グランド通停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グランド通停留場*
上りホーム
上りホーム
グランドどおり
Gurando dori
県庁前 (0.3km)
(0.2km) 枡形
所在地 高知県高知市升形、本町5
所属事業者 とさでん交通
所属路線 伊野線
キロ程 1.3km(はりまや橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1904年(明治37年)5月2日
備考 * 1952年以前に乗出停留場から改称
テンプレートを表示

グランド通停留場(グランドどおりていりゅうじょう)は、高知県高知市にあるとさでん交通伊野線路面電車停留場

歴史[編集]

当停留場は1904年(明治37年)、乗出停留場(のりだしていりゅうじょう)の名で開業した[1][2]。とさでん交通の前身である土佐電気鉄道によって伊野線(当時は本町線と称した)が開業したときより存在する停留場で、当時の路線は堀詰停留場から当停留場までだった[3][4]。路線は2年後の1906年(明治39年)に乗出停留場から鏡川橋停留場まで延伸[1][2]。停留場名がグランド通になった時期は不詳だが、1952年以前とされる[2]

構造[編集]

グランド通停留場は伊野線の併用軌道区間にあり、道路上にホームが置かれている。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配置される[6]。ただし互いのホームは交差点を挟んで東西にずれて位置しており、東にはりまや橋方面へ向かう上りホームが、西に伊野方面へ向かう下りホームがある[6]。下りホームは升形、上りホームは本町5丁目に位置する。

周辺[編集]

かつての停留場名である「乗出」は、土佐藩で正月に行われていた騎馬閲兵行事「御駆初」(おのりぞめ)が当地を起点としていたことに由来するとされる[3]。いっぽう「グランド通」は当地から南北に伸びる通りを指し、これを南へ行くと鏡川を越えて高知市総合運動場(旧・高知市営グランド)に行き当たる[7]

隣の停留場[編集]

とさでん交通
伊野線
県庁前停留場 - グランド通停留場 - 枡形停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『土佐電鉄が走る街 今昔』98・156-158頁
  2. ^ a b c d 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ a b 『土佐電鉄が走る街 今昔』28-33頁
  4. ^ 『路面電車はゆく 高知』 高知新聞社1998年、88頁。ISBN 4-87503-268-4
  5. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  6. ^ a b 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、41・92頁。ISBN 978-4-06-295161-6
  7. ^ グランド通電停、乗出について考える”. 今日のにっこりひまわり. ひまわり乳業 (2004年6月16日). 2017年5月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]