岡野昭仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡野 昭仁
Akihito Okano 20130704.jpg
Anime EXPO 2013』にて
基本情報
別名 アキヒト(1999年 - 2001年)
生誕 (1974-10-15) 1974年10月15日(48歳)
出身地 日本の旗 日本広島県因島市(現・尾道市
学歴
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1994年 -
レーベル SME Records
事務所 アミューズ
共同作業者
公式サイト PornoGraffitti Official Site

岡野 昭仁(おかの あきひと、1974年昭和49年〉10月15日[注釈 1] - )は、日本ミュージシャンボーカリスト。ロックバンド・ポルノグラフィティのボーカリスト。広島県因島市(現・尾道市)中庄出身。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1974年10月15日、広島県因島市で岡野家の長男(姉が2人)として誕生[1][3]。両親は「サトル」と名付けたがっていたが[3][4]、岡野家の名前は基本的に叔父が付けていたため、叔父によって「昭仁」と名付けられた[3]

幼い頃の夢はスポーツ選手で、小学校では野球、中学校では陸上(長距離・駅伝)とサッカーに勤しんでいた[1]。音楽に興味を持ち始めたのは小学生の頃で、そのきっかけは6つ上の姉がデュラン・デュランなどの洋楽を聴いていたことだという[1]。なお、歌うことに関してはそれ以前から好きだったといい、親戚の集まりでは梅沢富美男の「夢芝居」をカラオケで歌って親戚のおじさんやおばさんを喜ばせるなど、「ボーカリストの原点はそこなんじゃないか」と語っている[5][1]。音楽をしっかり聴き始めたのは中学生の頃で、邦楽では久保田利伸米米CLUBユニコーンXなどを聴いていた[6]。当初はあまり洋楽を聴いていなかったが、中学3年生の頃からボン・ジョヴィガンズ・アンド・ローゼズなどを聴き始めるようになったという[3][6]

高校時代[編集]

1990年因島高校に入学し、新藤晴一と出会う[1]。出会った当時の新藤は坊主で髪色が赤茶色だったため、岡野は「何か恐い[1]」「絶対こいつとは友達になれん[3]」と思っていたが、高校2年生の時に友達の誘いで入った応援団に新藤が所属していたことがきっかけで仲良くなったという[1][3]。その後たまたま一緒に行ったカラオケで「文化祭でコーラスとして参加してくれないか」と誘われ、新藤が組んでいたNO SCOREというバンドに加入した[1]。文化祭ではコーラスを担当したが、文化祭後から新藤に変わってボーカルに昇格し、翌春の新入生歓迎会でボーカルデビューを果たした[1]

上阪、インディーズ時代[編集]

1993年に高校を卒業し、NO SCOREは事実上の解散となった。春からは浪人のために大阪の予備校に入り、寮生活を始めた[1]。夏前までは頑張って勉強をしていたが、夏頃からは寮の友達の影響でサッカーやパチンコなどで遊ぶようになったという[1]。この頃はヘヴィメタハード・ロックが好きで、伊藤政則の『ROCK KIDS 802』といったラジオ番組、『BURRN!』といった音楽雑誌で情報を集めるなど、人生で一番音楽を聴いていた時期だという[1][7]。また、バンド活動はしていなかったが、友達とよくカラオケに行き、そこで「来年からは(新藤らと)バンドするけん!」と宣言していたという[1][3]

1994年大阪学院大学に入学し、上阪した新藤とTamaら、NO SCOREのメンバー5人全員が大阪で再会を果たす[1]。その5人で再びバンドを結成したが、ほとんど活動しないまま2人が脱退した。夏頃から新たにバンド活動を始め、ポルノグラフィティを名乗るようになる[1]。その後はライヴやイベント出演など精力的にバンド活動を行い、ほとんど大学には通わず、大学3年生になるタイミングで中退した[1]城天心斎橋筋2丁目劇場でライヴを行っていたのもこの頃である[1]

1997年3月に『SDオーディション』に合格し、SMEおよびアミューズと契約を結ぶ[1]。同年9月末に活動拠点を大阪から東京に移し、1998年夏頃からメジャーデビューに向けて本格的に楽曲制作やレコーディングを開始した[1]

メジャーデビュー以降[編集]

  • 2013年10月5日〜2014年9月27日:FM802『LIVE IT UP』のパーソナリティーを担当[7][10][11]
  • 2014年12月19日:「LIVE IT UP」の後夜祭として、『岡野昭仁カヴァーLIVE 「SING IT UP」』をなんばHatchで開催[10][12]
  • 2017年2月1日:Mayday自伝 History of Tomorrow』に収録された「Song for you」の作詞を担当、同楽曲のゲストボーカルに参加。
  • 2017年2月4日:Mayday『Re:DNA ~2017 復刻版~』日本武道館公演にシークレットゲストとして出演[13][14]
  • 2018年2月27日:Dr.kyOn(元・BO GUMBOS)の還暦記念ライヴ『Dr.kyOn還暦記念スーパージョイント"NEW MORNING Vol.1"』にゲスト出演[15]
  • 2018年6月23日:豊洲 MIFA Football Parkで開催されたフットサルトーナメント『NIKE FTBL CUP』のLegendチームにKEIGOFLOW)と共にスペシャルゲストとして参加[16]
  • 2019年6月11日:パシフィコ横浜国立大ホールで開催された『澤野弘之LIVE[nZk]006』にゲスト出演[17][18]
  • 2020年2月29日:LINE CUBE SHIBUYAで開催されたスガシカオ主催のイベント『第3回かけすぎジャンボリー』にゲスト出演[19]
  • 2020年3月20日:『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 ~ROPPONGI BASHO』に出演[注釈 2][20]
  • 2020年3月23日:音楽配信番組『DISPATCHERS』をスタート[21]
  • 2020年9月29日:『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHARE supported by au 5G LIVE』の振替ライヴに出演[注釈 3][22]
  • 2020年11月25日:「歌を抱えて、歩いていく」プロジェクトの始動、並びにプロジェクトの第一弾楽曲「光あれ」のリリースを発表[23][24]
  • 2021年1月3日:ニッポン放送『ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン』のパーソナリティーを約11年ぶりに担当[25]
  • 2021年1月20日:プロジェクト第一弾楽曲「光あれ」を配信リリース[26]
  • 2021年4月11日:『岡野昭仁 配信LIVE2021「DISPATCHERS 」』を開催[27]
  • 2021年4月12日:プロジェクト第二弾楽曲「Shaft of Light」を配信リリース[28]
  • 2021年7月2日:プロジェクト第三弾楽曲「その先の光へ」を配信リリース[29]
  • 2021年7月10日:Bilibili主催のライブビューイングイベント『Bilibili Macro Link – Star Phase 2021(BML-SP2021)』に出演[30]
  • 2021年7月11日:Bilibili主催のライブビューイングイベント『Bilibili Macro Link 2021』に出演[31]
  • 2021年7月25日:『岡野昭仁 配信LIVE2021「DISPATCHERS vol.2」』を開催[32]
  • 2022年3月13日:東京国際フォーラム ホールAで開催された『澤野弘之LIVE[nZk]007』にゲスト出演[33]
  • 2022年5月9日:プロジェクト第四弾楽曲「MELODY (prod.by BREIMEN)」を配信リリース[34]
  • 2022年5月31日:ニッポン放送『岡野昭仁と井口理のオールナイトニッポン』のパーソナリティーを井口理King Gnu)と共に担当[35]

人物[編集]

プロフィール[編集]

その他[編集]

  • 小学3年から6年までは野球をしており、新藤が監督を務める桜ヶ丘クロゴスにも所属していた。また、新藤と同じく広島東洋カープの大ファンであり、テレビやラジオ、ライヴMC等ではかなりの頻度でカープの話題を口にする。
  • 小学2年と中学・高校ではサッカーをしており、サッカー好きでもある。中田英寿が永遠のヒーローだといい、近年でも欧州サッカーの選手名鑑は10数年分を保管しており、久保建英ジョアン・フェリックスに注目していると語っている。また、自身でもチーム岡野というサッカーチームを持っていたが、岡野曰く自然解散となってしまい、その後は無所属で自由にサッカーを楽しんでいた。[要出典]。2011年からは事務所の後輩とともにフットサルチーム・チーム・アミューズ!!を結成。岡野がキャプテンを務め[37]FLOW平岡祐太向野章太郎らと大会やイベントに参加している[38][39]
  • 趣味の一つである釣り(バスフィッシング)は2006年春頃から始めたもので[40]、2級船舶免許も取得しており、釣り用ボートも所有している[41]。また、釣り好きが高じて、日本テレビ系『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の企画「第14回芸能人釣り選手権」(2008年7月20日・27日放送)に出場した[42]
  • デビュー当初は新藤と共にカートにハマっていたことがある[41]。当時はそれぞれカートを所有し、ツインリンクもてぎでの7時間耐久レースにも数年間参加していた[41]
  • 大の漫画好きで『ONE PIECE』『ブラックジャックによろしく』『NANA』など、自宅に約3,000冊の漫画を所有している(2007年時点)[43]。近年は『鬼滅の刃』『怪獣8号』『フットボールネーション』などにハマっていると明かしている[44][45]

音楽面[編集]

ソロプロジェクト[編集]

2020年11月25日、「歌を抱えて、歩いていく」プロジェクトと銘打ったソロプロジェクトの始動を発表した[23][24]。このプロジェクトは岡野がこれまでとこれからの自身の歌を総括し、多様なジャンルのアーティストから曲や詞の提供を受け、歌いあげるというもの[24]

楽曲

  1. 光あれ(2021年1月20日)
  2. Shaft of Light(2021年4月12日)
  3. その先の光へ(2021年7月2日)
    • プロジェクト第三弾楽曲。劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』主題歌
    • 作曲を「光あれ」に引き続き澤野弘之が手掛けており、デモ曲を聴いた岡野が「この曲を本当の名曲へと仕上げてくれるのはこの方しかいない」とスガシカオに作詞を依頼したという[29]
    • コーラスには『七つの大罪』のメリオダス役・梶裕貴、エリザベス役・雨宮天が参加している[29]
    • MV[53]ではJリーグ唯一の男性チア・TAKARAに焦点が当てられている[54]
  4. MELODY (prod.by BREIMEN)(2022年5月9日)
    • 井口理King Gnu)とのコラボレーションによるプロジェクト第四弾楽曲。名義は「岡野昭仁×井口理」。
    • 楽曲は井口の提案で5人組ミクスチャーファンクバンド・BREIMENの高木祥太が詞曲が担当[55]。また、編曲・演奏をBREIMENの5人が担当している[55]
    • MVには岡野・井口のほか、BREIMENのメンバー全員が出演[56]常田大希(King Gnu)が主宰するPERIMETRONのOSRINが監督を務めた[57]
    • 5月13日にレコーディングのドキュメント映像、7月7日にMV撮影のドキュメント映像が『DISPATCHERS』でそれぞれ公開された[58][59]
    • 音楽番組では『CDTVライブ!ライブ!』(5月23日放送回[60])、『ミュージックステーション』(6月10日放送回[61])で披露された。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

リリース タイトル 規格 備考
1st 2021年1月20日 光あれ デジタル・ダウンロード 各楽曲の詳細は#ソロプロジェクトを参照
2nd 2021年4月12日 Shaft of Light
3rd 2021年7月2日 その先の光へ
4th 2022年5月9日 MELODY (prod.by BREIMEN)

参加作品[編集]

Fairlife
  • 永遠のともだち feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ
シングル「永遠のともだち」収録(2004年9月23日)
  • 冬休み feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ
アルバム『Have a nice life』収録(2004年12月1日)
  • 淋時雨 feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ
アルバム『パンと羊とラブレター』収録(2007年3月7日)
  • モンスター feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ
アルバム『パンと羊とラブレター』収録(2007年3月7日)
  • 旅せよ若人 feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ
シングル「旅せよ若人」収録(2010年1月20日)
  • みちくさ feat. 岡野昭仁 from ポルノグラフィティ
アルバム『みちくさ日和』収録(2010年2月3日)
ウカスカジー
アルバム『AMIGO』収録(2014年6月11日)
Mayday
  • Song for you
アルバム『自伝 History of Tomorrow』収録(2017年2月1日)
SawanoHiroyuki[nZk]
  • EVERCHiLD
アルバム『"R∃/MEMBER"』収録(2019年3月9日)
スガシカオ
YouTube限定配信(2020年4月29日)

ライヴ[編集]

開催年 ライヴタイトル ライヴ詳細
2014年12月19日 FM802 25th Anniversary 802GO! SPECIAL LIVE
岡野昭仁カヴァーLIVE 「SING IT UP」
1公演
大阪府なんばHatch
2021年4月11日 岡野昭仁 配信LIVE2021「DISPATCHERS」 1公演
2021年7月25日 岡野昭仁 配信LIVE2021「DISPATCHERS vol.2」 1公演

使用楽器・機材[編集]

エレクトリックギター

  • Gibson 1960 ES-335
  • Gibson 1956 Les Paul Goldtop
  • Gibson SG Jr.
  • Gibson Les Paul Special
  • Gibson Les Paul Junior Special
  • Gibson Les Paul Traditional 1960
  • Gibson Explorer
  • Fender Stratocaster
  • Fender Telecaster
  • Fender Jaguar
  • Fender Jazz Master
  • SS by Shimura special(水谷公生から借り受けている)
  • Deceiver aH-260M
  • Deceiver aH Proto Model
  • DEAN Deceiver

アコースティックギター

  • Gibson Sheryl Crow Signature
  • Gibson Humming Bird
  • Gibson 1966 J-45
  • Gibson J-50
  • Gibson B-25
  • Beffnick HOMIE(Akihito Order Model) など

アンプ

  • Orange Rockerverb 100
  • VOX AC30/6TV など

その他

  • デモ制作用として自宅内にボーカルブース付のプライベートスタジオを所有している。DAWはPreSonus Studio One、マスターキーボードはNative Instuments Komplete Kontrol A49 MK2、モニタースピーカーはmusikelectronic geithain RL906、マイクはAKG The Tube, C12VR、Townsend Labs Sphere L22等を使用している[64][65][66]

出演番組・その他[編集]

出演番組[編集]

その他[編集]

  • an・an(女性ファッション誌) - 2006年6月から2007年6月まで、新藤とともに週交代形式で「男の交換日記」を連載していた。
  • LuckyRaccoon(音楽・お笑い・エンターテインメント総合雑誌) - 定期的にソロ掲載をしていた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 母子手帳には10月14日と記載されているが、本人により10月15日に統一されている。
  2. ^ 3月7日・8日に新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止になった『J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 SPECIAL』の代替ライヴとして放送。
  3. ^ 8月30日の『SPACE SHOWER SWEET LOVE SHARE supported by au 5G LIVE』に出演予定も急性虫垂炎による入院で出演をキャンセルしていた。
  4. ^ Let's go to the answer」や「東京ランドスケープ」の歌詞中にはガンズ・アンド・ローゼズの楽曲「Welcome to the Jungle」と「It's So Easy」がそれぞれ登場しており、「Human Being」という曲名は、ガンズ・アンド・ローゼズのカバーアルバム『ザ・スパゲッティ・インシデント?』収録曲から引用している。
  5. ^ 辻村はアミューズ所属の後輩ミュージシャンであり、岡野はかれこれ5年近く何かしらの形でコラボレーションしてみたいと思っていたという[49]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 『ポルノグラフィティ ワイラノクロニクル―B.PASS SPECIAL EDITION』シンコーミュージック、2001年3月1日。 
  2. ^ 第53回「チュートリアルさん登場!!」|ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン”. www.allnightnippon.com. 2022年7月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 『PORNOGRAFFITTI × PATi・PATi COMPLETE BOOK ~15years file~ 1』エムオン・エンタテインメント、2014年12月22日、19頁。 
  4. ^ 岡野昭仁の「DISPATCHERS」(@dispatcherssstv)” (日本語). Twitter. 2022年7月15日閲覧。
  5. ^ 【高橋優】ポルノグラフィティ岡野昭仁との音楽談議/岡野昭仁と新藤晴一がカバーしていた曲/高橋優が好きな曲「オー!リバル」について/岡野にとってポップの概念とは【J-WAVE・WOW MUSIC】”. YouTube(2020年10月31日公開). 2022年7月15日閲覧。
  6. ^ a b c 『PORNOGRAFFITTI × PATi・PATi COMPLETE BOOK ~15years file~ 1』エムオン・エンタテインメント、2014年12月22日、6頁。 
  7. ^ a b 昭仁さんレギュラーラジオFM802「LIVE IT UP」決定!!&「東京デスティニー」宇宙初オンエア!!” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2022年7月16日閲覧。
  8. ^ ポルノグラフィティ・岡野昭仁、今月結婚”. ORICON NEWS. 2022年7月16日閲覧。
  9. ^ 岡野昭仁・「藤田俊哉送別試合」に参加” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2022年7月16日閲覧。
  10. ^ a b 「LIVE IT UP」最終回!!” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2022年7月16日閲覧。
  11. ^ 岡野昭仁DJのラジオ番組 FM802「LIVE IT UP」が“BBQ in つま恋”スペシャルとして7/4(土)一夜限りの復活!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年7月16日閲覧。
  12. ^ FM802, 株式会社. “FM802 25th Anniversary 802GO! SPECIAL LIVE 岡野昭仁カヴァーLIVE 「SING IT UP」” (jp). FM802|ピックアップ. 2022年7月16日閲覧。
  13. ^ 昭仁さん、MaydayのLIVEにシークレットゲスト出演!!” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2022年7月16日閲覧。
  14. ^ 【レポート】Mayday、武道館でポルノグラフィティ岡野昭仁と共演のサプライズ” (日本語). BARKS. 2022年7月16日閲覧。
  15. ^ 2月 | 2018” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2021年2月25日閲覧。
  16. ^ 「NIKE FTBL CUP」に出場しました!” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2021年2月25日閲覧。
  17. ^ 昭仁さんが「澤野弘之 LIVE[nZk] 006」に出演しました!” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2022年7月16日閲覧。
  18. ^ 「澤野弘之 LIVE [nZk006」ゲストボーカルに岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、スキマスイッチ、さユりの出演が決定!]” (日本語). WWSチャンネル. 2022年7月16日閲覧。
  19. ^ Inc, Natasha. “【ライブレポート】スガシカオ、デビュー記念日にポルノグラフィティ岡野昭仁とかけすぎトーク&コラボ(写真6枚)” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年5月5日閲覧。
  20. ^ 開催中止となったライブイベント「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 SPECIAL」がラジオで実現!ギター弾き語りを届ける9時間特番決定”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年5月5日閲覧。
  21. ^ ポルノグラフィティ・岡野昭仁!弾き語りを中心に、自身の活動についても紐解く配信番組をスタート!4月にはスペースシャワーTVにて特別編として放送も決定!”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年5月5日閲覧。
  22. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ岡野昭仁が急性虫垂炎、明日の「ラブシェ」出演キャンセル” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月25日閲覧。
  23. ^ a b 岡野昭仁(ポルノグラフィティ)“歌を抱えて、歩いていく” プロジェクト特設サイト” (日本語). www.pornograffitti.jp. 2021年7月13日閲覧。
  24. ^ a b c d ポルノグラフィティ・岡野昭仁、様々なアーティストとコラボする新プロジェクト始動。第1弾はヨルシカ・n-buna&澤野弘之が楽曲提供-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/196676” (日本語). rockinon.com. 2021年7月13日閲覧。
  25. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ岡野昭仁、11年ぶりの「オールナイトニッポン」パーソナリティ(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年5月5日閲覧。
  26. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ岡野昭仁&澤野弘之コラボ「光あれ」スタジオライブ映像” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年7月16日閲覧。
  27. ^ 岡野昭仁 配信LIVE2021「DISPATCHERS」特設サイト” (日本語). sp.pornograffitti.jp. 2022年7月16日閲覧。
  28. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ岡野昭仁「Shaft of Light」MVでタイポグラフィが踊る(動画あり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年7月16日閲覧。
  29. ^ a b c Inc, Natasha. “ポルノ岡野昭仁ソロ曲にスガシカオと澤野弘之参加、「七つの大罪」メリオダス&エリザベスも(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年7月16日閲覧。
  30. ^ vv-alkline (2021年5月28日). “7月10日(土)開催「Bilibili Macro Link – Star Phase 2021」に出演決定!” (日本語). SawanoHiroyuki.com. 2022年7月16日閲覧。
  31. ^ vv-alkline (2021年6月24日). “7月11日(日)開催、「Bilibili Macro Link 2021」に出演決定!” (日本語). SawanoHiroyuki.com. 2022年7月16日閲覧。
  32. ^ 岡野昭仁 配信LIVE2021「DISPATCHERS vol.2」特設サイト” (日本語). sp.pornograffitti.jp. 2022年7月16日閲覧。
  33. ^ Inc, Natasha. “【ライブレポート】澤野弘之が国際フォーラムで[nZkライブ、岡野昭仁やJean-Ken Johnnyらが熱唱(写真11枚)]” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年5月5日閲覧。
  34. ^ Inc, Natasha. “ポルノグラフィティ岡野昭仁&King Gnu井口理がコラボ曲リリース、作詞作曲はBREIMEN高木祥太(岡野昭仁、井口理、高木祥太コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年5月5日閲覧。
  35. ^ Inc, Natasha. “「岡野昭仁と井口理のオールナイトニッポン」放送決定” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年7月16日閲覧。
  36. ^ イージーフィッシャー - フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)”. otn.fujitv.co.jp. 2022年7月18日閲覧。
  37. ^ KEIGO_FLOW(@KEIGO_official)” (日本語). Twitter. 2022年7月18日閲覧。
  38. ^ FOOTBALL DISK GARAGE (2012年3月8日22:15). “音蹴杯2012大会プログラム完成!&出場選手決定! - 音蹴杯への道”. DISK GARAGE. 2012年3月25日閲覧。
  39. ^ サッカー好きの音楽業界人によるフットサル大会「音蹴杯2017」 GL予選抽選会結果&出場27チーム発表” (日本語). DI:GA ONLINE. 2022年7月18日閲覧。
  40. ^ あれから僕達は・・・”. sp.pornograffitti.jp. 2022年7月18日閲覧。
  41. ^ a b c 『別冊カドカワ 総力特集 ポルノグラフィティ』角川マガジンズ、2012年4月6日。 
  42. ^ “民生とポルノ昭仁が「ガキ使」釣り選手権で対決”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2008年7月14日). https://natalie.mu/music/news/8309 2021年5月8日閲覧。 
  43. ^ 5月12日 第6回 ~学生の頃の話~|ポルノグラフィティ岡野昭仁のオールナイトニッポン”. www.allnightnippon.com. 2022年7月18日閲覧。
  44. ^ 「マジで歌柱だった」「耳が幸せ」 LiSA、ポルノ・岡野昭仁が歌う「紅蓮華」に感涙” (日本語). ねとらぼ. 2022年7月18日閲覧。
  45. ^ 岡野昭仁の「DISPATCHERS」(@dispatcherssstv)” (日本語). Twitter. 2022年7月18日閲覧。
  46. ^ <インタビュー>ポルノグラフィティ・岡野昭仁が語る、ソロプロジェクトの自由度と成長の手応え”. billboard JAPAN. 2022年7月16日閲覧。
  47. ^ (日本語) 岡野昭仁 『光あれ』MUSIC VIDEO / Akihito Okano- Hikari Are (Official Music Video), https://www.youtube.com/watch?v=NL4M3rqwmrk 2022年7月16日閲覧。 
  48. ^ Inc, Natasha. “ポルノ岡野昭仁新曲MVにYouTuber・進撃のYが出演、横浜FC六反勇治選手との直接対決へ” (日本語). 音楽ナタリー. 2022年7月16日閲覧。
  49. ^ a b (日本語) -岡野昭仁@新企画始動!- / -Akihito Okano Starts His New Project -, https://www.youtube.com/watch?v=N-kgvMmQSps 2022年7月16日閲覧。 
  50. ^ 岡野昭仁(ポルノグラフィティ)がオリジナルからカバー、最新曲まで織り交ぜ届けた『DISPATCHERS』 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2022年7月16日閲覧。
  51. ^ (日本語) -岡野昭仁@コラボ楽曲制作- / -Akihito Okano Starts Music Production Collaboration-, https://www.youtube.com/watch?v=Zoj6kJA3kss 2022年7月16日閲覧。 
  52. ^ (日本語) -岡野昭仁@「Shaft of Light」コラボ曲完成の瞬間を公開!- / -Akihito Okano Finishes “Shaft of Light”!-, https://www.youtube.com/watch?v=ca_86o3OMIE 2022年7月16日閲覧。 
  53. ^ (日本語) 岡野昭仁『その先の光へ』MUSIC VIDEO / Akihito Okano- Walk to the Light (Official Music Video), https://www.youtube.com/watch?v=7yamL5DAAv8 2022年7月16日閲覧。 
  54. ^ 岡野昭仁(ポルノグラフィティ)、新曲「その先の光へ」MV公開” (日本語). THE FIRST TIMES. 2022年7月16日閲覧。
  55. ^ a b 岡野昭仁、プロジェクト第4弾は井口理と共に。“MELODY (prod.by BREIMEN)”を本日リリース-rockinon.com|https://rockinon.com/news/detail/202628” (日本語). rockinon.com. 2022年7月16日閲覧。
  56. ^ (日本語) 岡野昭仁×井口理『MELODY (prod.by BREIMEN)』MUSIC VIDEO, https://www.youtube.com/watch?v=OBSCQzy4kKw 2022年7月16日閲覧。 
  57. ^ 岡野昭仁×井口理 BREIMENのメンバーも全員参加、PERIMETRONのOSRINが手がけた「MELODY (prod.by BREIMEN)」MVの公開が決定 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2022年7月16日閲覧。
  58. ^ (日本語) -岡野昭仁×井口理@「MELODY (prod.by BREIMEN)」レコーディング映像-, https://www.youtube.com/watch?v=2eMKXeaCJBU 2022年7月16日閲覧。 
  59. ^ (日本語) -岡野昭仁×井口理@MV撮影- / -ラジオ収録-, https://www.youtube.com/watch?v=pB3-8-0yBjM 2022年7月16日閲覧。 
  60. ^ ポルノグラフィティ 公式(@pg_koushiki)” (日本語). Twitter. 2022年7月16日閲覧。
  61. ^ ポルノグラフィティ 公式(@pg_koushiki)” (日本語). Twitter. 2022年7月16日閲覧。
  62. ^ Inc, Natasha. “桜井和寿×GAKU-MC制作FM802ソングに豪華すぎる面々集結” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年2月25日閲覧。
  63. ^ Inc, Natasha. “スガシカオが医療従事者にエール送る新曲制作、ボーカルで桜井和寿&岡野昭仁も参加(動画あり / コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2021年7月26日閲覧。
  64. ^ スタレポ特別編!” (日本語). Staff Report | PORNOGRAFFITTI. 2022年7月16日閲覧。
  65. ^ rittor_snrec (1606296600). “岡野昭仁のプライベート・スタジオ 〜Private Studio 2021” (日本語). サンレコ 〜音楽制作と音響のすべてを届けるメディア. 2021年7月27日閲覧。
  66. ^ (日本語) -岡野昭仁@プライベートスタジオでPretenderを歌う- / -Akihito Okano Covers Pretender-, https://www.youtube.com/watch?v=rEpvk7DS_80 2021年7月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]