枡形停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
枡形停留場
伊野方面行きホーム
伊野方面行きホーム
ますがた
Masugata
グランド通 (0.2km)
(0.2km) 上町一丁目
所在地 高知県高知市上町1丁目、升形
所属事業者 とさでん交通
所属路線 伊野線
キロ程 1.5km(はりまや橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1906年(明治39年)10月9日
テンプレートを表示

枡形停留場(ますがたていりゅうじょう)は、高知県高知市にあるとさでん交通伊野線路面電車停留場

歴史[編集]

伊野線はとさでん交通の前身である土佐電気鉄道の路線として1904年(明治37年)に開通した[1]。路線の免許状には「高知市本町字升形ヨリ同町字堀詰ニ至ル」と記されているが、開通時の路線は堀詰停留場から乗出停留場までで[1]、枡形停留場が開業したのはその2年後、路線が乗出停留場から鏡川橋停留場まで延伸した際のことである[2][3]

停留場名は開業より変更されていないが、資料により「升形」や「桝形」といった異表記が混在し[3]駅名標も発注違いにより「升形」の表記が使われていたこともある[4]。電車に車掌が乗務していたころは車掌により「枡形広小路」と案内されることもあったという[1]

構造[編集]

枡形停留場は伊野線の併用軌道区間内にあり、道路上にホームが置かれている。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配置されているが、互いのホームは東西方向にずれて位置している[6]。東にあるのがはりまや橋方面行き、西にあるのが伊野方面行きのホーム[6]。伊野方面行きのホームは上町1丁目、はりまや橋方面行きのホームは升形に位置する。

伊野寄りに渡り線があり[6][7]、はりまや橋・高知駅前方面行の一部が当停留場発着で運行される。

周辺[編集]

「枡形」は当地にの形をした広場があったことに由来し、かつては武士が非常時などに集合する場所として用いられた[1][8]

隣の停留場[編集]

とさでん交通
伊野線
グランド通停留場 - 枡形停留場 - 上町一丁目停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『土佐電鉄が走る街 今昔』28-33頁
  2. ^ a b 『土佐電鉄が走る街 今昔』98・156-158頁
  3. ^ a b 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  4. ^ 『路面電車はゆく 高知』 高知新聞社1998年、88頁。ISBN 4-87503-268-4
  5. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  6. ^ a b c 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、41・93頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  7. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』四国篇、草思社2007年、292頁。ISBN 978-4-7942-1615-1
  8. ^ お正月の御駆初(おのりぞめ)”. 今日のにっこりひまわり. ひまわり乳業 (2003年7月19日). 2017年5月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]