上町四丁目停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上町四丁目停留場
停留場を東から望む。奥には上町五丁目停留場
停留場を東から望む。奥には上町五丁目停留場
かみまちよんちょうめ
Kamimachi 4-chome
上町二丁目 (0.3km)
(0.2km) 上町五丁目
所在地 高知県高知市上町4丁目
所属事業者 とさでん交通
所属路線 伊野線
キロ程 2.2km(はりまや橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1906年(明治39年)10月9日*
備考 * 1961年に廃止、1964年に再開業。
テンプレートを表示

上町四丁目停留場(かみまちよんちょうめていりゅうじょう)は、高知県高知市上町4丁目にあるとさでん交通伊野線路面電車停留場

歴史[編集]

当停留場は1906年(明治39年)、本町筋四丁目停留場(ほんちょうすじよんちょうめていりゅうじょう)として開業した[1]。1936年(昭和11年)には町名改称により表記を「本筋四丁目」に変更[2]。1961年(昭和36年)に停留場はいったん廃止されるも3年後に復活し、1966年(昭和41年)には住居表示の実施により上町四丁目停留場に改称した[1][2]

1977年(昭和52年)には、それまで隣の上町二丁目停留場との間に設けられていた上町三丁目停留場を統合した[1]。この上町三丁目停留場も当停留場と同様、1906年に本町筋三丁目停留場として開業し、本丁筋三丁目への表記変更を経て1966年に上町三丁目と改称していた[1]。統合により上町三丁目停留場は廃止[1]、上町四丁目停留場はそれまでの両停留場の中間地点に新設された[3]

  • 1906年(明治39年)10月9日 - 土佐電気鉄道の路線延伸にあわせて本町筋四丁目停留場として開業[4]。本町筋三丁目停留場もこのとき設けられる[4]
  • 1936年(昭和11年)8月1日 - 町名改称により本丁筋四丁目停留場、本丁筋三丁目停留場にそれぞれ改称[1][2]
  • 1961年(昭和36年)10月12日 - 本丁筋四丁目停留場の廃止を認可[1]
  • 1964年(昭和39年)5月21日 - 本丁筋四丁目停留場の復活を認可[1]
  • 1966年(昭和41年)8月10日 - 住居表示実施により上町四丁目停留場、上町三丁目停留場にそれぞれ改称[1][2]
  • 1977年(昭和52年)6月20日 - 上町三丁目停留場が上町四丁目停留場に統合され廃止[1]、それまでの両停留場の中間地点に新しい上町四丁目停留場が設けられる[2]
  • 2014年(平成26年)10月1日 - 土佐電気鉄道が土佐電ドリームサービス高知県交通と経営統合し、とさでん交通が発足[5]。とさでん交通の停留場となる。

構造[編集]

上町四丁目停留場は伊野線の併用軌道区間にあり、道路上にホームが置かれている。ホームは2面あり、東西方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配される[6]。ただし互いのホームは東西方向にずれて位置していて、東にはりまや橋方面へ向かう上りホーム、西に伊野方面へ向かう下りホームがある[6]

周辺[編集]

隣の停留場[編集]

とさでん交通
伊野線
上町二丁目停留場 - 上町四丁目停留場 - 上町五丁目停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、60頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  2. ^ a b c d e 『土佐電鉄が走る街 今昔』34-35頁
  3. ^ 『路面電車はゆく 高知』 高知新聞社1998年、89頁。ISBN 4-87503-268-4
  4. ^ a b 『土佐電鉄が走る街 今昔』98・156-158頁
  5. ^ 上野宏人 (2014年10月2日). “とさでん交通:「再出発」 「便利な市民の足に」高知で設立式 新デザインの車両披露”. 毎日新聞 (毎日新聞社) 
  6. ^ a b 川島令三 『四国・九州ライン 全線・全駅・全配線』第2巻 四国西部エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2013年、40・93頁。ISBN 978-4-06-295161-6

参考文献[編集]

関連項目[編集]