吉川文夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

吉川 文夫(よしかわ ふみお、1932年12月18日 - 2007年8月11日)は、日本鉄道研究家

生い立ち[編集]

東京本郷の尚工舎(現シチズン時計)の工場を運営する家に生まれる、祖父は元工場長の吉川政吉、父は元NHK芸能局長の吉川義雄。 幼少時東京都世田谷区に住み、近所の井の頭線小田急線東急線などを見て育ち、東急は小学校の通学にも使った(都市名・社名・路線名は現在のもので表現)。1955年3月日本大学工学部電気工学科卒業。

後に神奈川県鎌倉市に家を構え、本業は池貝鉄工勤務、累進して溝の口工場長[1]を最後に退職。その後、大和電業に勤務し、関東学院大学神奈川大学(いずれも工学部)で非常勤講師も務めた。1997年、65歳で大和電業を退職した。

晩年の数年間は入退院を繰り返し、原稿依頼も書籍など大型なものから、エッセイ等短いものへの限定を余儀なくされていった。

最後の数か月は寝たきりとなり、地元の車両・江ノ島電鉄500形電車 (2代)にもなかなか乗れないことを残念がっていたと言う。

鉄道関係の功績[編集]

専門は私鉄、特に車両史であり、自らローカル私鉄に出かけて膨大な写真や資料を採取。私鉄や私鉄電車に関する情報量では日本一とも言われた。国鉄JRは専門外だが「買収国電」「私鉄の103系」といった、国鉄と私鉄が絡む記事には高い頻度で登場している。

吉川の文章は単なる情報の羅列や見聞録だけでなく、吉村光夫や野村董同様、ウィットとユーモアにちなむ文才で知られていた。その吉村とは生前、同じ神奈川地区在住で私鉄ファンと言うこともあり、最も親交の深い一人であった。またヤマケイ私鉄ハンドブック「京浜急行」では吉川と吉村が1枚の写真内に映っているものが掲載されている。

曽根悟の様な公共交通政策、および種村直樹の様な汽車旅にも造詣が深い記述を時折見せたが、この二分野については専門の記事を残した事はない。

鉄道友の会には創立時から関わり、副会長、理事、東京支部長、私鉄部会長などを歴任。他に京急電車ファンクラブ、トラストトレイン、産業考古学会などにも名を連ねていた。

主な著作[編集]

雑誌原稿[編集]

鉄道ファン
  • 電車をたずねて(連載。前半は私鉄倶楽部、後半は吉川が担当)
  • 鉄道ファン入門(連載)
  • 電車に化けた気動車のはなし その1~3  2000年4月号 No.468 p84~p91、2000年6月号 No.470 p72~p79、2000年7月号 No.471 p120~p125
その他

書籍[編集]

山と溪谷社
鉄道写真家・廣田尚敬との共同作が非常に多い。
  • ヤマケイ私鉄ハンドブック
  • ヤマケイのレイルシリーズ
  • 日本の私鉄(全2巻)
    • カラー 日本の私鉄 1 ローカル編(文:吉川文夫、写真:廣田尚敬、1976年)
交友社
  • 私鉄電車のアルバム(執筆協力者の一人)
  • 写真で見る戦後30年の鉄道車両(編者、1976年)
ネコ・パブリッシング
  • 総天然色のタイムマシーン(諸河久との共著)
大正出版
  • 江ノ電讃歌(編著、1985年)

株式会社保育社

  • カラーブックス 778)日本電車発達史、ISBN4-586-50778-0 C0165、平成元年5月31日

参考文献[編集]

  • 吉川文夫:文、廣田尚敬:写真 山と溪谷社、1976年9月15日 初版発行
    • 『カラー 日本の私鉄 1 ローカル編』
    • 『カラー 日本の私鉄 2 大都市近郊編』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同工場は現在「かながわサイエンスパーク」(KSP)の敷地になっている。