Break Out (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Break Out
ジャンル 音楽番組深夜番組
演出 松田こずえ
監修 吉田真佐男
製作
製作総指揮 山下浩司(GP)
プロデューサー 川辺竜之
制作 テレビ朝日[1]
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1期
出演者 東海林のり子
真矢
古川恵実子
放送期間 1996年10月[1] - 2001年12月19日
放送時間 水曜 2:14 - 2:44(火曜深夜)
放送分 30分
第2期
出演者 諏訪部順一
中島沙樹
放送期間 2012年1月6日 - 2014年3月28日
放送時間 金曜 1:21 - 1:51(木曜深夜)
放送枠 ネオバラ2
放送分 30分
第3期
出演者 諏訪部順一
中島沙樹
放送期間 2014年4月4日 - 2014年8月29日
放送時間 金曜 1:26 - 1:56(木曜深夜)
放送枠 ネオバラ2
放送分 30分
第4期
出演者 IMALU
豊田萌絵
放送期間 2014年9月5日 - 2017年9月29日
放送時間 金曜 1:26 - 1:56(木曜深夜)
放送枠 ネオバラ2
放送分 30分
第5期
出演者 IMALU
駒形友梨
放送期間 2017年10月5日 - 2018年9月26日
放送時間 木曜 1:26 - 1:56(水曜深夜)
放送枠 ネオバラ2
放送分 30分
第6期
出演者 第5期の移動前と同様
放送期間 2018年10月3日 -
放送時間 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜)
放送枠 ネオバラ2
放送分 30分
テンプレートを表示

Break Out』(ブレイク・アウト)は、テレビ朝日系列で放送している音楽番組

制作局のテレビ朝日では1996年10月に放送開始。番組は2001年12月19日に一旦終了したが、それから約10年後の2012年1月6日より再び同系列局で放送している。

概要[編集]

全国のインディーズバンドを紹介し、ランキングの発表やライブのレポートを行なっている番組。

毎年夏には、番組で取り上げたインディーズアーティストや番組出身の卒業生が出演するライブイベント「BreaK Out祭」が日本各地で行われており、1997年と1999年には最終公演が渋谷公会堂で、1998年には日本武道館で行なわれた。2000年には「BreakOut祭2000」と銘打ち大々的に参加バンドを募りweb投票が行われ、中間発表でBASILISK GLANCEが1位を獲得したが最終発表はなぜか行われずBreakOut祭2000自体がなかったかのようにスルーされた。

1999年頃からはヴィジュアル系ブームの沈静と共にメロコアバンドを中心に取り扱うようになり、また、2000年にはギターポップ系中心の内容へとシフトしたものの、2001年末に番組自体が終了。番組の基本コンセプトは2002年4月放送開始の『ストリートファイターズ』へと受け継がれた。

それから10年後の放送再開時には「復活」ではなく「新生」を掲げており、ロックやヴィジュアル系のみならず、声優ニコニコ動画などの動画サイトで活躍する歌い手なども積極的に採り上げている[2]。各シーンで人気を呼ぶ男性アーティストや注目バンドを中心に採り上げ、最新の音楽情報も紹介する。

当初は九州朝日放送を除くテレビ朝日系主要5局のみで放送していたが、第2期からはANNフルネット24局へ放送範囲が拡大している。

2013年5月から11月まで、グリーの同名ゲームを原作とするコーナーアニメ「踊り子クリノッペ」を放送。

現在、“甘めで、ゆるめで、きれいめで”をコンセプトとした[3]若い男性たちを中心とした朗読コーナー「Candy Boy」が展開中。また、2015年9月から、コーナーをコンセプトとした「Candy Boy CAFE」が原宿にオープンしている[4]

評価[編集]

初期から中期にかけてはヴィジュアル系バンドを多く取り上げ、ヴィジュアル系ブームの一翼を担った。この番組で取り上げられ、後にメジャーデビューしたバンドは「卒業生」として扱われた。いわゆるヴィジュアル系四天王のFANATIC◇CRISISSHAZNALa'cryma Christiはこの番組の卒業生である[5]市川哲史は「超低レベルの連中も多かった」と述べ[1]yasuキリトも酷評しているが、一方で全国にヴィジュアル系を広めた実績もあったとされる[6]

出演者[編集]

第1期[編集]

第2期・第3期[編集]

  • 諏訪部順一 - ナレーションを担当。番組ナビゲーターの宇宙人「BONちゃん」の声も担当。
  • 中島沙樹 - 番組ナビゲーターの宇宙人「BONちゃん」の声を2012年2月、3月放送回のみ担当。

第4期・第5期・第6期[編集]

  • IMALU - ナビゲーター
  • 種田梨沙 - 初代ナレーション(2014年9月 - 2016年9月)
  • 石原夏織 - 2代目ナレーション(2016年10月 - 2017年3月)
  • 豊田萌絵 - 3代目ナレーション(2017年4月 - 2018年6月)
  • 駒形友梨 - 4代目ナレーション(2018年7月 - )

卒業生[編集]

門下生[編集]

  • CHOKO
  • Missing Tear
  • STAY
  • LUV'ra-Doll
  • E-QAL
  • D'elsquel
  • Orphee
  • 雫...Shizuku
  • RED
  • CAMDEN LOCK
  • GLOOMY MONSTER
  • LOVE BITES
  • LANDSCAPE
  • SYNTHETIC MUSHROOMS
  • SUTH:VICIOUS
  • Dear Rouge
  • art mind's impression
  • かまぼこ
  • BEAN BAG
  • 蛸殴総本山
  • FACE
  • aula hysterica
  • DISP LAIES
  • couch case
  • SILVER BICYCLES

ネット局[編集]

第1期[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB)
宮城県 東日本放送(KHB)
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
近畿広域圏 朝日放送(ABC)

第2期・第3期・第4期・第5期・第6期[編集]

※都合により、放送時間が変更・休止になる場合がある。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 放送開始日 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜) 2012年1月6日 制作局
ネオバラ2』枠で放送
北海道 北海道テレビ(HTB) 火曜 1:25 - 1:55(月曜深夜) 2012年1月13日
青森県 青森朝日放送(ABA) 水曜 1:50 - 2:20(火曜深夜) 2012年4月7日
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT) 金曜 1:25 - 1:55(木曜深夜) 2012年4月5日
宮城県 東日本放送(KHB) 火曜 2:00 - 2:30(月曜深夜) 2012年1月23日
秋田県 秋田朝日放送(AAB) 火曜 1:25 - 1:55(月曜深夜) 2012年4月17日
山形県 山形テレビ(YTS) 土曜 1:50 - 2:20(金曜深夜)[7] 2012年8月25日
福島県 福島放送(KFB) 日曜 2:30 - 3:00(土曜深夜) 2012年4月7日
新潟県 新潟テレビ21(UX) 木曜 1:30 - 2:00(水曜深夜) 2012年4月6日
長野県 長野朝日放送(abn) 金曜 1:25 - 1:55(木曜深夜)
石川県 北陸朝日放送 (HAB) 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜)[7] 2012年4月7日
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV) 金曜 2:35 - 3:05(木曜深夜) 2012年4月10日
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) 木曜 2:59 - 3:29(水曜深夜) 2012年1月11日
広島県 広島ホームテレビ(HOME) 土曜 1:55 - 2:25(金曜深夜) 2012年4月7日
山口県 山口朝日放送(yab) 土曜 1:45 - 2:15(金曜深夜)[7] 2012年4月7日
岡山県・香川県 瀬戸内海放送(KSB) 日曜 2:05 - 2:35(土曜深夜) 2012年4月8日
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat) 土曜 2:50 - 3:20(金曜深夜)[7] 2012年4月21日
福岡県 九州朝日放送(KBC) 土曜 3:19 - 3:49(金曜深夜)[7] 2012年4月8日
長崎県 長崎文化放送(NCC) 火曜 1:50 - 2:20(月曜深夜) 2012年4月9日
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 日曜 2:20 - 2:50(土曜深夜) 2012年4月4日
大分県 大分朝日放送(OAB) 月曜 1:35 - 2:05(日曜深夜) 2012年4月30日
鹿児島県 鹿児島放送(KKB) 日曜 2:30 - 3:00(土曜深夜) 2012年4月8日
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 日曜 1:35 - 2:05(土曜深夜)

過去のネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送テレビ(ABC)[8] テレビ朝日系列 2012年1月10日から2018年4月4日まで放送。2018年4月改編により打ち切り。

スタッフ[編集]

  • 構成:ねだしんじ、熊野ひよこ、大作麻利、堀内一寿
  • TD:関根昌紀
  • カメラ:小平智紀、池田英孝
  • 編集:吉田愛、内田国俊
  • MA:脇田結花、相原希
  • CG:ELEVEN GRAPHICS
  • 音効:國安啓
  • 編成:沼田真明(テレビ朝日)
  • WEB:二戸望美
  • Break Out事務局:出藏寛幸、藤井紀公、中川瑛美
  • 協力:MIZ CREATE、IMAGICA、スクワイア、フレームインフ
  • AD:長田海里
  • AP:槌田真智子、五木田明美
  • ディレクター:渡邊麻子、田中絵美、小川佳恵、小林圭子、道具由美子、木田さとみ(木田→以前はAD)
  • コーナー脚本:玉木佑和(「Candy Boy」担当)、斎藤千輪
  • 演出:松田こずえ
  • プロデューサー:川辺竜之(テレビ朝日)、姫野久美子(テレビ朝日ミュージック)、畝目尚子(T's)
  • ゼネラルプロデューサー:山下浩司(テレビ朝日)
  • スーパーバイザー:吉田真佐男(テレビ朝日ミュージック)
  • 制作:テレビ朝日、T's

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:樅野太紀、望月卓、日高大輔
  • カメラ:池田英孝、岸上健二、安達良
  • VE:小出秀久
  • 編集:手塚貴幸、若山友信、内田国俊
  • MA:工藤雄生、山口智美、松丸祐香
  • 音響効果:橅木正志<第1期>
  • 写真:後藤倫人<第2期>
  • 作画:板垣雅也
  • イラスト:中村サトル<第2期>
  • 編成:大松宏樹(テレビ朝日)<第2期>
  • WEB:長井正人、松山雄一郎、阿原美由紀
  • 協力:CIRCUS、池田屋
  • AD:渡曾堅介、恒見聖子、板橋智春、鎌田恵介、本田芽里那、浜口美里
  • ディレクター:狩野正明、松田征己、池田智宏、能島敬子、葛西愛子
  • 演出:井上淳矢
  • プロデューサー:高橋裕一、斉藤充、引地夏規(テレビ朝日)、松井正樹(テレビ朝日)
  • ゼネラルプロデューサー:伊東寛晃
  • 制作:JCTV

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Ichikawa, Fujitani 2018, p. 348.
  2. ^ 諏訪部順一のTwitterより。
  3. ^ CandyBoy 4つの約束”. Candy Boy公式サイト. 2016年8月23日閲覧。
  4. ^ テレビ朝日系全国放送「BREAK OUT」発 “Candy Boy CAFE” 公演案内”. テレビ朝日ミュージック (2015年9月10日). 2016年8月23日閲覧。
  5. ^ MALICE MIZERはこの番組に出演した事はあるが、当時卒業生のCDジャケットに記載されたBreak Outのマークは無く、BreaK Out祭にも出演経験が無いため、正確には卒業生ではない。
  6. ^ Ichikawa, Fujitani 2018, p. 31.
  7. ^ a b c d e 朝まで生テレビ!』が放送する週は休止。
  8. ^ 2018年3月までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更並びに分社化前のため、朝日放送。

参考文献[編集]

  • 市川哲史、藤谷千明 (2018-08-26). すべての道はV系へ通ず。. シンコーミュージック・エンタテイメント. ISBN 978-4-401-64639-5. 

関連項目[編集]

  • Candy Boy - 本番組から誕生したボーイズグループ。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 深夜の音楽番組
前番組 番組名 次番組
Break Out
(1996年10月 - 2001年12月19日)
ストリートファイターズ
(2002年1月8日 - 2011年12月20日)
FUTURE TRACKS→R
(2009年10月9日 - 2011年12月23日)
テレビ朝日 金曜 1:21 - 1:51(木曜深夜)枠 → 金曜 1:26 - 1:56(木曜深夜)枠
FUTURE TRACKS→R
(2009年10月9日 - 2011年12月23日)
Break Out
(2012年1月6日 - 2017年9月29日)
※2012年4月以降は『ネオバラ2』木曜版
超人女子
(2017年10月6日 - )
テレビ朝日 木曜 1:26 - 1:56(水曜深夜)枠 → 木曜 1:29 - 1:59(水曜深夜)枠(『ネオバラ2』水曜版)
学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!
※1:26 - 1:41
(2014年4月3日 - 2017年9月28日)
ロクメシ
※1:41 - 1:56
(2016年10月6日 - 2017年9月28日)
Break Out
(2017年10月5日 - )
-