全国鉄道事情大研究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

全国鉄道事情大研究』(ぜんこくてつどうじじょうだいけんきゅう)とは、草思社より刊行されている、川島令三の代表的著作シリーズである。

概要[編集]

1992年発行の神戸編を皮切りに、全国各地の旅客輸送を行っている鉄道各線の概要、ダイヤについての分析を行い、それを踏まえ鉄道利用を促進するための提言を行っている。提言の内容は川島らしく理想論に近いものが多い。提言の概要については川島令三#主張・提言を参照。

構成[編集]

本シリーズは基本的に以下のような構成で各線について論じている(一部例外あり)。

  • 概要…当該路線の成立過程から現状、提言について簡単に述べている。
  • 沿線風景…路線図付きで起点から終点までの沿線風景を述べ、必要に応じて駅や信号場の配線図もついている。
  • 乗客の流れ…当該路線の乗客の流れ、輸送密度について述べている。また、JR線などでは通過人員のグラフを添付している。
  • 車両…当該路線で使用されている鉄道車両の概要、接客設備について述べている。
  • ダイヤ…現状のダイヤ構成について朝ラッシュ時、日中、夕ラッシュ時、夜間について述べており、朝ラッシュ時、日中時を中心にダイヤ改善策を論じている。
  • 将来…当該路線の今後、それまでの記述を踏まえた乗客誘導案、改善案を論じている。

既刊リスト[編集]