シナリオアート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シナリオアート
出身地 日本の旗 日本 滋賀県
ジャンル ロック
エレクトロニカ
シューゲイズ
ポップ[1]
活動期間 2009年 -
レーベル Ki/oon Music
(2014年1月 - )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
(2014年 - )
共同作業者 CHRYSANTHEMUM BRIDGE
公式サイト シナリオアートオフィシャルWEBサイト

シナリオアート(Scenarioart)は、関西出身、男女ツインヴォーカルの日本ロックバンド[1]2014年キューンミュージックからメジャー・デビューを果たし、拠点を東京に移す[1]

概要[編集]

もともとはハヤシが始めたバンド。以前はライブ感を重視していたが、大学時代にメンバーの脱退によって3人になったことを機に、現在の形に変化する[2]

メンバー[編集]

  • ハヤシコウスケVoGt/Prog)
  • ハットリクミコ(Vo/Dr
  • 4月10日生まれ、B型
  • tricotのVo.中嶋イッキュウと同郷。以前同じバンドで活動していた。
  • ヤマシタタカヒサBaCho

来歴[編集]

2009年
  • 高校の部活の先輩、後輩関係にあったハヤシ・ヤマシタを中心に「Scenarioart」を結成。
2011年
  • 何回かのメンバーチェンジの後、ハットリを迎え、現在の編成であるスリーピースでの活動を開始。
2012年
  • 4月8日 「キューン20 イヤーズオーディション」にて約4000組の中から、ファイナリストに選抜。KANA-BOONと共にリキッドルームでライブ。
  • 12月1日 関西最大級のコンテスト「eo music try 2012」にてグランプリ&pocky賞のダブル受賞。(史上初)
2013年
  • 4月24日 タワーレコード限定盤シングル「ホワイトレインコートマン」発売。オリコンウィークリーインディーチャートで2位を獲得。
  • 6月19日 初の全国流通盤「- DRAMATICS -」リリース。タワーレコード・タワレコメンに選出
  • 12月28日 COUNTDOWN JAPAN 13 /14 MOON STAGE出演。
2014年
  • 1月15日 メジャーデビューミニアルバム「night walking」リリース。
  • 9月17日 メジャー2ndミニアルバム「Tokyomelancholy -トウキョウメランコリー-」リリース。
  • 9月13日 イナズマロックフェス 2014 風神ステージ出演。
  • 12月21日 MERRY ROCK PARADE 2014出演。
  • 12月31日 COUNTDOWN JAPAN 14/15 COSMO STAGE出演。
2015年
2016年
  • 3月9日 ミニアルバム3枚目「dumping swimmer」リリース。
  • 6月3日~7月14日 ワンマンツアー 2016 『[Scene #2] -シンカイヘ-』開催
  • 6月27日 東京ドームで開催された「鷹の祭典2016」光のセレモニーのテーマソングに「エンドレスプレイヤー」が起用。
  • 7月6日 メジャー初の単独名義でのシングル「エポックパレード」リリース。
  • 8月10日 「エンドレスプレイヤー」を配信限定でリリース。
  • 12月15日 テレビアニメ『四畳半神話大系』特別放送のオープニング&エンディングテーマを担当することを発表。オープニングは本放送版の『迷子犬と雨のビート』のカバー、エンディングは楽曲『ラブマゲドン』を提供。
2017年

ディスコグラフィー[編集]

  • ※「最高位」は特に注釈の無い限り、オリコン週間メジャーチャートに基づく。

シングル[編集]

リリース タイトル 規格 規格品番 最高位 備考
インディーズ作品
1 2013年4月24日 ホワイトレインコートマン CD ESFM-1001 2[5] タワーレコード限定1コインシングル
メジャー作品
Sp 2015年11月11日 talking/ナナヒツジ CD+DVD(初回盤A)
CD+DVD(初回盤B)
CD(通常盤)
KSCL-2631/2632(初回盤A)
KSCL-2633/2634(初回盤B)
KSCL-2635(通常盤)
14
1 2016年7月6日 エポックパレード CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
KSCL-2742/2743(初回盤)
KSCL-2744(通常盤)
73
2 2017年9月6日 サヨナラムーンタウン CD KSCL-2968 79
配信限定
1 2016年8月10日 エンドレスプレイヤー 作詞:ハヤシコウスケ/作曲:シナリオアート

アルバム[編集]

リリース タイトル 収録曲 規格 規格品番 最高位
インディーズミニアルバム
1 2013年6月19日 -DRAMATICS- CD UXCL-0054 110
メジャーミニアルバム
1 2014年1月15日 night walking CD KSCL-2346 30
2 2014年9月17日 Tokyomelancholy -トウキョウメランコリー- CD KSCL-2446 48
3 2016年3月9日 dumping swimmer CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
KSCL-2700/2701(初回盤)
KSCL-2702(通常盤)
40
フルアルバム
1 2015年6月3日 Happy Umbrella CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
KSCL-2561/2562(初回盤)
KSCL-2563(通常盤)
25
2 2017年3月8日 Faction World CD+DVD(初回盤)
CD(通常盤)
KSCL-2853/2854(初回盤)
KSCL-2855(通常盤)
67

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
大喜多正毅 ラブマゲドン
志賀匠 ナイトフライング
清水貴栄 「ホワイトレインコートマン(night walking ver.)」
多田卓也 アオイコドク」「ナナヒツジ」「サヨナラムーンタウン
月川翔 フユウ
中村浩紀 シニカルデトックス
花蟲 ホワイトレインコートマン
ハヤシコウスケ ハローグッバイ
牧野惇 エポックパレード
不明 エンドレスプレイヤー

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・ツアー[編集]

日程 タイトル 会場 備考
ワンマンライブ・主催イベント
2013年3月16日 [Chapter #1] 大阪福島2ndLine w/Moccobond、Half moon spiral、Swimy、レムチャップ
2013年8月30日 [Chapter #2] 下北沢MOSAiC w/asobius、Applicat Spectra、Bob is Sick
2014年3月14日 [Chapter #3]-ナイトウォーキング with tokyo- 東京TSUTAYA O-Crest w/エソラ、DIRTY OLD MEN
2014年3月30日 [Chapter #4]-ナイトウォーキング with osaka- 大阪梅田シャングリラ w/Moccobond、空中ループ
2014年9月18日 [Chapter #5]-ハジメテノワンマン- 代官山UNIT
2014年11月7日 [Chapter #6]-Osaka melancholy- 大阪梅田シャングリラ
2014年12月5日 [Chapter #7]-Tokyo melancholy- 渋谷WWW
2015年6月6日 「Happy Umbrella」発売記念リリースイベント タワーレコード新宿店
2015年12月6日 [Chapter #8]-ORANGE TOWN- 恵比寿・STUDIO38 2部制アコースティックライブ
[Chapter #8]-STARLESS TOWN-
2016年2月5日 [Chapter #9]-ハグレヒツジハナゴヤニ- 名古屋CLUB QUATTRO w/ねごとPeople In The Box
2016年3月5日 [Chapter #10]-ハグレヒツジハオオサカニ- 大阪BIGCAT
2016年3月10日 [Chapter #11]-ハグレヒツジハトウキョウニ- 赤坂BLITZ w/KANA-BOON
2016年11月12日 [Chapter #12]-Scenario Library- 渋谷WWW 電気系統のトラブルにより中断、そのまま中止[6]
2016年12月3日4日 [Chapter #13]-Warm Night- 渋谷Galaxy 2部制アコースティックライブ
両日とも、夕方は「Warm Night」、夜は「Deep Night」を行う
[Chapter #13]-Deep Night-
2017年9月9日9月23日 [Chapter #14] -ウタノストーリーティリング-
2017年11月10日 [Chapter #15] -November moon- 東京TSUTAYA O-Crest w/cinema staff
2017年12月15日 [Chapter #16] -December moon- w/Creepy Nuts(R-指定&DJ松永)
ツアー
2015年6月12日7月3日 [Scene #1]-Happy Umbrella-
2016年6月3日7月14日 [Scene #2]-シンカイヘ-
2017年3月25日5月7日 [Scene #3]-World Journey-

出演イベント[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c プロフィール”. Sony Music. 2015年11月8日閲覧。
  2. ^ a b シナリオアート インタビュー. インタビュアー:伊藤亜希. (2014年1月15日). キューンミュージック.. http://www.scenarioart.jp/special/140115/ 2015年11月11日閲覧。 
  3. ^ 人文学部 卒業生ハヤシコウスケさんが所属するシナリオアートが『Tokyomelancholy-トウキョウメランコリー-』をリリース京都精華大学公式ホームページ(2014年10月1日)2017年1月3日閲覧。
  4. ^ KANA-BOON×:シナリオアート、スプリット盤特設サイトでQ&A展開”. ナタリー (2015年10月16日). 2015年11月8日閲覧。
  5. ^ オリコン週間インディーズチャートの順位。
  6. ^ [Chapter #12]-Scenario Library-公演の中断・中止についてのご報告シナリオアート公式ホームページ(2016年11月16日)2017年1月3日閲覧。

外部リンク[編集]