はりまや橋停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
はりまや橋停留場
桟橋線の乗り場
桟橋線の乗り場
はりまやばし
Harimayabashi
所在地 高知県高知市はりまや町一丁目、南はりまや町一丁目
所属事業者 とさでん交通
駅構造 地上駅
ホーム 計4面4線
開業年月日 1908年(明治41年)10月31日
乗入路線 3 路線
所属路線 後免線
キロ程 10.9km(後免町起点)
所属路線 伊野線
キロ程 0.0km(はりまや橋起点)
(0.3km) 堀詰
所属路線 桟橋線
キロ程 0.8km(高知駅前起点)
蓮池町通 (0.3km)
(0.6km) 梅の辻
テンプレートを表示
伊野線の乗り場
はりまや交差点を曲がる電車

はりまや橋停留場(はりまやばしていりゅうじょう)は、高知県高知市はりまや町一丁目および南はりまや町一丁目にあるとさでん交通路面電車停留場後免線伊野線桟橋線の3路線が乗り入れ、東西の路線(後免線・伊野線)と南北の路線(桟橋線[1])がはりまや交差点上で平面交差する要衝である。

歴史[編集]

当停留場が開業したのは1908年(明治41年)。まず通じたのは東西の路線で、とさでん交通の前身土佐電気鉄道により伊野線の堀詰停留場から後免線の下知停留場までの区間が開通したのに合わせて後免線と伊野線の停留場が開設された[2]。なお、桟橋線についてはこの時すでに開通していたものの、当時接続していたのは隣の堀詰停留場だった[3]。それから当地に南北の路線が通じるようになったのは1928年(昭和3年)。まず2月に高知駅前からはりまや橋まで、次いで8月にはりまや橋から潮江橋までの区間が開通した[2]。これに伴い堀詰停留場で分岐して潮江橋までを結んでいた旧線は廃止[4]、堀詰に代わってはりまや橋が各線の接続点となった[3]

停留場名については「播磨屋橋」と漢字表記されることもある[5]。当初は漢字表記で、1954年以前に平仮名交じりの表記になったともされるが、正式に改称を経たものであるかは不明[6]

  • 1908年(明治41年)10月31日 - 堀詰から下知までの開通に伴い、後免線・伊野線の停留場が開業[2][6]。当初は交差点を挟んで伊野線方面行きの乗り場が東側、後免線方面行きの乗り場が西側にあった。
  • 1928年(昭和3年)
    • 2月16日 - 高知駅前から当停留場までの開通に伴い、桟橋線上り側(駅前線)の停留場が開業[2]
    • 8月10日 - 当停留場から潮江橋北詰までの開通に伴い、桟橋線下り側の停留場が開業[2]
  • 1951年(昭和26年)9月8日 - 交差点の改良により、この日までに交差点内全方向の右折軌道を撤去[2]
  • 1963年(昭和38年)11月27日 - 桟橋線下り側の停留場を南へ移設。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 駅前線から伊野線への右折軌道を新設、伊野線方面行きの乗り場を交差点の西側に移設[2][7]
  • 2014年(平成26年)10月1日 - 土佐電気鉄道が高知県交通土佐電ドリームサービスと経営統合し、とさでん交通が発足[8]。とさでん交通の停留場となる。

構造[編集]

はりまや橋停留場は併用軌道上に設けられ、はりまや交差点の上に軌道が敷かれる。交差点から東に後免線、西に伊野線、南北に桟橋線[1]複線軌道が通じ、東西方向と南北方向の路線は平面交差する(ダイヤモンドクロッシング[9][10]。互いの路線は単線の連絡線で結ばれ、各方向とも平面交差の手前から左折により転線が可能[5][9]。このうち交差点の北、桟橋線上り(駅前線)方面からは左折して東行きの後免線に転線できるだけでなく、右折して西行きの伊野線にも転線できるよう連絡線が敷かれている[5][9](かつては全方向に右折軌道が敷かれていたが、1951年までに撤去[2])。転線した先には各方向とも渡り線が設けられる[5][9]

ホームは交差点の西側と南側にそれぞれ2面ずつ設けられ、いずれも2本の線路を挟んで向かい合わせに配される(相対式ホーム[9]。交差点西側にあるのが後免線・伊野線の乗り場で、線路の北側が後免線後免町方面行きの1番乗り場、南が伊野線伊野方面行きの2番乗り場[9]。後免線と伊野線は当停留場を起終点とするが、大半の電車が直通運転を行う。また出入庫運用や伊野線と高知駅前方面間で桟橋線との直通運転も行う。いっぽう交差点南側にあるのが桟橋線の乗り場で、線路の西側が高知駅方面行きの3番乗り場、東が桟橋方面行きの4番乗り場[9]。どのホームにも上屋が設置され、電車が2両停車可能。

かつては2番乗り場が交差点の東側に置かれていたが、2005年に上記の右折西行きの連絡線を新設する工事に合わせて西側へ移設された[7]。なお旧来の2番乗り場はそのまま、それまで伊野方面行きの乗り場が存在していなかったデンテツターミナルビル前停留場の乗り場に転用されている[5][7]

のりば
西側 1番乗り場 後免線 文珠通領石通後免町方面  
2番乗り場 伊野線 鏡川橋朝倉(高知大学前)伊野方面  
南側 3番乗り場 桟橋線 高知駅前方面  
4番乗り場 桟橋線 桟橋通五丁目方面  
はりまや橋停留場付近配線略図
↑ 桟橋線(駅前線) 高知駅前方面

伊野線
伊野方面
はりまや橋停留場付近配線略図
後免線
後免町方面
↓ 桟橋線 桟橋通五丁目方面
凡例
出典:服部重敬 編著『路面電車新時代』山海堂、2006年、295頁
H : はりまや橋停留場、D : デンテツターミナルビル前停留場


周辺[編集]

デンテツターミナルビル

路線バス[編集]

はりまや交差点の東に「はりまや橋」、西に「堺町」、北に「北はりまや橋」、南に「南はりまや橋」バス停がある。また、近接する場所にはりまや橋観光バスターミナルがある。

はりまや橋[編集]

高速バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  ドリーム高知号 新宿駅東京駅 新木場駅 JR四国バスJRバス関東 夜行
ブルーメッツ号   新宿 とさでん交通小田急シティバス 夜行
ドラゴンライナー 京都駅八条口 名古屋 とさでん交通 夜行
高知エクスプレス号 三ノ宮駅大阪駅 京都駅 JR四国バス、西日本JRバス 昼行、夜行
よさこい号 宝塚駅 大阪 とさでん交通、阪急バス 昼行、夜行
ハーバーライナー 高速舞子 三宮 とさでん交通、神姫バス 昼行
龍馬エクスプレス 鷲羽山北津高 岡山駅 とさでん交通、JR四国バス
両備ホールディングス下津井電鉄
昼行
土佐エクスプレス   広島 とさでん交通、広交観光 昼行
はりまや号 小倉駅前、博多駅 天神 とさでん交通 夜行
黒潮エクスプレス 高速観音寺高速丸亀 高松駅 JR四国バス、とさでん交通、四国高速バス 昼行
なんごくエクスプレス 三島川之江IC川内IC 松山駅 JR四国バス 昼行
ホエールエクスプレス 三島川之江IC、川内IC 松山駅 とさでん交通、伊予鉄道 昼行
高知徳島エクスプレス 三好BS阿波BS 徳島駅 JR四国バス、とさでん交通、徳島バス 昼行

一般路線バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
    高知東部自動車道 高知龍馬空港 とさでん交通
  高知東部自動車道 高知龍馬空港 高知駅前観光
MY遊バス 五台山展望台、住吉池前 桂浜 とさでん交通
H1 知寄町二丁目、大津バイパス 医大病院
J1 県立美術館通高知医療センター高知県立大学、望海ケ丘 種崎
J2 県立美術館通、高知医療センター、高知県立大学、十市バイパス 後免町
K2 介良通、潮見台ターミナル 潮見台三丁目 土休日運休
K3 南国バイパス、中野団地 潮見台ターミナル
K4 南国バイパス、中野団地 潮見台三丁目
K5 南国バイパス、潮見台ターミナル、後免駅 高知工科大学
K6 南国バイパス、潮見台ターミナル、後免駅前、高知工科大学 龍河洞
L1 南国バイパス、JA高知病院、後免町 安芸駅
N1 絶海、南吸江、十市パークタウン、稲生 前浜
P1 知寄町二丁目、中央市場前、十津団地、高知県立大学 高知医療センター
P2 知寄町二丁目、中央市場前、十津 種崎
  • その他に東方向から各方向に向かうバスも停車する。

堺町[編集]

高速バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  しまんとライナー さんご号 中村駅、土佐清水、ふれあいパーク大月 宿毛駅 とさでん交通、高知西南交通 昼行

一般路線バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  A1 蛍橋 鳥越 とさでん交通 土休日運休
A2 蛍橋 川口 県交北部交通
A3 蛍橋、川口 行川
B1 上町二丁目、中万々、横内 鳥越 とさでん交通
B2 上町二丁目、万々 みづき坂中央
B3 上町二丁目、万々、みづき坂中央 円行寺下 県交北部交通
C1   県庁前 とさでん交通
C3 県庁、入明町、みづき坂中央 宇津野 土休日運休
D1 帯屋町、中秦泉寺 イオンモール高知
D3 帯屋町、中秦泉寺、イオンモール高知、みづき坂中央 宇津野
D5 帯屋町、中秦泉寺、みづき坂中央 宇津野 土休日運休
D6 帯屋町、愛宕小橋、東久万、万々 みづき坂中央
D7 愛宕町二丁目、宝町、奥福井西 鳥越
V1 球場前、西高校 鏡岩 県交北部交通
W1 上町二丁目、吉野緑ヶ丘 土佐塾校 とさでん交通
W2 上町二丁目、鷲尾山トンネル、南ニュータウン一丁目、平和団地、ハビリセンター JAはるの
W3 上町二丁目、石立十字路 船岡南団地
X1 上町五丁目、石立十字路 吉野
X2 上町五丁目、石立十字路 高新団地前 県交北部交通
X3 上町五丁目、土佐道路 天王ニュータウン とさでん交通
X4 上町五丁目、土佐道路、天王ニュータウン 八田
X5 上町五丁目、土佐道路、高岡高校通 高岡営業所
Y2 朝倉駅前、針木 天王ニュータウン
Y3 朝倉駅前、針木、天王ニュータウン 八田
Y4 朝倉駅前、針木、高岡高校通 高岡営業所
Y5 朝倉駅前、針木、高岡高校通、須崎駅 須崎出張所
Y6 朝倉駅前、針木 宇佐
Z1 西バイパス、八代 すこやかセンター伊野 県交北部交通
Z2 朝倉駅前、伊野駅 狩山口
Z3 朝倉駅前、伊野駅、 土居
Z4 朝倉駅前、伊野駅、 長沢
Z6 八代、伊野駅、高岩 狩山口
  • その他に西方向から各方向に向かうバスも停車する。

北はりまや橋[編集]

一般路線バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  MY遊バス   JR高知駅 とさでん交通
E1 高知駅前、正蓮寺 久重小学校通 県交北部交通
E2 高知駅前、正蓮寺、久重小学校通 土佐山庁舎前
E3 高知駅前、宝町、万々 みづき坂中央 とさでん交通 土休日運休
F1 高知駅、塩田町 イオンモール高知
F3 高知駅、比島 イオンモール高知
F4 高知駅、西比島 入明町 土休日運休
G1   高知駅
G2 高知駅、比島 一宮バスターミナル
G3 高知駅、比島、一宮バスターミナル、布師田、医大病院 かもはら 県交北部交通
G4 高知駅、比島、一宮バスターミナル 医大病院 とさでん交通
G5 高知駅、比島、一宮バスターミナル、医大病院 オフィスパーク第二 土休日運休
G6 高知駅、比島、一宮バスターミナル、医大病院 領石出張所
G8 高知駅、比島、一宮バスターミナル、医大病院、領石出張所、北岸 田井
G9 高知駅、比島、一宮バスターミナル、医大病院、領石出張所、南岸 田井
G10 高知駅、杉井流東 一宮バスターミナル
G11 高知駅前、金田橋 一宮バスターミナル
G12 高知駅前、金田橋、一宮バスターミナル トーメン団地
  • その他に北方向から各方向に向かうバスも停車する。

南はりまや橋[編集]

一般路線バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  S1 桟橋通五丁目、横浜、長浜 みませ とさでん交通
S2 桟橋通五丁目、横浜 長浜
S3 桟橋通五丁目、横浜、長浜、花海道 桂浜
S9 桟橋通五丁目、横浜、瀬戸東団地 長浜 土休日運休
T1   桟橋車庫
T3 桟橋通五丁目、横浜、横浜ニュータウン第三、蒔絵台 南ニュータウン
T7 桟橋通五丁目、横浜、横浜ニュータウン、春野運動公園中央 高岡営業所
U2 高見、六泉寺、深谷 西孕住宅前
U3 高見、六泉寺、東六泉寺 西孕住宅前
U4 竹島高銀前、六泉寺トンネル、蒔絵台 南ニュータウン
U5 竹島高銀前、六泉寺 桟橋車庫 土休日運休
  • その他に南方向から各方向に向かうバスも停車する。

隣の停留場[編集]

とさでん交通
後免線
デンテツターミナルビル前停留場 - はりまや橋停留場
伊野線
はりまや橋停留場 - 堀詰停留場
桟橋線
蓮池町通停留場 - はりまや橋停留場 - 梅の辻停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 当停留場を境に北は「駅前線」とも称される。
  2. ^ a b c d e f g h 『土佐電鉄が走る街 今昔』98-101・156-158頁
  3. ^ a b 『土佐電鉄が走る街 今昔』28-29頁
  4. ^ 『土佐電鉄が走る街 今昔』54頁
  5. ^ a b c d e 川島令三全国鉄道事情大研究』四国篇、草思社2007年、284-292頁。ISBN 978-4-7942-1615-1
  6. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、59-61頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  7. ^ a b c 服部重敬(編著) 『路面電車新時代 LRTへの軌跡』 山海堂2006年、306頁。ISBN 4-381-01816-8
  8. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  9. ^ a b c d e f g 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、38-39頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  10. ^ 『路面電車はゆく 高知』 高知新聞社1998年、87頁。ISBN 4-87503-268-4

参考文献[編集]

関連項目[編集]