmasWHAM!カバー) 未収録
2nd 2012年2月29日 おはようトゥエンティ KTEP FREE
3rd 2013年4月24日 桜の風吹く街で
メジャー(Getting Better
1st 2014年9月1日 エンドロール HOT!
2nd 2017年1月1日 Oh!En!Ka! PARADISE
メジャー(Virgin Music
3rd 2019年6月25日 ララ・ラプソディー DON'T STOP THE MUSIC
4th 2019年8月9日 真夏の衝動
5th 2019年8月16日 旋律の迷宮
6th 2019年8月23日 ブルーハワイ
7th 2019年8月30日 Catch The Wave
8th 2020年3月25日 サンライズ ACTION!
9th 2020年8月26日 流線ノスタルジック
10th 2020年11月25日 Hello Blue Days[注 3] Grey(FOMARE
11th 2020年12月23日 Orion ACTION!

EP[編集]

発売日 タイトル 規格 規格品番 最高位 備考
インディーズ(KOGA RECORDS)
1st 2010年3月17日 KTEP CD KOCA-9001 - タワーレコード1000枚限定。完売
TGMX (FRONTIER BACKYARD)プロデュース
2nd 2012年5月9日 KTEP2 CD KOGA-9003 48位 2000枚限定。オリコン最高48位。完売
3rd 2012年12月5日 KTEP3 CD KOCA-9004 50位 2000枚限定。オリコン最高50位。完売
- 2013年11月17日 KTEP FREE CD KOCA-200 - 2013年11月17日、24日に行われたワンマンライブにて来場者に無料配布。
メジャー(Virgin Music)
4th 2022年6月2日 KTEP4 CD PROV-1026 ツアー会場限定盤。CD発売に先駆け同年5月25日には配信リリースされた。

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 1]
インディーズ(KOGA RECORDS)
1st 2010年7月7日 TIMES SQUARE CD KOCA-59 158位
2nd 2011年11月9日 SUGAR TITLE CD KOCA-68 135位

フルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 1]
インディーズ(KOGA RECORDS)
1st 2013年3月6日 ONE SHOT WONDER CD KOCA-75 52位
メジャー(Getting Better
1st 2014年5月21日 OVERTONE 2CD+DVD
CD+DVD
CD
VIZL-680(初回限定盤A)
VIZL-681(初回限定盤B)
VICL-64168(通常盤)
13位
2nd 2015年5月20日 HOT! CD+DVD
CD
CD
VIZL-839(初回限定盤)
VICL-64354(初回生産限定スペシャルプライス盤)
VICL-64355(通常盤)
4位
3rd 2017年3月15日 PARADISE CD+DVD
CD+DVD
CD
VIZL-1123(初回限定盤A)
VIZL-1124(初回限定盤B)
VICL-64718(通常盤)
2位
4th 2018年3月7日 Rainbow CD+DVD
CD
VIZL-1324(初回限定盤)
VICL-64949(通常盤)
5位
メジャー(Virgin Music
5th 2019年11月6日 DON'T STOP THE MUSIC CD+DVD
CD+ラバーバンド
CD
TYCT-69160 (初回限定盤A)
TYCT-69161 (初回限定盤B/完全数量限定)
TYCT-60149 (通常盤)
5位
6th 2021年8月25日 ACTION! CD+DVD
CD+DVD
CD
TYCT-69193 (初回限定盤A)
TYCT-69194 (初回限定盤B)
TYCT-60172 (通常盤)

9位

ベスト・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 1]
インディーズ(KOGA RECORDS)
1st 2016年7月6日 KTEP COMPLETE CD KOCA-90 12位
メジャー(Getting Better
1st 2020年3月18日 Best Selection Album of Victor Years 2CD+Blu-ray+フォトブック+タオル
2CD+DVD+タオル
VIZL-1737(完全生産限定盤A)
VIZL-1738(完全生産限定盤B)
76位
Coupling Selection Album of Victor Years 2CD+Blu-ray+ラバーバンド
2CD+DVD+ラバーバンド
VIZL-1739(完全生産限定盤A)
VIZL-1740(完全生産限定盤B)
79位
Best Selection Album of Victor Years Complete Box CD+2Blu-ray+フォトブック+グッズ
4CD+2DVD+フォトブック+グッズ
NZS-804(ビクターオンライン数量生産限定盤A)
NZS-805(ビクターオンライン数量生産限定盤B)
-

ライブCD[編集]

発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 1]
1st 2016年3月2日 KEYTALKの武道館で舞踏会 〜shall we dance?〜 12cmCD(2枚組) VICL-64515〜64516 36位
2nd 2017年12月20日 横浜アリーナ ワンマンライブ 俺ら出会って10年目〜shall we dance?〜 12cmCD(2枚組) VICL-64892〜64893 111位

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格 生産番号 最高位[注 1]
インディーズ(KOGA RECORDS)
1st 2012年7月1日 SUGAR TITLE TOUR DVD DVD KOGA-194 -
2nd 2013年7月19日 オムスターの逆襲2013 DVD DVD KOGA-198 -
メジャー(Getting Better
1st 2014年12月17日 OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ DVD+フォトブック
DVD
VIZL-762(初回限定盤)
VIBL-735(通常盤)
19位
2nd 2015年9月30日 MUSIC VIDEO COLLECTION 2010-2015 Blu-ray
DVD
VIXL-156
VIBL-782
16位
3rd 2016年3月2日 KEYTALKの武道館で舞踏会 〜shall we dance?〜 Blu-ray
DVD
VIZL-929
VIZL-930
9位(Blu-ray)
4位(DVD)
4th 2017年12月20日 横浜アリーナ ワンマンライブ 俺ら出会って10年目〜shall we dance?〜 Blu-ray
DVD
VIZL-1278(初回限定生産盤、Blu-ray)
VIXL-205(通常盤、Blu-ray)
VIZL-1279(初回限定生産盤、DVD)
VIBL-871(通常盤、DVD)
33位(Blu-ray)
11位(DVD)
5th 2018年12月19日 幕張メッセ ワンマンライブ ド真ん中で頑張マッセ 〜shall we dance?〜 Blu-ray
DVD
VIZL-149 完全生産限定盤(BD+2CD)
VIXL-246 通常盤(BD)
VIZL-1494 完全生産限定盤(DVD+2CD)
VIBL-919 通常盤(DVD)
44位(Blu-ray)
20位(DVD)

自主制作[編集]

※real名義でのリリース[22][23]

発売日 タイトル 規格 収録曲 生産番号
demo CD-R
2007年10月 1st demo
2008年5月9日 2nd demo
2009年2月20日 3rd demo real-3
2009年8月3日 a passing point[要出典]

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格 収録曲 備考
2011年5月15日 the 床でスプリット - 2011年5月15日、6月11日、7月16日に行われたDACOTA SPEAKER.との共同企画にて来場者に無料配布されたスプリットシングル。
2012年1月25日 IMC KILLER TUNES AVCD-38406 avex trax
2012年11月7日 TGMXの音楽関係 [CD+BOOK] NIW-83 Niw! Records
2013年3月20日 あっ、良い音楽ここにあります。その参 FIVER-021 FIVE RAT RECORDS
2014年6月4日 DJやついいちろう『PARTY』 VIZL-683
VICL-64172
Victor Entertainment

未発表音源[編集]

物販2(ぶっぱんツー)
  • 2016年に発表されたシングル「HELLO WONDERLAND」「MATSURI BAYASHI」の2作を購入すると無料で入手できる音源[24]

タイアップ一覧[編集]

起用年 曲名 タイアップ
2013年 コースター くまもと県民テレビテレビタミン』11月エンディングテーマ
2014年 エンドロール NTTドコモdヒッツ〜月を見ながら聴きたい曲篇〜」CMソング[注 4]
MONSTER DANCE JVCケンウッド「ピタスマ」CMソング[25]
テレビ朝日系『musicる TV』2014年11月度オープニングテーマ[26]
2015年 桜花爛漫 NHK Eテレ系テレビアニメ『境界のRINNE』第1シリーズ 前期オープニングテーマ(第1話 - 第13話)[27]
スターリングスター フジテレビ系アニメ『ドラゴンボール超』エンディングテーマ(第13話 - 第25話)[28]
2016年 Combat Song アピタ「タフネスビズ2016」CMソング[29]
HELLO WONDERLAND テレビ朝日系『musicるTV』5月度オープニングテーマ[30]
ABCテレビ今ちゃんの「実は…」』5月度エンディングテーマ[30]
boys & girls フジテレビ系『めざましどようび』テーマソング(2016年4月〜)[31]
2017年 Oh!En!Ka! TBS系『ニューイヤー駅伝2017』テーマソング[32]
熊本城マラソン2017」大会公式テーマソング[33]
ミルクティーは恋の味 日本テレビ系『PON!』3月度エンディングテーマ[34]
Love me JRゲートタワー」CMソング
黄昏シンフォニー TBS系ドラマ『3人のパパ』主題歌[35]
ASTRO スマートフォン用サスペンスRPG「Black Rose Suspects」メインストーリー「シーズン3」テーマソング[36]
セツナユメミシ NHK Eテレ系テレビアニメ『境界のRINNE』第3シリーズ 後期オープニングテーマ[37]
タイポロジー アピタ「タフネスビズ2017」CMソング[38]
アオイウタ ANA「音楽と旅が大好きだ#KEYTALKとANA旅」キャンペーンソング[39]
2018年 ロトカ・ヴォルテラ テレビ朝日お願い!ランキング』1月度エンディングテーマ[40]
ワルシャワの夜に TOKYO MX『ACTALK~シモキタクレイジーピーポー~』オープニングテーマ[41]
JVCヘッドホン「JVCヘッドホン『XX~タフに鳴る』パラレルビデオ」タイアップソング[42]
Oh!En!Ka! 「熊本城マラソン2018」大会公式テーマソング
Rainbow Road ANA「音楽と旅が大好きだ #KEYTALKとANA旅」キャンペーンソング第2弾[43]
Cheers! C.C.レモン」オリジナルソング[44]
東京シネマ 2018年度赤十字運動月間ショートムービー「ミラクルヒーローズ」タイアップソング[44]
2019年 ララ・ラプソディー KAGOME「GO!ME.プロジェクト」テーマソング[45]
旋律の迷宮 テレビ東京系連続ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』主題歌[46]
ブルーハワイ ホットペッパービューティー 特別Web CM『夏、脱、いつものワタシ』テーマソング[47]
DROP2 MBSドラマ特区”枠ドラマ『カフカの東京絶望日記』エンディングテーマ[48]
桜色の街へ 熊本市内新大型複合商業施設「SAKURA MACHI Kumamoto」CMソング[49]
少年 KONAMI パワプロ25周年記念 モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』タイアップソング[50]
DE'DEVIL DANCER ヤマト運輸「クロネコメンバーズ」タイアップソング[51]
BUBBLE-GUM MAGIC テレビ朝日系『Break Out』5月度オープニング・トラック[52]
アカネ・ワルツ 読売テレビ・日本テレビ系『探偵が早すぎるスペシャル』主題歌[53]
Catch The Wave 女子プロサーフィン国際大会「white buffalo HYUGA PRO QS3000」公式ソング[54]
「meets the surf project」テーマソング[55]
2020年 サンライズ KONAMI パワプロ25周年記念 モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』タイアップソング第2弾[56]
流線ノスタルジック KONAMI「パワプロアプリ チャンピオンシップ」2020シーズン 公式テーマソング[57]
Orion FM NACK5「Winter Aloha 2021」キャンペーンソング[58]
2021年 MONSTER DANCE フジテレビ系『新しいカギ』オープニングテーマ
FACTION ゲームアプリ『イケメン源氏伝 あやかし恋えにし』2周年楽曲[59]
愛文 TBS系『まるっと!サタデー』テーマソング[60]
魔ガレー 「下北沢カレーフェスティバル2021」テーマソング[61]
2022年 スターリングスター ダイダン 企業CMソング
夜の蝶 FM NACK5ラジオのアナ〜ラジアナ」テーマソング[62]
FM山陰「ゆーきのゴーイブFRIDAY」6月度エンディングテーマ
九天の花 ゲームアプリ『イケメン源氏伝 あやかし恋えにし』第二部「頼朝・義経編」主題歌[63]

ヘビーローテーション/パワープレイ[編集]

テレビ[編集]

起用年 曲名 ヘビーローテーション/パワープレイ
2014年 パラレル スペースシャワーTV 2014年3月度POWER PUSH!
2016年 MATSURI BAYASHI フジテレビ系『魁!ミュージック』6月度マンスリーアーティスト

ライブ[編集]

ライブツアー・イベント[編集]

2010年
1stミニアルバム「TIMES SQUARE」を発売記念ツアー
7月10日から8月21日の間、全国11か所の発売記念ツアーを開催。
2011年
SUGAR TITLE TOUR 2011-2012
11月19日に開催された下北沢SHELTERワンマンライブ(SOLD OUT)を皮切りに、全国26か所の2ndアルバム発売記念ツアー
2012年
フォゲットモンスター〜オムスターの逆襲〜
3月30日に開催された自主イベント
2013年
オムスターの逆襲TOUR 2013
2月17日から2月24日、代官山UNITワンマンを含む東名阪奈良の全4公演にて開催された。
ONE SHOT WONDER TOUR 2013
3月7日から5月19日の間、全国40か所の発売記念ツアーである。渋谷CLUB QUATTROを含むワンマン7公演にて開催された。
オムスター覚醒!“コースター”リリース前夜祭
11月17日、LIQUIDROOMにて開催された。
2014年
OVERTONE TOUR 2014
5月29日から7月13日、全国20か所で開催された発売記念ツアーである。
SUPER EXPRESS TOUR 2014
10月29日から11月15日に開催された秋の全国ツアーである。
2015年
“遥々、春バラーバはちもくがあなたの街まで春をお届けに参ります、候。~桜~” 対バンツアー
3月11日から4月28日の間、全国20か所を敢行。
KEYTALKのHOTをMOTTOワンマンツアー
5月23日から7月4日に追加公演を含め全国10か所にて開催されたツアーである。
KEYTALKの武道館で舞踏会 〜shall we dance?〜
10月28日に開催された初となる日本武道館ワンマンライブ
2016年
湯めぐりツアー 〜カステラを片手に〜
3月16日、17日に開催されたストレイテナーとの対バン九州ツアー
クアトロ灼熱の小旅行〜燻らせ肉の雫〜
4月15日、25日、26日に開催された東名阪QUATTROツアー
KEYTALKワンマンツアー 3年K組お祭り先生 〜「先生!義勝君の給食費がありません!」〜
5月24日から13か所15公演で開催された全国ツアー
KEYTALK 秋の大収穫祭〜そなたが落としたのは金の松茸か? 銀の椎茸か? それとも白いしめじか?〜
9月17日~30日に開催された東名阪ツアー
2017年
KEYTALK爆裂疾風ツアー2017 〜みんなの街でパラリラパパパラダイス〜
4月22日〜7月30日まで行われた全国ツアー
横浜アリーナ ワンマンライブ 俺ら出会って10年目〜shall we dance?〜
9月10日、初の横浜アリーナワンマンライブ、12000人を動員した。
2018年
Rainbow road Tour 2018~おれ、熊本で2番目に速いから~
4月17日-7月14日まで行われた全国ツアー
ド真ん中で頑張マッセ〜shall we dance?〜
9月8日、幕張メッセにて開催されたワンマンライブ、14000人を動員。
ホールツアー2018 〜目指せホールインワン あなたの心へ100ヤード〜
10月6日 - 29日 初となるホールツアー
2019年
KEYTALK 北海道はデッカイドウツアー 〜道内堂々巡り〜
3月21・23・24・26・28日 北海道内ワンマンツアー
KEYTALK 熱い熱い思いぶっ放しツアー 〜目指せ全国制覇への道〜
4月4・6・12・14・17・18日 国内未踏の地を行くワンマンツアー
新感覚KEYTALK泡みたいに弾けるツアー ~涼しくなろうぜ!!バボバボ~
7月4日-7月18日に開催された東名阪ワンマンツアー
DON'T STOP THE MUSIC TOUR 熱狂パワフルKEYTALK 2019

~本当にダイジョーブ??爆発寸前!! 武正の足爆弾~

11月8日-12月13日に開催された全国ワンマンツアー
2020年
KEYTALK幕張メッセ2days 宇宙の果てまでレッツGO! 〜タイムトラベル漂流記〜
5月9日・10日に開催予定だったが8月22日・23日へ延期。開催中止。
KEYTALKオンラインライブ 4密サウンドでSUTEKI HOME ~甘い甘い蜜のよう~ 2010-2014
9月26日開催。
KEYTALKオンラインライブ 4密サウンドでSUTEKI HOME ~甘い甘い蜜のよう~ 2015-2020
10月31日開催。
KEYTALKオンラインライブ 4密サウンドでSUTEKI HOME ~甘い甘い蜜のよう~ 2010-2020 REQUEST
11月29日開催。
2021年
KEYTALK代々木体育館2DAYS 年の始めの大運動会 〜もちっとね広がる音に舌鼓〜
1月9日・10日開催予定。開催中止。
いざ爛々乱舞ぼくらのワンマン始業式〜皆さんが静かになるまでに3分24秒かかりました〜
4月16日開催。
KEYTALK 全国ツアー2021

最高の笑顔でいきますよ!よーい!ACTION!〜お待たせしました。お待たせしすぎたかもしれませんね。〜

10月7日-11月9日開催。

出演[編集]

レギュラー番組[編集]

テレビ[編集]

  • ACTALK〜シモキタクレイジーピーポー〜(TOKYO MX、2018年2月17日、3月25日、4月7日、5月12日、全4回[41][64]

ラジオ[編集]

  • THE KINGS PLACEJ-WAVE
    • 木曜日ナビゲーター(2013年10月 - 2016年3月、2018年3月)[65]
    • 月曜日ナビゲーター(2021年4月 - 2021年8月)[66]
  • 巨匠大陸[注 5]NACK5、2021年4月 - ) - 土曜日パーソナリティ[67]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e f オリコンウィークリーチャートに基づく。
  2. ^ 会場限定。
  3. ^ FOMAREとのコラボ曲。KEYTALK × FOMARE名義での配信。
  4. ^ 2014年9月のみ。
  5. ^ メンバーの寺中友将のみ出演。

出典[編集]

  1. ^ a b KEYTALK - プロフィール”. CDJournal. 株式会社シーディージャーナル. 2021年6月27日閲覧。
  2. ^ a b 5月にアルバム『OVERTONE』を発表、その後の全国ツアーも大盛況。着実にキャリアを磨き、輝きを増す彼らが放つ、新作「MONSTER DANCE」。”. M-ON! MUSIC (2014年10月28日). 2016年10月27日閲覧。
  3. ^ 【インタビュー】KEYTALK「メロディは群を抜いてどのバンドよりも良いという自信はあります。奥深いポップ・ロック・バンドです」”. BARKS. 2021年4月25日閲覧。
  4. ^ KEYTALK寺中友将、地元熊本を支援するべく下北沢で弾き語りライブ”. 音楽ナタリー (2016年4月25日). 2016年10月27日閲覧。
  5. ^ KEYTALKの素顔に迫る・第4回「巨匠・寺中友将編」”. SPICE (2015年10月9日). 2021年4月25日閲覧。
  6. ^ 平均年齢20歳の注目バンドKEYTALKをTGMXプロデュース”. 音楽ナタリー. 2022年3月12日閲覧。
  7. ^ KEYTALK『メジャーデビュー作&バンドの個性に迫る』”. ORICON STYLE. 2016年3月15日閲覧。
  8. ^ 【写真レポート】KEYTALKが日本武道館ライブへ向けて圧巻のパフォーマンス!「一緒に、でっかい所へ行きましょう!」”. WWSチャンネル. 2015年7月10日閲覧。
  9. ^ a b KEYTALKの九州「湯めぐりツアー」にストレイテナー参加”. スペースシャワーTV. 2016年3月13日閲覧。
  10. ^ メンバー全員が作詞作曲!KEYTALK、ニューシングル2カ月連続リリース”. ナタリー. 2016年3月13日閲覧。
  11. ^ KEYTALK、全国ツアータイトルは「義勝君の給食費がありません!」&New Sgの太陽系初OA決定”. RO69. 2016年3月13日閲覧。
  12. ^ KEYTALK、“パリピ”の本拠地渋谷で秋の東名阪ツアー開催を発表”. ナタリー. 2016年4月20日閲覧。
  13. ^ 東武東上線「夏フェスティバル♪KEYTOBU」”. 東武鉄道. 2017年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年7月20日閲覧。
  14. ^ ユニバーサル ミュージック移籍第一弾シングルで5/14付 オリコンデイリーシングルランキング自己最高の4位を記録!”. 2019年5月17日閲覧。
  15. ^ KEYTALKがVirgin Musicから新シングル発売、東名阪ツアーも”. ナタリー. 2019年3月19日閲覧。
  16. ^ KEYTALK、4週連続配信リリース決定!各楽曲はフェスでお披露目”. ナタリー. 2019年8月2日閲覧。
  17. ^ KEYTALK、ベスト・アルバム3タイトルのリリース日を3/18に延期”. skream. 2020年2月19日閲覧。
  18. ^ KEYTALK、配信ライヴ詳細決定&ティーザー映像公開。タイトルは"4密サウンドでSUTEKI HOME~甘い甘い蜜のよう~2010-2014"。新曲「流線ノスタルジック」MVティーザーも”. skream. 2020年8月26日閲覧。
  19. ^ KEYTALK、代々木体育館公演の中止を発表”. skream. 2020年12月9日閲覧。
  20. ^ KEYTALK、約1年9ヶ月ぶりとなるニュー・アルバム『ACTION!』8/25リリース決定。全国ツアーも開催”. skream. 2021年6月25日閲覧。
  21. ^ KEYTALK、ニュー・アルバム『ACTION!』発売記念しリリース・パーティーを8/25恵比寿LIQUIDROOMにて開催”. Skream!. 2022年5月29日閲覧。
  22. ^ real”. indiesmusic.com. 2022年6月7日閲覧。
  23. ^ real”. web.archive.org (2009年4月23日). 2022年6月7日閲覧。
  24. ^ KEYTALK、シングル2枚購入者に「物販2」をプレゼント”. 音楽ナタリー. 2016年5月18日閲覧。
  25. ^ “KEYTALK、3rdシングル『MONSTER DANCE』の詳細発表&JVCヘッドホンのCMソングに決定”. (2014年9月23日). https://rockinon.com/news/detail/110270 2022年4月28日閲覧。 
  26. ^ KEYTALK、最新シングルの表題曲「MONSTER DANCE」がテレ朝系"musicるTV"のOPテーマに決定”. Skream!. 2022年4月28日閲覧。
  27. ^ KEYTALK、アニメOP「桜花爛漫」シングル化”. 音楽ナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  28. ^ KEYTALK新曲「ドラゴンボール超」EDに決定”. 音楽ナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  29. ^ KEYTALK、新シングル『HELLO WONDERLAND』ジャケ公開&CMタイアップも決定”. rockinon.com. 2021年12月13日閲覧。
  30. ^ a b KEYTALK、新アーティスト写真&「PARADISE」収録内容公開!”. Fanplus Music. 2021年12月13日閲覧。
  31. ^ KEYTALK、7thシングル「HELLO WONDERLAND」スペシャルトレイラーYouTube公開! 8thシングル「MATSURI BAYASHI」収録曲も発表!!「boys & girls」はフジテレビ系「めざましどようび」2016年テーマソングに決定!!”. MUSIC LOUNGE. 2016年4月18日閲覧。
  32. ^ KEYTALK「ニューイヤー駅伝」テーマ曲担当”. 音楽ナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  33. ^ KEYTALK・寺中友将 “熊本城マラソン2017”大会応援アンバサダーに就任!大会公式テーマソングに「Oh!En!Ka!」が決定!!当日ゲストランナーとしてフルマラソン出場!!!”. Fanplus Music. 2021年12月13日閲覧。
  34. ^ KEYTALK、ニュー・アルバム『PARADISE』収録曲「ミルクティーは恋の味」が日本テレビ系"PON!"3月度EDテーマに決定”. Skream!. 2021年12月13日閲覧。
  35. ^ KEYTALK、新曲「黄昏シンフォニー」がTBSドラマ"3人のパパ"主題歌に決定。6/7にシングル・リリースも”. Skream!. 2017年4月11日閲覧。
  36. ^ KEYTALK「ASTRO」が貞本義行キャラデザRPGの新テーマソングに”. 音楽ナタリー. 2017年5月27日閲覧。
  37. ^ 「境界のRINNE」第3シリーズ 新OPテーマ曲を発表!”. NHKアニメワールド. 2017年6月5日閲覧。
  38. ^ KEYTALK、楽曲“タイポロジー”がスーツのCMソングに決定”. rockinon.com. 2021年12月13日閲覧。
  39. ^ KEYTALK、おなじみのキャラクターをクレーアニメで再現。新曲“アオイウタ”MV解禁”. rockinon.com. 2021年12月13日閲覧。
  40. ^ KEYTALK、1/24リリースのシングル『ロトカ・ヴォルテラ』より表題曲のMV公開”. Skream!. 2021年12月13日閲覧。
  41. ^ a b KEYTALK、役者に挑戦&豪華俳優と共演「ACTALK~シモキタクレイジーピーポー~」”. 音楽ナタリー. 2018年2月12日閲覧。
  42. ^ KEYTALK、新曲「ワルシャワの夜に」がJVC製ヘッドホンのタイアップソングに”. 音楽ナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  43. ^ KEYTALK、新曲「Rainbow Road」使用したANA旅キャンペーン動画”. 音楽ナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  44. ^ a b KEYTALK、7/18にニュー・シングル『Cheers!』リリース決定。商品内容、収録曲、アートワーク&新ヴィジュアル公開も 2018年6月11日閲覧。
  45. ^ KEYTALK、新曲“ララ・ラプソディー”をKAGOME「GO!ME.」に書き下ろし&6/25に配信リリース”. rockinon.com. 2021年10月20日閲覧。
  46. ^ KEYTALK、新曲「旋律の迷宮」がドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』主題歌に”. Real Sound. 2021年10月20日閲覧。
  47. ^ KEYTALKの新曲「ブルーハワイ」が中田青渚、神尾楓珠ら出演Web CMソングに”. 音楽ナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  48. ^ KEYTALK、新曲「DROP2」がMBSドラマ特区『カフカの東京絶望日記』エンディングテーマに”. Real Sound. 2021年10月20日閲覧。
  49. ^ KEYTALK、寺中友将(Vo/Gt)作詞作曲の新曲「桜色の街へ」が熊本の商業施設"SAKURA MACHI Kumamoto"CMソングに決定”. Skream!. 2021年12月13日閲覧。
  50. ^ KEYTALK、新曲「少年」が"実況パワフルプロ野球"アプリのタイアップ・ソングに決定”. Skream!. 2021年12月13日閲覧。
  51. ^ KEYTALK、新曲「DE’DEVIL DANCER」MV公開 ヤマト運輸とコラボした“届く”試みも”. Real Sound. 2021年12月13日閲覧。
  52. ^ KEYTALK、11/6発売の新アルバムタイトルは『DON’T STOP THE MUSIC』。全12曲収録”. rockinon.com. 2021年12月13日閲覧。
  53. ^ KEYTALK、新曲「アカネ・ワルツ」が滝藤賢一&広瀬アリスW主演『探偵が早すぎる』SP主題歌に”. Real Sound. 2021年10月20日閲覧。
  54. ^ ロックバンド「KEYTALK」が国内最高峰の女子サーフィン国際大会『white buffalo HYUGA PRO QS3000』の公式ソングを書き下ろし!”. PR TIMES. 2021年12月13日閲覧。
  55. ^ KEYTALK、新曲“Catch The Wave”が10代プロサーファーを応援するプロジェクトのテーマソングに”. rockinon.com. 2021年12月13日閲覧。
  56. ^ KEYTALK、パワプロ25周年記念モバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』タイアップソング第2弾を配信リリース決定”. SPICE. 2021年12月13日閲覧。
  57. ^ KEYTALK、最新曲「流線ノスタルジック」が『パワプロアプリ チャンピオンシップ』2020シーズン公式テーマソングに決定”. SPICE. 2021年12月13日閲覧。
  58. ^ KEYTALK、「Winter Aloha 2021」キャンペーン曲「Orion」を配信リリース”. CDJournal WEB. 2021年12月13日閲覧。
  59. ^ 『イケメン源氏伝 あやかし恋えにし』ロックバンドKEYTALKが歌う弐周年記念タイアップソングを初公開”. PR TIMES. 2021年12月13日閲覧。
  60. ^ テレビ番組テーマリスト”. 株式会社日音. 2021年12月13日閲覧。
  61. ^ KEYTALK「下北沢カレーフェスティバル」のテーマソング「魔ガレー」書き下ろし”. 音楽ナタリー. 2021年12月13日閲覧。
  62. ^ KEYTALK、コンセプトEP第4弾『KTEP4』配信&ツアー会場限定盤CDでリリース”. Billboard JAPAN. 2022年7月4日閲覧。
  63. ^ KEYTALK、新曲“九天の花”が『イケメン源氏伝 あやかし恋えにし』 第二部「頼朝・義経編」の主題歌に決定。特報PVで一部解禁”. rockinon.com. 2022年7月4日閲覧。
  64. ^ KEYTALK初の冠番組!TOKYO MX『ACTALK (アクトーク) ~シモキタクレイジーピーポー~』放送決定!”. KEYTALK official web. 2022年5月30日閲覧。
  65. ^ “Suchmos、J-WAVE「キンプレ」木曜ナビゲーターを担当”. 音楽ナタリー. (2016年3月23日). https://natalie.mu/music/news/180700 2016年3月23日閲覧。 
  66. ^ “KEYTALK、SIX LOUNGE・ヤマグチユウモリ、AJICOが4月からJ-WAVEでラジオレギュラーに”. SPICE. (2021年3月23日). https://spice.eplus.jp/articles/284686 2021年3月23日閲覧。 
  67. ^ “2021年4月からのNACK5番組情報!<新番組情報>”. NACK5. (2021年3月22日). https://www.nack5.co.jp/information/65/ 2021年3月23日閲覧。 

外部リンク[編集]