名鉄岡崎市内線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋鉄道 岡崎市内線
岡崎駅前 - 福岡町間のバス専用道路
岡崎駅前 - 福岡町間の
バス専用道路を走る名鉄バス
概要
現況 廃止
起終点 起点:大樹寺駅
終点:福岡町駅
駅数 23駅
路線 挙母線大樹寺 - 岡崎井田
岡崎市内線:岡崎井田 - 岡崎駅前
福岡線:岡崎駅前 - 福岡町
運営
開業 1898年12月28日 (1898-12-28)
市内線全通 1924年12月27日 (1924-12-27)
福岡町線開業 1951年12月1日 (1951-12-01)
廃止 1962年6月17日 (1962-6-17)
所有者 岡崎電気軌道 岡崎馬車鉄道→岡崎電気軌道
三河鉄道 三河鉄道→名古屋鉄道 名古屋鉄道
路線諸元
路線総延長 8.8 km (5.5 mi)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流600 V,
架空電車線方式
テンプレートを表示

岡崎市内線(おかざきしないせん)とは、愛知県岡崎市内の岡崎駅前岡崎井田を結んでいた名古屋鉄道(名鉄)の路面電車。便宜的には福岡線(ふくおかせん)の福岡町 - 岡崎駅前間および挙母線の岡崎井田 - 大樹寺間を含む、福岡町 - 大樹寺間を指す。

当初は馬車鉄道として、1898年に岡崎停車場(現在の岡崎駅) - 殿橋(バス停の位置ではなく橋の南側)間が開業。順次延伸し、1924年には路面電車として岡崎駅前 - 大樹寺間が全通した。1951年には福岡町 - 岡崎駅前間を延伸したが、モータリゼーションの流れに押され、1962年に全線が廃止された。現在、新設軌道であった福岡町 - 岡崎駅前間の廃線跡は名鉄バスバス専用道路(2016年3月末に廃止[1])に、また大樹寺駅跡は同社のバスターミナルとなっている。

路線データ[編集]

路線廃止時点のもの。

  • 路線距離:8.8km
    • 福岡線:福岡町 - 岡崎駅前間2.5km(地方鉄道法による鉄道線)
    • 岡崎市内線:岡崎駅前 - 岡崎井田間5.8km(軌道法による軌道線
    • 挙母線:岡崎井田 - 大樹寺間0.5km(地方鉄道法による鉄道線)
  • 軌間:1067mm
  • 複線区間:岡崎駅前 - 康生町間(岡崎市内線)
  • 電化区間:全線(直流600V)

歴史[編集]

  • 1898年(明治31年)
    • 2月 - 国鉄岡崎駅と岡崎の市街地が離れていたのを結ぼうと馬車鉄道の敷設計画が出され、この月に「岡崎馬車鉃道」を創立。
    • 12月28日 - 岡崎停車場(後、岡崎駅前) - 明大寺間開業[2]。軌間762mmの単線軌道。
  • 1907年(明治40年)6月22日 - 康生町まで延伸。
  • 1911年(明治44年)10月 - 電気鉄道への脱皮を計画し、社名を「岡崎電気軌道」と改称。
  • 1912年(大正元年)9月1日 - 電気鉄道の運転開始。同時に1067mm軌間へ改軌。
  • 1921年(大正10年)8月10日 - 軌道特許状下付(岡崎市家康生町-同市井田町間)[3]
  • 1922年(大正11年) - 岡崎停車場 - 殿橋(後、岡崎殿橋)間複線化。
  • 1923年(大正12年)9月8日 - 康生町 - 岡崎井田間延伸[4]
  • 1927年(昭和2年)4月16日 - 三河鉄道に合併[5]
  • 1934年(昭和9年) - 岡崎線(後の挙母線)上挙母から岡崎駅前まで直通ガソリンカーの運転開始(瓦斯倫併用認可昭和9年7月30日)[6]
  • 1941年(昭和16年)6月1日 - 三河鉄道、名古屋鉄道に合併。同じ頃、ガソリン統制から直通ガソリンカーの運転を休止。
  • 1945年(昭和20年)7月20日 - 岡崎空襲により、全電車11両の内6両を焼失。
  • 1951年(昭和26年)12月1日 - 戦時中に不要不急路線として休止になっていた旧西尾線岡崎新 - 西尾間のうち、岡崎駅前 - 福岡町間を岡崎市内線と直通運転する福岡線として復活
  • 1954年(昭和29年) - 殿橋 - 康生町間複線化。
  • 1962年(昭和37年)6月17日 - バスに転換する形で福岡町 - 大樹寺間廃止。岡崎駅前 - 福岡町間の用地はレール撤去後、バス専用道路となる。
  • 2016年(平成28年)3月31日 - 都市基盤整備事業のため、そのバス専用道路が廃止となる[1]

駅一覧[編集]

Nuvola apps kview.svg 地図外部リンク
名鉄岡崎市内線
Searchtool.svg 廃止鉄道ノート
地形図にカーソルをかざすと廃線跡を表示
地図の不具合を報告
凡例
線路 … ∥:複線区間 |:単線区間 ◇:単線区間の交換可能駅 ∧:これより上は単線 ∨:これより下は単線
路線名 停留場名 駅間キロ 営業
キロ
接続路線 線路
路線毎 総延長
挙母線 大樹寺駅 - 0.0 0.0 名古屋鉄道:挙母線
岡崎井田駅 0.5 0.5 0.5
岡崎市内線 0.0
伊賀町電停 0.6 0.6 1.1
八幡社電停 0.3 0.9 1.4
神明社電停 0.3 1.2 1.7
能見町電停 0.3 1.5 2.0
本町電停 0.3 1.8 2.3
康生町電停 0.3 2.1 2.6
岡崎殿橋電停 0.3 2.4 2.9
東岡崎駅前電停 0.4 2.8 3.3 名古屋鉄道:名古屋本線東岡崎駅
大学下電停 0.4 3.2 3.7
芦池橋電停 0.3 3.5 4.0
車庫前電停 0.6 4.1 4.6
戸崎町電停 0.5 4.6 5.1
戸崎口電停 0.3 4.9 5.4
北羽根電停 0.6 5.5 6.0
岡崎駅前電停 0.3 5.8 6.3 日本国有鉄道東海道本線岡崎駅
(鉄軌分界点) 0.6 5.9 6.4
福岡線 0.0
柱町駅 0.5 6.9
東若松駅 0.4 0.9 7.3
西若松駅 0.6 1.5 7.9
福岡町駅 0.9 2.4 8.8
岡崎市内線が走っていた道路には電車通りという愛称がある

接続路線[編集]

かつて岡崎市内線が敷設されていた道路[編集]

脚注および参考文献[編集]

  1. ^ a b 【岡崎地区】福岡町バス専用道廃止のお知らせ - 名鉄バス(2016年3月19日)
  2. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』『鉄道院年報. 明治42年度 軌道之部』(国立国会図書館デジタルコレクション)は明治32年1月1日であるが、『名鉄岡崎市内線』4頁では『帝国鉄道要鑑. 第3版』、『扶桑新聞』明治31年12月29日では28日を開業式としている
  3. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1921年8月12日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 『鉄道省鉄道統計資料. 大正12年度』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  5. ^ 『名鉄岡崎市内線』6頁。『鉄道統計資料. 昭和2年』(国立国会図書館デジタルコレクション)は7月19日を実施日
  6. ^ 『地方鉄道及軌道一覧 : 附・専用鉄道. 昭和10年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  • 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社2008年ISBN 978-4-10-790025-8
  • 藤井建『名鉄岡崎市内線』ネコパブリッシング、2003年

関連項目[編集]