負け犬にアンコールはいらない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
負け犬にアンコールはいらない
ヨルシカスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル U&R records
プロデュース n-buna
チャート最高順位
ヨルシカ アルバム 年表
夏草が邪魔をする
2017年
負け犬にアンコールはいらない
(2018年)
だから僕は音楽を辞めた
2019年
ミュージックビデオ
「ただ君に晴れ」 - YouTube
「ヒッチコック」 - YouTube
「準透明少年」 - YouTube
テンプレートを表示

負け犬にアンコールはいらない』は、ヨルシカの2nd ミニアルバム。2018年5月8日U&R recordsより発売された。

概要[編集]

前作『夏草が邪魔をする』より1年ぶりのアルバム。1年間の期間があいたのはn-bunaに曲が作れないスランプの時期があったからだと話している。今作では前作と異なりボーカルのsuisやレコーディングエンジニアの提案を入れるなど、前作よりも様々な人の意見を取り入れた[1]

今作発売後にライブは行われていないため、『盗作』にて再録された「爆弾魔」を除くすべての楽曲がライブ未披露である。ただし2021年1月に開催されたオンラインライブ「前世」にて「ただ君に晴れ」と「冬眠」をスペシャルバージョンで披露した。

価格 規格品番 備考
初回限定版 税抜き2,200円 DUED-1242 ブックレット「生まれ変わり」封入
通常版 税抜き1,700円 DUED-1243

2021年1月にリリースされるEP『創作』の発売を記念して、2020年12月22日2月28日までに、HMVで過去のアルバムを購入すると各アルバムの『ジャケット絵柄ステッカー(5cm×5cm)』が特典として付属した[2]

チャート成績[編集]

オリコン2018年5月21日付の週間ランキングで最高5位を記録 [3]

収録曲[編集]

全曲作詞・作曲・編曲 n-buna

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「前世」  
2.「負け犬にアンコールはいらない」  
3.「爆弾魔」  
4.「ヒッチコック」  
5.「落下」  
6.「準透明少年」  
7.ただ君に晴れ  
8.「冬眠」  
9.「夏、バス停、君を待つ」  
合計時間:
  • 1、5、9曲目がインストゥルメンタル楽曲。
  • 収録曲「ただ君に晴れ」のミュージック・ビデオは、雨晴海岸にて撮影された。
  • 2020年8月29日に収録曲の「ただ君に晴れ」のミュージックビデオの再生回数が1億回を突破した[4]
  • 2020年10月、収録曲の「ただ君に晴れ」のストリーミングサービスでの累計再生回数が1億回を突破した(Billboard JAPAN調べ)。ヨルシカにとって初のストリーミング1億回再生超え楽曲となった[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Inc, Natasha. “ヨルシカ「負け犬にアンコールはいらない」インタビュー|スランプを抜け出した先にn-bunaが見た世界 - 音楽ナタリー 特集・インタビュー” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年4月1日閲覧。
  2. ^ ヨルシカ新作EP『創作』発売記念!ヨルシカ×HMVカタログキャンペーン開催!
  3. ^ オリコン 週間ランキング”. 2019年10月16日閲覧。
  4. ^ ヨルシカ [@nbuna_staff] (2020年8月29日). "ヨルシカ「ただ君に晴れ」ミュージックビデオの再生数が1億回を超えました。本当にたくさんの方々に聴いて観ていただき感謝です。これからも末永く宜しくお願いします!" (ツイート). Twitterより2020年8月29日閲覧
  5. ^ ヨルシカ「ただ君に晴れ」ストリーミング累計再生数1億回突破 | Daily News” (日本語). Billboard JAPAN. 2021年1月25日閲覧。