とさでん交通後免線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
後免線
国道195号線沿いの専用軌道を走る電車
国道195号線沿いの専用軌道を走る電車
概要
起終点 起点:後免町
終点:はりまや橋
駅数 33駅
運営
開業 1908年10月31日 (1908-10-31)
全通 1925年2月21日
所有者 とさでん交通
使用車両 とさでん交通#車両を参照
路線諸元
路線総延長 10.9 km (6.8 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示

後免線(ごめんせん)は、高知県南国市後免町停留場と同県高知市はりまや橋停留場を結ぶ、とさでん交通軌道路線である。2014年9月30日までは土佐電気鉄道により運行されていたが、翌10月1日より同日付で設立された新会社とさでん交通による運行に移行した。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):10.9 km
  • 軌間:1067 mm
  • 駅数:33駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線(後免町の終端部分を除く)
  • 電化区間:全線(直流600V)

概要[編集]

南国市から高知市にかけて東西に横断する路線である。はりまや橋 - 知寄町三丁目間は国道32号、知寄町三丁目 - 後免西町間は国道195号と並行している。後免町 - 後免東町間、後免西町 - 篠原間、西高須 - 知寄町三丁目間の葛島橋周辺が専用軌道で、その他は併用軌道である。併用軌道のうち後免西町 - 後免東町間は自動車の軌道上への乗り入れが許可されている一方、西高須 - 篠原間の大部分は併用軌道ながらも線路上は舗装されておらず、位置も道路の端に寄っている。車庫はかつて知寄町にあったが、1987年に桟橋線沿線に移転している。後免町には留置線が存在する。

近年の『鉄道要覧』では路線名が「ごめん線」と後免が平仮名表記になっており、後免と付く駅もすべて「ごめん」になっている。

運行形態[編集]

大半が伊野線と直通運転を行うため、合わせて東西線と呼ばれる場合がある[1]。日中ははりまや橋付近では4 - 5分間隔の運転で、そのうち3割程度が後免町まで直通、3割程度が領石通まで、残り4割程度が文珠通までの区間運転である。朝夕は後免町発着の電車が増えるほか、田辺島通・知寄町発着の区間運転便、桟橋線桟橋車庫前方面の出入庫便がある。桟橋線→後免線の出庫便ははりまや橋に右折線が無いため、桟橋線はりまや橋で停車した後、一部の便は交差点北側へ直進し渡り線を渡って左折で至るが、ほとんどの便は桟橋線はりまや橋停留所から左折し転線した上で東進する。後免線内のみの運用は現在は無い。

はりまや橋方面から後免町まで行く在来型電車の先頭部には、菱形赤地板に「ごめん」と大書された方向板が掲げられる。2003年末頃までに車両の行き先表示が一部を除きLED化されたが、その後も方向板を掲示していることが多い。以前は領石通行きも菱形紺地板に「領石通」と書かれた方向板を掲げていたが、文珠通までだった高知市内区間が領石通まで延長されて以降は中止されている。同様に1974年(昭和49年)の安芸線廃線まで運行されていた安芸線直通の安芸行きも菱形赤地板に「あき」と書かれた方向板が掲げられていた。

「ごめん」方向板(後免線後免町にて)

1974年に安芸線が廃止されるまでは高知市内からの安芸線直通運用があり、後免線内を準急・急行運転をする電車も存在した。準急は葛島 - 後免町間は文珠通・舟戸・領石通・後免西町に、急行は舟戸と後免西町に停車していた。

歴史[編集]

  • 1908年(明治41年)10月31日 (初代)土佐電気鉄道により堀詰 - 下知(現在の宝永町)間が開業。
  • 1909年(明治42年)10月30日 下知 - 葛島橋西詰(現在の知寄町三丁目)間が開業。
  • 1910年(明治43年)
    • 10月15日 葛島橋西詰 - 鹿児間が開業。
    • 12月4日 鹿児 - 大津(廃止済。現在の清和学園前 - 領石通間)間が開業。
  • 1911年(明治44年)
    • 1月27日 大津 - 後免中町通(現在の後免中町)間が開業。
    • 5月14日 後免中町通 - 後免町(現在の後免東町)間が開業。
  • 1922年(大正11年)8月1日 土佐電気鉄道と土佐水力電気が合併し土佐電気を設立。同社の路線となる。
  • 1925年(大正14年)2月21日 後免東町通(現在の後免東町) - 後免町駅前(現在の後免町)間が開業。
  • 1930年(昭和5年)5月30日 高知鉄道(後の安芸線を運営)の後免町駅構内への乗り入れを開始。
  • 1941年(昭和16年)7月12日 高知鉄道が土佐電気の軌道部門と土佐バスを合併し、土佐交通に社名変更。土佐交通の路線となる。
  • 1948年(昭和23年)6月3日 南海鍛圧機(土佐電気が社名変更)が土佐交通を合併し、(二代目)土佐電気鉄道に社名変更。土佐電気鉄道の路線となる。
  • 1955年(昭和30年)10月31日 安芸線(鉄道線)との直通運転を開始。
  • 1974年(昭和49年)
    • 4月1日 安芸線廃止に伴い、鉄道・軌道直通運転及び急行運転を終了。準急はその後も(少なくとも1975年(昭和50年)時点では)後免町 - 鏡川橋間において朝鏡川橋行、夕方後免町行の各1本ずつ(停車駅は前述の安芸線直通の準急と同じで、後免線内のみ準急運転)が運転されていたが[2]、後に廃止(廃止時期不詳、少なくとも1986年(昭和61年)の時点では廃止されている[3]
    • 7月26日 後免町駅前を移転し後免町に改称
  • 1987年(昭和62年)12月1日 車両基地移転に伴い、知寄町車庫前を知寄町に改称。
  • 1993年(平成5年)11月3日 高須 - 西高須間に県立美術館通を新設。
    平成5年に新設された県立美術館通電停
  • 2002年(平成14年)12月14日 葛島橋東詰 - 知寄町三丁目間の国分川橋梁架替工事が竣工。
  • 2003年(平成15年)7月5日 河川改修に伴う線路付け替えで、領石通が現在地に移転。
  • 2005年(平成17年)4月1日 はりまや橋付近の交差点改良。桟橋線高知駅方面から伊野線への右折線を設置。これに伴い伊野方面行乗り場を交差点西側に新設、旧乗り場をデンテツターミナルビル前に改称。
  • 2014年(平成26年)10月1日 土佐電気鉄道の高知県交通土佐電ドリームサービスとの経営統合に伴い、とさでん交通に承継。

停留所一覧・接続路線[編集]

全停留所が高知県に所在。

停留所名 停留所間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
後免町 - 0.0 土佐くろしお鉄道阿佐線(ごめん・なはり線) (GN39) 南国市
後免東町 0.2 0.2  
後免中町 0.3 0.5  
後免西町 0.2 0.7  
東工業前 0.5 1.2  
住吉通 0.2 1.4  
篠原 0.4 1.8  
小篭通 0.6 2.4  
長崎 0.4 2.8   高知市
明見橋 0.3 3.1  
一条橋 0.4 3.5  
清和学園前 0.1 3.6  
領石通 0.5 4.1 四国旅客鉄道土讃線土佐大津駅 (D41))
北浦 0.4 4.5  
舟戸 0.5 5.0  
鹿児 0.4 5.4  
田辺島通 0.5 5.9  
東新木 0.3 6.2  
新木 0.4 6.6  
介良通 0.4 7.0  
文珠通 0.4 7.4  
高須 0.2 7.6  
県立美術館通 0.2 7.8  
西高須 0.2 8.0  
葛島橋東詰 0.4 8.4  
知寄町三丁目 0.3 8.7  
知寄町 0.4 9.1  
知寄町二丁目 0.2 9.3  
知寄町一丁目 0.3 9.6  
宝永町 0.3 9.9  
菜園場町 0.4 10.3  
デンテツターミナルビル前 0.5 10.8  
はりまや橋 0.1 10.9 とさでん交通:伊野線桟橋線

廃止停留所[編集]

八幡通、城見町(休止扱い)、(旧)知寄町車庫前、大津

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式ホームページの一部[リンク切れ]で「東西線」の表記が見られる。
  2. ^ 長島和夫 「土佐電気鉄道軌道線」「鉄道ピクトリアル」1976年4月臨時増刊(通巻319)号 「特集:路面電車再見」 91頁。
  3. ^ 小林隆雄 「シリーズ 路面電車を訪ねて12 土佐電気鉄道」 「鉄道ファン」 1986年11月(通巻307)号 100 - 101頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]