三阪咲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三阪咲
生誕 (2003-04-23) 2003年4月23日(18歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル J-POP
職業
担当楽器
活動期間 2019年 -
レーベル Bloom Slope Records(2019年 - )
事務所 アミューズ
公式サイト 三阪咲 オフィシャルサイト

三阪 咲(みさか さき、2003年4月23日 - )は、日本のシンガーソングライターアミューズ所属[1]

代表曲に「私を好きになってくれませんか」、オリックス・バファローズ山本由伸投手の登場曲「We are on your side」などがある。

略歴[編集]

幼少の頃から、ダンスピアノギターを習い始める。元々、歌も大好きで強く興味があり、11歳(小5)の時、通っていたダンススクールで開催されていたボーカルコンテストに出場したことを機に、本気で歌手を目指すことを決意。それ以来、路上ライブライブハウスなどでも積極的に音楽活動を行う。その様子が、YouTubeSNSなどを通じて徐々に拡がり、2019年1月にある音楽番組に出演したことが大きな話題に[2]

それをキッカケに世間からより注目を集め、1,000人弱だったSNSのフォロワーは日に日に伸び続け、現在では、Twitterのフォロワーが14万人を超え、Instagramのフォロワーは、約18万人となり注目度が急上昇。TikTokでも、「三阪咲」関連の動画再生数が約5億回と爆発的に視聴されており、YouTubeにアップされている歌唱動画も関連動画再生数は合計約5,000万再生を超える[2]

2019年10月、「第98回全国高校サッカー選手権大会」の応援歌を担当することが決定。メジャーデビュー前、かつ現役高校1年生の起用は史上初の快挙となる。そして、2019年12月4日、自身初の全国流通盤EP「Every day, Every night」をリリース。このEPを掲げ、全国モールツアーの開催し、2019年12月15日に終了。 2020年2月には東京大阪にてワンマンライブを開催。 2020年6月には、東京・大阪・福岡名古屋仙台にてワンマンライブの開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開催を中止。2020年7月には、ワンマンライブを行う予定であった EX THEATER ROPPONGIから生配信ライブを行った[2]

2019年[編集]

2020年[編集]

2021年[編集]

人物[編集]

料理が好きで、夏休みには家族の食事も作っている。なかでもうどんが好きで、粉から麺を作ったこともある。音楽での目標は、高校在学中にZeppツアーをすること[2]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

CDシングル[編集]

# 発売日 タイトル 収録曲 収録作品 備考
1 2019年3月21日 ヒラヒラ 自主製作

デジタルシングル[編集]

# 配信日 タイトル 収録作品
Bloom Slope Records
1 2020年4月27日 私を好きになってくれませんか 2nd EP「After Rain」
2 2020年7月22日 StaRting PoiNt
3 2021年2月24日 僕でいいじゃん
4 2021年7月24日 Bling Bling

アルバム[編集]

ミニ・アルバム(EP)[編集]

# リリース日 タイトル 最高順位[注 1] 収録曲 販売形態 規格品番
Bloom Slope Records
1 2019年12月4日 Every day, Every night 28 CD BSRC-1001
2 2020年10月7日 After Rain 44 CD BSRC-1002

参加作品[編集]

# アーティスト リリース日 タイトル 収録 参加内容
1 Yackle 2019年3月20日 Feel Me Album『FRANK THROW』 ボーカル[6]

ライブ[編集]

ワンマンライブ[編集]

日程 タイトル 会場 備考
2018年
7月27日 京橋ベロニカ
8月5日 Melody Line~はじまりのうた~ 新宿HEADPOWER
8月7日 SocoreFactory
8月14日 グランフロント 路上ライブ
9月7日 うめきた広場(A 大階段下) 無料ライブ
9月14日 水都音楽祭2018感謝祭 無料ライブ
9月17日 あべのAステージ 無料ライブ
9月30日 MUSIC BUSKERR FESTIVAL うめきた広場C 無料ライブ
9月30日 U.for 1st ONEMAN LIVE CLUB VIJON 台風のため延期
10月19日 池袋 サンシャイン通り 路上ライブ
10月20日 Melody Line~2周年anniversary~ 新宿HEADPOWER
10月28日 うめきた広場B 無料ライブ
10月30日 Heaven's☆Train Vol.42~Special Edition~ 梅田TRAD
11月7日 京橋ベロニカ
11月10日 東京? 路上ライブ ?
11月21日 江坂ミューズ
11月25日 U.for 1st ONEMAN LIVE hillsパン工房
12月28日 The Band Night Vol.2 江坂ミューズ
2020年
2月7日、2月11日 One Man Live 2020「RAISE YOU UP!」 渋谷WWW X、梅田CLUB QUATTRO [7]
7月25日 AISE YOU UP!Live Streaming 2020 in Summer EX THEATER ROPPONGI 初の無観客生配信ライブ[8]
2021年
5月1日 - 6月18日 Saki Misaka ”Bling Bling" Tour 2021 ~Smiles are infectious!!~Supported by Seventeen 札幌PENNY LANE24他 全8か所 初の全国ツアー[9]

出演イベント[編集]

ミュージックビデオ[編集]

公開日 監督 曲名 備考
2019/08/18 今だけは好きなものを好きでいたい
2019/09/30 田辺秀伸 Say Good Night
2019/12/02 青柳重徳 繋げ!
2019/12/06 We are on your side 〜Kick Off Live Special Movie〜
2020/04/07 大畑貴耶 私を好きになってくれませんか
2020/09/18 大久保拓朗 StaRting PoiNt
2020/10/20 青柳重徳 友よ恋よ 別バージョンに「荒乙Special Movie」ver.がある。
2021/03/01 佐藤なつみ
大北隼平
僕でいいじゃん

タイアップ一覧[編集]

曲名 タイアップ 収録作品
2019年 繋げ! 第98回全国高等学校サッカー選手権大会 応援歌[3] 1st EP 「Every day, Every night」
We are on your side 第98回全国高校サッカー選手権大会 みんなのアンセム[3]
2020年 私を好きになってくれませんか AbemaTV今日、好きになりました。』オープニングテーマ[4] 2nd EP「After Rain」
Say Good Night AbemaTV『今日、好きになりました。』エンディングテーマ 1st EP 「Every day, Every night」
友よ恋よ MBS/TBSドラマイズム荒ぶる季節の乙女どもよ。』主題歌[10][11] 2nd EP「After Rain」
2021年 僕でいいじゃん AbemaTV今日、好きになりました。』オープニングテーマ[12]
Bling Bling Seventeen テーマソング[13][14]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

スチール・広告[編集]

  • AWA」x 「WEGO」 コラボキャンペーン 第17弾アーティスト

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ オリコン音楽週間ランキング

出典[編集]

  1. ^ 三阪咲プロフィール”. アーティストプロフィール. アミューズ. 2021年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c d “全国高校サッカー選手権大会・応援歌に史上最年少で抜擢、SNSで注目度急増 16歳のシンガー・三阪咲とは?”. オリコン. (2019年12月30日). https://www.oricon.co.jp/confidence/special/54127/ 2021年4月1日閲覧。 
  3. ^ a b c d “三阪咲、高校サッカー史上初の“みんなのアンセム”解禁 初の全国流通EPリリースも決定”. オリコン. (2019年11月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2147742/full/ 2021年4月1日閲覧。 
  4. ^ a b “現役高校生シンガー三阪咲、“今日好きダンス”話題曲MV解禁 切ない恋愛模様描く”. オリオン. (2020年7月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2166502/full/ 
  5. ^ 三阪咲 新曲「Bling Bling」4月1日(木)デジタルリリース!「Seventeen」雑誌創刊以来初のテーマソングとして起用!初全国ライブハウスツアー開催決定! | 株式会社 アミューズ - AMUSE -”. www.amuse.co.jp. 2021年4月1日閲覧。
  6. ^ Yackle 1st Full Album 『FRANK THROW』”. Yuuki Yamaguchi オフィシャルサイト. Yuuki Yamaguchi. 2020年4月14日閲覧。
  7. ^ “三阪咲が“未来への決意”示す 【ワンマンライブレポ】”. Billboard JAPAN. (2020年2月13日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/84933/2 
  8. ^ “三阪咲、初の無観客生配信ライブ開催&新作EP10月リリース”. Billboard JAPAN. (2020年7月27日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/90460/2 
  9. ^ “三阪咲、初の全国ライブハウスツアー開催決定!チケット最速先行開始!”. POPSCENE. (2021年4月1日). https://popscene.jp/news/049574 2021年4月1日閲覧。 
  10. ^ 三阪咲、ドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」に主題歌書き下ろし「たくさんの人に愛して貰えたら」」『』ナターシャ、2020年8月4日。2021年4月1日閲覧。
  11. ^ 三阪咲、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』主題歌「友よ恋よ」の荒乙Special Movieを公開」『』ジャパンミュージックネットワーク株式会社、2020年10月3日。2021年4月1日閲覧。
  12. ^ “三阪咲の新曲「僕でいいじゃん」が『今日、好きになりました。』新シーズンのテーマ曲に”. Billboard JAPAN. (2021年1月4日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/95728/2 
  13. ^ 三阪咲が新曲配信、雑誌「Seventeen」史上初のテーマソングに」『』ナターシャ、2021年4月1日。2021年4月1日閲覧。
  14. ^ いよいよ本格始動!“三阪咲ちゃん×梨々花”のSTダンス部SPECIAL TALK”. STchannel. 講談社. 2021年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]