ドミコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ドミコ
出身地 日本の旗 日本埼玉県川越市
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
インディー・ポップ
サイケデリック・ロック
ポストパンク
活動期間 2011年 -
レーベル UNIVERSAL MUSIC JAPAN
メンバー さかしたひかる(ボーカル&ギター)
長谷川啓太(ドラム&コーラス)
ドミコ
YouTube
チャンネル
活動期間 2012年 -
ジャンル 音楽
登録者数 約2.53万人
総再生回数 262万1331回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年5月29日時点。
テンプレートを表示

ドミコ(domico)は、日本の2ピースロックバンド

メンバー[編集]

  • さかしたひかる(坂下光/ボーカル&ギター)
岩手県出身
  • 長谷川啓太 (ドラム&コーラス)
新潟県出身

概要・略歴[編集]

2011年に結成。バンド名の由来に特に意味はなく、バンド名を略されるのがすごく嫌であったので、最初から略されているような名前かつ読みやすくて言いやすい造語にした[1]

ジャンルはポストパンクサイケデリック・ミュージックガレージロックなどの要素を取り入れたシューゲイズ・サウンドが特色。

2014年、初の全国流通盤となるミニアルバム『深層快感ですか?』をリリース[2]

2016年には初のフルアルバム『SOO COO?』をリリース。

ライブ活動は国内に留まらず、2018年にはジェットの来日ツアーに帯同。SXSW及び全米6箇所のツアー、台湾公演など精力的にライブ活動を展開。

2021年2月にリリース予定であったライブ映像作品『VOO DOO TOUR? FINAL』の発売中止を発表。公式YouTubeチャンネルで同作に収録予定だったライブ映像の全編が無料で公開[3]

2021年10月、アルバム『血を嫌い肉を好む』をリリース[4]2022年5月21日から同アルバムリリースツアー第2弾「続・血を嫌い肉を好むTOUR」を17公演開催する[5][6]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
ミニアルバム
1st 2014年12月17日 深層快感ですか? KNCR-1
2nd 2015年6月24日 Delivery Songs KNCR-2
3rd 2020年4月15日 VOO DOO? PRON-1023 タワーレコード、FLAKE RECORDS限定
フルアルバム
1st 2016年11月9日 SOO COO? RED-0005 オリコン最高207位
2nd 2017年10月18日 hey hey , my my? RED-0009 オリコン最高100位
3rd 2019年2月6日 Nice Body? RED-0012 オリコン最高58位
第12回CDショップ大賞2020 関東ブロック賞受賞作品[7]
4th 2021年10月13日 血を嫌い肉を好む PRON-1038 オリコン最高44位

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2016年3月31日 Ooo Mai Gaaa!!! 会場限定シングル

配信[編集]

発売日 タイトル 備考
2019年7月19日 WHAT’S UP SUMMER
2021年6月9日 猿犬蛙馬

VINYL[編集]

  • SOO COO?(2016年11月9日)
  • hey hey , my my?(2018年1月31日)
  • ベッドルーム・シェイク・サマー(2019年1月9日)
  • Nice Body?(2019年2月6日)
  • VOO DOO?(2021年2月24日)

参加作品[編集]

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル 曲順 楽曲
2016年7月27日 ニンジャスレイヤー フロムコンピレイシヨン 伐 M.4 おーまいがー
2021年3月10日 麦本三歩の好きな音[8] M.2 こんなのおかしくない?
2021年3月31日 映画『ゾッキ』オリジナル・サウンドトラック[9] M.1 なんていうか

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
Margo's DeaD Pop,Step,Junk!
松谷裕紀 まどろまない
山口保幸 こんなのおかしくない?
ペーパーロールスター
尾山翔哉 WHAT'S UP SUMMER
ロースト・ビーチ・ベイベー
ベッドルーム・シェイク・サマー
石田悠介 グレープフルーツジュース
Hidenobu Tanabe びりびりしびれる
Mirai Mizue 化けよ
Denki Imahara 猿犬蛙馬
Nao Watanabe 問題発生です
PERIMETRON 血を嫌い肉を好む

タイアップ一覧[編集]

使用年 曲名 タイアップ
2016年 おーまいがー TOKYO MXほかアニメ『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』スペシャル・エディシヨン版 第4話エンディングテーマ[10]
2019年 ペーパーロールスター 北海道テレビ夢チカ18』2月度オープニングテーマ[11]
Apple Music「5,000万曲で忘れられない夏に」CMソング[12]
2021年 びりびりしびれる テレビ東京系『中居正広のただただ話すダーケ』テーマソング

ヘビーローテーション/パワープレイ[編集]

テレビ[編集]

放送年 曲名 ヘビーローテーション/パワープレイ
2017年 こんなのおかしくない? スペースシャワーTV ミドルローテーション「it!」
2019年 ペーパーロールスター 長崎国際テレビAIR』2月度Catch Up![13]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ INTERVIEW / ドミコ - Spincoaster (スピンコースター)” (日本語) (2016年12月8日). 2022年5月28日閲覧。
  2. ^ ドミコ『深層快感ですか?』を先行配信スタート&インタヴュー” (日本語). ototoy.jp. 2022年5月28日閲覧。
  3. ^ ドミコ、ライブ映像作品の発売中止。YouTubeで全編無料公開” (日本語). BARKS. 2022年5月28日閲覧。
  4. ^ Inc, Natasha. “ドミコ、狂気に満ちた新曲「血を嫌い肉を好む」MV公開(動画あり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年6月6日閲覧。
  5. ^ Inc, Natasha. “野音ワンマン終えたドミコ、5月から「続・血を嫌い肉を好むTOUR」開催(動画あり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年6月6日閲覧。
  6. ^ Inc, Natasha. “ドミコの「続・血を嫌い肉を好むTOUR」にAge Factory、TENDOUJIら出演” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年6月6日閲覧。
  7. ^ 「第12回CDショップ大賞2020」、大賞はOfficial髭男dism『Traveler』&カネコアヤノ『燦々』に決定。Billie Eilish、ナンバガ、ADAM atら各部門受賞作品も発表”. TOWER RECORDS ONLINE (2020年3月13日). 2022年5月29日閲覧。
  8. ^ 人気作家・住野よる監修のコンピCD「麦本三歩の好きな音」発売、ジャケ写にBiSHモモコ”. 音楽ナタリー (2021年2月3日). 2022年6月6日閲覧。
  9. ^ 映画「ゾッキ」サントラにChara×HIMI、ドミコ、ドレスコーズ、Salyu、AAAMYYY、小山田圭吾ら参加”. 音楽ナタリー (2021年3月5日). 2022年5月29日閲覧。
  10. ^ hikarururururuの2016年04月17日のツイート2023年1月1日閲覧。
  11. ^ hikarururururuの2019年02月01日のツイート2023年1月1日閲覧。
  12. ^ 「Apple Music」のCMソングは?”. CDJournal リサーチ (2019年8月19日). 2023年1月1日閲覧。
  13. ^ CATCH-UP”. AIR. 2023年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]