旅客上屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旅客上屋(国鉄中央本線上松駅)(1985年)

旅客上屋(りょかくうわや)は旅客ホーム上に設置され、乗降客が雨雪に濡れることを防ぐための建造物である[1]ホーム上屋ともいう[2][3]

柱などの構造体には、木造、レール製(線路のレールを再利用)、鉄製などがある。島式ホームでは壁がない開放型となり、待合室が併設されている場合もある。対向式ホームでは線路と反対側の側面には壁と窓が取り付けられていることが多い。屋根の形状は、片流れ、Λ型、V型などがある。

旅客上屋の長さは必ずしも列車長と同じとは限らず、短い場合もある。この場合、端の方の車両が旅客上屋のない位置で停車することになる。また上屋の長さとホームの長さが極端に異なる場合、乗務員用の極めて短い上屋を設置していることもある。

[ヘルプ]

脚注[編集]

  1. ^ 鉄道風景懐古(I)』(p74)より。
  2. ^ 鉄道施設がわかる本』(p16)より。
  3. ^ 「うわや」の漢字表記は「上屋」と「上家」の二つがある --『広辞苑 第五版』より。

参考文献[編集]

関連項目[編集]