Hemenway

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hemenway
Japan Expo 2012 - Hemenway - 080.jpg
基本情報
ジャンル J-POP
ロック
活動期間 2011年 - 2014年
レーベル キューンミュージック
事務所 アミューズ
公式サイト http://www.hemenway.jp/
メンバー Isaac(ボーカル&ギター)
Charm(ギター)
Ogaching(ベース)
Toshi(ドラムス)

Hemenway(ヘメンウェイ)は、日本ロックバンドバークリー音楽大学の卒業生4人で構成されており、2011年メジャー・デビューを果たした。所属芸能事務所アミューズ、所属レコードレーベルキューンミュージック

メンバー[編集]

Isaac(アイザック)
ボーカル&ギター担当。
1987年5月13日生まれ[1]ソウル出身で、12歳のときにアメリカ合衆国に移住した韓国系アメリカ人[1]。バークリー音楽大学ではソングライティングを専攻する[2]
Charm(チャーム)
ギター担当。
1987年4月21日生まれ[1]。ソウル出身で、8歳のときにアメリカ合衆国に移住した韓国系アメリカ人[1]。バークリー音楽大学ではギターを専攻する[2]
Ogaching(オガチン)
ベース担当。
1979年3月29日生まれ[1]神奈川県出身の日本人[3]。バークリー音楽大学ではベースとジャズコンポジションを専攻する[2]
Toshi(トシ)
ドラムス担当。
1981年10月29日生まれ[1]大阪府出身の日本人[3]。バークリー音楽大学ではドラムを専攻する[2]

来歴[編集]

バークリー音楽大学に在学中、CharmとToshiはルームメイトであり、OgachingはToshiとバンドを組んで活動していた[4]

2008年にバークリー音楽大学を卒業した後、CharmとIsaacはロサンゼルスでソングライティング・チームを結成し、2010年夏に来日する[3]。その際、渋谷でCharmとToshiが再会したことをきっかけに4人でバンドを結成する[5]

2011年11月2日、シングル「Listen」をリリースしてメジャー・デビューを果たす[6]。その後、2012年3月に初のワンマンライブ「Everybody, Listen!」を開催し[7]、7月には「Japan Expo 2012」に出演し、初めて日本国外でライブを行った[8]。また、2013年1月から同年10月まで、配信限定シングル10ヶ月連続リリースを行い、12月25日には、1stアルバム「The Music」をリリースした。

2014年3月24日、メンバーそれぞれの目指す音楽の理想や方向性の違いから解散を表明。

音楽性[編集]

バークリー音楽大学で学んだ音楽理論や技術に裏打ちされた[9]、質の高い楽曲と演奏力が持ち味[1]日本語英語韓国語の3ヶ国語に通じており、一例としてデビュー曲「Listen」には日本語詞と英語詞という2種類の歌詞が存在する[10]

曲作りは主にIsaac とCharmが担当している[5]。2人は日本の音楽について「メロディが好き」と発言しており[11]、Hemenwayの楽曲のメロディも非常にキャッチーなものとなっている[2]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2011年11月2日 Listen KSCL-1900 オリコン最高198位
2nd 2012年1月25日 バイマイサイド KSCL-1924/5(初回生産限定盤)


KSCL-1926(通常盤)

オリコン最高130位
3rd 2012年5月23日 Escape KSCL-2036(通常盤)
KSCL-2037(期間生産限定盤)
オリコン最高34位、登場回数5回
4th 2013年6月26日 スタート革命 KSCL-2248(通常盤)
KSCL-2249(期間限定盤)
オリコン最高111位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2013年12月25日 The Music KSCL-2345 オリコン圏外

参加作品[編集]

  • 『L'Arc〜en〜Ciel TRIBUTE』(2012年6月13日発売)
    • 「Caress of Venus」を担当[12]

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
Listen テレビ朝日系『ストリートファイターズ』2011年11月度エンディング・テーマ[10]
テレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』2011年11月度テーマソング[10]
バイマイサイド テレビ東京系アニメ『NARUTO -ナルト- 疾風伝』エンディング・テーマ[13]
Escape TBS系アニメ『エウレカセブンAO』オープニング・テーマ[14]
スタート革命 テレビ東京系アニメ『デュエル・マスターズ ビクトリーV3』オープニング・テーマ

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
清水康彦 バイマイサイド
須藤カンジ Listen」「スタート革命」「半分人間
不明 Escape」「フューチャー考察」「The Music」「幻想とダンス」「Will You Stay?」(田野アサミが出演)「Caress of Venus」「祈り

ワンマンライブ[編集]

名前 日付 会場
Everybody, Listen! 2012年3月16日 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
2012年3月30日 東京・Shibuya O-Crest
Welcome to Hemenway St. 2012年12月7日 愛知・名古屋ell.SIZE
2012年12月9日 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
2012年12月14日 東京・Shibuya WWW

主な出演ライブ[編集]

  • 2012年03月20日 - MbS×I ♥ RADIO 786「SANUKI ROCK COLOSSEUM 〜BUSTA CUP 3rd round〜」
  • 2012年04月11日 - キューン20 イヤーズ&デイズ
  • 2012年04月13日 - Under the Shoes Vol.4
  • 2012年04月30日 - Niigata Rainbow ROCK Market 2012
  • 2012年07月07日,8日 - JAPAN EXPO 2012
  • 2012年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2012
  • 2012年08月18日 - SUMMER SONIC 2012
  • 2012年09月01日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2012
  • 2012年10月07日 - テレビ朝日ドリームフェスティバル2012
  • 2012年10月13日 - MINAMI WHEEL 2012
  • 2013年06月09日 - LACHIC presents SAKAE SP-RING 2013
  • 2013年07月13日 - Amuse 35th Anniversary BBQ in つま恋〜僕らのビートを喰らえコラ!〜
  • 2013年07月21日 - JOIN ALIVE
  • 2013年08月02日 - Incheon Pentaport Rock Festival 2013
  • 2013年08月25日 - MONSTER baSH 2013
  • 2013年10月05日 - MEGA★ROCKS 2013
  • 2013年10月13日 - MINAMI WHEEL 2013
  • 2013年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 13/14
  • 2013年12月29日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY
  • 2014年01月23日 - NHK総合「MUSIC JAPAN
  • 2014年03月15日 - HAPPY JACK 2014

関連項目[編集]

  • THE RiCECOOKERS - バークリー音楽大学時代から交友がある[15]
  • 浦沢直樹 - 漫画家。「Japan Expo 2012」でコラボレーションライブを行った[8]
  • 新藤晴一 - 「半分人間」の作詞を担当。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g “日本人も2人!Hemenway世界へ”. 日刊スポーツ. (2011年10月31日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20111031-857014.html 2012年10月30日閲覧。 
  2. ^ a b c d e 【編集長の目っ!】Hemenwayという名の可能性”. ORICON STYLE. オリコン (2012年5月23日). 2012年6月5日閲覧。
  3. ^ a b c Hemenway”. アミューズ公式サイト. 2012年6月5日閲覧。
  4. ^ 田中隆信. “日本・韓国・アメリカの感性を併せ持つ個性派4人組がメジャーデビュー”. ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2012年6月5日閲覧。
  5. ^ a b 田中隆信. “日本・韓国・アメリカの感性を併せ持つ個性派4人組がメジャーデビュー”. ナタリー. ナターシャ. p. 2. 2012年6月5日閲覧。
  6. ^ 国境を超えた4人組、Hemenwayが語る異色結成秘話”. ナタリー. ナターシャ (2011年11月2日). 2012年6月5日閲覧。
  7. ^ 田中隆信. “新曲は「エウレカセブンAO」OPテーマ "夢に向けての脱出"を描く”. ナタリー. ナターシャ. p. 3. 2012年6月5日閲覧。
  8. ^ a b Hemenway×浦沢直樹「JAPAN EXPO」でコラボライブ熱演”. ナタリー. ナターシャ (2012年7月11日). 2012年10月30日閲覧。
  9. ^ Hemenwayのプロフィール”. ナタリー. ナターシャ. 2012年6月5日閲覧。
  10. ^ a b c 気鋭バンド・Hemenway、デビュー曲「Listen」世界15カ国同時配信”. リッスンジャパン. エムティーアイ (2011年10月31日). 2012年10月30日閲覧。
  11. ^ 田中隆信. “2ndシングル「バイマイサイド」 注目アニメ主題歌に込めた思いを語る”. ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2012年6月5日閲覧。
  12. ^ L'Arc~en~Cielトリビュート盤にシド、TOTALFATら日本人アーティスト4組も参加”. BARKS. グローバル・プラス (2012年5月7日). 2012年6月5日閲覧。
  13. ^ Hemenway、新曲が「ナルト」EDテーマに”. ORICON STYLE. オリコン (2011年12月5日). 2012年6月5日閲覧。
  14. ^ 新人バンド・Hemenway、今春注目のアニメ『エウレカセブンAO』オープニング曲に大抜擢”. リッスンジャパン. エムティーアイ (2012年2月17日). 2012年6月5日閲覧。
  15. ^ THE RiCECOOKERS×Response企画にHemenwayゲスト参加”. ナタリー. ナターシャ (2012年4月6日). 2012年6月5日閲覧。