岡野昭仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡野昭仁
Porno Graffitti at Anime Expo 2013.jpg
右が岡野
基本情報
別名 昭仁、アキヒト
生誕 (1974-10-15) 1974年10月15日(43歳)
出身地 日本の旗 日本, 広島県因島市(現・尾道市
学歴 広島県立因島高等学校
大阪学院大学経済学部(中退)
ジャンル J-POP
ロック
職業 シンガーソングライター
ボーカリスト
ミュージシャン
担当楽器 ボーカル
ギター
ピアノ
活動期間 1994年 -
レーベル SME Records
事務所 アミューズ
共同作業者 新藤晴一ポルノグラフィティ
本間昭光
(プロデューサー、ak. homma)
Tama
(2004年にポルノグラフィティを脱退)
公式サイト PornoGraffitti Official Site
ボン・ジョヴィ
ガンズ・アンド・ローゼズ
THE YELLOW MONKEY
ユニコーン
X JAPAN

岡野 昭仁(おかの あきひと、1974年10月15日 - )は、日本ミュージシャンヴォーカリストポルノグラフィティのヴォーカリストとして活動中。デビュー時のアーティスト名はアキヒト。高校時代に、同級生でポルノグラフィティのメンバーである新藤晴一が結成したバンド「NO SCORE」にコーラスとして加入。新藤に歌の上手さを買われてヴォーカルとなり、現在に至る。

概要[編集]

音楽への目覚めは、青春時代に聴いていた洋楽のボン・ジョヴィガンズ・アンド・ローゼズ、邦楽のTHE YELLOW MONKEYユニコーンX(後のX JAPAN)などがきっかけ。

岡野が手掛けた楽曲の中には、ガンズ・アンド・ローゼズの曲名や歌詞が使用されているものがあり、ガンズ・アンド・ローゼズへのリスペクトがみられる。例として、「Human Being」という曲名や、「東京ランドスケープ」の歌詞「It's so easy!!」、「Let's go to the answer」の歌詞「Welcome to the jungle」などがある。また、「高校のとき観たガンズのライブで感じた興奮と同じくらいのライブをしたい!」という目標を掲げている。

2008年1月上旬、ファンクラブ会報誌にて、一般人女性との結婚を報告した[1][2]。女性の連れ子[2]と実子[3]がいる。

プロフィール[編集]

基本データ[編集]

人物[編集]

  • 作曲の際は、ギター、ピアノなどの楽器を使用する。「リズムから作ることが多い」とラジオにて語った。作詞の際は、パソコンを使用して歌詞を入力している。
  • デモ制作用として自宅内に個人スタジオを所有している。DAWはPro Toolsを、マイクはゲオルク・ノイマン英語版のヴィンテージやAKGのC12VRを主に使用している。
  • 自他ともに認めるほど運動神経が良くスポーツ万能。サッカーの熱狂的なファンで、特にセリエAが好きと語っている。クリスティアン・ヴィエリの大ファンでもある。また自身でも「チーム岡野」というサッカーチームを持っていたが、岡野曰く自然解散となってしまい、その後は無所属で自由にサッカーを楽しんでいる。
  • 2011年[4]に、事務所の後輩であるFLOWflumpoolなどとともにフットサルチームを結成し大会に参加している[5]
  • プロ野球広島東洋カープのファンである。
  • 釣り好きが高じて、2008年7月30日・31日、日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の企画「第14回芸能人釣り選手権」に初出場を果たした。愛してやまない月亭方正からは「ド田舎ミュージシャン」と言われ、「あんな呼ばれかたは初めて」と返した。
  • 小学5年生の時に、姉がジャニーズ事務所へ岡野の履歴書を勝手に送っていたことがあると『ミュージックステーション』にて語った。しかしジャニーズ事務所からの連絡は全くなく、結果的に落選したという。
  • COUNT DOWN TVの不定期コーナー『恋人にしたいアーティスト・男性部門』では、2001年から2007年まで毎年上位にランクインし、最高位は2位であった。
  • かつては喫煙者だったが、2008年に禁煙した。
  • 岡野曰く、プライベートではあまりオーラがなく気付かれないことがある。

所有・使用楽器[編集]

エレクトリックギター[編集]

  • Gibson 1960 ES-335
  • Gibson 1956 Les Paul Goldtop
  • Gibson SG Jr.
  • Gibson Les Paul Special
  • Gibson Les Paul Junior Special
  • Gibson Les Paul Traditional 1960
  • Gibson Explorer
  • Fender Stratocaster
  • Fender Telecaster
  • Fender Jaguar
  • Fender Jazz Master
  • SS by Shimura special(水谷公生から借り受けている)
  • Deceiver aH-260M
  • Deceiver aH Proto Model
  • DEAN Deceiver

アコースティックギター[編集]

  • Gibson Sheryl Crow Signature
  • Gibson Humming Bird
  • Gibson 1966 J-45
  • Gibson J-50
  • Gibson B-25 など

アンプ[編集]

  • Orange Rockerverb 100
  • VOX AC30/6TV など

参加作品[編集]

出演番組[編集]

レギュラー
ゲスト出演

書籍・その他[編集]

  • an・an(女性ファッション誌) - 2006年6月から2007年6月まで、相方の新藤晴一とともに週交代形式で「男の交換日記」を連載していた。
  • BREaTH(音楽雑誌) - 2003年8月号の表紙を飾った。
  • LuckyRaccoon(音楽・お笑い・エンターテインメント総合雑誌) - BREaTHの後身。定期的にソロ掲載。
  • 食堂かたつむり(小説) - 小川糸(春嵐)が所属する音楽制作ユニットFairlifeに、岡野がゲスト・ヴォーカルとして参加している縁から、帯にコメントを寄せた。このことは、TBS系番組『王様のブランチ』でも小川によって紹介された。
  • スポーツ報知 - 2006年W杯に向け、芸能界のサッカーファン代表として批評&順位予想のコメントを寄せた。
  • 元ちとせ「冬のハイヌミカゼ」(音楽DVD) - DVDの各種広告・宣伝のため、各界の著名人とともに感想のコメントを寄せた。

交友関係[編集]

  • Tama - ポルノグラフィティの元メンバー。高校時代からの友人。
  • aiko - 「じゃけん4兄妹」つながり。
  • 堂本剛KinKi Kids) - 釣り仲間・引きこもり同士。互いの番組にゲスト出演し合っている。
  • 水谷公生 - Fairlifeの項を参照。
  • 浜田省吾 - 同上。会うと必ずしっかりとハグしてくれる、岡野にとってお父さんのような暖かい存在。共に広島県出身でカープファン。
  • スガシカオ - 岡野の尊敬しているミュージシャン。岡野のラジオ番組への出演を契機に親しくなる。自宅が近所。
  • 月亭方正 - 岡野の好きなお笑い芸人。岡野のラジオ番組への出演を契機に親しくなる。
  • 吉井和哉 - 岡野の尊敬しているミュージシャン。岡野のラジオ番組への出演を契機に親しくなる。
  • 福山雅治 - 事務所の先輩。互いのラジオ番組の時間が連続していたため親交が深まる。
  • 奥田民生 - 岡野の尊敬しているミュージシャン。とある人の結婚パーティーで会い、親しくなる。
  • 笑福亭鶴瓶 - 鶴瓶が岡野のラジオへコメントを寄せたことを契機に親しくなる。また、鶴瓶のラジオ番組にも岡野がゲスト出演した。
  • 松本隆博 - ダウンタウン松本人志の実兄。岡野のラジオ番組への出演を契機に親しくなる。松本は2008年にSMEからメジャーデビューを果たしたが、デビュー決定を報告したのはダウンタウンと岡野だけであり、岡野の存在は心強かったと語っている。
  • 岩沢厚治 - 音楽雑誌『BREaTH』で対談し、表紙も二人で飾った。岡野は自身のラジオ番組で、岩沢はゲスト出演したラジオ番組で、互いを「友人である」と発言している。
  • つるの剛士 - 釣り仲間。岡野のラジオ番組への出演を契機に親しくなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式ファンクラブ love up! 会報28号(2007年12月) p.17
  2. ^ a b ORICON STYLE (2008年1月3日10:00). “ポルノグラフィティ・岡野昭仁、今月結婚”. eltha. オリコン. 2009年8月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月29日閲覧。
  3. ^ 日刊スポーツ (2009年6月9日). “ポルノ岡野の妻が第1子妊娠、年内出産”. 芸能・ニュース. 日刊スポーツ新聞社. 2011年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年4月29日閲覧。
  4. ^ テレビ朝日ミュージックステーションスーパーライブ』2011年12月23日放送。
  5. ^ FOOTBALL DISK GARAGE (2012年3月8日22:15). “音蹴杯2012大会プログラム完成!&出場選手決定! - 音蹴杯への道”. DISK GARAGE. 2012年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]