この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

仲里依紗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なか りいさ
仲 里依紗
生年月日 1989年10月18日(26歳)
出生地 日本の旗 長崎県東彼杵郡東彼杵町[1]
身長 162cm[2]
血液型 B型[3]
職業 女優、ファッションモデル
ジャンル テレビドラマファッション映画CM
活動期間 2002年 -
配偶者 中尾明慶(2013年 - )
事務所 アミューズ
公式サイト アミューズによるプロフィール
主な作品

テレビドラマ
ハチワンダイバー
ヤンキー君とメガネちゃん
日本人の知らない日本語


映画
ちーちゃんは悠久の向こう
純喫茶磯辺
時をかける少女
ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-
ハラがコレなんで

仲 里依紗(なか りいさ、1989年10月18日[4] - )は、日本女優ファッションモデル

長崎県東彼杵郡東彼杵町出身[1]アミューズ所属。日出高等学校卒業[5]。夫は俳優中尾明慶。1児の母[6]

来歴

少女漫画雑誌『ちゃお』(小学館)に連載されていた今井康絵の漫画『シンデレラコレクション』の主人公に似ている女子を探す「ニーナをさがせ!!モデルオーディション!!」[7]というオーディションに妹が写真を送ったところ、特別賞を受賞し、これをきっかけに芸能界入り[8]。その後、ファッション雑誌『CANDy』のモデルとなる[いつ?]

アニメ映画『時をかける少女』の主人公の声を担当、実写版『時をかける少女』でも主人公を演じる。

2008年、映画『純喫茶磯辺』で、第30回『ヨコハマ映画祭』最優秀新人賞と第63回『毎日映画コンクール』スポニチグランプリ新人賞を受賞。

2010年、ヒロインであるゼブラクイーン役で出演した映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』にて、ゼブラクイーンとして歌手デビューを果たした。この作品と『時をかける少女』の演技が評価され第34回日本アカデミー賞など数々の映画賞を受賞。

2011年東日本大震災の復興支援のために結成されたチーム・アミューズのチャリティー楽曲「Let's try again」に参加。

2013年3月21日、中尾明慶との婚約および妊娠中(3か月)であることを発表[9]、4月18日に婚姻届を提出した[10]。2013年10月4日、第1子となる男児を出産[11]

2014年、長崎県東彼杵町ふるさと大使に任命される。

人物

  • 父方の祖父がスウェーデン人である。「里依紗」という名前は、モナリザの絵が好きだった祖父が名付けた[5]。家族には妹がおり、2013年度の大村フラワー大使に選ばれた[12]
  • ホラー映画が好き[要出典]。音楽は幼い頃からクイーンラモーンズディープ・パープルメタリカなど洋楽を好んで聞いていた[3]。特にKISSは大人になってからも自らの父親と一緒にライブに参加し、Twitterでその様子を報告するなどしている[13]。邦楽では小学生の頃から浜崎あゆみの大ファンであり、自身にとって神様のような存在であるという[14]。その影響でコギャルに憧れ、SHIBUYA109の店員になることを夢見ていたほど[8]。2016年に発売された浜崎あゆみのアルバム『A BEST -15th Anniversary Edition-』にはライナーノーツも寄稿している[15]
  • IMALUと親交がある[16]
  • 特技は、日本舞踊と水泳、ピアノ[17]。好きな食べ物はレバー刺しと生クリーム[18]
  • ペットはチワワ・モモンガ・フグ・ウーパールーパーを飼っているが[19]ヘビ・カエルが苦手である[20]
  • ハチワンダイバー』で仲が演じるヒロインの中静そよは、「アキバの受け師」と呼ばれる謎の女性棋士で、「秋葉原メイド掃除クラブ」で出張メイドのアルバイトもしている巨乳の19歳という役である(メイドの時は「みるく」という源氏名で呼ばれている)。そのためドラマ中では、胸そのものに注目が集まる話があったり、実際に胸の谷間を強調したメイド服を着る場面もあるが、本人は「抵抗は全然ないといいますか、むしろ、この現場を楽しんでます。胸を強調されるのも、お芝居上だけですし、大丈夫です。」と述べている[21]
  • ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』で、悪役「ゼブラクイーン」を演じた際、露出度の高いセクシー衣装に対して、「ホント、最強ですよね。布の面積が少なくて、毎回、網しかもらえなかった(笑)」とコメント。監督の三池崇史から「結論として(次は)スッポンポンになるしかない」と言われると「モザイクをかけてもらえれば」と応じた[22]

受賞歴

2008年(『純喫茶磯辺』)

2010年(『時をかける少女』『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』)

出演

映画

テレビドラマ

バラエティ

ドキュメンタリー

  • 静かな声(2013年、長崎放送制作) - ナレーション
  • ドキュメント72時間(2013年、NHK総合) - ナレーション

音楽番組

携帯電話放送

劇場アニメ

吹き替え

舞台

ラジオ

CM

PV

DVD

CD

ポスター

  • 駅前放置自転車クリーンキャンペーン
  • 全国消防長会 2006年秋の火災予防運動

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b ひがしそのぎ 平成25年1月号 No.544 (PDF)”. 東彼杵町役場 (2013年1月). 2015年2月28日閲覧。
  2. ^ 仲里依紗 (2010年4月26日). “B型革命”. 仲里依紗オフィシャルブログ. 2010年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月17日閲覧。
  3. ^ a b 仲里依紗. LISMOオリジナルドラマ第8弾 『恋ばな-スイカと絆創膏-』に出演 仲里依紗Part.2. インタビュアー:藤岡真司. Deview-デビュー.. https://deview.co.jp/Interview?am_interview_id=182&am_view_mode=organic 2016年4月2日閲覧。 
  4. ^ ARTIST 仲里依紗”. アミューズオフィシャルプレゼント. アミューズ. 2015年10月17日閲覧。
  5. ^ a b exciteニュース2014年4月17日 17時00分(元記事:週刊実話)より。
  6. ^ 仲里依紗 第1子男児を出産!夫・中尾明慶も立ち会い「涙出た」スポーツニッポン、2013年10月4日
  7. ^ 番組内容2010年5月27日放送分”. アカデミーナイト. TBS (2010年5月27日). 2011年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月28日閲覧。
  8. ^ a b c 仲里依紗. LISMOオリジナルドラマ第8弾 『恋ばな-スイカと絆創膏-』に出演 仲里依紗Part.1. インタビュアー:藤岡真司. Deview-デビュー.. https://deview.co.jp/Interview?am_interview_id=183&set_cookie=2 2016年4月2日閲覧。 
  9. ^ “仲里依紗が中尾明慶と結婚、妊娠3カ月”. 日刊スポーツ. (2013年3月21日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130321-1100722.html 2013年4月9日閲覧。 
  10. ^ 中尾明慶、仲里依紗と今月18日に入籍「とても幸せ」”. ORICON STYLE (2013年4月24日). 2015年10月17日閲覧。
  11. ^ “仲里依紗が男児出産!中尾明慶は立ち会い「最高の宝物」”. SANSPO.COM. (2013年10月5日). オリジナル2013年10月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131007030637/http://www.sanspo.com/geino/news/20131005/mar13100505030001-n1.html 2015年10月17日閲覧。 
  12. ^ “大村フラワー大使:女優・仲里依紗さんの妹ら2人に決まる”. 毎日新聞: 長崎版. (2013年3月13日). オリジナル2013年3月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130315203341/http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20130313ddlk42040437000c.html 2015年10月17日閲覧。 
  13. ^ 仲里依紗、父親公開で「イケメン!」の声多数……親子でKISSになりきりツーショット”. RBB TODAY (2015年3月4日). 2016年4月2日閲覧。
  14. ^ a b 仲里依紗 (2009年11月2日). 尊敬できる人しか、好きになりたくない. (インタビュー). ライブドアニュース.. http://news.livedoor.com/article/detail/4429138/?p=1 2013年4月9日閲覧。 
  15. ^ 浜崎あゆみ『A BEST』15周年記念盤に浅田真央、仲里依紗らが寄稿。本人手書き歌詞も公開”. BARKS (2016年2月11日). 2016年4月2日閲覧。
  16. ^ さんまのまんま バックナンバー”. さんまのまんま. 関西テレビ (2011年11月5日). 2015年2月28日閲覧。
  17. ^ BARKS「仲里依紗」より。
  18. ^ 本人のtwitter(2014年10月7日)より。
  19. ^ 仲里依紗に新しい家族が仲間入り!?”. モデルプレス (2010年7月29日). 2015年3月5日閲覧。
  20. ^ 443通信☆カエルさん☆”. 仲里依紗オフィシャルブログ (2010年7月5日). 2015年3月5日閲覧。
  21. ^ ハチワンダイバー 談話 第2局 - フジテレビ(2008年10月30日時点のアーカイブ
  22. ^ 『ゼブラーマン2』でヒールを演じた仲里依紗、セクシー衣装は面積が少なかった!?”. ムービーコレクション (2010年4月6日). 2013年4月9日閲覧。
  23. ^ “仲里依紗:出産後初主演ドラマに「プレッシャーあった」”. MANTANWEB. (2014年9月19日). http://mantan-web.jp/2014/09/19/20140919dog00m200030000c.html 2015年2月28日閲覧。 
  24. ^ 観月ありさ、殺人犯役初挑戦 山本耕史と新婚同士共演”. ORICON STYLE (2015年8月30日). 2015年8月30日閲覧。
  25. ^ 仲里依紗、まさかの出来事に赤面「写真を撮られるなんて」”. モデルプレス (2015年11月17日). 2015年11月18日閲覧。
  26. ^ 登場人物|新春スペシャルドラマ「富士ファミリー」”. NHK. 2015年12月17日閲覧。
  27. ^ “藤山直美、仲里依紗が初共演 昨秋「最強のオンナ」に続く“女ドラマ””. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年11月4日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151103-OHT1T50143.html 2015年11月4日閲覧。 
  28. ^ “The Covers新MCに仲里依紗、リリーとのタッグに「痩せちゃった、どうしよう」”. 音楽ナタリー. (2016年3月24日). http://natalie.mu/music/news/180810 2016年3月24日閲覧。 
  29. ^ 日本代表のサクラ役は、幸せいっぱいの女優仲里依紗さん!”. 映画『プレーンズ』. 2013年12月23日閲覧。
  30. ^ ミュージカル ふたり
  31. ^ 仲里依紗、宙吊りで堂本光一と妖艶な逢瀬!「昼は淑女で、夜は娼婦のような女優」と山本寛斎が絶賛!”. シネマトゥデイ (2010年11月20日). 2013年9月26日閲覧。
  32. ^ 小栗旬・森山未來・仲里依紗が出演!劇団☆新感線「髑髏城の七人」2011年バージョン!新世代で大胆リニューアル”. シネマトゥデイ (2011年5月2日). 2013年9月26日閲覧。
  33. ^ “仲里依紗、巨大コロコロ&誕生日ケーキに大喜び「ありがとう!」”. SANSPO.COM. (2015年10月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20151016/geo15101605020012-n1.html 2015年10月17日閲覧。 
  34. ^ 『モテキ』森山・長澤・麻生・仲・真木が“パルコアラ”とお尻フリフリダンス”. ORICON STYLE (2011年6月27日). 2013年9月26日閲覧。
  35. ^ “千原ジュニア:新CMで仲里依紗に“顔の圧力”発揮”. MANTANWEB. (2015年2月27日). http://mantan-web.jp/2015/02/27/20150226dog00m200105000c.html 2015年2月28日閲覧。 
  36. ^ 仲里依紗、ゴーストノートのPVでロック少女に変身”. BARKS (2010年8月5日). 2016年4月2日閲覧。

外部リンク