狭山不動尊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
狭山不動尊
本堂
本堂
所在地 埼玉県所沢市上山口2214
位置 北緯35度46分12.9秒
東経139度24分57.5秒
山号 狭山山
宗派 天台宗
寺格 別格本山
本尊 不動明王
創建年 昭和50年4月26日
開基 堤義明
正式名 不動寺
文化財 勅額門、御成門、丁子門(重要文化財)
第一多宝塔(埼玉県指定有形文化財)
法人番号 4030005003446 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

狭山不動尊(さやまふどうそん)は、埼玉県所沢市上山口にある天台宗別格本山の寺院である。山号は狭山山、寺号は不動寺。本尊は不動明王埼玉西武ライオンズが必勝祈願を行う寺として知られる。

歴史[編集]

1975年(昭和50年) - 西武グループが各地のプリンスホテルを開発する際に、芝増上寺をはじめとする各地の文化財をこの地に集め、西武鉄道グループが、当時のオーナーであった堤義明と親しかった寛永寺の助力により、天台宗別格本山として建立した。

2001年(平成13年) - 本堂(京都東本願寺から移築・七間堂)が焼失(不審火)。

2008年(平成20年) - 池袋 - 西武球場前間、国分寺 - 西武遊園地 - 西武球場前間で、当寺への初詣の利便のためこの年の正月まで運転されていた終夜運転が中止。以後2018年現在に至るまで同社では終夜運転を行っていない。

境内[編集]

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 旧台徳院霊廟勅額門、丁子門及び御成門 3棟
    これらの建物は不動寺ではなく個人の所有[1]。3棟とも元は東京都港区芝公園の増上寺にあった台徳院(徳川秀忠)霊廟に属していた建物。1960年に増上寺から当時のユネスコ村(テーマパーク、閉園)へ移築された。ユネスコ村の敷地の一部が現在の狭山不動尊となっている[2]。詳細は台徳院霊廟の項を参照。

行事[編集]

初詣
1/1 - 1/7、1月土日祝日
花まつり
4/1 - 4/8
七五三の祝い
10月下旬から11月
護摩祈願
毎週日曜日14:00 -(都合により土曜日14:00 - の週もあり)
納め護摩
12/28 14:00 -
除夜の鐘つき
12/31 23:30 -

交通アクセス[編集]

西武狭山線山口線(レオライナー) 西武球場前駅から徒歩5分

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 埼玉県内の国・県指定等文化財”. 公式ウェブサイト. 埼玉県. 2019年8月28日閲覧。県内の重要文化財一覧へのリンクあり。
  2. ^ 旧台徳院霊廟勅額門、丁子門および御成門”. 所沢市. 2019年8月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]