Shiggy Jr.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Shiggy Jr.
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2012年 - 2019年
レーベル mona records(2013年 - 2014年)
UNIVERSAL SIGMA / UNIVERSAL MUSIC(2015年 - 2017年)
ビクターエンタテインメント(2017年 - )
事務所 タイスケ (2015年 - 2017年)
キューブ(2017年 - 2019年)[1]
公式サイト shiggyjr.com
メンバー 池田智子(ボーカル
原田茂幸(ギター・ボーカル)
森夏彦(ベース
諸石和馬(ドラムス
旧メンバー フィジー(ドラムス)
玄(ベース)
すねありか(キーボード

Shiggy Jr.(シギージュニア)は、日本バンドレーベルビクターエンタテインメント。所属事務所はキューブ[1]。 2012年結成、2015年メジャーデビュー。

メンバー[編集]

池田 智子(いけだ ともこ、1990年1月19日[2] - )
ボーカル担当。富山県出身。青山学院大学文学部日本文学科卒。ニックネームは「いけもこ」であるが、同級生の原田はもちろんの事、下級生の森、諸石からも「池田」と呼び捨てされている。大の和食党で、大好物は冷やしトマト。好きなアニメは『カードキャプターさくら』で、特技は『おじゃる丸』の声マネである。『少年アシベ』のキャラクター・アザラシのゴマちゃんが好き。
原田 茂幸(はらだ しげゆき、1989年7月20日[3] - )
ギター担当及びリーダー担当。ニックネームは「しげ」。青山学院大学卒。Shiggy Jr.のほとんどすべての楽曲を作成している。とてもシャイである。使用しているDAWはLogic。
森 夏彦(もり なつひこ、1990年7月15日[4] - )
ベース担当。早稲田大学卒。ニックネームは「森さん」。上級生の池田も『森さん』と呼んでいる。自称・メンバー1のグルメ。自他ともに認めるNegiccoのファンであり、2015年1月のNegi Fesで対バンを果たす。2015年現在、Fenderのジャズベースを使っているが、借り物である。Shiggy Jr.加入前はthe rooms(2013年1月より無期限活動休止中)で活動していた。
諸石 和馬(もろいし かずま、1990年5月22日[5] - )
ドラム担当。早稲田大学理工学部卒。ニックネームは「諸石」。ボーカルの池田からは「諸ピー」と呼ばれている。自称・メンバー1の漫画オタク。機動戦士ガンダムのファン。大のラーメン好きで、ラーメンの自作もしている。Shiggy Jr. 加入前よりハードコアバンドINFECTION、プログレバンド金屬恵比須にも在籍している。CANOPUS, Wincentとエンドースメント契約を結んでいる。



なお、原田諸石の3名は解散後の2020年1月から Weekend Brothers で活動中である[6][7][8]

来歴[編集]

2012年12月、大学の同級生であった池田と原田及び他の3人でバンド活動開始。もともと原田が作曲等とともにヴォーカルをしていたが、その過程の中で「女の子ヴォーカルの仮歌を入れたい」となり、当時の共通の知り合いであるすねありかが自身の所属するサークルのAoyama Music Societyから池田を推薦したところ、原田のフィーリングと合ったという。ちなみに原田とすねありかはバンドを組んでいた。

2013年11月13日にmona recordsから1枚目のEP「Shiggy Jr. is not a child.」を発売。

2014年2月22日、フィジー(Drums)、玄(Bass)、3月4日にすねありか(keyboards)がそれぞれ脱退。入れ替わるように森、諸石が加入し現体制になる。この2人もまた高校・大学とバンドを組んでいた。7月16日に2枚目のEP「LISTEN TO THE MUSIC」をリリース。ジャケットイラストは江口寿史が担当。

2015年3月30日、冠ラジオ番組『Shiggy Jr.のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)放送開始、主に池田が出演している[9][10]6月24日にメジャーデビューシングル『サマータイムラブ』でメジャーデビュー。発売前からFM802をはじめ、各局のヘヴィー・ローテーションに選定された。10月14日に2枚目のシングル『GHOST PARTY』発売。

2017年4月1日よりキューブの所属となる[1]。5月11日には、レーベルをビクターエンタテインメントに移すことを発表した[11]

2019年6月5日に解散を発表[12]。池田は解散理由の一つに、2018年の夏頃、喉に声帯結節の症状があると診断されたことを挙げ、自分が歌う意味やこれからの人生について、より深く考えるようになり、30代を目前にした今、もう一度自分のペースで人生を歩んでみたいと思い、考え抜いた末に出した答えが、バンドから離れるということだった。そして、迷いや別の道が見えてしまった以上は、Shiggy Jr.のボーカルという立場から降りるべきだと思い、Shiggy Jr.の音楽や応援してくれる人たちのことが大切だからこそ、中途半端なことはしたくないと決断に至った[13]9月7日マイナビBLITZ赤坂にて開催されたラストライブ「Shiggy Jr. LAST LIVE -That’s what I call Shiggy Jr.-」を以て解散した。

解散後、池田は自主レーベルを立ち上げ[14]、池田を除く3人はバンドWeekend Brothersとして活動している[15][16]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

リリース タイトル 販売生産番号 最高位
1st 2015年6月24日 サマータイムラブ UMCK-9747 28位
2nd 2015年10月14日 GHOST PARTY UMCK-9771 31位
3rd 2016年5月25日 恋したらベイベー UMCK-9835 56位
4th 2016年8月24日 Beautiful Life UMCK-9858 103位

ミニアルバム[編集]

リリース タイトル 販売生産番号 最高位
1st 2013年11月13日 Shiggy Jr. is not a child. SLMN-1034
2nd 2014年7月16日 LISTEN TO THE MUSIC SLMN-1036 80位
3rd 2017年11月22日 SHUFFLE!! E.P. VICL-64882 60位
4th 2018年5月23日 KICK UP!! E.P.[17] VICL-65009 56位

アルバム[編集]

リリース タイトル 販売生産番号 最高位
1st 2016年10月26日 ALL ABOUT POP UMCK-9866 29位
2nd 2018年12月5日 DANCE TO THE MUSIC VICL-65083 70位

参加作品[編集]

タイトル 発売日 レーベル 規格品番 収録曲
『モナレコードのおいしいおんがく〜夜よゆるやかに歩め〜』 2013年7月17日 mona records SLMN-1032 Saturday night to Sunday morning
DJ OSHOW『コケラオトシ』 2013年12月18日 SUGERBITZ SGVB-007
『ロックの夜明け COMPILATION』 2014年11月12日 ロックの夜明けレコード RCYK-0001
『モナレコードのおいしいおんがく BEST & FINAL』 2014年11月19日 mona records SLMN-1038 サンキュー
Negicco光のシュプール 2014年12月2日 T-Palette Records TPRC-0116
TPRC-0117
TPRC-0118
1000%の片想い
Negicco『Rice&Snow 2015年1月20日 TPRC-0121 1000%の片想い feat. Tomoko Ikeda (Shiggy Jr.)
TeddyLoid『SILENT PLANET』 2015年12月2日 EVIL LINE RECORDS KICS-93324
KICS-3324
Secret feat.池田智子 from Shiggy Jr.

タイアップ[編集]

タイトル タイアップ
key of life テレビ東京系アニメ『リルリルフェアリル ~妖精のドア~』エンディングテーマ(2016年2月26日 - 5月14日)
恋したらベイベー 名古屋近鉄パッセ「パッセ・バザール」CMソング(2016年6月 - 7月)
Beautiful Life NHK Eテレ・テレビアニメ『境界のRINNE』エンディングテーマ(2016年7月 - )[18]
富山テレビフルサタ!』オープニング、ジングルテーマ(2019年3月30日 - )
HOME 「ザ・ミリカシティ」CMソング(2016年9月9日 - )
僕は雨のなか フジテレビ系ドラマ『ぼくは麻理のなか』主題歌(2017年)[19]
お手上げサイキクス テレビアニメ『斉木楠雄のΨ難』第2期 第2クール、完結編[20] オープニングテーマ(2018年4月 - )[17]
ピュアなソルジャー フジテレビ系ドラマ『僕らは奇跡でできている』オープニングテーマ(2018年10月9日 - )[21]

主なライブ[編集]

2013年[編集]

  • 12月10日、Grateful☆Girls vol.132•5

2014年[編集]

  • 5月4日、グレイト・ハンティング・ナイト VOL61
  • 6月5日、Listen to my song! vol.4
  • 7月1日、HOT STUFF presents Ruby Tuesday
  • 7月5日、見放題2014
  • 7月12日、TOKYO BOOTLEG CIRCUIT'14
  • 7月26日、ザ・チャレンジ『みんなのチャレンジ』大阪リリースパーティー
  • 8月26日、MEZAME ROCKS supported by ロックの夜明け
  • 8月30日、ハナエ*フェス2014 〜夏のつめあと〜
  • 9月10日、TRIGGER FES 2014 SUMMER
  • 9月12日、tofubeats ディスコの神様VOL.2
  • 9月14日、Gimmi Rock 2nd Anniversary
  • 9月15日、UNCHAIN "N.E.W.S." Release Joint Tour with "BRADIO" [〜Swipe Times tour 2014〜]
  • 9月19日、新宿ロフト presents 乙女の事情
  • 9月27日、Mixed Up
  • 10月12日、見な放題2014
  • 10月13日、MINAMI WHEEL 2014
  • 10月21日、HOT STUFF presents Ruby Tuesday 2
  • 10月24日、V.V.POPS vol.1
  • 11月2日、Sugar's Campaign単独公演「ネトカノリリパ」
  • 11月24日、ロックの夜明け5周年祭
  • 12月21日、KOBE MUSIC PARADE

2015年[編集]

  • 1月7日、PINK SCREAM ♯5
  • 1月24日、NEGI FES 2015
  • 1月30日、NORTH NAVI LIVE -ELECTRICAL GIRL PARADE-
  • 2月5日、DJダイノジ CLUB QUATTRO TOUR「ジャイアンナイト 1994-2015 THE LIFE SHOW」
  • 2月14日、VALENTINE ROCK 2015 〜愛のロックを鳴らそう〜
  • 2月15日、いいにおいのする2015年活きのいい奴等
  • 3月26日、UNISON SQUARE GARDEN「fun time ACCIDENT 2」
  • 4月28日、Shiggy Jr. Presents「なんなんスかこれ。vol.2」※w/group_inou / NONA REEVES
  • 5月5日、VIVA LA ROCK 2015
  • 5月6日、J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S KOICHI TSUTAYA EDITION
  • 5月22日、Mount Alive presents "NO BORDER 2"
  • 6月6日、SAKAE SP-RING 2015
  • 6月7日、SCRAMBLE FES 2015
  • 7月1日、"ワンマン"スかこれ。vol.1
  • 7月11日、JAPAN'S NEXT vol.10
  • 7月18日、JOIN ALIVE 2015
  • 7月20日、RIP SLYME presents 真夏のWOW
  • 8月9日、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015
  • 8月15日、TREASURE05X 2015 〜a great faith〜 〜summer triangle 1st day〜
  • 8月21日、「NOrth MUSIC,NOrth LIFE.」
  • 9月2日、新木場サンセット 2015
  • 9月5日、MORNING RIVER SUMMIT 2015
  • 9月13日、World Heritage Munakata ※公演中止
  • 9月29日、Jumpin'jack 2015
  • 9月30日、EX THEATER TV PRESENTS GO LIVE AUTUMN EXTRA "DANCE & POP"
  • 10月3日、MEGA★ROCKS 2015
  • 10月9日、MBS音祭2015 Opening Party
  • 10月10日、MINAMI WHEEL 2015
  • 10月25日、めざましテレビ presents T-SPOOK
  • 11月13日 - 12月15日、全国ワンマンツアー「"ワンマン"スかこれ。〜全国編 2015〜」
  • 12月17日、Shiggy Jr. presents 「なんなんスかこれ。vol.3」※w/ / DALLJUB STEP CLUB
  • 12月27日、FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2015
  • 12月30日、LIVE DI:GA JUDGEMENT 2015
  • 12月31日、COUNTDOWN JAPAN 15/16

2016年[編集]

  • 2月11日、Coming Next 2016
  • 2月16日、Czecho No Republic 東名阪QUATTRO 2マン【1 ON 1 TOUR】
  • 2月18日、MUSIC GOLD RUSH FEST Vol.01
  • 2月27日、DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2016 winter-
  • 3月20日、MbS×I ♡ RADIO 786「SANUKI ROCK COLOSSEUM」 〜BUSTA CUP 7th round〜
  • 4月7日、WEST ROCK MUSEUM
  • 4月9日、RADIO BERRY “haruberrylive 2016”
  • 4月20日、LIVE FREELY SPECIAL vol.2
  • 4月30日、ZIP-FM HAPPY SMILE LIVE “春は短し、唄えよ乙女”
  • 5月2日、ASOVISION × TeddyLoid 「SILENT PLANET」RELEASE PARTY
  • 5月16日、れもんらいふ TOKYO MUSIC Vol.1
  • 5月21日、TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016
  • 5月24日、802RADIO MASTERS SPECIAL LIVE DARS SWEET EMOTION
  • 6月5日 - 6月29日、Shiggy Jr. presents「“対バン”スかこれ。vol.1」[22]※w/Wienners / 東京カランコロン / 藤井隆 / Negicco
  • 6月11日、AIR-G' Sparkle Sparkler presentsスパクル☆ナイト Vol.3
  • 6月25日、OTOSATA ROCK FESTIVAL
  • 7月2日、見放題
  • 7月17日、FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016
  • 7月22日、燦々GO!GO!
  • 7月24日、sympathy「わたしたちの夏休みツアー 〜先生、宿題おわりません〜」
  • 7月26日、YUMEBANCHI & TOWER RECORDS広島 Presents“ユメレコメン”
  • 8月11日、MORNING RIVER SUMMIT 2016
  • 8月13日、Doors
  • 9月1日、ビッケブランカ「Natural Woman TOUR」
  • 9月11日、Jin Rock Festival in KAMO 2016
  • 9月19日、〜50th anniversary〜 Yamaha Acoustic Mind 2016

2017年[編集]

  • 10月9日、北星学園大学第56回星学祭 スペシャルライブ

出演[編集]

ラジオ[編集]

ウェブ[編集]

  • SUPER J-CUP 2016 優勝予想大アンケート(2016年8月6日、SUPER J-CUP 2016公式サイト)[24]諸石のみ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c Official web site、2017年4月21日のNEWSより2017年4月21日閲覧。
  2. ^ Twitter、2016年1月19日のツイートより2016年2月16日閲覧。
  3. ^ Twitter、2015年4月11日のツイートより2016年7月10日閲覧。
  4. ^ ブログ・森夏彦の酒場放浪日誌~お酒とボクと、時々、音楽、2015年7月16日更新分2016年2月16日閲覧。
  5. ^ Twitter、2016年5月22日のツイートより2016年7月10日閲覧。
  6. ^ WEEKEND BROTHERS”. 2020年6月29日閲覧。
  7. ^ Weekend Brothers (@syumatsukyoudai) - Twitter
  8. ^ Weekend Brothers interview”. 2020年6月29日閲覧。
  9. ^ “Shiggy Jr.池田智子、吉田山田ら「ANN0」パーソナリティに”. ナタリー. (2015年3月8日). http://natalie.mu/music/news/140278 2015年7月13日閲覧。 
  10. ^ “『オールナイトニッポン0』新パーソナリティ5組決定 吉田山田、アルコ&ピースら”. オリコンスタイル. (2015年3月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2049628/full/ 2015年7月13日閲覧。 
  11. ^ 新曲「僕は雨のなか」がドラマ『ぼくは麻理のなか』主題歌に決定&ビクターエンタテインメントへ移籍決定”. Shiggy jr. 公式Twitter (2017年5月11日). 2017年5月11日閲覧。
  12. ^ Shiggy Jr.、解散を発表。9/7にマイナビBLITZ赤坂にてラストライブ”. rockinon.com (2019年6月5日). 2019年7月12日閲覧。
  13. ^ Shiggy Jr. 9月のライブで解散 Vo池田智子が葛藤吐露「迷いや別の道が見えてしまった」”. ORICON NEWS (2019年6月5日). 2020年1月8日閲覧。
  14. ^ Inc, Natasha. “元Shiggy Jr.池田智子がソロ始動、第1弾シングルはTOSHIKI HAYASHI迎えた「walkin'」(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. 2020年10月5日閲覧。
  15. ^ 原田茂幸、森夏彦、諸石和馬が“Weekend Brothers”結成” (日本語). BARKS. 2020年10月5日閲覧。
  16. ^ Weekend Brothersインタビュー マインドもグルーヴも相性抜群な3人の放つポップスが“楽しい”ワケ | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2020年10月5日閲覧。
  17. ^ a b KICK UP!! E.P. VICTOR ENTERTAINMENT 2018年3月6日閲覧。
  18. ^ “Shiggy Jr.新曲がアニメ「境界のRINNE」エンディングテーマに決定”. 音楽ナタリー. (2016年6月9日). http://natalie.mu/music/news/190163 2016年6月9日閲覧。 
  19. ^ “池田エライザ主演ドラマ『ぼくは麻理のなか』劇伴を川谷絵音、主題歌をShiggy Jr.担当”. rockinon.com. (2017年5月11日). https://rockinon.com/news/detail/160419 2020年7月19日閲覧。 
  20. ^ 完結編は、本放送ではOPは、なかったが、再放送、ネット配信ではこの曲がOPとして使われている。
  21. ^ “Shiggy Jr.が高橋一生ドラマOPテーマ書き下ろし、12月にアルバムリリース決定”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2018年9月18日). https://natalie.mu/music/news/300107 2018年9月26日閲覧。 
  22. ^ Shiggy Jr.対バンツアーに藤井隆、Negiccoゲスト出演”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年5月13日). 2016年5月13日閲覧。
  23. ^ 三四郎が音楽番組「ANNぶっとおしライブ」のMCを担当、若手バンドと共演”. お笑いナタリー (2015年12月22日). 2015年12月22日閲覧。
  24. ^ 【各界の著名人&関係者に直撃!】『SUPER J-CUP』優勝予想大アンケート!(ミュージシャン編その1)【SJ16】”. 新日本プロレス SUPER J-CUP 2016. 2016-8-5 (2016年8月6日). 2016年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]