後免中町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
後免中町停留場*
はりまや橋方面ホームから東を望む
はりまや橋方面ホームから東を望む
ごめんなかまち
Gomen nakamachi
後免東町 (0.3km)
(0.2km) 後免西町
所在地 高知県南国市後免町1・2丁目
所属事業者 とさでん交通
所属路線 後免線
キロ程 0.5km(後免町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1911年(明治44年)1月27日
備考 * 1952年に後免中町通停留場から改称
テンプレートを表示

後免中町停留場(ごめんなかまちていりゅうじょう)は、高知県南国市後免町にあるとさでん交通後免線路面電車停留場

歴史[編集]

当停留場は1911年(明治44年)1月、とさでん交通の前身である土佐電気鉄道により大津停留場(廃止、領石通停留場を参照)から当停留場までの区間が開通した際に開業した[1]。当時の停留場名は後免中町通停留場(ごめんなかまちどおりていりゅうじょう)[1][2]。次いで同年5月には当停留場から後免町停留場までの区間が開通、これをもって後免線は全通を達成した(ただし当時の後免町停留場は現在の後免東町停留場[1][2]

停留場はその後1944年(昭和19年)に休止されるものの、1952年(昭和27年)に復活[1]。このとき、停留場名は後免中町へと改称された[1]

構造[編集]

ホーム設置前の様子(2006年)

後免中町停留場は後免線の併用軌道区間にあり、道路上に軌道が敷かれている。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配される[4]。ただし互いのホームは東西方向に離れて位置しており、東に後免町方面行きのホーム、西にはりまや橋方面行きのホームがある[4]

かつてはホーム安全地帯)がなく、路上に白線で乗り場が示されるのみであったが[5]、都市計画による道路の拡張により2012年4月27日よりホームが設置された。

周辺[編集]

停留場より北へ路地を抜けると後免町商店街に行き着く[6]

路線バス[編集]

「後免中町」バス停留所があり、以下の路線が乗り入れる。

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  L1 後免町夜須駅 安芸駅 とさでん交通
ご2-ご7 後免町、田村 前浜車庫
ご3-ご5 後免町、里改田、中の丁通、前浜車庫 久枝
    後免町
  L1-C1 小篭通JA高知病院はりまや橋 県庁前
L1-T1 小篭通、JA高知病院、はりまや橋 桟橋車庫
ご3 (小篭通、JA高知病院)、大津駅 医大病院
ご4 篠原南 JA高知病院
ご1 後免駅前、国分寺通 植田
ご2 後免駅前、元町 JA高知病院

隣の停留場[編集]

とさでん交通
後免線
後免東町停留場 - 後免中町停留場 - 後免西町停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『土佐電鉄が走る街 今昔』100・156-158頁
  2. ^ a b c d e f 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、61頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  4. ^ a b 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、35・90頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  5. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』四国篇、草思社2007年、293頁。ISBN 978-4-7942-1615-1
  6. ^ 『土佐電鉄が走る街 今昔』94頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]