ホットペッパー (フリーペーパー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ホットペッパーHot Pepper)は、リクルートライフスタイルが発行している月刊の無料クーポンマガジンである。

概要[編集]

日本全国で地域別に発行されており、毎月最終金曜日に街頭・コンビニエンスストア等で配布される。地域の区分はかなり細かく東京都の場合、渋谷近辺、新宿近辺、銀座近辺など繁華街を中心として区分している。また、パソコンや携帯電話によって利用可能な同内容のWEBサービスを全国で展開している。クーポンの内容は飲食店が中心だが、それ以外に美容系、カルチャー系なども含まれている。

2011年10月号(9月30日発行)より、東京23区発行版<新宿・高田馬場版><池袋版><渋谷・恵比寿・目黒・自由が丘版><銀座・新橋・有楽町・丸の内・上野版>4版が「HOT PEPPER Beauty」として美容系の内容に変わった。

特徴[編集]

  • 20代・30代のOLをターゲットとしている。
  • 給料日前後(月末金曜日)に発行されている。
  • 広告を記事風に書いたり、またキャラクターを使うなどの工夫でユーザー(読者)に読みやすくしている。

発行地域[編集]

北は旭川市から南は鹿児島市まで日本各地で発行されている(2013年4月現在、33都道府県・50地域で386万部を発行)。特に全政令指定都市と大半の中核市において存在する。傾向としては太平洋ベルトに沿った都市で盛んに発行されている。4年前には、発行部数が各都市の人口のおよそ6分の1となっている場合が多かったが、(当時の総発行部数550万部)スマートフォンなどのITの進化や競合他社の発達により発行部数が減少し、現在は9分の1~12分の1程度となっている。

地方名
エリア名
発行部数
創刊年月
北海道 旭川 40,000 2001年07月
北海道 札幌 215,000 2001年07月
東北 八戸 35,000 2013年04月
東北 盛岡 40,000 2008年08月
東北 仙台 145,000 2001年07月
東北 郡山 55,000 2001年03月
関東 宇都宮 55,000 2002年05月
関東 大宮浦和 80,000 2001年07月
関東 松戸 45,000 2003年11月
関東 船橋津田沼市川小岩 80,000 2001年07月
関東 千葉幕張 65,000 2001年07月
関東 新宿高田馬場中野下北沢 120,000 2001年03月
関東 渋谷恵比寿原宿表参道六本木自由が丘 120,000 2001年03月
関東 池袋目白 80,000 2011年10月
関東 銀座新橋上野 180,000 2001年07月
関東 吉祥寺荻窪西荻窪三鷹 45,000 2002年02月
関東 八王子立川多摩 70,000 2001年07月
関東 町田相模原厚木  90,000 2001年07月
関東 川崎蒲田鶴見 55,000 2002年02月
関東 横浜 130,000 2001年07月
関東 湘南藤沢大船茅ヶ崎辻堂湘南台 50,000 2003年06月
北信越 新潟 65,000 2000年07月
北信越 長岡 35,000 2000年07月
北信越 長野 40,000 2008年08月
北信越 金沢 60,000 2002年02月
東海 岐阜 75,000 2002年05月
東海 静岡 45,000 2002年05月
東海 浜松 50,000 2002年05月
東海 名古屋 150,000 2001年03月
関西 京都 125,000 2001年07月
関西 茨木高槻 40,000 2001年03月
関西 大阪キタ梅田淀屋橋本町福島京橋天神橋筋 200,000 2001年07月
関西 大阪ミナミ心斎橋難波南船場堀江天王寺阿倍野上本町 155,000 2001年07月
関西 南大阪 80,000 2001年07月
関西 神戸明石 145,000 2001年07月
関西 姫路加古川 110,000 2001年03月
関西 徳島 40,000 2004年11月
中国 岡山倉敷 85,000 2002年02月
中国 福山 35,000 2004年11月
中国 広島 125,000 2001年07月
四国 高松 45,000 2000年07月
四国 徳島 40,000 2004年11月
四国 松山 45,000 2002年08月
四国 高知 35,000 2003年11月
九州 北九州 70,000 2001年07月
九州 福岡 150,000 2001年07月
九州 長崎 45,000 2002年08月
九州 熊本 55,000 2001年03月
九州 大分 35,000 2004年06月
九州 宮崎 35,000 2004年06月
九州 鹿児島 60,000 2001年07月

キャラクター[編集]

2009年6月号までのイメージキャラクターとして、トウガラシの擬人化キャラクターが使用されていた。イラストカットの他、表紙が広告でない場合は15コマ前後の漫画が掲載された。彼女らは同じ職場のOLという設定であり、仕事や恋愛などの日常が描かれる。

  • さやか(27) - 買い物好き
  • はな(30)  - かなりの酒豪
  • ひろこ(29) - 子沢山。16女の母親
  • まいこ(35) - 情報通
  • みゆき(26) - 明るい姐御肌
  • りんこ(22) - おしゃべり好きの新人
  • 部長     - ピーマンの擬人化。唯一の男性

2009年7月号から2011年9月号まではスヌーピーが表紙に登場していた。

CM[編集]

ホットペッパー創刊当初のCMでは、映画の1シーンのような映像とそれとは全く関係ない内容の関西弁のアテレコが使用されていた。映像の多くはCM用に日本国外でロケをしたもので、本物の映画のシーンを使っているわけではない。アテレコの声優は、このCMを企画した電通関西支社クリエイティブディレクターの山崎隆明。また2006年7月以降のSMAPを起用したCMは山崎のアテレコが入るのは同様であるが、映像については映画『シュート!』、ドラマ『あぶない少年III』、『デリ!スマ』およびSMAPのコンサートからそれぞれ流用されている。なお森且行在籍時の映像も使われているが、森の出演しているシーンは一切使われていない。後期のコンサートの映像を使ったバージョンでは、メンバー5人はSMAPではなく「するめまんじゅう」という名のバンドという設定になっている。

2009年6月に放映開始された木村カエラピーナッツのキャラクターが共演するCMは話題となり、CMソングの『ホットペッパーの唄』が着うたとして人気を博した。

2012年現在ではトウガラシを基にしたマスコットが兎のダンス野口雨情作詞、中山晋平作曲)の替え歌を歌うものとなっている。また、Beautyも別にCMが製作されており、創刊当初は松本潤)を、2012年11月からは石原さとみを起用している。

その他[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]