よさこい号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よさこい号(阪急バス)
よさこい号(土佐電気鉄道)
よさこい号(高知県交通)

よさこい号(よさこいごう)とは大阪府大阪市高知県高知市(一部の便は高知県安芸市まで延長)を結ぶ高速バス路線である。かつて期間限定運行されていた室戸・安芸経由便も本稿にて扱う。

全便予約指定制のため乗車には予約が必要。

沿革[編集]

  • 1990年8月8日 - 運行開始。当時は高知自動車道大豊IC南国IC間しか完成しておらず、また山陽自動車道岡山JCT備前IC間が未開通だったため、大豊ICから坂出ICまで国道32号国道319号国道11号バイパスを経由していた。また岡山市から備前市までは、岡山バイパスや岡山ブルーハイウェイ(現・岡山ブルーライン)を経由していた。この時は大阪梅田高知市を7時間で結んでいた。発足時は昼便1往復、深夜便1往復であった。
  • 1992年 - 2月に高知自動車道が川之江ジャンクションまで延伸し、高松自動車道善通寺ICまで高速道路で一本で結ばれるようになった。さらに4月には高松自動車道坂出IC - 善通寺ICが開通。これによって高知市の東隣の南国市から岡山市の西隣の早島ICまで高速道路で一本で結ばれるようになった。この四国内の高速道路網の急速な進歩によって、よさこい号の大阪と高知の所要時間が大幅に短縮され、また高知と他の都市を結ぶ高速バス便の隆盛のきっかけとなっていった。
  • 1998年 - 高知駅への乗入れを開始。
  • 2001年 - 一部便を明石海峡大橋経由に変更。
  • 2002年8月9日 - 1日4往復に増便。
  • 2005年12月 - 室戸・安芸経由便の繁忙期試験運行開始。直通路線バス廃止代替として甲浦と高知市内間の乗降、大阪行にて新大阪駅の降車も扱った。
  • 2006年7月 - 室戸・安芸経由便の週末と繁忙期の定期運行開始。甲浦と高知市内間の乗降扱い、新大阪駅の降車扱い取り止め。
  • 2007年6月 - 室戸・安芸経由便の週末運行を取り止め、繁忙期期間限定運行となる。
  • 2008年5月 - 利用客低迷により、室戸・安芸経由便を廃止。
  • 2008年7月28日 - 1日10往復に増便。
  • 2010年7月27日 - 高速バスと空港リムジンバスの乗車券がセットになった関西空港乗継乗車券を発売。
  • 2014年9月1日 - 一部便をUSJ有馬温泉岡場駅安芸駅乗り入れ開始。これに伴い、ダイヤ改正。
  • 2014年10月1日 - 高知県交通と土佐電気鉄道が事業統合しとさでん交通が発足。これにより2社が担当していた便は同社が担当することになった。

運行会社[編集]

停車停留所[編集]

現行経路[編集]

過去経路[編集]

  • 室戸・安芸経由便(廃止時)
    • 阪急三番街~甲浦・東洋町役場・野根中通・佐喜浜支所・高岡第一(ディープシーワールド)・大師像前(ホテル明星)・室戸岬ホテル前・室戸営業所・室戸市役所・吉良川冨屋・羽根船場・奈半利駅・田野役場通・安田役場通・安芸市役所・安芸営業所・和食・はりまや橋・高知駅・桟橋高知営業所
      • 県交通・土佐電のみの運行。安芸・室戸地区の予約発券は高知東部交通が、大阪地区の予約発券は阪急バスが受け付けていた。また,よさこい号(大阪~大豊~高知)とは別路線扱いのため、乗車券の共通使用はできなかった。

斜字は一部便のみ停車

運行経路[編集]

  • 室戸・安芸経由便(廃止時)
    • 大阪市内 - 阪神高速 - 神戸淡路鳴門自動車道 - 国道55号 - 高知市内

運行回数[編集]

  • 昼行8往復、夜行2往復の計10往復/日。

使用車両[編集]

  • 原則として全便化粧室付き独立3列シート車両で運行。

その他[編集]

  • 阪急バスは、室戸・安芸経由便の運行には参加せず、予約・発券・停留所提供のみを行っていた。
  • 高知側では往復乗車券の有効期間内に限ってパークアンドライドが利用可能である。
桟橋高知営業所(とさでん交通桟橋車庫内、事前予約制)

 お茶・コーヒー・毛布・スリッパ・コンセント配備のサービスあり。

外部リンク[編集]