この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

井上苑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
井上 苑子
(いのうえ そのこ)
生誕 (1997-12-11) 1997年12月11日(19歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県神戸市
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 2009年 - 現在
レーベル つばさレコーズ/SPACE SHOWER MUSIC (2013年4月 - )
EMI RECORDS (2015年7月 - )
事務所 つばさプラス
共同作業者 TIENOWA[注 1]
柴山慧[注 2]
公式サイト 井上苑子公式サイト

井上 苑子(いのうえ そのこ、1997年12月11日 - )は、日本女性シンガーソングライターである。兵庫県神戸市出身。愛称はそんちゃんsonkoなど。

略歴

  • 1997年12月11日兵庫県神戸市生まれ。
  • バンド経験者でボイストレーナーでもある母の影響を受け、幼少の頃から歌を歌うことが大好きな子供であった。
  • 2009年5月頃よりギターと作詞作曲活動を始め、1か月後にはオリジナル曲「こころ」を完成させた。この曲はファーストCDにも収録されている。同年8月に、心斎橋アメリカ村付近で路上ライブ活動を開始。
  • 2010年3月21日、小学校卒業式の当日に心斎橋のライブハウスで小学生ながら「卒業式ワンマンライブ」を実施。チケットは3日で完売して100人以上の観客を集め、いくつかの関西メディアで取り上げられた[1][2][3]
  • 2010年8月4日阪神・淡路大震災を題材にしたオリジナル曲「新しい日」をはじめ、レパートリーを5曲(全オリジナル曲)から15曲(カバー5曲)へと増やし、2度目のワンマンライブ『Pure Sonority 〜2nd step〜』を開催。200人以上を集客した。この頃にはすでにレコチョクへの楽曲登録[注 3]を始め、多くのメディアにて取り上げられるようになっている[4][5][6][7][8]
  • 2011年3月31日、心斎橋クラブクアトロにて3回目のワンマンライブを開催し、19曲(うちアンコール3曲)を披露[9]。これはクアトロ史上最年少のワンマンライブであり[10][11]、このような名前の通ったライブハウスが中学生のアマチュア・アーティストに公演許可を出すことは異例である。このクアトロでのワンマンは、一部では伝説とまで呼ばれている[12][13]
  • 2011年4月、何度もゲスト出演したことがきっかけとなって、J:COM『8時です!生放送!!』番組オープニング曲に、番組のために書き下ろした楽曲「笑顔」が採用される。当初は番組にゲスト招待されていた火曜日のみのオープニングで流れる予定であったが、後に全ての曜日で採用されることとなった[14]
  • 2012年8月、夏休み期間を利用して関東圏に滞在、東京や神奈川などで路上ライブを行い、8月27日には渋谷でワンマンライブを実施[15][16][17]
  • 2013年4月、関東圏の高校に進学し、関東圏での音楽活動を始める[18]
  • 2013年4月10日、初の全国流通盤となるシングル「ソライロブルー」(発売:つばさレコーズ、販売:SPACE SHOWER MUSIC)をリリース[18]
  • 2013年9月25日、MATSUMURA(LAST ALLIANCE)とKEITA(ex. TRIBAL CHAIR、Sine)による作曲ユニット・TIENOWAが楽曲制作およびサウンドプロデュースを担当した2ndシングル「運命線ビリーバー」をリリース[19]
  • 2013年11月、関西テレビの開局55周年を記念したドラマ『Y・O・U やまびこ音楽同好会』にて、メインギターボーカル役に抜擢された[20]
  • 2014年1月29日、前作に引き続き作曲ユニット・TIENOWAが手がけた3rdシングル「センチメンタルシックスティーン」をリリース[21]
  • 2014年11月、2015年夏に公開予定の松居大悟監督とクリープハイプのコラボレーション映画『私たちのハァハァ』への出演が決定[22][23]

メジャーデビュー

2015年
2016年
  • 3月25日、高校を卒業する記念にワンマンライブ「井上苑子 高校卒業記念スペシャルワンマンライブ 卒業。~私たちのJK完結!~」を開催。

人物

ディスコグラフィ

※順位はオリコンウィークリーチャート最高順位。

シングル

# 発売日 タイトル 形態 規格品番 順位
自主制作
1st 2010年8月04日 sonority CD - -
2nd 2011年1月22日 sonority II CD - -
3rd 2011年3月31日 sonority III CD - -
インディーズ
1st 2013年4月10日 ソライロブルー CD XQJZ-1008 圏外
2nd 2013年9月25日 運命線ビリーバー CD XQJZ-1014 180位
3rd 2014年1月29日 センチメンタルシックスティーン CD XQJZ-1020 圏外
4th 2014年11月19日 赤いマフラー CD XQJZ-1040 107位
メジャー
1st 2015年11月4日 だいすき。 CD+WEGOコラボマフラー
CD
PRON-5903
UPCH-80416
48位
2nd 2016年6月29日 ナツコイ LIVE DVD+CD
CD
UPCH-89264
UPCH-80433
17位
3rd 2016年12月7日 エール CD UPCH-80453 43位
4th 2016年12月7日 メッセージ LIVE DVD+CD
CD
UPCH-89327
UPCH-80466

アルバム

# 発売日 タイトル 形態 規格品番 順位
インディーズ
1st 2014年7月2日 線香花火 CD XQJZ-1030 155位
メジャー
1st 2015年7月1日 #17 CD+DVD
CD
UPCH-29191
UPCH-20395
66位

ミュージックビデオ

監督 曲名
井上苑子 青とオレンジ
夏目現 線香花火
池田圭 運命線ビリーバー
不明 ソライロブルー」「グッデイ」「センチメンタルシックスティーン

タイアップ

曲名 タイアップ先
ナツコイ ジョンソン・エンド・ジョンソン「アキュビュー」CMソング[25]
テレビ東京系ドラマ「こえ恋」エンディングテーマ
さくら 映画『ReLIFE リライフ』エンディングテーマ[26]
どんなときも。 サムスン電子 スマートフォン「Galaxy S7 edge」テレビCMソング [27]

主なライブ

ワンマンライブ

  • 井上苑子バースデーワンマンライブ「17歳やで!大人なライブにするで!」(2014年12月11日)
  • 井上苑子 高校卒業記念スペシャルワンマンライブ 卒業。~私たちのJK完結!~(2016年3月25日)
  • 井上苑子 1st SUMMER TOUR 2016 ~みんなお待たせ!~(2016年6月19日 - 7月22日)

出演イベント

2013年
  • 7月03日 - THE LIBRARY vol.2
  • 7月31日 - 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2013 「SUNSET BEACH 2013」
  • 8月19日 - BiS主催「SHELTER 7DAYS」
  • 9月05日 - THE LIBRARY vol.4
  • 12月21日 - YOKOHAMA LIVE JACK 2013 -CHRISTMAS SPECIAL-
2014年
  • 3月18日 - 「ストロボナイト番外編」〜eggman 33rd Aniversary〜
  • 7月21日 - 流行性血膜炎 #279
  • 8月20日 - GIRLS ROCK SUMMER SPLASH!!2014
2015年
2016年
  • 8月12日 - 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016 海の歌 2016

出演

テレビドラマ

WEBドラマ

映画

  • 私たちのハァハァ(2015年9月12日) - 一ノ瀬 役(主演)

テレビ

舞台

ラジオ

CM・広報

その他

  • Go!Go!GUITAR 2014年6月号(表紙モデル)

参考文献

受賞歴

  • スカパー!映画チャンネル賞「私たちのハァハァ」
  • ファンタランド大賞受賞¥「たちのハァハァ」

脚注

注釈

  1. ^ ALLIANCEのVo、BのMATSUMURAとTRIBAL CHAIRのKeitaによる作曲ユニット。
  2. ^ soulkidsのVo、G。
  3. ^ 同年6月23日

出典

  1. ^ 小学6年生歌手・井上苑子が初ワンマン「嬉しい」”. サーチナ (2010年3月24日). 2011年6月4日閲覧。
  2. ^ 小学6年生歌手・井上苑子が初ワンマン「嬉しい」”. 2011年6月4日閲覧。
  3. ^ 三上公也の情報アサイチ!2010年3月22日放送”. 2010年6月26日閲覧。
  4. ^ 8時です!生放送!!金曜日(J:COM、2010年7月30日放送)。
  5. ^ ニュース・シグナルサンテレビ、2010年8月2日放送)。
  6. ^ ライブに意気込み 12歳のシンガー・ソングライター”. 大阪日日新聞オンライン版 (2010年8月1日). 2010年8月16日閲覧。
  7. ^ 中1シンガー井上苑子が2度目のワンマン、15曲熱唱”. meVIEWsa radio (2010年8月5日). 2010年8月20日閲覧。
  8. ^ かんさい情報ネットten!読売テレビ、2010年8月18日放送)。
  9. ^ 中学生シンガー・ソングライター井上苑子、ワンマン・チャリティ・ライヴを開催! - CDJournal.com ニュース”. CDJournal (2011年4月1日). 2011年6月2日閲覧。
  10. ^ 8時です!生放送!!金曜日(J:COM、2011年2月22日放送)。
  11. ^ 朝日中学生ウイークリー”. 朝日学生新聞社 (2011年4月10日). 2011年6月13日閲覧。
  12. ^ ソライロブルー - Amazon商品説明”. Amazon.co.jp. 2013年5月4日閲覧。
  13. ^ B-HOT!ルーキーズ”. エフエム栃木. 2013年5月4日閲覧。
  14. ^ 井上苑子 CLUB QUATTRO ワンマンライブVOL.3 - YouTube
  15. ^ 大阪出身中学生シンガー井上苑子、東京初ワンマン開催”. ナタリー (2012年8月22日). 2012年9月17日閲覧。
  16. ^ 中学生SSW井上苑子、東京での初ワンマン・ライヴを開催”. 音楽出版社 (2012年8月22日). 2012年9月17日閲覧。
  17. ^ 14才シンガー井上苑子 東京初ワンマンが大盛況で終了、大阪ワンマン決定”. Musicman-NET (2012年8月29日). 2012年9月17日閲覧。
  18. ^ a b 15歳シンガー・井上苑子が初の全国流通盤リリース”. ナタリー. 2013年5月4日閲覧。
  19. ^ 井上苑子の新作PVにラスアラ、TOTALFATメンバーも登場”. ナタリー (2013年8月22日). 2014年11月17日閲覧。
  20. ^ 15歳歌手・井上苑子、事務所に内緒でボーカル役勝ち取る”. オリコン. 2013年5月17日閲覧。
  21. ^ 井上苑子、思春期の葛藤歌う3rdシングルリリース”. ナタリー (2013年12月5日). 2014年11月17日閲覧。
  22. ^ クリープハイプ×松居大悟「私たちのハァハァ」に池松壮亮出演”. ナタリー (2014年11月7日). 2014年11月17日閲覧。
  23. ^ 松居大悟監督×クリープハイプ 再タッグ映画に池松壮亮、中村映里子出演決定!”. 映画.com (2014年11月14日). 2014年11月6日閲覧。
  24. ^ ひさびさやったわぁ(〃^ー^〃)”. アメーバブログ (2011年1月23日). 2014年11月17日閲覧。
  25. ^ a b “アキュビュー(R) の新キャンペーン『見えるって、アガる!』で、シンガーソングライター井上苑子さんとコラボレーション”. dot.. (2016年5月10日). http://dot.asahi.com/business/pressrelease/2016051000226.html 2016年5月24日閲覧。 
  26. ^ “中川大志×平祐奈「ReLIFE」予告解禁、ED曲は井上苑子の「さくら」”. 映画ナタリー. http://natalie.mu/eiga/news/216609 2017年1月13日閲覧。 
  27. ^ “井上苑子が槇原敬之の名曲カバー、「Galaxy」テレビCMソングを配信リリース”. 音樂ナタリー. http://natalie.mu/music/news/221729 2017年2月24日閲覧。 
  28. ^ “『オールナイトニッポン0』新パーソナリティ5組決定 欅坂46の新番組も”. ORICON STYLE. (2016年3月23日). http://www.oricon.co.jp/news/2068942/full/ 2016年3月23日閲覧。 
  29. ^ キャンパスドットライナーフィッツ”. コクヨ. 2012年1月27日閲覧。

関連項目

  • Especia - 同事務所同支社のガールズグループ

外部リンク