東武本線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本線看板列車格の特急スペーシア100系電車
伊勢崎線起点浅草駅は本線のターミナル

東武本線(とうぶほんせん)とは、東武鉄道の路線のうち、伊勢崎線日光線野田線とそれらに接続する路線の総体。

東上線系統を除いた東武鉄道各線を指し、離れている2つの路線網を便宜上区別するために使用される概念の1つである。

概要[編集]

東武鉄道が東上鉄道を対等合併し、互いに接続しない路線網を持つことになった。この際旧東上鉄道線を「東上線系」とした一方、当時存在していた軌道線や熊谷線などの独立路線を除く元々の東武鉄道線を「本線系」と区別したものである。

その後、軌道線が廃止され、1983年に東武最後の独立線区となっていた熊谷線が廃止されて以降は、東上本線越生線以外の路線を「本線」として総称している。以前は「本線」のみを指して「東武線」とする場合もあったが[1]、現在ではあまり例がない。また、伊勢崎線・日光線・野田線など東武の幹線を意味する概念ではない。

2006年までは、本線との呼称は伊勢崎線・日光線およびその支線を総称するものであったが、同年3月18日実施の白紙ダイヤ改正で伊勢崎線の運転系統が分離されたこと、および同線の一部区間に「東武スカイツリーライン」の愛称が付与されたことで、同じ伊勢崎線内でも浅草 - 久喜間(スカイツリーライン営業支社管轄内)と久喜 - 伊勢崎間(北関東営業支社管轄内)とで区別するようになった。

野田線についても2014年より「東武アーバンパークライン」の愛称が付与され、またアーバンパークライン営業支社発足以降は独自性が強まったことから、東上線と同様に本線とは別に取り扱う機会も増えたため、現在では同線を本線に含まない場合がある(ただし2017年より伊勢崎線との直通運転を開始している)。

2015年(平成27年)7月1日付で東武鉄道社内の業務組織一部改正に伴い、スカイツリーライン営業支社、アーバンパークライン営業支社、北関東営業支社が新設・移管された[2][3]ことから、同年以降は「本線」という呼称はあまり使われなくなっている。

路線[編集]

東京の浅草駅押上駅を中心点に日光鬼怒川温泉東武宇都宮太田桐生佐野小泉野田亀戸大師前方面へ放射状に路線が拡がる。

伊勢崎線・日光線・野田線の三大幹線を軸として各線が接続し、亀戸線・大師線を除く全線で複数の路線を跨ぐ直通運転が行われている。

駅構内や車内に張り出される停車駅案内図は本線全体を記載している。

  • 路線数:10
  • 総距離:377.4キロメートル(営業キロ
  • 駅数:159

構成路線

廃止路線

なお、かつて存在していた熊谷線伊香保軌道線、日光線と接続していた日光軌道線とその日光軌道線と接続していた日光鋼索鉄道線、および未成線の渋川線は本線系ならびに東上線系のいずれにも属さない独立路線としての位置付けであった。

また、かつては西板線が本線系と東上線系とを連絡する路線として計画されていた(西板線は本線に属する予定であった)が、実現には至らなかった[4]。両系統路線群間での車両の転属回送経路としても計画されていた西板線が未成に終わったことから、両系統路線群を接続する路線を有していないため、本線・野田線と東上線との間で車両を輸送する場合は、秩父鉄道秩父本線が使われている[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『東武鉄道百年史』、東武鉄道、1998年
  2. ^ 業務組織の一部改正及び人事異動のお知らせ (PDF) - 東武鉄道、2015年6月26日
  3. ^ 東上線系でも同日に池袋の東上業務部は廃止され、運行管理部門については、本線系統と同じ押上にある鉄道事業本部の直下の運輸部内に東上運行管理所を移管、営業関連部門については、鉄道営業本部直下の営業部に新たに設置された東上営業支社に移管され、こちらも池袋から押上に移転した
  4. ^ 東武博物館館長・花上嘉成の回想によれば、国鉄川越線を買収し、大宮駅で野田線と接続するという構想も存在した(「鉄道ピクトリアル」2013年10号(第880号)p68-69)。
  5. ^ その時は、秩父型ATSを搭載した8000系か、あるいは秩父鉄道の電気機関車の牽引で回送される。