Age Factory

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Age Factory
出身地 日本の旗 日本奈良県
ジャンル
活動期間 2010年 -
レーベル
公式サイト Age Factory
メンバー
旧メンバー
  • 吉村舞(ドラムス)

Age Factory(エイジファクトリー)は、奈良県出身の日本の男性3人組ロックバンドである。2010年4月清水エイスケが高校一年生のときに同級生の喜多、碓井と3ピースバンドを結成。2014年2月14日に吉村舞が脱退し、同月20日に増子央人が加入[4]

バンド名の由来は、清水がギターを弾きながら漫画ONE PIECEを読んでいたところ、Ageという単語が出てきて惹かれたため。また、当時使用していたギターピックがジャムズファクトリーというメーカーのものであったため、それらを組み合わせて命名された。後付けではあるが「時代を創る」という意味も持つ[5]

メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
2018年5月9日 WORLD IS MINE
  1. WORLD IS MINE
  2. 十月十三日
2018年6月20日 Moony
  1. Moony
  2. アマノジャク
2019年8月9日 CLOSE EYE UKDZ-0201
  1. CLOSE EYE
2019年8月30日 HIGH WAY BEACH UKDZ-0202
  1. HIGH WAY BEACH
2019年9月13日 nothing anymore UKDZ-0203
  1. nothing anymore

フル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 最高位
オリコン
[6]
2016年10月5日 LOVE PECF-3171
  1. Seventeen
  2. 疾走
  3. Yellow
  4. 金木犀
  5. Night Bloomer
  6. Puke
  7. Tours
  8. Veranda
  9. Mother
  10. My end
137
2018年10月10日 GOLD PECF-3212
  1. GOLD
  2. See you in my dream
  3. WORLD IS MINE
  4. HUNGRY/猿
  5. 白昼夢
  6. Moony
  7. million
  8. My green friend
  9. kicks night
  10. TONBO
62
2020年4月29日 EVERYNIGHT UKDZ-0208
  1. Dance all night my friends
  2. HIGH WAY BEACH
  3. Merry go round
  4. Peace
  5. CLOSE EYE
  6. Kill Me
  7. Easy
  8. Everynight
  9. 1994
  10. nothing anymore
36

ミニ・アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 最高位
オリコン
[6]
2014年12月3日 手を振る PECF-3111
  1. 真空から
  2. ロードショー
  3. プールサイドガール
  4. 二月
  5. 君、想ふ頃
  6. グリーングリーン
2015年9月16日 NOHARA PECF-3154
  1. Ginger
  2. NOHARA
  3. さらば街よ
  4. autumn beach
  5. 海を見たいと思う
2017年7月26日 RIVER PECF-3180
  1. OVERDRIVE
  2. RIVER
  3. siren
  4. CLEAN UP
  5. left in march
  6. SUNDAY
104

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 石田大季 (2019年10月22日). “Age Factory 真っ直ぐに感情と向き合うロックバンド”. ミーティア. Mural Inc.. 2021年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 矢島大地 (2020年5月7日). Age Factoryが叫ぶ「殺してみろよ」。優しく生きるための怒号. インタビュアー:矢島大地. 株式会社CINRA. Kompass ミュージックガイドマガジン by Spotify&CINRA.. https://kompass.cinra.net/article/202005-agefactory_yjmdc 2021年6月11日閲覧. "パンク、ポストハードコア、90's emo、オルタナティブロック――そして今作ではヒップホップやグライムまで" 
  3. ^ 石井恵梨子 (2016年10月5日). “奈良発オルタナティヴ新鋭、Age Factoryは“今”だけを見ているーー石井恵梨子のライブ批評”. Real Sound. 株式会社blueprint. 2021年6月11日閲覧。
  4. ^ Age Factoryの2014年2月15日 午前10:21のツイート2021年6月11日閲覧。
  5. ^ ITK (2015年9月10日). Age Factory. インタビュアー:ITK. Diggity. https://diggity-jp.net/feature/22130/ 2021年6月11日閲覧。 
  6. ^ a b Age Factorのアルバム作品”. ORICON NEWS. オリコン. 2021年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]