加藤ひさし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
加藤ひさし
出生名 加藤弥
別名 ヒサシ・ビザール、加藤“ピエール”ひさし
生誕 (1960-11-22) 1960年11月22日(57歳)
出身地 日本の旗 日本,埼玉県大里郡妻沼町(現熊谷市
学歴 千葉工業大学卒業
ジャンル ロック
ネオGS
職業 ミュージシャン作詞家作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター
ベース
ピアノ
ハーモニカ
マラカス
タンバリン
活動期間 1979年 -
共同作業者 ザ・コレクターズ(THE COLLECTORS)
ELL ALE BREWAR
KOTARO AND THE BIZARRE MEN
CHANGE ENERGY’S
21st Century Stars

加藤ひさし(かとうひさし、本名:加藤弥、1960年11月22日 - )は、日本のミュージシャンザ・コレクターズ(THE COLLECTORS)のリーダー、ボーカル担当。 ザ・コレクターズで楽曲を制作するほか、矢沢永吉の詞を手がけるなど、作詞家作曲家としての提供作も多数。

概要[編集]

ザ・コレクターズボーカル兼リーダー。ザ・フーピンク・フロイドに影響を受けて[1]1979年にモッズ・バンド「THE BIKE(元エキセントリック・ジャム)」を結成。1985年に解散し、翌年にザ・コレクターズを結成。以来、25年以上に渡って音楽活動を続けている。

ザ・コレクターズの楽曲制作のほか、藤井フミヤ矢沢永吉小泉今日子などの歌手にも楽曲を提供している。

近年は東日本大震災の原発事故などから、「脱原発」を訴えている。再生可能エネルギーへの転換を目指して、バンド「CHANGE ENERGY’S」を結成し、2013年にはフジロック・フェスティバルに出演した。

来歴[編集]

  • 1979年
    • 高校時代の同級生である三村直輝、斉藤清と共に、バンド「エキセントリック・ジャム」を結成。当時はパンキッシュな楽曲が多く[2]、加藤の歌い方には、現在との違いがみられる。当時はボーカルベースを担当。
  • 1980年
    • エキセントリック・ジャムを「THE BIKE」と名を改める。[3]
    • 大学卒業後は、サラリーマンをしながらバンド活動を続ける。
  • 1985年
    • THE BIKEに新たにベーシストを迎え「THE BIKES」と改名、ボーカルに専念するも解散。
  • 1987年
    • 11月21日 THE COLLECTORSのアルバム『僕はコレクター』でメジャーデビュー。
  • 1991年
    • 9月30日 「PATi PATi Rock'n Roll」誌上の連載を一冊にまとめた『アメイジング・ストリート』を出版。
  • 1996年
    • ROLLYと21st Century Starsを結成、シングル『21世紀のラヴァーズ』をリリース。
  • 2008年
    • 古市コータロー、オカモト"MOBY"タクヤ(Scoobie Do)、キタシンイチ(The JFK)とテスコの楽器を演奏するエレキバンド、KOTARO AND THE BIZARRE MEN(コータロー・アンド・ザ・ビザールメン)を結成。ボーカルとベースを担当。
  • 2009年
    • 1月よりBSフジにて放送の「続BS☆フジイ」にて、加藤塾長として準レギュラー出演。様々な物事をロックに解釈する「熱血ロック塾」を行う。
    • 1月8日 古市コータローとポッドキャスト「池袋交差点24時」配信開始。
    • 12月 ポッドキャスト「池袋交差点24時」がiTunes Store「iTunes Rewind 2009」のポッドキャスト部門にて、ベスト25に選ばれる。
  • 2010年
    • 12月 ポッドキャスト「池袋交差点24時シーズン2」がiTunes Store「iTunes Rewind 2010」のポッドキャスト部門にて、オーディオ新作ベスト25に選ばれる。
  • 2012年
    • 6月19日 古市コータローらと共に、SUNTORY「STONES BAR」のCMに出演。
    • 9月7日 ポッドキャスト「池袋交差点24時」が、P-Vine BOOKsにより書籍化。
    • 9月12日 KOTARO AND THE BIZARRE MENの1stアルバム『エレキの若旦那』をリリース。

人物[編集]

主な楽曲提供[編集]

作詞[編集]

  • 矢沢永吉「Oh! ラヴシック」「風の中のおまえ」「THE STRANGE WORLD」「フォーチュン・テイラー」「ヘヴンリー・クルーズ」「ロックンロール・バイブル」「寂しくてたまらない」「バーチャル・リアリティ・ドール」「永遠のひとかけら」「金ピカのドレス」「I have no reason.」「THE TRUTH」「リナ」「ラヴ・ファイター」「Brother!」「愛のいたみ~LOVE HURTS~」「#9おまえに」「ロンサムシティ」「フリーダムライダー」「ミッドナイトファイティングボーイ」「Oh Yeah」「ロックンロールドラッグ」「ドクター!ドクター!」「ONLY ONE」「トワイライトにひとり」「居場所」「ワニ革のスーツ」「古いカレンダー」「パニック」「Mr.ビビルラッシー」
  • 稲垣潤一「SWEET TRAGEDY」「この道の向こうに」
  • フラワーズ「3-D HEAVEN」
  • 中島卓偉「イミテイションボーイ」
  • 旺福「エブリデイ・ワウ・ワウ(日本語バージョン)」「ドレミ(DO RE MI)(日本語バージョン)」「Coffee Love Song(日本語バージョン)」
  • Itsco「真冬のひまわり」
  • 野宮真貴「私の知らない私」(野宮真貴と共作)
  • 藤井尚之「Silly My Love」

作曲[編集]

  • 小泉今日子「HEART OF THE HILLS」(THE BIKE「Too Shy Boy」の歌詞違い)「TELL ME…」
  • 圭修「かくし味」
  • 川村万梨阿「ひとりぼっちのヴィーナス」
  • 中山忍「CALL ME A GIRL」
  • 沢田研二「PLANET」(THE BIKE「僕はひどいパラノイア」の歌詞違い)「生きてる実感」
  • BOYSTYLE「BOYS BE STYLISH!」「正義の恋」
  • 及川光博「ベストフレンド」「シャンデリア・ラブ」
  • チン☆パラ「君にありがとう」(ザ・コレクターズ「ザ・バラッド・オブ・ロンサム・ジョージ」の歌詞違い)
  • 海堂ジャン/ゲキレッド(鈴木裕樹)「進めのススメ」(獣拳戦隊ゲキレンジャー 第39話エンディングテーマ)

作詞・作曲[編集]

  • 藤井フミヤ「JOIN TOGETHER」
  • 古市コータロー「悲しいのは俺だけかい?」
  • AAA「キモノジェットガール」※『21st Century Stars』名義
  • 中嶋美智代「夢見る君と僕」※ザ・コレクターズのカバー
  • 伊藤銀次「僕は恐竜」※ザ・コレクターズのカバー
  • メロン記念日×THE COLLECTORS「青春・オン・ザ・ロード」※メロン記念日とコレクターズによるコラボレーション
  • 松たか子「恋のサークルアラウンド」

主なプロデュース作品[編集]

主な参加作品[編集]

「I WANNA CALL YOUR NAME(抱きしめてみたい)」(加藤ひさし&1966カルテット

出演[編集]

テレビ[編集]

  • 続BS☆フジイ(BSフジ)(2009年1月 - )

ラジオ[編集]

CM[編集]


著書[編集]

  • アメイジング・ストリート(1991年/ソニーマガジンズ)
  • 池袋交差点24時 (2012年9月24日/Pヴァイン・ブックス)
    • 加藤ひさし/古市コータロー名義。

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j ザ・コレクターズ プロフィール
  2. ^ a b ザ・コレクターズのDVD『HAPPENINGS 20YEARS TIME AGO AND NOW~THE STORY OF THE COLLECTORS~』より。
  3. ^ 伝説のバンド特集「THE BIKE」
  4. ^ 加藤が「音楽もファッションも生き方もビートルズに教えてもらった」と公言している。
  5. ^ シーチキン食堂 アドギャラリー

外部リンク[編集]