成田山大阪別院明王院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
成田山大阪別院 明王院
Naritasanhudoson.jpg本堂
所在地 大阪府寝屋川市成田西町10-1
位置 北緯34度46分49.47秒
東経135度38分19.37秒
座標: 北緯34度46分49.47秒 東経135度38分19.37秒
山号 成田山
宗派 真言宗智山派
本尊 不動明王
創建年 1934年昭和9年)
開基 荒木照定
別称 成田山不動尊
札所等 近畿三十六不動尊28番
法人番号 3120005013131
テンプレートを表示
奥の院
山門

成田山大阪別院明王院(なりたさんおおさかべついんみょうおういん)は、大阪府寝屋川市にある真言宗智山派寺院千葉県成田市にある成田山新勝寺の別院である。本尊が不動明王であり成田山不動尊という通称で呼ばれている。創建は1934年昭和9年)。また近畿36不動尊霊場の第28番となっている。

創建の経緯[編集]

寝屋川市を含む京阪本線沿線(北河内地域)は大阪の鬼門に相当する。京阪本線の開業(1910年)当初、香里一帯に京阪電気鉄道は「香里遊園地」を開設したが、2年後に移転(現在のひらかたパーク)した。その後跡地は、1920年代に住宅地として駅東側の造成がおこなわれたのち、京阪の手で「香里園経営地」として住宅が分譲される[1][2]。「鬼門」に由来するイメージを払拭するため、京阪電気鉄道は成田山新勝寺に大阪別院の建立を依頼し、「この地域に鬼は出ない」ことをアピールした。このような経緯から、香里園には成田のような門前町的雰囲気はほとんどない。

現在でも、鬼門よけとして信仰されているほか交通安全祈願も行っており、人車一体の祈願を行った最初の寺として知られている。

本尊の不動明王は木造黒漆塗りで、成田山新勝寺の分霊である。

伽藍[編集]

  • 本堂 - 本尊の不動明王を安置
  • 祈祷殿 - 交通安全専用であり100台の車を同時に祈祷できる。
  • 山門
  • 大師堂
  • 大黒天堂
  • 吉祥閣
  • 出世稲荷堂
  • 奥の院 - 地下のトンネル内。午後3時まで開帳

主要年間行事[編集]

  • 大般若転読付き大護摩供
  • 初不動
  • 星まつり
  • 節分祭
  • 厄除け祈願大祭
  • 彼岸会法要
  • 開創記念大祭
  • 七五三まいり
  • 納め不動

その他[編集]

京阪電鉄車内に祀られている御守
  • 当院を勧進した京阪電気鉄道は鋼索線を除く全ての客車に成田山の御守を祀っている。鋼索線は石清水八幡宮参拝のための路線であるので例外的に同宮のお札である。
  • 節分祭の時、放送中のNHK連続テレビ小説の出演者が豆をまく。その際、「福は内、鬼は外」と言わず「福は内」のみを連呼する。成田山には鬼がいないため追い払う必要がないためである。
  • 1940年(昭和15年・皇紀2600年)建造のラジオ塔が、不動尊の正面の駐車場の入口にある自転車置場の横に現存している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 久保純他「戦前期京阪電鉄の住宅地開発に関する一考察 -香里園住宅地の開発-」日本建築学会学術講演概要集、1994年[1]
  2. ^ 寝屋川市香里園地域観光資源基礎調査報告書 - 寝屋川市(2012年3月。pp.2 - 5を参照)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]