京阪大津線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大津線(おおつせん)とは、京阪電気鉄道大津鉄道部が管轄する京津線石山坂本線の2路線の総称である。

概要[編集]

路線図

この大津線の名称は、京阪電気鉄道鉄道営業部が管轄する京阪線京阪本線鴨東線宇治線交野線中之島線からなる路線群の総称)と区別する意味でも用いられている。

大津市にある浜大津駅を中心に、同市内西部地域(琵琶湖、及び瀬田川西岸地域)と京都市中心部地域とを結ぶ軌道線(路面電車)として、明治末期から昭和初期にかけて形成された。

京阪電気鉄道の中でも、京津線・石山坂本線は軌道法の適用を受けてはいるが、小型の普通鉄道タイプの車両が走行している。大都市の通勤電車イメージの京阪本線などとは異なった雰囲気を持っている。

京阪山科駅から待避設備が姿を消して以降、京阪線とは異なり両線共通で先発先着の平行ダイヤとなっている。

1997年京都市営地下鉄東西線開通に伴う路線再編を機に、大津線ではラインカラーが導入され、それまで京阪線と同一であった駅名標サインシステムもそれを取り入れた管内オリジナルスタイルに更新され、京阪線の駅名標とサインシステムとは異なるものになった[1]。京津線では黄色()、石山坂本線では緑()が、ラインカラーにそれぞれ用いられている[2]。大手私鉄で同一の会社が路線群ごとに駅名標やサインシステムを違えているのは、他に東武鉄道(東上本線系本線系)や近畿日本鉄道(けいはんな線とそれ以外の路線)にも事例がある。ただし、2018年の大津線4駅の駅名改称に先駆けて、2017年より、改称する4駅を含めて、駅名標とサインシステムを順次京阪線で使用されているものと再統一することとなり[3]、京阪膳所駅の駅入口看板と浜大津駅の定期券発行機のサインシステムを皮切りに更新を開始した。

大津線の営業車両は、客車内には沿線の近江神宮日吉大社石山寺などの御守を祀っておらず、京阪線と同様に成田山不動尊の御守を祀っている。

なお2005年からは、毎年12月下旬から翌年2月末にかけて、大津線を利用している受験生に対し、受験生応援グッズとしてスベリ防止砂「勝利を砂(サ)ポート」を京阪石山駅・京阪膳所駅・浜大津駅・皇子山駅で配布している[4]

京津線[編集]

京津線は、4両編成の車両が京都市中心部地域では地下鉄(京都市営地下鉄東西線)に乗り入れ(相互乗り入れではなく、片乗り入れ)、京都府と滋賀県との府県境にあり、旧東海道の難所でもあった逢坂山付近では、登山電車並みの急曲線・急勾配を走り抜け、滋賀県大津市中心部地域では、路面電車のように国道161号線上の併用軌道を走るという日本で唯一、地下鉄登山電車・路面電車という3つの顔(京都市営地下鉄東西線との共同駅である御陵駅と旧御陵府道踏切(三条通)との間は、地下線)を持つ路線である。

かつては京阪本線と線路が接続され、直通列車もあったが、京阪本線の地下化と京都市営地下鉄東西線の開業に伴う京津線の部分廃止に伴い、現在は分断された形になった。

石山坂本線[編集]

京阪電鉄大津線のアニメ「ちはやふる」をモチーフにしたラッピング電車

石山坂本線は、京津線とは対照的に2両編成の車両が走る。浜大津以東の区間は琵琶湖や瀬田川に沿って住宅街・下町を走り抜ける「ノスタルジックな路線」、三井寺 - 坂本間は将来堅田への延長をめざして本格的に指向して造られた「都市間電気鉄道」という二つの顔が並立している。なお、近年多くのラッピング車両が運行されている。

運賃・乗車券[編集]

運賃制度[編集]

運賃制度も京阪線は対キロ区間制、大津線は区間制を採用し、運賃も大津線のほうが高かった。

1997年の京津線部分廃止まで三条駅を介して京阪線と大津線とにまたがる運賃は、以下の3通りとなっていた。

  • A: 京阪線三条駅までの運賃に少し上乗せしたような額(東山三条駅のみ適用)。
  • B: 三条駅を基準に、京阪線の一定対キロ区間と大津線の一定区間同士の乗り継ぐ場合の割引が適用された額。
  • C: 淀屋橋駅 - 浜大津駅・石山寺駅・坂本駅間のように、京阪線と大津線の運賃を合算しただけの何の割引も適用されない額。

乗車券[編集]

京都市営地下鉄東西線開業までは無人駅も多く、実際にその駅で乗車券を発売していても自動券売機が設けられていなかったり、窓口営業時間が限られていた(時間外には「乗車券は車内でお買い求め下さい」と表記されたパネルなどで窓口を塞いでいた)こともあって、自動改札機に対応していない軟券が多数発売されていた(発駅を示すスタンプを押す欄がある)。とくに京阪線にまたがって発売されたものに対しては、着駅を最下段に表すミシン目の入ったタイプが最後まで用いられていた(車内で車掌が発行していた乗車券も同じ)。また京津三条駅・京阪山科駅・浜大津駅・京阪石山駅以外の自動券売機設置駅であっても、一定時間を過ぎると「乗車券は車内でお買い求め下さい」と表記されたシャッターが降ろされて券売機が使用できなくなり、乗車券の車内購入を促していた。

大津線では1日乗り放題の企画乗車券(一日乗車券)が以下の3種類発売されている。

  • 大津線のみ利用可能な「湖都古都・おおつ1dayきっぷ」
  • 大津線に加え京都市営地下鉄全線も利用可能な「京都地下鉄・京阪大津線1dayチケット」
  • さらに嵐電も利用可能な「京都嵐山・びわ湖大津1dayチケット」

なお京阪線側では年間を通して発売され、かつ京阪線のみ利用可能な1日乗り放題の企画乗車券は存在しない(すべて期間限定での発売)。

ICカード[編集]

大津線ではPiTaPaICOCAなどの交通系ICカード全国相互利用サービスに対応するICカード乗車券が利用可能である。

2017年4月1日より大津線で「ICOCA定期券」の発売を開始する[5]。あわせてJR西日本・京都市営地下鉄および京阪線とのICOCA連絡定期券の発売を開始する[5][6]

電力設備[編集]

大津線管内には京津線の四宮変電所・石山坂本線の滋賀変電所、石山変電所の3か所の変電所があり、関西電力より交流22kVを受電して直流1500Vに整流して電車線に送電するほか、四宮変電所、滋賀変電所では付帯変圧器で交流3300Vに変圧して駅電気施設・信号保安設備などへ送電している。なお、2017年7月より電車線に送電する電力をエネットから購入することが決まっている[7]。なお四宮変電所・滋賀変電所には地震計があり、大津指令所で集約表示している。

また大津線の運用されている車両は、すべて回生ブレーキ付き電動車で列車本数が少ないため、四宮変電所と浜大津駅に回生電力吸収装置を設置して回生電力失効対策を行っている。600V時代は80形の回生ブレーキで得た電流を三条変電所から京阪本線へ送電していた。京阪線が1500V化されると吸電インバーターで吸収した電気をSIVで交流にして三条地下駅の照明電源として京津線の三条 - 御陵間が廃止されるまで利用された。

信号保安設備[編集]

大津線管内には場内信号機11基・出発信号機16基・入換信号機34基・誘導信号機4基・中継信号機10基・手信号代用器11基・閉塞信号機69基の155基が設置されており、順次電球からLEDに更新が進められつつある。また、近江神宮以北の22基では雪害対策として大型フードが取り付けられている。

第一種電気継電連動装置が京津線2か所・石山坂本線4か所の6か所に設置されていて列車運行管理システムに連動している。

列車運行管理システム[編集]

大津線の列車運行管理システムは運転指令所の中央装置(マイクロコンピューター)から6連動装置を列車運行ダイヤに基づいて信号制御するもので、各駅に設けられた装置とは2重の光ファイバーケーブルでネットワークされている。京阪線の自立分散型列車運行管理システム「ADEC」とは違って、連動する駅にコンピューターを設置して連動されるのではなく、CTC駅装置を介して既存の連動装置を制御、駅装置から中央装置に返信されて運行管理している。

2016年3月13日より安定したシステム運用を図って、列車運行管理システムが更新された[8]

踏切保安装置[編集]

大津線管内には112か所の踏切があり、うち105か所が第1種甲踏切、残り7か所(京津線3か所・石山坂本線4か所)が第3種踏切。第1種踏切のうち交通量が多い40か所には踏切障害物検知装置が取り付けられている。

自動車転落検知装置[編集]

石山坂本線の滋賀里 - 穴太間の県道との並走区間[9]、京津線大谷駅付近の国道1号線との並走区間[10]に「自動車転落検知装置」が設置されている。構造はシンプルで道路と軌道の間に微弱電流を流した4本の検知線が張られていて、そのうちの1本でも切断され電気が止まると運転指令と信号扱い所に警報を発し、同時に特殊信号発光機を発光表示させる。

これと同じもので「土砂崩検知装置」が、かつて落石事故があった九条山駅付近に設置されていたが、設置区間が廃止されたために撤去された。過去に落石事故があった京阪本線の八幡市 - 橋本間などにも設置されている。

併用軌道監視テレビ[編集]

浜大津 - 上栄町・浜大津 - 三井寺間の併用軌道区間では列車の運行状態を監視するために多数のカメラが設置されており、運転指令所でモニターされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、既に廃止が決まっていた京津線の京津三条-御陵間の各駅については更新されなかった。
  2. ^ 大津線路線図(京阪電車大津線 公式webサイトより)
  3. ^ 1997年以前のものとは異なり、2005年以降に順次採用された京阪線の新タイプの駅名標とサインシステムと同一のものである。2017年2月13日発表の京阪電気鉄道公式ニュースリリース「大津線4駅の駅名を変更します。」 (PDF) では改称となる新駅名の駅名標画像が京阪線の2005年採用のものと同じ様式となっている。
  4. ^ 受験生を応援!大津線で「スベリ防止砂『勝利を砂(サ)ポート』」を無料配布します。 (PDF) - 2012年12月10日 京阪電気鉄道 報道発表資料
  5. ^ a b “大津線「ICOCA定期券」「ICOCA連絡定期券」の発売開始および接続駅の追加について〜平成29年4月1日(土)から発売開始〜” (PDF) (プレスリリース), 京阪電気鉄道, (2017年2月3日), http://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2017-02-03_ICOCA-otsu.pdf 2017年2月3日閲覧。 
  6. ^ “京阪線「IC連絡定期券」の発売拡大について” (PDF) (プレスリリース), 京阪電気鉄道, (2017年2月3日), http://www.keihan.co.jp/corporate/release/upload/2017-02-03_ICOCA-keihan.pdf 2017年2月24日閲覧。 
  7. ^ 出典・京都新聞2017年5月11日朝刊経済面の記事より。京阪線は5月よりエネットの電気を使用して走っている
  8. ^ 出典・「K PRESS」2016年4月号16頁『くらしのなかの京阪』
  9. ^ 出典・「くらしの中の京阪」1994年5月号
  10. ^ 参考画像・『京阪京津線800系』JD-8417R 発売「ジャバット」、監修「京阪電気鉄道株式会社・大津鉄道事業部」 2007年4月発売

外部リンク[編集]