岡山電気軌道清輝橋線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Ryobi bus logo.png 清輝橋線
清輝橋線終点・清輝橋停留所(バリアフリー化工事施工後)
清輝橋線終点・清輝橋停留所
(バリアフリー化工事施工後)
概要
起終点 起点:柳川停留所
終点:清輝橋停留所
駅数 7
運営
開業 1928年3月18日 (1928-03-18)
最終延伸 1946年9月6日
所有者 Ryobi bus logo.png 岡山電気軌道
車両基地 東山車庫
使用車両 岡山電気軌道#車両の節を参照
路線諸元
路線総延長 1.6 km (0.99 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流600 V 架空電車線方式
テンプレートを表示
停留所・施設・接続路線
東山本線
uBHFq uABZq+r uSTRq
0.0 柳川停留所
uBHF
0.4 郵便局前停留所
uBHF
0.6 田町停留所
uBHF
0.8 新西大寺町筋停留所
ueABZlf uexSTRlg
uSTR uexKBHFe
大雲寺町停留所 -1946
uBHF
1.1 大雲寺前停留所
uBHF
1.3 東中央町停留所
uKBHFe
1.6 清輝橋停留所

清輝橋線(せいきばしせん)は、岡山県岡山市北区柳川停留所から清輝橋停留所までを結ぶ岡山電気軌道の路線である。開通当初は清輝橋停留所までは開通しておらず、その起点と区間より柳川線(やながわせん)と呼ばれていた。1946年に路線が延長され清輝橋停留所が開業したことにより、現在の名称になる。

清輝橋から先、豊成までの特許も保有していたが、実現されないまま失効している。

路線概要[編集]

岡山の市街地を走る全線が複線・併用軌道路面電車である。東山線の柳川停留所から分岐し、柳川筋(国道53号国道30号)を南下して清輝橋停留所に至る。

運賃は140円(2013年現在)だが、岡山電気軌道を含むバス各社が岡山駅 - 天満屋バスステーション表町バスセンター間の運賃を100円としていることから、並行する岡山駅前 - 柳川 - 郵便局前間の運賃も100円となっている。

同線が通る柳川筋で2期に分けて共同溝建設工事(工事の期間中、軌道は路肩に移設され、日本では珍しいサイドリザベーション方式が採られた[1])が行われ、工事と同時に軌道中心間拡幅工事が行われた結果、全線がセンターポール(柳川 - 大雲寺前間は中央分離帯に設置)による架線支持となっていて、清輝橋以外のすべての停留所が1面2線の島式ホームとなっている。2002年に9200形「MOMO」導入にあわせて、清輝橋以外の停留所のバリアフリー化(停留所内へのスロープの設置、それに伴う停留所長の延長など)が行われ、郵便局前停留所には屋根も設置された。その後新設された東中央町停留所については当初からバリアフリー対応で施工された。清輝橋停留所については歩道橋の階段が停留所に接続していることなどからバリアフリー化工事は実施されなかったが、2007年4月から工事が行われた大雲寺 - 清輝橋間のセンターポール化にあわせてバリアフリー化工事が実施されることとなり、2007年8月にホーム部分の拡幅・屋根の設置などの停留所の全面改修工事が完成して新しい停留所での使用が開始された。2007年11月には、停留所南側への横断歩道の新設が行われバリアフリー化工事は完了した。

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):1.6km
  • 軌間:1067mm
  • 停留所数:7(起終点含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線(直流600V)

運行形態[編集]

清輝橋線はすべての電車が岡山駅前に直通している。

おおむね10分間隔の運転で、渋滞等が無ければ岡山駅前 - 清輝橋間の所要時間は約12分である。

歴史[編集]

清輝橋線終着駅清輝橋停留所(バリアフリー化工事施工前)
  • 1928年(昭和3年)3月18日 柳川線として柳川 - 大雲寺町間が開業。
  • 1946年(昭和21年)9月6日 大雲寺前 - 清輝橋間が開業。新西大寺町筋 - 大雲寺町間廃止。清輝橋線に改称。
  • 2007年(平成19年)8月3日 大雲寺前 - 清輝橋間に東中央町停留所が開業。
  • 2012年(平成24年)7月20日 ダイヤ改正を実施し、9分間隔から10分間隔の運転に変更。減便となる。

備考[編集]

かつての大雲寺町停留所は現在の大雲寺前とは別の位置に存在した。当時の線路は新西大寺町停留所を出た後に現在のおかやま信用金庫新西大寺町支店脇を斜めに入る路地(すなわちこの路地そのものが柳川線の廃線遺構である)を抜け三叉路を右に入り大雲寺(停留所ではなく寺院)の裏にある交差点に出る。この交差点の位置がかつて大雲寺町停留所のあった場所である[2]


停留所一覧[編集]

全停留所岡山市北区に所在。

停留所名 周辺 接続路線
柳川
(やながわ)
岡山電気軌道東山本線
郵便局前
(ゆうびんきょくまえ)
 
田町
(たまち)
 
新西大寺町筋
(しんさいだいじちょうすじ)
 
大雲寺前
(だいうんじまえ)
 
東中央町
(ひがしちゅうおうちょう)
 
清輝橋
(せいきばし)
 

沿線の画像

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西村幸格 『日本の都市と路面公共交通』 学芸出版社、2006年12月30日、158頁。ISBN 4-7615-4078-8
  2. ^ 昭和11年(1936)発行岡山市中心部地図 岡山市立中央図書館

関連項目[編集]