DOPING PANDA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DOPING PANDA
別名 ドーパン
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロック
活動期間 1997年 - 2012年
レーベル DIWPHALANX RECORDS
2000年 - 2002年
N!W! RECORDS
2003年 - 2004年
gr8!records2005年 - 2012年
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト DOPING PANDA
メンバー YUTAKA FURUKAWA (ボーカルギター
TARO HOUJOU(ベース
HAYATO(ドラムス

DOPING PANDA(ドーピング・パンダ)は、日本スリーピースロックバンド。所属事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。所属レーベルソニー・ミュージックレコーズ内のgr8!records。略称は「ドーパン」、「パンダ」。

概要[編集]

1997年結成。ギターロックにディスコビート、デジタルサウンドを融合した楽曲でインディーズ時代から注目を浴び、ディズニーのカヴァーコンピレーションアルバムDIVE INTO DISNEY』への参加で広くその名を知られるようになった。

2004年にリリースされたアルバム『We in Music』もインディーズチャートで好セールスを記録し、翌2005年に『High Fidelity』でメジャーデビュー。

2006年8月4〜6日に開催されたROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006では、セカンドステージであるLAKE STAGEにおいて、期間中最多の1万人超を記録した。

2007年1月24日にシングル『Can't Stop Me』を発売。オリコンシングルチャートは、41位にランクインした。 6月15日にはミュージックステーションに初出演し、「I'll be there」を披露した。

2008年3月12日にリリースしたアルバム『Dopamaniacs』はオリコンアルバムチャート、18位にランクインした。

2012年1月28日、同年4月19日のライブをもって解散することを発表した。

メンバー[編集]

YUTAKA FURUKAWA
ボーカルギタープログラミング
作詞・曲クレジットは「古川裕」。1978年2月28日生まれ。山口県出身。A型。電気通信大学卒業。
眼鏡がトレードマーク。自称・愛称ともに「ロックスター」、または「スター」。
雑誌などのメディアからのインタビューからも個性的でユーモラスな言動が見られるが半分ジョークで「俺はそこらのギタリストより上手いからね」などと言った自信に満ちた発言(ビッグマウス的言動)が時折揶揄されることもある。"DOPING PANDA LIVE-ISM"でのインタビューで、自身を「“21世紀型のロックスター”だとorその資質がある」と述べている。ギターソロではタッピング奏法(ライトハンド奏法)も用いる等、ハードロックの影響も強く受けている。ライブでは一貫してフェンダー・テレキャスターを使用しているが、PVでは他のギターも使用している。
2012年8月、公式ホームページ開設と共にソロとして活動開始を発表。
TARO HOUJOU
ベースコーラス
本名は「北條太朗」。1976年9月18日生まれ。神奈川県川崎市出身。B型。電気通信大学卒業。
愛称は「タロティ」。目印はベースボールキャップ。物販紹介担当。使用機材はフェンダー・ジャズベース等。PVで見られるピックアップが特徴的なベースはアトランシア製で、旧友からの長期レンタル品だとのこと。2007年9月28日より、自身のブログ「t-log」を開始。
HAYATO
ドラムス、コーラス
1978年4月24日生まれ。茨城県古河市(旧猿島郡・さしま)出身。AB型。愛称は「ハヤト」。物販デザインにも携わっている。
妻はモデルの小谷美裕。(2009年4月入籍)

備考[編集]

結成当時のバンド名は「PSYCHEDELIC GORILLA」という名前で、4人編成でHOUJOUがバンドマスターを務めていた。しかし、“サイケ”ではないことから、メンバーチェンジと共に現在のバンド名に変更。それについて後にHAYATOがRooftopのインタビューで「ドーピングでもないけどね(笑)。」と発言している。

DOPING PANDAのファンは「ドーパメイニア」および「メイニア」と呼ばれており、ツアーで回る各地方では地名を頭につけて「○○(地名)メイニア」と呼称することがある。

アルバム『PINK PaNK』に収められている「Transient Happiness」はライブで最も盛り上がる楽曲の一つであり、その理由として間奏でFURUKAWAが足技(通称パカパカ、ハポネスステップとも)を披露することが挙げられる。この様子は1st DVD「LIVE-ISM」で確認することができる。また、この曲は最近のライブでは曲の終盤辺りでFURUKAWAが両手タッピングをするのもこの曲が最も盛り上がる要因でもある。

2002年にはthe band apartとの共同ライブイベント、『mellow fellow』が行われ、共作「SEE YOU」を限定リリースした。2005年のMONSTER baSHでステージから飛び降りたFURUKAWAは動けなくなり、担架で搬送された。そのことをMC等で現在もしばしばネタにしている。FURUKAWAは2007年にm-floのライブ、『COSMICOLOR』の横浜アリーナでのファイナルに参加、VERBALと「she loves the cream」で共演した。またこのライブのカーテンコールで、FURUKAWAはBoAと隣り合わせになる。その後FURUKAWAは「LOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA」のPV撮影で再びBoAと会うのだが、「初めまして」と挨拶したBoAに手を繋いだことがあると答えたところ、いぶかしがられてしまったとのこと[1]。FURUKAWAは親交のあるART-SCHOOLの楽曲「ILLMATIC BABY」をプロデュースしている。なお沢尻エリカが日経エンターテイメントのインタビューで、よく聞く音楽として名前を挙げている。

ディスコグラフィー[編集]

インディーズ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2000年7月7日 Dream is not over PX-048
  1. JUST SAY GOOD-BYE [2:42]
  2. DREAM IS OVER [3:27]
  3. GAME [2:55]
  4. I & DOGS & MOTHER MARY [2:45]

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2001年7月24日 Performation PX-064
  1. Mayonnaise on my toast
  2. An oldster
  3. Broken mirror
  4. Let me free
  5. Dirty body
  6. Fine by me
  7. Me,dogs&mother Mary
  8. Everything under the sun
  9. Oh my esperansa
DIWPHALANX
2nd 2002年6月7日 PINK PaNK PX-80
  1. The way to you [2:58]
  2. Tabloid pubrock [2:13]
  3. Transient happiness [3:41]
  4. Don't stop your melodies [3:03]
  5. Ballade [4:03]
  6. Candy house [2:29]
DIWPHALANX
3rd 2004年5月5日 WE IN MUSIC NIW-6
  1. Introgical(we in music)
  2. Start me up
  3. Mr.Superman
  4. Uncovered
  5. Party song
  6. Lovers Soca
  7. Interlude
  8. Turn of the silence
  9. DHA-DHI-DHA
  10. Stairs
  11. One foot out my life
Niw!Records
オリコン最高48位

リミックス盤[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2003年9月19日 Remixies for 3years NIW-004
  1. GAME(Remixed by CUBISMO GRAFICO)
  2. Tabloid pubrock(Remixed by YOUR SONG IS GOOD)
  3. Let me free(Remixed by DOPING PANDA)
  4. Candy house(Remixed by HALFBY)
DOPING PANDAの楽曲をリミックスした作品。当時3000枚限定で発売された。

メジャー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2006年2月8日 MIRACLE SRCL-6215:初回生産限定盤
SRCL-6217:通常盤
オリコン最高38位、登場回数4回
2nd 2007年1月24日 Can't Stop Me SRCL-6477 オリコン最高41位、登場回数4回
3rd 2007年8月1日 Crazy SRCL-6604:初回生産限定盤
SRCL-6606:通常盤
オリコン最高32位、登場回数4回
4th 2008年6月18日 beautiful survivor SRCL-6795 オリコン最高23位、登場回数4回
5th 2008年10月22日 majestic trancer feat. VERBAL SRCL-6875 オリコン最高24位、登場回数3回
6th 2009年3月4日 beat addiction SRCL-6960:初回生産限定盤
SRCL-6962:通常盤
オリコン最高44位、登場回数2回

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st mini 2005年4月13日 High Fidelity SRCL-5899 オリコン最高33位
2nd mini 2005年8月31日 High Pressure SRCL-5964:初回生産限定盤
SRCL-5966:通常盤
オリコン最高29位
収録曲「The Fire」はテレビ朝日ミュージックステーションのCM曲に使用されていた。
1st 2006年4月5日 DANDYISM SRCL-6247:初回生産限定盤
SRCL-6249:通常盤
オリコン最高18位、登場回数7回
3rd mini 2007年6月6日 High Brid SRCL-6554:初回生産限定盤
SRCL-6556:通常盤
オリコン最高29位、登場回数6回
2nd 2008年3月12日 Dopamaniacs SRCL-6747:初回生産限定盤
SRCL-6749:通常盤
オリコン最高18位、登場回数8回
3rd 2009年6月3日 decadence SRCL-7060:初回生産限定盤
SRCL-7062:通常盤
オリコン最高23位、登場回数5回
4th mini 2009年11月4日 anthem SRCL-7143

CD

  1. anthem
  2. the mugendai dance time
  3. I said enough for one night
  4. lady
  5. music you like

DVD

  1. anthem (MUSIC VIDEO)
  2. E.C.D.T. (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  3. Lost & Found (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  4. mugendai dance time (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  5. MIRACLE (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  6. The Fire (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  7. We won’t stop (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  8. majestic trancer (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  9. the idiot (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  10. YA-YA (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  11. I’ll be there (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  12. crazy one more time (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  13. Hi-Fi (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  14. beautiful survivor (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  15. Transient Happiness (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
  16. beat addiction (DOPING PANDA LIVE IN TOKYO at LIQUIDROOM 20090723)
オリコン最高37位、登場回数3回
Best 2011年1月19日 THE BEST OF DOPING PANDA SRCL-7492 オリコン最高43位、登場回数3回
4th 2011年4月13日 YELLOW FUNK SRCL-7574
  1. the anthem [5:07]
  2. I said [2:35]
  3. You can change the world [3:06]
  4. because of the love [3:51]
  5. song for my harmonics [5:09]
  6. catastrophe [3:28]
  7. de la papa [3:21]
  8. love song [2:44]
  9. the miracle [4:09]
オリコン最高57位、登場回数3回

配信限定[編集]

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2006年10月18日 LIVE-ISM SRBL-1290
  1. High Pressure
  2. Introck
  3. Blind Falcon
  4. Naked
  5. Uncovered
  6. Start me up
  7. off-shot
  8. Lovers Soca
  9. Moralist
  10. Tell Me My Speaker Box
  11. MIRACLE
  12. off-shot
  13. Rhythm Solo
  14. Mr.Superman
  15. Hi-Fi
  16. YA YA
  17. The Fire
  18. off-shot
  19. The fast soul got all (reason)
  20. GAME
  21. Transient Happiness
  22. off-shot
  23. Snow Dance
  24. Teenage Dandyism
オリコン最高36位、登場回数2回
2nd 2008年12月10日 無限大 DANCE LIVE from Tour'08 “Dopamaniacs” SRBL-1378:初回生産限定盤
SRBL-1380:通常盤
  1. A.O.D-anthem of dopamania-
  2. nothin’
  3. Hybrid breeder
  4. Game
  5. -30 SECONDS IN UK 1-
  6. MC 01
  7. good bye to heroes
  8. We won’t stop
  9. thunder
  10. -30 SECONDS IN UK 2-
  11. MC 02
  12. coffee high (one more cup)
  13. summer song
  14. -30 SECONDS IN UK 3-
  15. Stairs
  16. infinite dance
  17. The Fire
  18. YA-YA
  19. Hi-Fi
  20. I’ll be there
  21. call my name
  22. Transient Happiness
  23. beautiful survivor
  24. MIRACLE
  25. Crazy

初回生産限定盤CD

  1. 「Lost&Found」
オリコン最高59位、登場回数1回
3rd 2012年6月13日 DOPING PANDA 2012/4/19 XQIY-2501 オリコン最高26位、登場回数2回

ミュージックビデオ[編集]

  • Fine by me (ディレクター:五十嵐優人)
  • The way to you (ディレクター:五十嵐優人)
  • Transient Happiness (ディレクター:三木孝浩)
  • Under The Sea (ディレクター:Masashi Ohiwa)
  • Lovers Soca
  • Start me up
  • Hi-Fi (ディレクター:清水康彦
  • The Fire (ディレクター:清水康彦)
  • MIRACLE (ディレクター:清水康彦)
  • Blind Falcon (ディレクター:清水康彦)
  • MIRACLE (LIVE Ver.) (ディレクター:大沢昌史)
  • The fast soul got all (reason) (ディレクター:古川裕 & 江原慎太郎)
  • Can't Stop Me (ディレクター:清水康彦)
  • I'll be there (ディレクター:清水康彦)
  • Crazy (ディレクター:ELECROTNIK)
  • nothin' (ディレクター:清水康彦)
  • beautiful survivor (ディレクター:タナカノリユキ
  • majestic trancer(ディレクター:ELECROTNIK)
  • Beat addiction(ディレクター:佐藤広明 & DOPING PANDA)

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲・備考
2002年10月30日 DIVE INTO DISNEY AVCW-12304 「GO THE DISTANCE」(「ヘラクレス」)をカバー。
2003年05月23日 Niw Stocks NIW-1 「STAIRS」
2004年2月25日 MOSH PIT ON DISNEY E.P. NO.3 AVCW-12365 「UNDER THE SEA」(「リトル・マーメイド」)をカバー。
2004年7月28日 MOSH PIT ON DISNEY AVCW-12393 「UNDER THE SEA」(「リトル・マーメイド」)をカバー。
2005年2月23日 ROCK MOTOWN AVCW-12422 「DANCING IN THE STREET」(マーサ&バンデラス)をカバー。
2006年11月8日 she loves the CREAM LSR-123 『m-flo loves DOPING PANDA』としてm-flo loves BONNIE PINKLove Song」のカップリングに収録。
2006年12月06日 Amazing Nuts! RZCD-45477B 「she loves the CREAM -Amazing Nuts! Ver.-」
2006年12月20日 The songs for DEATH NOTE the movie 〜the Last name TRIBUTE〜 SRCL-6459
SRCL-6461
「MIRACLE」を収録。
2007年9月9日 TOKYO ROCK CITY 「Crazy」を収録。尚、TOKYO ROCK CITYはドイツ語圏内で発売された日本のロック音楽のコンピレーションアルバムである。
2007年10月24日 ユニコーン・トリビュート SECL-561 「ターボ意味無し」をカバー。
2007年12月12日 BoALOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA AVCD-31368 ギタリストとして参加、間奏ではソロを披露しPVにも出演。
2008年12月5日 GIFT - SCAFULL KING TRIBUTE ALBUM PX-185 「SOUL TO SOUL」をカバー。
2009年08月26日 LOUD -15th Anniversary Compilation- UPCH-1738 「crazy one more time」
2012年11月07日 TGMXの音楽関係 NIW-83 「Transient Happiness」
2014年09月10日 Yasei Collective「so far so good」 MR-023 「I Won't Forget feat.稲葉隼人(8beat) ex.DOPING PANDA」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2006年 - DOPING PANDA TOUR06 DANDYISM〜ALL-ONE-MAN-SHOW!!〜
  • 2008年 - DOPING PANDA Tour'08"Dopamaniacs"
  • 2009年 - DOPING PANDA JAPAN TOUR FINAL
  • 2010年 - DP SUMMIT
  • 2011年 - DP SUMMIT season1 FINAL TOUR
  • 2011年 - YELLOW FUNK TOUR 2011
  • 2011年 - Road to the YELLOW FUNK TOUR
  • 2012年04月19日 - DOPING PANDA 2012/4/19

出演イベント[編集]

  • 2001年04月16日 - STOMPIN'BIRD "CRACKER'S COOL CLASH RELEASE PARTY"
  • 2001年12月30日 - STOMPIN' BIRD presents HIGH JACK
  • 2002年07月26日 - FUJI ROCK FESTIVAL '02
  • 2004年08月14日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO
  • 2004年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 04/05
  • 2005年03月15日・16日 - フジファブリック スプリングツアーネオマレルミン2005
  • 2005年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005
  • 2005年08月13日 - SUMMER SONIC 2005
  • 2005年08月19日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2005 in EZO
  • 2005年08月28日 - MONSTER baSH 2005
  • 2005年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 05/06
  • 2006年04月29日 - ARABAKI ROCK FEST.06
  • 2006年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2006
  • 2006年08月12日 - SUMMER SONIC 2006
  • 2006年08月15日 - SUMMER SONIC AFTER
  • 2006年08月19日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO
  • 2006年08月26日 - MONSTER baSH 2006
  • 2006年08月27日 - Sky Jamboree 2006 〜夢模様〜
  • 2006年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 06/07 -WEST-
  • 2006年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 06/07
  • 2007年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007
  • 2007年08月11日・12日 - SUMMER SONIC 2007
  • 2007年10月08日 - MUSIC ON! TV GG07
  • 2007年12月30日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08 -WEST-
  • 2007年12月31日 - COUNTDOWN JAPAN 07/08
  • 2008年07月26日 - SETSTOCK'08
  • 2008年08月15日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2008 in EZO
  • 2008年08月24日 - MONSTER baSH 2008
  • 2009年05月17日 - FM802 & SPACE SHOWER TV presents SWEET LOVE SHOWER 2009 SPRING
  • 2009年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009
  • 2009年12月24日 - MTV Boo Xmas 09
  • 2009年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 09/10
  • 2010年03月21日 - MUSIC CUBE 10
  • 2010年11月06日 - HAWAIIAN6 presents RUSHING POWER 2010 TOUR
  • 2011年08月20日 - Re:mix 2011

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BEAT ON THE RADIOより

外部リンク[編集]