BIGMAMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
BIGMAMA
Bigmama-beachstage-summersonic-aug16-2015.jpg
2015年のサマーソニックにて
基本情報
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
プログレッシヴ・ロック
エモ
活動期間 2001年 -
レーベル RX-RECORDS2006年 - 2018年
UNIVERSAL J / RX-RECORDS(2018年 - )
事務所 UKPM
公式サイト http://bigmama-web.com/
メンバー 金井政人(ボーカルギター
柿沼広也(ギター・ボーカル)
リアド偉武(ドラムス
安井英人(ベース
東出真緒(ヴァイオリンキーボード

BIGMAMA(ビッグママ)は、日本の5人組ロックバンドである。所属レーベルは、UNIVERSAL J / RX-RECORDS[1]。所属事務所は、UKPM

概要[編集]

東京都八王子にて結成[2]。バンドサウンドにヴァイオリンを取り入れた5人編成のロックバンドであり、2006年にRX-RECORDSからCDデビューを果たす。その後、メンバーチェンジを経て2007年から現メンバーとなった[3](また、東出以外のメンバーは同じ高校の出身である[4])。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

長野県生まれの東京都出身。大半の作詞と作曲を担当。愛称は王子。
エジプト人の父と日本人の母に生まれる。リアド慈英蘭は姉。
バンドの中ではカッキーと呼ばれている。

旧メンバー[編集]

来歴[編集]

2001年 - 2005年
学祭で行われていたTOTALFATのライブを見たことを機に当時高校1年次であった金井政人とリアド偉武が楽器を始め、高校2年次に金井政人(当時Vo/Ba)・リアド偉武(Drums)・柿沼広也(Gt/Vo)を含むメンバー4人でバンド活動を始める[5]
当時はコピーバンドとしての活動を中心としており、過去には当時同じくコピーバンドとして活動していたUNISON SQUARE GARDENのメンバーと吉祥寺のライブハウスで対バンをしている[6]
その後、高校3年次の文化祭のライブでYELLOWCARDのコピーバンドを行う目的でヴァイオリンを弾けるメンバーを招き入れたことがきっかけとなり、ヴァイオリンをいれたメンバー5人としてBIGMAMAの活動を開始した[7]
2006年
7月5日、1stミニアルバム『short films』をリリースし、新人としては異例の10000枚以上のセールスを記録した[8]
9月24日に行われたSHIBUYA-AX、八王子MATCH VOXでのライヴ以降、深澤(Gt)、横田(strings)の脱退により活動休止期間に入る[9]
2007年
2月10日、恵比寿LIQUIDROOMにて開催されたイベント「newtypes vol.1」にて新メンバーとして安井英人(bass)、東出真緒(strings)を迎え活動を再開[10]
6月6日にはメンバーチェンジ後としては初となる音源、1st シングル『BOYS DON'T FLY』を発表した[11]
9月5日にワンコイン受注生産限定2nd シングル『Neverland』を発売。[12]
12月5日、には1st フルアルバムLove and Leave』をリリースした[13]
2008年
1stアルバム『Love and Leave』のリリースに伴うツアーを行った。
ROCK IN JAPAN FESTIVALSUMMER SONIC、Re:mixといった大型野外フェスへの出演。
9月17日に3rd シングル「Weekly Fairy Tale」を発売し、オリコンインディーズチャート1位、シングルチャート43位を獲得した[14]
12月3日、初の日本語歌詞の楽曲を取り入れた2nd アルバム『Dowsing For The Future』をリリースした[15]
2009年
1月から4月12日の恵比寿LIQUIDROOMにかけて2ndアルバム『Dowsing For The Future』に伴うリリースツアー「ここ掘れワンワンツアー2009」を行った。
7月22日皆既日食をテーマとした表題曲「ダイヤモンドリング(2035/09/02)」を収録した4thシングル『ダイヤモンドリング』をリリースした。(また、リリース日は日本において46年ぶりに皆既日食が観測された日である)[16]
11月4日に3rdアルバム『and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜』をリリースし、翌年3月にかけて全国ツアー「and yet, we move〜正しいツアーの廻り方〜」を行った[17]
2010年
9月22日新宿LOFTで1stアルバム『Love and Leave』の再現ライブを行い、同月28日には恵比寿LIQUIDROOMにて2ndアルバム『Dowsing For The Future』の再現ライブを行った[18]
10月6日に「ロック×クラシック」をテーマとしたコンセプト・アルバムRoclassick』をリリースした[19]
リリースに伴うツアー「"Roclassick"release tour 2010-2011 〜母と行く、魅惑の新世界の旅〜」は翌年にかけて行われた。
12月25日には「"Roclassick" release tour 2010-2011 Christmas Special」と題し、九段会館にてキャリア初となる全席指定のホール公演を行った[20]
12月25日までに届く、完全受注生産によるシングルCD『I'm Standing on the Scaffold』、LIVE DVD『Back To The "2008.4.13"&"2009.4.12" ?We Don't Need a Time Machine?』をリリースし、CD&DVD同時購入者には先着特典で特製の袋(靴下)が一緒に届いた[21]。また、12月25日のライブ終了後には、クリスマスプレゼントと題してLIVE DVD『BIGMAMA - the cookie crumbles @ 2010.09.22 新宿LOFT』を無料配布し、翌年1月1日にお年玉と題してホームページ上に同内容の動画を公開した。
12月31日に行われた年越しライブイベント「GT2011」ではカウントダウンを務めた[22]
2011年
前年から引き続き行われたツアーと並行し、2月17日2月18日に恵比寿LIQUIDROOMにて行われたYELLOWCARDの来日公演にて前座を務めた[23]
5月8日(母の日)には渋谷La.mamaにて昼の部&夜の部のダブルヘッダーのチャリティーLIVEを開催した[24]
7月6日には6th シングル 『秘密とルーシー』をリリース。
9月14日に7thシングル 『#DIV/0!』のリリースと同時にLIVE DVD『〜母と行く、魅惑の映像世界の旅〜』をリリースした。
2012年
1月25日に4thアルバム『君がまたブラウスのボタンを留めるまで』をリリースし、本作を携えたツアー「母がまた母の日を終えるまで」を発表[25]
その中でツアー日程の1つである3月23日TOKYO DOME CITY HALLでの公演はキャリア二度目の全席指定での公演となる「母がまた座席指定のライブを終えるまで」と題され、当日は金井政人の喉の不調に見舞われながらもライブは行われた[26]
その後、仙台公演は延期となるも[27]、5月13日(母の日)のZepp Tokyoでの公演や6月2日の公演となった仙台Rensaでのライブも行われ、ツアーは終了した。
また、同時期に既存曲のリアレンジ版と4thアルバムの収録曲からのシングルカットを含む計4曲が収録されたスペシャルシングルCD『母に贈るCD』がリリースされている[28]
9月12日にも9thシングル『風船夫婦の俯瞰show』がリリースされ、1曲目には清涼飲料水「ゲロルシュタイナー」の音楽プロジェクト「GEROCK」とコラボレーションした楽曲「Mr. & Mrs. Balloon feat. GEROCK」が収録された[29]
11月から12月にかけて[Champagne](現:[Alexandros])とのスプリットツアー「RX-RECORDS presents 星の屑ども作戦〜STAR-DU-STARS MEMORY〜 」[30]
12月24日には2部制の「BIGMAMA 2012 Xmas Special Live」が行われた[31]
年越しイベント[GT2013」では年明け後のヘッドライナーを務めた[32]
2013年
3月13日には5thアルバム『君想う、故に我在り』と、ビデオクリップ集『母子手帳 2006-2012』が発売され[33]、アルバムリリースに伴い「BIGMAMA Tour 2013 "ライブ・イズ・ミルフィーユ"」が行われた。
6月15日のツアーファイナル公演は再び全席指定公演としてTOKYO DOME CITY HALLで行われ[34]、翌日には追加公演として同会場にて、公演日が父の日であることにちなみ、BIGPAPAと改名した上でライブが行われた[35]
8月28日に11thシングル『alongside』のリリースと共に1st〜3rdアルバムが廉価版として再リリースがなされた[36]
これに関連して、11月1日・3日・4日には赤坂BLITZにて過去に発表された楽曲へ焦点をあてたライブ「We Don't Need a Time Machine」が開催された[37][38]
同シリーズの番外編として、新宿ACB HALLにて1stミニアルバム『short films』のレコ発ツアーと同じセットリストでライブを行った[39]
12月下旬は東名阪のCLUB QUATTROをツアー形式で巡る形式として「BIGMAMA X'mas Special Live 2013」が行われた。[40]
12月28日に出演したCOUNTDOWN JAPAN 13/14ではGALAXY STAGEのトリを務めた[41]
2014年
2月26日に12thシングル『Sweet Dreams』をリリースがされた[42]
4月15日、金井政人の初の著書となる絵本『おやすみなさい〜Sweet Dreams〜』がに発売。
4月16日、再び「ロック×クラシック」をテーマとしたコンセプト・アルバム『Roclassick2』をリリースした[43]
5月11日(母の日)でのZepp Tokyoにおける公演から7月16日にかけて「Roclassick Tour 2014」が行われた。
初の4日間開催となったROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014には最終日のLAKE STAGEのトリとして出演した[44]
11月28日NHK大阪ホール12月14日のTOKYO DOME CITY HALLにてホールライブ「Milkahoric 2014」を開催。[45]
12月25日にはEX THEATER ROPPONGIでクリスマスライブ「Royalized X'mas」を行った。[46]
7年連続出演となったCOUNTDOWN JAPAN 14/15ではGALAXY STAGEでのカウントダウンを務めた[47]
2015年
2月25日、6thアルバム『The Vanishing Bride』をリリース[48]
4月4日の横浜Bay Hallからバンド史上最長となるツアー「The Vanishing Bright Tour 2015 〜消えた花嫁を探せ〜」が行われ、千秋楽となったZepp Tokyo公演では"消えた花嫁"役としてハリセンボン近藤春菜がステージに登場した[49]
その後も同ツアーは楽曲のリクエストが行われた新木場スタジオコーストでの公演や沖縄・台湾でのライブを含んだ追加公演がなされた[50]
9月2日には全国のタワーレコード及びTOWERmini店舗限定で14thシングル『MUTOPIA』がリリースされた[51]
12月20日・23日・24日にかけて東名阪でクリスマスライブ「BIGMAMA X'mas Parade 2015」が行われた[52]
2016年
CDデビュー10周年を記念した特別企画“BIGMAMAnniversary 2016〜2017 MAMonthly Special”が行われた。
その一環として3月9日に15thシングル『SPECIALS』がリリースされた(表題曲「SPECIALS」は「REDS TV GGR」及び「浦和レッズスーパーマッチ」のEDに起用された)[53]
6月10日には「REDS TV GGR」へゲスト出演を果たす。なお、ドラムの偉武のは同番組の第10代アシスタントを務めた経験を持ち、当日は姉弟揃って同番組への出演を果たした。
7月6日HYとのコラボレーション企画としてHY+BIGMAMA名義でアルバム『Synchronicity』をリリースし、同作を携えたツアー「Synchronicity Tour 2016」も行われた[54]
スマートフォン向けゲーム「SHOW BY ROCK!!」に楽曲を提供し、ゲーム内ではメンバーをイメージしたキャラクターも登場した[55]
12月31日に行われた年越しライブイベント「GT2017」ではカウントダウンを務めた
2017年
現在の編成となって10周年を迎えたことを記念し、2月10日に現メンバーで初めてライブを行った恵比寿LIQUIDROOMにて初ライブと同じ日にライブを行った[56]
ライブ当日にキャリア初となる武道館公演の告知が行われた。
3月22日に7thアルバム『Fabula Fibula』がリリースされ、5月14日〜ツアーファビュラ旅行記開催
7月19日には同アルバムのスピンオフ作品となる16thシングル『DOPELAND』がリリースされた(同シングルのブックレットには住野よるによる掌編小説「DOPELAND」が掲載されている)[57]
9月6日に初のベストアルバム『BESTMAMA』がリリースされた。[58]
10月15日にはキャリア初となる日本武道館で単独公演を果たした[59]。チケットは完売となり、更に2018年よりユニバーサルミュージックとパートナーシップを組んで活動していくことが発表された[60]

ディスコグラフィー[編集]

デモCD[編集]

収録曲 備考
1st
2nd
3rd 2006年6月11日デモ販売終了
other
  1. ワンダーラスト
タワヨコ限定キャンペーンデモ 音源 RX-102 DEMO

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
インディーズ(RX-RECORDS)
1st 2007年6月6日 BOYS DON'T FLY RX-011 オリコン初登場80位、登場回数3回
2nd 2007年9月5日 Neverland RX-013 オリコン初登場76位、登場回数3回
3rd 2008年9月17日 Weekly Fairy Tale RX-22 オリコン初登場43位、登場回数5回
4th 2009年7月22日 ダイヤモンドリング RX-033 オリコン初登場54位、登場回数3回
5th 2010年12月25日 I'm Standing on the Scaffold RX-043 完全受注生産シングル
6th 2011年7月6日 秘密とルーシー RX-048 オリコン初登場25位、登場回数4回
7th 2011年9月14日 #DIV/0! RX-049 オリコン初登場23位、登場回数3回
8th 2012年5月13日 母に贈るCD RX-060 会場限定シングル
9th 2012年9月12日 風船夫婦の俯瞰show RX-064 オリコン初登場26位、登場回数3回
10th 2012年12月12日 Jeffrey Campbellのスケートシューズで RX-067 オリコン初登場19位、登場回数4回
11th 2013年8月28日 alongside RX-077 オリコン初登場37位、登場回数3回
12th 2014年2月26日 Sweet Dreams RX-084 オリコン初登場20位、登場回数3回
13th 2014年12月17日 ワンダーラスト RX-102 東海地区タワーレコード限定シングル
14th 2015年9月2日 MUTOPIA RX-110-A〜G ご当地限定シングル
15th 2016年3月9日 SPECIALS RX-116 オリコン初登場20位、登場回数2回
16th 2017年7月19日 DOPELAND RX-134 オリコン初登場26位、

小説家「住野よる」氏による、「Fabula Fibula」収録楽曲「愛はハリネズミのように」からインスパイアされた掌編小説「DOPELAND」が収められた特殊ブックレット仕様となっている。

メジャー(UNIVERSAL J / RX-RECORDS)
1st
(17th)
2018年3月7日 Strawberry Feels UPCH-7397
初回盤(CD+DVD)
UPCH-5935
通常盤(CD)

オリコン初登場44位(推定2269枚)
メジャーデビューシングル
初回盤は、DVD付き(MV+特典映像)
先行Digital Single RELEASE 2018/1/31 「Strawberry Feels」単曲配信

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
Mini 2006年7月5日 short films RX-006 オリコン初登場129位
1st 2007年12月5日
2013年8月28日(ベストプライス)
Love and Leave RX-015
RX-079(ベストプライス)
オリコン初登場61位、登場回数7回
オリコン初登場239位(ベストプライス)
2nd 2008年12月3日
2013年8月28日(ベストプライス)
Dowsing For The Future RX-024
RX-080(ベストプライス)
オリコン初登場46位、登場回数7回
オリコン初登場242位(ベストプライス)
3rd 2009年11月4日
2013年8月28日(ベストプライス)
and yet, it moves 〜正しい地球の廻し方〜 RX-032
RX-081(ベストプライス)
オリコン初登場22位、登場回数5回
オリコン初登場249位(ベストプライス)
Concept 2010年10月6日 Roclassick RX-038
RX-039
「ロック×クラシック」をテーマに作られたコンセプトアルバム
オリコン初登場17位、登場回数5回
4th 2012年1月25日 君がまたブラウスのボタンを留めるまで RX-055 オリコン初登場13位、登場回数6回
5th 2013年3月13日 君想う、故に我在り RX-070 オリコン初登場14位、登場回数6回
Concept 2014年4月16日 Roclassick2 RX-088 オリコン初登場5位、登場回数5回
6th 2015年2月25日 The Vanishing Bride RX-100(初回盤)
RX-101(通常盤)
オリコン初登場15位

初回盤 DVD付き DVD内容:A KITE (Music Video)、ワンダーラスト (Music Video Other ver.)、A KITE (Making)

2016年7月6日 Synchronicity UPCH7165 HY+BIGMAMA名義

オリコン初登場24位
このアルバムのみ ユニバーサルミュージックより発売

7th 2017年3月22日 Fabula Fibula RX-127(初回限定盤)


RX-128(通常盤)

DVD内容 : 2月10日恵比寿LIQUIDROOMのLIVE 全曲収録(副音声付き)

オリコン初登場19位

Best 2017年9月6日 BESTMAMA RX-135
RX-136
全楽曲リマスタリング

オリコン初登場20位

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2010年12月25日 Back To The "2008.4.13"&"2009.4.12" 〜We Don't Need a Time Machine〜 RX-044 完全受注限定生産LIVE DVD
2nd 2011年9月14日 〜母と行く、魅惑の映像世界の旅〜 RX-053
RX-054
オリコン初登場8位、登場回数3回
3rd 2012年9月12日 母がまた母の日を終えるまで RX-062
RX-063
オリコン初登場9位、登場回数3回
4th 2013年3月13日 母子手帳 2006-2012 RX-071 ミュージックビデオ集
オリコン初登場17位
5th 2014年3月26日 BIGMAMA X'mas Special Live 2013 RX-087
6th 2016年3月9日 The Vanishing Bride Tour 2015
〜消えた花嫁の行方〜
DVD:RX-117/118
Blu-ray:RX-120/121
2017年1月25日 Synchronicity Tour 2016 UPBH-1419 HY+BIGMAMA名義

オリコン初登場58位
ユニバーサルミュージックより発売

2018年1月24日 BIGMAMA in BUDOKAN DVD:RX-137、RX-138

Blu-ray:RX-139、RX-140





参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2005年7月20日 PUNK ROCK SOUNDTRACKS vol.3 EKRM-1027 KICK ROCK MUSIC
2005年10月12日 ...of newtypes RX-002 RX-RECORDS
2007年7月25日 ...of newtypes vol.2 RX-012 RX-RECORDS
2008年11月26日 ...of newtypes vol.3 RX-026 RX-RECORDS

その他[編集]

  • 楽曲提供
挿入CD名 曲名 作詞&作曲 発売日 備考
CRAZY FOR YOU

Kylee

C/W

過去(あのこ)を忘れる魔法

作詞:Masato Kanai、作曲・編曲:Hiroki Arai 2011年10月05日
ASH

LISA

C/W

ONLY≠LONELY

作詞:金井政人(BIGMAMA)、作曲:小南泰葉、編曲:堀江晶太(PENGUIN RESEARCH 2017年11月29日

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
朝田洋介 Swan Song (チャイコフスキー『白鳥の湖』)
板垣洋好 / 川上大輔 Sweet Dreams
須藤カンジ Mr. & Mrs. Balloon feat.GEROCK
千田一騎

alongside」 「CPX」 「Cinderella〜計算高いシンデレラ〜」 「HAPPY SUNDAY」 「Jeffrey Campbellのスケートシューズで」 「Moo
Neverland」 「Paper-craft」 「the cookie crumbles」 「until the blouse is buttoned up」 「until the blouse is buttoned up from「母がまた母の日を終えるまで」
♯DIV/O!」 「かくれんぼ」 「ダイヤモンドリング (2035/09/02)」 「君想う、故に我在り」 「秘密」 「俯瞰show」 「走れエロス」 「母に贈る歌

千田一騎 feat.朝田洋介 「荒狂曲"シンセカイ"」
井村宣昭 SPECIALS
らっパル氏(作成者) CRYSTAL CLEAR」 全編アニメーションのショートフィルム作品

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 主催ツアーについて記載
タイトル 会場(対バン) 備考
2006年
BIGMAMAshort filmsレコ発
Neverland
2007年
「BOYS DON'T FLY」 RELEASE PARTY!!
2008年
"Love and Leave" release tour
"Weekly Fairy Tale" release tour
2009年
ここ掘れワンワンツアー2009
『ここ掘れワンワンツアー2009』〜裏ファイナル〜
and yet, we move〜正しいツアーの廻り方〜
2010年
and yet, we move〜正しいツアーの廻り方〜
ワンコインワンマン and yet we move(番外編)
〜新しいセットリストの決め方〜
and yet we move(対バン編)〜正しいダブルヘッターの仕方〜
and yet, we move〜正しいツアーの廻り方〜2週目
Back To The 2008.4.13
〜「Love and Leave」release tour final リターンズ〜
Back To The 2009.4.12 〜Dowsing For The Future Release Tour
『ここ掘れワンモアツアーファイナル』〜
"Roclassick"release tour 2010-2011
〜母と行く、魅惑の新世界の旅〜
BIGMAMA Presents Christmas Special Live
2011年
"Roclassick"release tour 2010-2011
〜母と行く、魅惑の新世界の旅〜
BIGMAMA "Roclassick"release tour 2010-2011
〜新世界の旅〜 対バンシリーズファイナル
BIGMAMA "Roclassick"release tour 2010-2011
〜先輩と行く、魅惑の新世界の旅〜
母の日企画 チャリティーLIVE
秘密×ルーシー×GhostWriter÷0=? TOUR
BIGMAMA We Don't Need a Time Machine
BIGMAMA Christmas Special Live 2011 in Sendai
2012年
母がまた母の日を終えるまで
RX-RECORDS presents 星の屑ども作戦
〜STAR-DU-STARS MEMORY〜
BIGMAMA 2012 Xmas Special Live
2013年
BIGMAMA Tour 2013 "ライブ・イズ・ミルフィーユ"
We Don't Need a Time Machine
BIGMAMA We Don't Need a Time Machine 番外編
Back To The 2006.9.10 short films tour FINAL
BIGMAMA"X'mas Special Live 2013
2014年
Roclassick Tour 2014
BIGMAMA presents "Milkahoric 2014"
BIGMAMA presents X'mas Special Live 2014 "Royalized X'mas"
2015年
The Vanishing Bride Tour 2015 〜消えた花嫁を探せ!〜
The BestMAMA's Day 2015
X’mas Parade 2015"
2016年
BIGMAMAnniversary 2016〜2017 MAMonthly Special
HY+BIGMAMA"
2017年
THE BEGINNING 2007.02.10 2007年2月10日、現メンバーで初めてライブを行った日である。その10年後の同じ日に同じ場所でLIVEを行った。また、この公演で10月15日の武道館の告知を行った。
ファビュラ旅行記 2017
BIGMAMA in BUDOKAN 前夜祭
BIGMAMA IN BUDOKAN
2018年
TRANSIT MAMA TOUR 2018

出演イベント &対バン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (CDバックインレイ). 「Strawberry Feels」. BIGMAMA. UNIVERSAL J / RX-RECORDS. (2018年). UPCH-5935. 
  2. ^ BIGMAMAの特集・インタビュー / ニュース / 作品 - 音楽ナタリー”. ナタリー (2017年10月25日). 2017年10月26日閲覧。
  3. ^ BIGMAMA|UK.PROJECT”. UK.PROJECT (2017年9月6日). 2017年10月26日閲覧。
  4. ^ BIGMAMA、初の表紙巻頭 総力大特集!――ARTICLE 2 メンバー全員で振り返る、決定版BIGMAMAクロニクル!”. MUSICA (2015年2月16日). 2017年10月26日閲覧。
  5. ^ BIGMAMA、初の表紙巻頭 総力大特集!――ARTICLE 2 メンバー全員で振り返る、決定版BIGMAMAクロニクル!”. MUSICA (2015年2月16日). 2017年10月26日閲覧。
  6. ^ BIGMAMA MAMonthly Special「You Are The SPECIALS」特集 BIGMAMA×UNISON SQUARE GARDEN座談会 (1/3) - 音楽ナタリー 特集・インタビュー”. ナタリー (2016年4月12日). 2017年10月26日閲覧。
  7. ^ BIGMAMA”. Skream! (2009年11月6日). 2017年10月26日閲覧。
  8. ^ RX-RECORDS”. UK.PROJECT (2017年3月22日). 2017年10月28日閲覧。
  9. ^ BIGMAMAがファースト・シングル“BOYS DON'T FLY”で復活”. TOWER RECORDS ONLINE (2007年5月30日). 2017年10月28日閲覧。
  10. ^ BOYS DON'T FLY|indiesmusic.com”. indiesmusic.com (2007年6月6日). 2017年10月28日閲覧。
  11. ^ BIGMAMAがファースト・シングル“BOYS DON'T FLY”で復活”. TOWER RECORDS ONLINE (2007年5月30日). 2017年10月28日閲覧。
  12. ^ Neverland”. UK.PROJECT (2007年5月30日). 2017年10月28日閲覧。
  13. ^ BIGMAMA復活半年でフルアルバム!!”. ローチケHMV (2007年10月10日). 2017年10月28日閲覧。
  14. ^ RX-RECORDS”. UK.PROJECT (2017年3月22日). 2017年10月28日閲覧。
  15. ^ BIGMAMA、2ndアルバム発売に!”. ローチケHMV (2008年12月3日). 2017年10月28日閲覧。
  16. ^ BIGMAMAが皆既日食の当日に妄想全開シングル発表”. ナタリー (2009年6月4日). 2017年10月28日閲覧。
  17. ^ BIGMAMA3rdは、全12曲でストーリーを紡ぐコンセプトアルバム『正しい地球の廻し方』”. rockin'on.com (2009年9月8日). 2017年10月28日閲覧。
  18. ^ BIGMAMA、2009年までを振り返るワンマンを名阪で&クリスマスは仙台でライヴ”. rockin'on.com (2011年9月13日). 2017年10月28日閲覧。
  19. ^ BIGMAMA、ニュー・アルバム『Roclassick』の詳細発表”. rockin'on.com (2010年8月16日). 2017年10月28日閲覧。
  20. ^ BIGMAMA、九段会館Xmasライブで極上サプライズ連発”. ナタリー (2010年12月26日). 2017年10月28日閲覧。
  21. ^ BIGMAMA、完全受注生産のクリスマスシングル&DVDの詳細発表”. rockin'on.com (2010年11月17日). 2017年10月28日閲覧。
  22. ^ VINTAGE年越しライブタイムテーブル発表&細美武士追加” (2010年12月16日). 2017年10月29日閲覧。
  23. ^ BIGMAMA、YELLOWCARD のオープニングを飾る”. rockin'on.com (2011年2月17日). 2017年10月28日閲覧。
  24. ^ 5/8はママづくし!BIGMAMAが母の日にLa.mamaでチャリティー・ライヴ。”. Skream! (2011年4月5日). 2017年10月28日閲覧。
  25. ^ BIGMAMA、ニュー・アルバムを来年1月に発売&全国ワンマン・ツアー開催”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年2月17日). 2017年10月29日閲覧。
  26. ^ BIGMAMA@TOKYO DOME CITY HALL”. rockin'on.com (2012年3月24日). 2017年10月29日閲覧。
  27. ^ BIGMAMA金井の喉不調により明日の仙台公演延期”. ナタリー (2012年3月24日). 2017年10月29日閲覧。
  28. ^ BIGMAMA金井、新作「母に贈るCD」に込めた思いコメント”. ナタリー (2012年4月3日). 2017年10月29日閲覧。
  29. ^ BIGMAMA×ゲロルシュタイナー、爽快な新曲PV完成”. ナタリー (2012年7月19日). 2017年10月29日閲覧。
  30. ^ BIGMAMA×[Champagne全国ツアー「星の屑ども作戦」]”. ナタリー (2012年7月13日). 2017年10月29日閲覧。
  31. ^ BIGMAMA、今年のXmasライブはカップル用&1人用の2部制”. ナタリー (2012年9月25日). 2017年10月29日閲覧。
  32. ^ カウントダウンは[Champagne&トリはBIGMAMA。「GT2013」タイムテーブル発表]”. rockin'on.com (2012年12月14日). 2017年10月29日閲覧。
  33. ^ BIGMAMA、5thアルバム「君想う、故に我在り」&初PV集”. ナタリー (2013年1月29日). 2017年10月29日閲覧。
  34. ^ 【BIGMAMA】『BIGMAMA TOUR 2013 ライブ・イズ・ミルフィーユ』2013年6月15日 at 東京ドームシティホール”. OKMusic (2013年6月20日). 2017年10月29日閲覧。
  35. ^ BIGMAMA @ TOKYO DOME CITY HALL2013.06.17 邦楽ライブレポート|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)”. rockin'on.com (2013年6月16日). 2017年10月29日閲覧。
  36. ^ BIGMAMA新シングル、過去作廉価盤、赤坂公演3DAYS発表”. ナタリー (2013年6月17日). 2017年10月29日閲覧。
  37. ^ BIGMAMA @ 赤坂BLITZ2013.11.02 邦楽ライブレポート|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)”. rockin'on.com (2013年11月2日). 2017年10月29日閲覧。
  38. ^ 【BIGMAMA】『「We Don’t Need a Time Machine」 DAY3』2013年11月4日 at 赤坂BLITZ”. OKMusic (2013年11月20日). 2017年10月29日閲覧。
  39. ^ BIGMAMA、新宿ACBで2006年「short films」ツアー再現”. ナタリー (2013年11月27日). 2017年10月29日閲覧。
  40. ^ BIGMAMA、12月に東名阪のQUATTROを回る“X'mas Special Live 2013”開催決定。本日よりオフィシャルHP先行抽選受付スタート”. 激ロック (2013年10月8日). 2017年10月29日閲覧。
  41. ^ BIGMAMA”. rockin'on.com (2013年12月28日). 2017年10月29日閲覧。
  42. ^ BIGMAMA新シングルにJUJU、Jamiroquaiカバー収録”. ナタリー (2014年1月16日). 2017年10月29日閲覧。
  43. ^ BIGMAMA、3ヶ月連続で4アイテムのリリースが決定!金井政人(Vo)による初の絵本も発売!”. 激ロック (2014年2月22日). 2017年10月29日閲覧。
  44. ^ BIGMAMA”. rockin'on.com (2014年8月10日). 2017年10月29日閲覧。
  45. ^ BIGMAMA、新曲も飛び出した豪華絢爛ホールワンマン”. ナタリー (2014年12月15日). 2017年10月29日閲覧。
  46. ^ BIGMAMA、新曲や“カナ雪”で彩った六本木Xmas”. ナタリー (2014年12月26日). 2017年10月29日閲覧。
  47. ^ BIGMAMA”. rockin'on.com (2015年1月1日). 2017年10月29日閲覧。
  48. ^ BIGMAMA新アルバム発売決定、4月から“消えた花嫁を探せ!”ツアーへ”. ナタリー (2014年12月9日). 2017年10月29日閲覧。
  49. ^ BIGMAMA史上最長ツアーが終幕、半年かけて探した“花嫁”はハリセンボン春菜”. ナタリー (2015年10月11日). 2017年10月29日閲覧。
  50. ^ ドンペリで乾杯!BIGMAMA、レア曲だらけの“二次会”終宴”. ナタリー (2015年10月15日). 2017年10月29日閲覧。
  51. ^ BIGMAMA、7種そろうと「MUTOPIA」になるシングルジャケ”. ナタリー (2015年8月12日). 2017年10月29日閲覧。
  52. ^ BIGMAMAの東名阪X'mas Paradeが終幕、新曲2曲&エルレカバー披露”. ナタリー (2015年12月24日). 2017年10月29日閲覧。
  53. ^ BIGMAMA、新シングルは聴き手を幸せにする「SPECIALS」”. ナタリー (2016年1月26日). 2017年10月29日閲覧。
  54. ^ HY+BIGMAMA、コラボ満載「Synchronicity」ツアー東京でスタート”. ナタリー (2016年9月17日). 2017年10月29日閲覧。
  55. ^ BIGMAMA「SHOW BY ROCK!!」に楽曲提供、リアルイベントに出演決定” (2016年7月27日). 2017年10月29日閲覧。
  56. ^ BIGMAMA、“10年前のカケラ”散りばめた10周年ライブ” (2017年2月13日). 2017年10月29日閲覧。
  57. ^ BIGMAMA「Fabula Fibula」スピンオフ作品に住野よる掌編小説を収録” (2017年5月14日). 2017年10月29日閲覧。
  58. ^ BIGMAMAが初のベストアルバムリリース、初期ナンバー含む全40曲収録” (2017年7月19日). 2017年10月29日閲覧。
  59. ^ BIGMAMA/日本武道館2017.10.17 邦楽ライブレポート|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)” (2017年10月15日). 2017年10月29日閲覧。
  60. ^ 2018年、BIGMAMA、ユニバーサルミュージックからメジャーデビュー! 恵比寿LIQUIDROOMを皮切りに全国10箇所のワンマンツアー開催決定!” (2017年10月16日). 2017年10月29日閲覧。

外部リンク[編集]