n-buna

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
n-buna
生誕 (1995-08-17) 1995年8月17日(25歳)
出身地 日本の旗 日本岐阜県
職業 作詞家
作曲家
編曲家
ボカロP
担当楽器 ギター
活動期間 2012年 -
レーベル ユニバーサルJ
共同作業者 ヨルシカ
三月のパンタシア
公式サイト

d-ue.jp/n-buna/

http://yorushika.com/
著名使用楽器
VOCALOID

n-buna(ナブナ、1995年8月17日 - )は、日本作曲家編曲家、男性ミュージシャン。2012年からVOCALOIDを使用して楽曲を制作する「ボカロP」活動を始めた。他のアーティストへの楽曲提供を行うとともに、2017年からは男女2人組のバンドヨルシカギタリストコンポーザーを務めている。所属レコードレーベルはユニバーサルJ。

経歴[編集]

岐阜県出身。中学校2年生のときにエレキギターを購入し、音楽活動を始める[1]。その後、母親からノートパソコンをもらい、デスクトップミュージックを始める[2]

2012年ニコニコ動画に「アリストラスト」を投稿し、ボーカロイドプロデューサーとしての活動を始める[3]。その後、2013年に投稿した「透明エレジー」で、ニコニコ動画のVOCALOIDカテゴリのデイリー総合ランキングで自身初の1位になる[3]

2014年4月26日、同人アルバム『カーテンコールが止む前に』を発売する[4]

2015年7月22日、初の全国流通アルバム『花と水飴、最終電車』を発売する[5]

2016年7月6日、2枚目の全国流通アルバム『月を歩いている』を発売する[6]8月14日、『月を歩いている』の購入者を抽選で招待するという形で、初のワンマンライブを開催する[7]

2017年6月28日、n-bunaがコンポーザーを担当するバンドである「ヨルシカ」のファーストミニアルバム『夏草が邪魔をする』が発売される。

2017年7月9日新宿ブレイズにてヨルシカの1stライブを開催する。

2018年5月9日ヨルシカのセカンドミニアルバム『負け犬にアンコールはいらない』を発売。またその後も、2019年4月10日にファーストフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』を発売、2019年8月28日にセカンドフルアルバム『エルマ』を発売。このアルバムで、ヨルシカとしてメジャーデビューする。

2020年8月29日 n-bunaがコンポーザーを担当するヨルシカの『ただ君に晴れ』のミュージックビデオの再生回数が1億回を突破した[8]。n-bunaの作詞作曲編曲した作品のミュージックビデオで1億回再生を突破したのはこれが初である。

音楽性[編集]

情景描写と心理描写を重ねた情緒的な歌詞と、ギター・サウンドを中心とした印象的なメロディが特徴[9]。音楽ライターの風間大洋は、n-bunaの楽曲について「いわゆる“ボカロ的”な変拍子や転調の使い方と、オーソドックスなPOPやロックのサウンドが違和感なく合わさっている」と述べ、n-bunaのことを、ネット音楽とそれ以外の音楽を分け隔てなく扱う「新世代」のボーカロイドプロデューサーと評している[10]

楽曲を制作する際は、情景を思い浮かべてから制作に取り掛かる[2]。情景の中でも、とりわけ地元である岐阜県の情景に影響を受けている[11]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2014年4月26日 カーテンコールが止む前に DUED-1004
1st 2015年7月22日 花と水飴、最終電車 DGUR-10005
2nd 2016年7月6日 月を歩いている DUED-1174(初回限定盤)
DUED-1175(通常盤)

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル
2015年2月23日 劇場愛歌
2015年7月8日 アイラ
2017年8月30日 ボロボロだ
2018年3月9日 ヨヒラ
2019年5月10日 Silence / n-buna feat. Sarah Furukawa

参加作品[編集]

発売日 タイトル
2013年09月27日 VOCALOID Professional 2013 feat.初音ミク
2013年11月13日 ボカ☆フレ!2 -VOCALOID FRESHMEN2-
2014年05月21日 V LOVE 25 ~Imagination~
2015年03月04日 EXIT TUNES PRESENTS VOCALOFANTASY feat.初音ミク
2015年03月04日 #IVPB ~イケメンボイスパラダイスベスト~
2015年09月30日 Neru『マイネームイズラヴソング<初回限定盤>』
2016年09月21日 EXIT TUNES PRESENTS Vocalocreation feat.初音ミク
2017年08月30日 HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album 「Re:Start」

楽曲提供[編集]

  • 三月のパンタシア
    • 「青に水底」(作詞・作曲担当)[12]
    • 「花に夕景」(作詞・作曲・編曲担当)[13]
    • 「青春なんていらないわ」(作詞・作曲・編曲担当)
    • 「街路、ライトの灯りだけ」(作詞・作曲・編曲担当)
    • 「煙」(作詞・作曲・編曲担当)
    • 「恋を落とす」(作詞・作曲・編曲担当)

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
花降らし ABCラジオナデシコですから』テーマソング[15]

ワンマンライブ[編集]

名前 日付 会場 備考
n-buna 1st Live『月を歩いている』 2016年8月14日 東京・新代田FEVER
2016年11月10日 東京・UNIT 追加公演

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 風間大洋. “新世代ボカロPが見つめる、ボカロシーンの今”. 音楽ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2017年3月12日閲覧。
  2. ^ a b 【インタビュー】ボカロPのn-bunaが語るメジャー1stアルバム『花と水飴、最終電車』とDAWソフト「SONAR」の魅力 Vol.1”. BARKS. p. 1 (2015年9月16日). 2017年3月12日閲覧。
  3. ^ a b n-bunaの記事まとめ”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2017年3月12日閲覧。
  4. ^ ナブナ(n-buna) 1stアルバム告知”. n-bunaのブロマガ (2014年4月21日). 2017年3月12日閲覧。
  5. ^ 人気若手ボカロP“ナブナ”、初の全国流通盤となる新作アルバムの発売決定!”. UtaTen (2015年5月13日). 2017年3月12日閲覧。
  6. ^ 「ウミユリ海底譚」で知られるn-buna、童話をモチーフにしたフルアルバム発表”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年4月26日). 2017年3月12日閲覧。
  7. ^ n-bunaがバンド編成で初ライブ「1人だと思ってたけど支えられてた」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年8月17日). 2017年3月12日閲覧。
  8. ^ ヨルシカ [@nbuna_staff] (29 August 2020). "ヨルシカ「ただ君に晴れ」ミュージックビデオの再生数が1億回を超えました。本当にたくさんの方々に聴いて観ていただき感謝です。これからも末永く宜しくお願いします!" (ツイート). Twitterより2020年8月29日閲覧
  9. ^ n-bunaのプロフィール”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2017年3月12日閲覧。
  10. ^ 風間大洋 (2015年7月23日). “ボカロ界の新星・ナブナの1stアルバム発売!リード曲の動画公開も”. SPICE. 2017年3月12日閲覧。
  11. ^ 新進気鋭のボカロP、n-buna。ボーカロイドとロックがタッグを組んだ最新作を語る”. RO69. ロッキング・オン. p. 1 (2015年7月15日). 2017年3月12日閲覧。
  12. ^ 「TRIGGER」の最新作『キズナイーバー』のEDテーマを担当する「三月のパンタシア」メジャーデビューシングル「はじまりの速度」のカップリング楽曲が、「リスアニ!TV」の新OPテーマに決定!”. リスアニ!WEB. エムオン・エンタテインメント (2016年3月17日). 2017年3月12日閲覧。
  13. ^ 三月のパンタシア、デビューシングルc/wにn-buna制作「花に夕景」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年3月17日). 2017年3月12日閲覧。
  14. ^ ヨルシカn-bunaがEテレ「天才てれびくん hello,」EDテーマ制作、振り付けはs**t kingz”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2020年3月25日). 2020年3月25日閲覧。
  15. ^ 清水富美加、ラジオの“朝ドラ”に主演 ベテラン声優・神谷明が直接指導”. ORICON NEWS. オリコン (2016年6月14日). 2017年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]